« 年の瀬に、黒豆を仕込みつつ~ | トップページ | ご当地下津井港のタコで、タコめしづくり♪ »

2012年1月 4日 (水)

冬の色逍遥ともいうのか~♪

1o1msdcf_1564_2

明けましてめでとうございます

みなさま、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

昨年の暮れから昨日まで、備前の窯元を訪ねる旅に出ておりました

今回の旅で買い付けた備前焼き作品の数々は、追い追いご紹介するとして、今回は、こちらの眼といいましょうか、心に届いた美しい冬の色をご紹介したく思います

1o1msdcf_1499_2

冬枯れの山景に艶やかに映える岡山、美作あたり、長福寺の三重塔の朱色

1o1msdcf_1586_2

倉敷、阿智神社の境内から見渡した屋根屋根の瓦の柔らかな冬日を浴び銀鼠色に輝く瓦の色

1o1msdcf_1574_2

倉敷、美観地区の川辺に植わった桐の木には、鈴なりの実があり、その実が、樺いろというのか、鳶色というのか、はたまた柑子色というのか、えもいわれぬ自然の創り出す色をして、美しく大空に羽ばたいていました

多くの人々のさんざめきを忘れるほど、心奪われ、これは遠州好みの綺麗侘びといわれるいろかしら、と思ったほどでした

1o1msdcf_1581_2

冬の美しい色に加え、今回の旅では、おみくじや絵馬に眼が止まりました

倉敷、阿智神社の境内のおみくじの白と赤の結び目の色が西日に映えて美しく

1o1msdcf_1490_2

岡山、湯郷神社の境内には、白木の木にマジックペンで願掛けした絵馬が

ここは、なでしこjapanの宮間選手、福元選手の出身地だそうで、彼女たちを応援する絵馬が多くみられました

1o1msdcf_1519_2

備前、天津神社には、百人百様の備前焼の色味や肌合いをみせる陶刻を印した陶板が土塀に沿ってはめ込まれ

日本六古窯のわび、さびを彷彿とさせてくれました

1o1msdcf_1592_2

そして、最後の日に訪れた鷲羽山では

中国地方と四国地方をつなぐ瀬戸大橋の勇姿に出会いました

山並みを抜け、瀬戸内海の海がフロントグラスからのぞめるようになり、あたりが開けたところにその橋はあり、突然の勇姿に感動もひとしおで

おもわず、ブラボー!と声をあげたほど

こんな橋を作るひとのいる日本に生まれた事が、なぜか嬉しく

思いがけない元気を頂戴したり致しました

今回の旅で心に止まったことをつれづれなるままにねささっとご紹介してしまいましたが

日本の自然、日本の色、日本の技術、日本の風土と

今回ほど、日本を意識したこともなかったほどで、今年は、日本復興の年ともいわれていることから

文化、経済のそくめんから、すこしでも復興の輪の中に入れていただけたらと思っています

みなさま、どうぞ本年も、よろしくお願い致します

お知らせ

マルコポーロでは、この春、ネットショップ・オープンを予定しています

オープンに先立って、ジュゲム・ブログ<散歩のより道>という別ブログで、プレゼント付き店名当てクイズを実施中です!

みなさまも、ご関心がありましたら、どうぞ店名当てクイズにご参加くださいませ

こちらの方も、合わせてよろしくお願い致します

|

« 年の瀬に、黒豆を仕込みつつ~ | トップページ | ご当地下津井港のタコで、タコめしづくり♪ »

コメント

備前、岡山県ですね。オイドンも以前伺ったことあります。仕事だったので、そんな各地を回ったりは出来ませんでしたが・・・

逍遥って、散歩のことらしいですね。さっき調べて分りました。

ありゃ、倉敷のその神社、登りましたよ~
以前、ブログ始める直前に行きました。
ケチ猫なんで、お金がかかる美術館には行かずに
神社巡り~(^_^;)

瀬戸大橋、いい写真ですね~
オイドンはその時は渡ってうどん食べに行ったんです~
食べることは大切ですからね~


投稿: ワル猫です | 2012年1月 4日 (水) 18時23分

ワル猫さんへ

明けましておめでとうございます
あららー、阿智神社には、ワル猫さんもいかれたことがおありでしたかー!
瀬戸大橋を渡ってうどんをたべにですかー!
ぜいたくなうどんです!(笑)
橋を渡ると、うどんのメッカだよねーと思いつつ、こちらは、岡山でうどんを堪能致しました!
けっこう、岡山のうどんもいけます!
さらに岡山のうどんをいただきながら、九州のうどんも美味しかったですねぇーと、家人と話したことでした!(笑)
備前へも行かれたことがおありなんですね!
ほんと、よくあちこちに出没なさいます!(笑)
どうぞ今年もよろしくー!

投稿: マルコ | 2012年1月 4日 (水) 19時21分

ふっふっふ(^^)岡山には2回ほど行ったことがあります~
初めて行ったとき、大原美術館の受け付けに短大の同級生がいて、
偶然の再開に狂喜したのが昨日の事のようです…
美観地区が素敵でした~なつかしい!
さすがマルコさんのお出かけ先のご紹介です。
日本の美に欠かせない、色に目をとめられるとは~
はぁぁ~(^^) ため息ものです…
朱や銀鼠、鳶色…おみくじの白ですか!
陶板に至ってはどんな器を手に入れられたのかなと
とても気になりました。
瀬戸大橋、美しいですねー!! とても優美で惚れ直しました(^^)

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします(^^)

投稿: gerogero | 2012年1月 4日 (水) 21時44分

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。
新年から備前焼きの古里にお出かけでしたか。混雑はありませんでしたか。私はいつもの赤目温泉に孫と初風呂に行ったきりで静かな正月を過ごしました。
竹林の目にやさしい緑、燃えるような赤い塔、銀鼠色の瓦
複雑な色の桐?の実、美しいさまざまな色に迎えられ、楽しい旅だったことでしょうね。今年も楽しい投稿を期待しております。

投稿: 龍山 | 2012年1月 5日 (木) 08時43分


マルコさん こんにちは♪

マルコさん恒例、今年もお正月は旅に始まりましたね~^^
備前の窯元の旅ですか~~
なんて素敵な旅なのでしょう^^
景色がまた 素晴らしいです。
素敵な1年の始まり、
はい~ こちらこそよろしくお願いします。
楽しい1年にしましょうね~(^0^)/

投稿: mana | 2012年1月 5日 (木) 12時59分

おめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します

岡山にいらしてたんですね!
私は岡山も食べ歩きのところなんです…
備前焼の里と知っていても 観にいった事も
まだなく…
倉敷に行っても 大原美術館を訪ねたことも
なく…

ふくらすずめを食べ 素隠居さんにたたいて
もらっても賢くならず 平翠軒でわれを忘れ
そんな旅ですけど 大好きなところです(笑)

投稿: おとめ | 2012年1月 5日 (木) 22時42分

gerogeroさんへ

おやおや、大原美術館の受付に同級生がいらしたとは、今も健在でいらしたのでしょうかー?
展示品のほとんど見たことのある絵でしたのでパスしちゃったんです!(笑)
もっぱら寺社めぐりでした!
日本の伝統色って、たいてい草木染めにあるのですが、自然のなかでみると、またいいんだなぁー!(笑)
写真がイマイチなので残念なのですが、どのシーンも、もっと眼にしみじみときたんです!
備前焼については、そのうちご紹介できたらと思っています
ことしも、どうぞよろしくー!

投稿: マルコ | 2012年1月 5日 (木) 23時44分

龍山さんへ

備前へはまさか新年早々に伺うわけにはまいりませんので、晦日のうちに尋ね、明けてから、もっぱら寺社めぐりでした!(笑)
瀬戸大橋は、初めてでいたく感動いたしました!
そちらはいつもの赤目温泉でいらしたのですね!
奈良にも足をむけたいのですが、なかなかかなわずにおります
日本の伝統色と呼ばれるものは、いいですね!
雅だったり、侘びていたりー!
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします

投稿: マルコ | 2012年1月 5日 (木) 23時54分

MANAさんへ

恒例といいますか、こういう時じゃないとなかなか遠出ができないんですー!(笑)
半分仕事で、のこり半分が遊びの旅です(笑)
一年のはじまりが、日本的なものからでした!
今年は、こちら方面に重心が傾きそうですー!
いまのところー!
ほんと、楽しい一年にいたしましょうねー!

投稿: マルコ | 2012年1月 6日 (金) 00時03分

おとめさんへ

そうそう、確かおとめさんのお魚の先生みたいな方が、岡山でしたっけ!?
違ったかな!?
今は、瀬戸内海でとれる鰆に脂が乗って美味しいとかで、こちらも握りでいただきました!
鯛のアラ煮に、ままかりの酢の物、焼だこなどをいただきました!
タコに関しては、天日干ししたものを廻船問屋さんをめぐってさがし、一匹つれて帰りました!(笑)
このことは、おいおいご紹介したいと思っています
はははー!焼き物や絵画には無縁で、もっぱら食の方の岡山なんですね!
今年も、美味しいものを探して、楽しい一年に致しましょうね!
本年も、こちらこそどうぞよろしくー!

投稿: マルコ | 2012年1月 6日 (金) 00時17分

 明けましてオメデトウ御座います。
本年も宜しくお願いいたします。

ようやくブログ新年と成りました。

 暮れから、正月にかけて「備前岡山」へご旅行されました様で、丁度我が住いの反対側に行かれたのですネ。
 山陽路は、今の時期は日差しも明るく、静かな季節ですのでごユックリと新春備前を堪能されましたか?
彼の地は、日本六古窯が有りますように、現存する最古木造の小学校等もあり歴史的にも奥深いもが沢山有る所です。
 マルコさんが「日本の自然、色、技術、風土」を強く感じられたとの言葉に、旅への思いと感慨が強烈に感じられました。

 

投稿: 久米仙人 | 2012年1月18日 (水) 17時52分

久米仙人さんへ

ようやくのブログ新年なんですね!
明けましておめでとうございます
そうなんです!備前へ旅をしながら、あの山並みを越えると仙人さまがいらっしゃるんだなぁーと思いつつ、旅をつづけました!
閑谷のそばも通りましたョ!
その側に、刀剣の工房などもありました!
長福寺は、江戸期前までは、そうとうなお寺さんだったようですね、伽藍か゛30位山に向かって建っていたそうです
阿智神社には、いろいろな神様が祭ってありましたし、合戦の折りには、ここが隠れ家にもなったとか
旅は、面白いですね!
こんどは、山を越えて仙人様の方にも伺ってみたいものです
本年も、どうぞよろしくお願いいたします

投稿: マルコ | 2012年1月21日 (土) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年の瀬に、黒豆を仕込みつつ~ | トップページ | ご当地下津井港のタコで、タコめしづくり♪ »