« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

郊外散策と玉子~♪

1o1msdcf_6167

体がなまってしようが無い時は、歩くに限ります

ご心配をおかけしましたが、記事のつづきです

歩こう、歩こう~歩け!歩け~!ということで東京郊外の厚木市飯山奥の長谷寺に行き当たりました

ここは、関東巡礼百選のうちの一つで、訪ねてみると、奈良の長谷寺とは何の縁もゆかりも無いお寺様でした

1o1msdcf_6168

お参りをして、さて、次はどちらへ歩きましょう~

1o1msdcf_6170

このあたりはそもそも巡礼をなさる方々がたどる路なので、森林セラピロードマップなどもパンフレットになっていたりします

森に入ると、いのししや鹿が民家や畑に近づけないよう有刺鉄線などがはりめぐされています

森の中の空気のおいしいこと~

1o1msdcf_6169

お寺さんの山茶花の赤もひとしおです~ 

おなかが空いていたので、下山して食べ物やさんをさがしますが、おめあてのところは何処もしまっています

やむなく幹線道路まで出て、ちょくちょくお世話になっている四国の丸亀製麺さんのおうどんを頂き~再び、自然のある方へ戻って、どの辺りを散策しようか物色していましたら、「元気なたまご」と描いた小さな看板を発見!

たまご~、たまご~、たまご~

小さな看板に示された矢印の方向に向かって、今度はクルマを走らせます

途中少し迷うところはありましたが、無事にたどり着いたところに鶏舎はありました

1o1msdcf_6173

どの鶏も黒色です!

オランダ生まれのピペコネラ種だそうで、玉子と肉食の兼用種だそうですが、ここでは玉子専門種になっています

鶏舎の中で放し飼いになっているのですが、雄鶏一羽に対して、雌鶏は十五羽だそうで、雄鶏にとっては、極楽ですね~

以前、雌鶏ばかりを個別の狭い部屋に入れた鶏舎を見学したことがありますが、アレは、卵生産工場のようで、かわいそうでした

ここの床は、柔らかなチップがしかれ、ふかふかしています

鶏に優しい鶏舎におもえました

鶏一羽一羽の顔も、それぞれ個性があって精悍だったり、優しそうだったり、眺めていてあきません

そういえば、韓国ソウル郊外でも鶏を放し飼いしているシーンを眺めたことがありましたがアレはほんとうに放し飼いで、こじんまりとした草原に、雑多な鶏が何十羽かはなたれていたのでした

おそらく土の中のムシをついばみ、草を食んで育っているのだろうと思います

1o1msdcf_6178

玉子は、分けていただけますので、もちろん、ゲットしてまいりました!

玉子100g中に、中々とりにくいビタミンEが35mgも含まれて居ます

ビタミンEの効能には、老化、がん、動脈硬化、肌の老化予防のほか、血行をよくする、生殖機能の維持などがあるそうです

日ごとに進みゆく老化には、有難い卵の発見となりました(笑)

先ずは、玉子かけ御飯です!

1o1msdcf_6180

写真では解かりにくいかもしれませんが、黄身の色味も味そのものも濃厚です

そして、美味しい~!(気になるお値段は、1個60円でした)

1o1msdcf_6183

我が家でよくつくる牡蠣のピカタもつくってみました

こちらも以前よりうんと濃厚な味わいです

一日に、二個くらい頂くと人間一人当たりに必要なビタミンEとタンパク質、脂質がとれそうです~

もちろん、お野菜もたっぷりとって~

うれしい玉子の発見で、いい散策の一日となりました(笑)

heartお知らせ

マルコポーロのネットショップでは、お客様の個人情報をお守りするため、SSLを導入いたしました

これからは今までよりいっそう安心してお買い物をお楽しみいただけます

新しい器の入荷もつづいております

こちらからどうぞ

http://www.marcopolo-uehara.com/shop/

 

| | コメント (14)

2013年1月14日 (月)

大雪リポート・庭の畑から

1o1msdcf_5980

朝方から降り出した雪は、お昼頃には、庭の畑を真っ白な世界に

TVは、三連休を利用して遠出した人々の足の便を心配しています

たいていこちらの雪は、朝起きたらすでに積もっていた、ということが多いのですが

今日の雪の降り始めは朝で、一日中降り続くとつたえています

1o1msdcf_5991

春に向けて育苗中のスナップ、空豆、ジャガイモなどは、みんな雪の中

収穫中の冬野菜も、みんな雪に覆われてしまいました

庭木は、降り続く雪で枝が折れてしまうのではないかと思えるほど

積もる雪の重みでしなっています

1o1msdcf_5998

滝のようにしなる豊年万作の木

1o1msdcf_6005

このままでは庭木の枝が折れちゃいます

ということで、家人、出動!!

デッキブラシを用いて雪下ろしです!!

こちらは、雪が降っても縄張り争いに余念の無いヒヨに追い出された小鳥たちのために

1o1msdcf_6003

リンゴとミカンを用意いたしましたが

ここだと、こんどは猫とヒヨの攻防戦になってしまうかも

1o1msdcf_6006

雪が降って寒いでしょうに、それでもヒヨは、梅ノ木の番人をしています

(右下から二段目のところで、ヒヨがリンゴを食べているのですが、解かりにくいですね)

1o1msdcf_5978

こんな日のランチは、冷蔵庫の掃除もかねて、牛肉と竹の子、椎茸、にんにくをコチュジャン味噌でソテーして、レタス巻きしたものとパンですませます

夕暮れて、雪は収まり始めましたが、屋根に積もった雪が

ドスン、ドスンとビックリするほどの音をたてて、滑り落ちてきています

これから街へ出られる方、明朝からの外出時には、屋根からの雪に注意ですね

皆さま、どうぞ、ご用心を

お知らせ

フェイスブックで展開中の「あちらのティータイム、こちらの晩ごはんをウォッチング!!」は

タイトルが長すぎて憶えにくいというお声をよくいただくことから

サイト名を少し短く変更いたしました!!

新サイト名は、「おいしい食卓ウォッチング!!」です(右のおたのしみリンクから、飛べます)

おいしそうなお料理や食材、食卓をどんどんウォッチングしてまいります

投稿も受け付けています

こちらは参加性のあるサイトになっていますので、みなさまどしどしおいしいものをご紹介くださいませ~~

| | コメント (12)

2013年1月 4日 (金)

お節と庭のボリジ♪

1o1msdcf_5953 1o1msdcf_5929

あけましておめでとうございます

暮れの寒さは何処へやら、東京の新年はぽかぽか陽気に恵まれました

せっかくですから冬の日差しのもとでお節とお雑煮とおとそです

お節が何時に無く整ってアレレと思われた方もあるやもしれませんが、家人のお店でお出ししたものを、こちらもちゃっかり注文しておきました(助かります)

お雑煮は、例年に習って、庭から取れた大根、里芋でつくりました 

1o1msdcf_5932

小さい頃から頂いたお雑煮には、お椀の中にいつもよろ昆布と何にするめといったかしら、拍子木にきった昆布と拍子木の二つが離れないように二等分に切り裾をねじったもののそれぞれが約束されたようにはいっていました

暮れになると、小学生の小さな手も借りたいほど忙しかったのでしょう

昆布とするめを持ち出し、母はおそらく由来なども聞き聞かせながら、昆布とするめのきり方を伝授してくれたのですが、肝心な由来は、すっかりわすれてしまいました

どなたかご存知の方、いらっしゃいませんか!?(母は、長崎県出身)

今年は省こうかなと思いつつ、未だに続けているお雑煮のあしらいです(笑)

新年になってから、ボリジの花が咲きました!

(一番上の写真をご参照下さい)

蕾をつけるようになってから、大群でやってくるスズメたちに蕾をついばまれ

中々開花までいたらなかったのですが

ようようスズメに先立ったようです

1o1msdcf_5954

台湾椿もご他聞にもれず、はなびらがかけています

1o1msdcf_5926

皇帝ダリアもかじかむように咲きました

1o1msdcf_5956

明日葉は、どんなに過酷な場所にあっても元気です

1o1msdcf_5946

庭から手折った白玉椿を一輪挿しして

1o1msdcf_5935

お抹茶などをゆるりいただくお正月です

お抹茶は、眼にいいですね、ぼんやりしていた眼が覚醒します(笑)

新年は、一月七日から仕事始めとなります

今年は少し元気に、少し丁寧な年に出来たらと思っています

皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

♥器をお探しの方は、こちらのサイトへもお出かけください

www.marcopolo-uehara.com

| | コメント (15)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »