« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

庭に咲くハーブの花(梅雨時の現在)

1o1msdcf_1058

前項最後の写真はペニーロイヤルセージの花だったのですが、何かの手違いで写真が大きくなってしまい、ブログの許容1MBをこえてしまいました。

ちょっと見にくくなってしまいましたが、つづきです。

こちらは、五月下旬に咲いた八重咲きドクダミの花。

お友達から株わけしていただいて、今年初めて咲きました。

一重のドクダミはたくさん在るのですが、八重咲きはなかなかありません。

一重も八重も、我が家では、冷蔵庫の防臭に用いたりしていますが、一輪挿しにして花を楽しむ方が多いかも。

極々最近になって咲き始めたのが、ヤロウの花です。

1o1msdcf_1306

別名ノコギリソウともいい、殺菌、吐血作用があり、消火器系に優しいハーブです。

ドライハーブにして、ハーブティーにチョッピリたすと風味が増すとか。

いまのところ観賞用として、切花、浮き花を楽しんでいます。

1o1msdcf_1317

雨に打たれるミントです。

近くにタイムやバジルも植わっています。

良く使うハーブの筆頭は、バジル、イタリアンパセリ、青紫蘇あたりで、このほかタイム、ローズマリー、レモンバーム、レモングラス、フェンネル、ボリジ、セージなどは、たまーに用いるくらい。

もっとハーブを上手に利用したいものだと思いつつ、花や香りをたのしむくらい。

雨続きの数日前には、気分転換に、こんないたずらを。

1o1msdcf_1341

みなさまは、どのようにハーブをおたのしみでしょうか!!??

素敵な用い方、どうぞお知らせくださいませ。

ネットショップの方に、山近てるみさんの染付酒盃などをアップいたしました。

夏の晩酌の席にお役立ていただけたら、幸いです。

www.marcopolo-uehara.com 

| | コメント (0)

庭に咲くハーブの花(5月中旬から梅雨時まで)

1o1msdcf_931

カモミールの花が咲き始めたのは、五月中旬。

ちょうど畑で赤玉ねぎが取れ始めたころでした。

夢は、安眠を約束してくれるピロー作りでしたが、株はそれほど大きくならず、今のところ花を楽しむにとどまっています。

ハーブの花は、いいですね。眺めているだけでも、気分がやわらぎます。

カモミールと同じ頃、アプローチ近くのプランターで

1o1msdcf_930

アップルゼラニウムも咲き始めました。

においゼラニウムと花も葉っぱも似ていますが、花びらの色は白で、ところどころに薄紅をさしたように斑模様が入っています。

葉っぱを摘んで手で揉みますと、甘いかおりが立ち、畑仕事の合間にちょっとアロマサービスでつかれたからだをいやしたり・・・生活の一部に溶け込んでいるハーブです。

今年、初挑戦のクラリーセージが咲き始めたのは、五月の終わりころだったでしょうか

1o1msdcf_1052

背丈は1メートルほどに伸び、花房は四方に伸びて、盾のようなガクに守られるように薄紫色の小さな花をつけます。

花穂も葉っぱも香りが強く、リラクゼーション効果のある精油が作られるといいますが、香りはそれほどでもないのです・・・。

催眠効果もあるといいますが、はてさて・・・。

お日様の恵みを受けてから香りは強まるのかもしれません!!??

クラリーセージに少し遅れて、ラムズイヤーの花も咲いてきました。

1o1msdcf_1125

花は、クラリーセージの花と良く似ていますが、こちらの花は薄紅色をしています。

銀色に輝く葉っぱは、庭の緑の中にあってひときわ輝いて見えます。

ラムズイヤー(子羊の耳)と名付けられている由縁をさぐりたくて、葉っぱをさわってみました。

やわらかくて、きもちがいい~~!!子羊の耳って、こんな感触なのかな!!??

ちょっとハイジになった気分です(笑)

半日陰に植えたマシュマロウの花が咲き始めたのは6月中旬でした。

マロウの花を摘んで、お茶にしてみたかったのですが、いまだ、果たせず。

1o1msdcf_1256

天道生えのアピオスの蔓が絡んで、ちょっと苦しそうです。

夏に咲くタチアオイのコンパクト版のような容姿なのかなぁ~~。

甘い香りがいたします。

1o1msdcf_1264

| | コメント (7)

2013年6月 6日 (木)

安納芋、二年目のトンボ栽培と初めてのバナナウリ♪

1o1msdcf_837

昨年、収穫した安納芋をダンボール入れ、リビングで保管していました(ブログ仲間のワル猫さんにならって、冬越しは暖かなリビングで)

五月の声をきいたころだったでしょうか。

中を覗いてみると、根菜類の植え付けには有難い芽出しがはじまっていました!!

今年も、トンボ栽培かな!!

去年は、水耕栽培、トンボ栽培、採り苗栽培と、三通りの実験的栽培を試みましたが、いずれの方法でも、思いのほか立派なお芋が採れ、ビックリしたことでした。

出来れば、もっとシンプルにつくりたい気持ち大です!!!

今年は、水遣りにめんどうな温室栽培をやめよう!!!

さりとて南国生まれの安納芋には、保温・保湿ははずせません

我が家にある材料でなんとかならないかと思案した結果、保湿作用の強い寝床作りと保温作用によさそうな藁を利用することに決定!

落ち葉堆肥、籾殻、米糠、籾殻クンタン、油粕、土をブレンドしてしばらく放置したあと、芽出した部分を地上に出して、定植

保温は、藁で覆うことでまかなうことに。

1o1msdcf_1051

あいにく今年の陽気は、暑かったり、寒かったりの乱高下で、安納芋にダンゴムシが大勢来てお食事中ということも。仕方が無いので、これにはストチューで対応。

何度か続けるうち、敵はあきらめてくれたもよう、安納芋は、すくすく育ち始めています。

1o1msdcf_1122

これに気をよくして

1o1msdcf_1124

バナナウリの畝に平行して、四株ほど、お芋を植え付けてあります。

さて、バナナのような香りのするバナナウリは、ブログ仲間のお友達からいただいた種からの栽培ですが、安ちゃんも、バナナちゃんも、ふさふさになってきたらいったいどなことになるのかな。

一方は地下に、一方は地上に結実するので、ナントカケンカせずに共存してくれるといいのですが、なにもかもが出たとこ勝負の我が菜園です(笑)

赤玉ねぎの撤収があり

1o1msdcf_1016

空豆の撤収があっての安納芋の苗床です!!!

1o1msdcf_935

まだ小さい空豆もついていましたが、畑の都合でサヨナラしなくてはなりません。

こちらは、撤収時の空豆。

可哀そうなので、玉ねぎ、空豆、ブロッコリー、生クリーム、コンソメスープ、塩、ホワイト・ペッパーをブーンといわせて、空豆のクリーム・スープをつくりました。(空豆とブロッコリーは、茹でてから)

1o1msdcf_1065

アララ、写真が横向きになってしまいました。(お見苦しいことで、すみません)

アアー、もっと広い畑があったらなぁーなやりくり算段です(笑)

heart026月16日は、父の日ですね。

ありがとうのプレゼントは、お決まりでしょうか。まだの方は、マルコポーロ・ネットショップも候補に入れて、覗いてみてくださいね。

お湯のみ、ビールコップ、酒器、マグカップ、御飯茶碗など、いろいろご用意いたしております。

マルコポーロ・ネットショップwww.marcopolo-uehara.com

| | コメント (14)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »