« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

初めての山菜、いたどりのお味♪

1o1msdcf_487

東北のお友達から珍しい山菜の数々をちょうだいいたしました

おそらくこちらが山菜に不慣れだと思われたのか、ビニールの袋に分類された山菜には、それぞれ呼び名がついていました!!

あな、うれし。

我が家は山菜に目がありません。春が来ると、竹の子、こごみ、たらの芽、土筆などを店頭にみつけては、いそいそと楽しみたくなる口です(笑)

こちらで入手できるものもあれば、初めてのものも

いたどりとは、耳にしたことはあっても、いただくのは初めてです

1o1msdcf_488

さてー、どのようにいただきましょう!?

ネットで調べてみると、あらら、これは小学生の頃、学校からの帰り道の土手にはえていたスカンポのコドモだということが解かりました

歌にもあるくらいです

♪土手ーのスカンポ ジャワ更紗ーーー(このあと、憶えていません、どなたかご存知ありませんかー!???)

暑くて喉が渇いたときは、これを手折ってみなで齧ったりしたものです!!(懐かしいーー)

あの頃憶えた酸味には、有機酸、シュウ酸があるようで、シュウ酸にいたっては体内のカルシウムと仲良くなって結合し、大事なカルシウムの体外流出につながるのだとか

体外流出を阻止するためには、水につけてアク抜きが必要だとか

1o1msdcf_500

サッと湯通ししたものを半日かけてアク抜きいたしました

素材の味を楽しみたいので、あっさりとした芥子マヨネーズ和えでいただきます

1o1msdcf_501

いたどりを掃除していた折りから、ヌルヌルーぬめぬめーとしていましたが、口にふくんでみるとやっぱりつるつるー、ヌルヌルー、程よい酸味と渋みの残った、歯ごたえのあるひとしなとなったのでした

地方によって楽しみ方はいろいろだそうですが、水煮にしたものを味噌汁の具にしたり

南蛮漬けにしたり、海のものと煮物にしたり、はたまたお漬物にしたりだそうですが

今度いただくチャンスがあれば、湯がいてアク抜きしたものを梅干しか海苔巻きにして天麩羅もアリかなぁーなどと思ったことでした

1o1msdcf_489

カンゾウは、小さい頃、父母と土筆摘みに出かけた折り、食べられる山菜だということを教わった記憶があります

今回は、カンゾウ、ひろいっこ(あさつき)、エリンギ、お豆腐で山菜鍋にし、ポン酢でたのしみました

カンゾウは、くせのないサッパリとした歯ごたえの山菜でした

次回、頂くチャンスがあれば、ぬたにしてみたい山菜でしょうか

1o1msdcf_497

こごみはお馴染みの山菜でした

ちょうど赤クルミがありましたので、フライパンで炙り、当たり鉢であたって、西京味噌、少しのお砂糖、少しのだしを加え、こごみのクルミ和えでいただきました

そして、タラの芽は、レンコンと一緒に湯どうしし、柚子味噌和えで楽しみました

1o1msdcf_498

1o1msdcf_516

美味しい山菜をいろいろ、たくさん、ありがとうございました

干したぜんまいやじゅんさいは、これからゆっくり楽しみたいと思っています

何時ものことですが、お初物には、心踊ります

今回はいたどりでしたが、次回は、どんな初物と出会えるでしょう

生きていて良かった!!初物バンザイなキッチン・レポートでした

おそまつさまです

| | コメント (12)

2013年4月12日 (金)

ミニ温室でトマト苗育成のつもりが、ローゼルに!!

1o1msdcf_429

今年こそトマトを種から育ててみよう

最初は意気ようようでしたが、ご覧のとうり、途中からローゼルの苗床にかわってしまいました(笑)

種まきしたのは、たぶん3月の上旬でした

1o1msdcf_418

二十日ほどかけて発芽があり、一度は感動いたしましたが、今現在、トマトは、僅かに7本残るだけ

一緒に蒔いたサラダ菜は、どこに!?

度重なる強風で、やわなミニ温室のビニールは、風に飛ばされ

そのつど温室内の小さな苗は凍え縮こまり、いつのまにか消えてなくなったのでした

で、気分一新してローゼルの種をまいたというわけです(笑)

本日の苗の様子です

1o1msdcf_415

1o1msdcf_416

上が桃太郎で、下が後蒔きしたローゼルです

1o1msdcf_417

サラダ菜は、こぼれて露地に根をおろしております(笑)

ここのところ寒暖の差が激しいので、もうしばらく温室内で育苗し、しっかり独り立ちできるようになりましたら、露地に定植しようと思っています

竹の子を頂く口福にあずかりました

ことしお初の一品(これは早くにスーパーでもとめたもの)は、竹の子の木の芽焼き

二品目に若竹煮、さわらと竹の子のバター醤油焼き、木の芽味噌和え、竹の子御飯と、竹の子三昧のこの頃です

1o1msdcf_214

1o1msdcf_410

一方、こちらのブログの更新が遅々として進まないのは

こんな用事が以前にも増して増えてしまったから(さぼっているわけではありませんので、ちょっと証拠写真をご紹介)

ネットショップ用の撮影やら、ネットへの商品アップでてんてこまいしておりまする

大目に見ていただければありがたいところ~~

1o1msdcf_364

本結城紬のショールだったり

1o1msdcf_359

藍染めのショールだったり

いずれも手仕事の素敵なショールになっています

関心がお有りでしたら、ネットショップの方も覗いてみてくださいね

合わせて、フェイスブックの「おいしい食卓ウォッチング!!」のほうにもおでかけください

サイトにいいねをしていただけるとなおさらのこと嬉しいですし、何時もの食卓のこと、おしゃべり交歓できたらもっと嬉しく存じます

ご参加くださいませ~~

| | コメント (12)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »