« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

雪と天道生えの中島菜♪

1o1msdcf_2120

ほとんど週刊ブログになっています(笑)

忙しくしているうち雪が降り、畑は大丈夫かしらと見回ると

梅の蕾のふくらみが、なんとも愛らしく

梅ノ木のたもとには

1o1msdcf_2123

クリスマス・ローズが咲き始めています

といっても、ことしの開花は、例年より一ヶ月ほど遅いんですよね

伺ってみると、やっぱり何処も遅く

花屋さんの店先に、今朝方たくさんのクリスマス・ローズが並んでいました

去年は遅くまで、暖かったですものねー!

気候の変化で、梅にも、クリスマス・ローズにも開花時期に変化が出ている様子です

昨日まではすっぽり雪の中だった野菜たちも、顔を出してきました!

1o1msdcf_2116

キャベツです!

1o1msdcf_2113

桜島大根は、溶け始めの雪が屋根から落ちてきて、まだ雪のなかです

その分、甘くなってくれるのかな!?

さて、今回の主役は、キャベツでも櫻島大根でもなく

1o1msdcf_2118

中島菜です!

去年、植えたおぼえは無く、家庭菜園を始めて二年程経った頃、種を撒いて育てた記憶があります(メモをとってないところが問題ですがー!)

能登半島の中島というところでとれる野菜で、血液をさらさらにしてくれるというふれ込みに魅かれ植えたのですが、家人の箸がいまひとつすすまないようなので、その後、種を撒くことの無かった野菜です!

その折り、菜の花が咲き、種となり、風に吹かれるまま

庭のあちこちに着下したのでしょうか

一昨年にも天道生えした中島菜があって、菜の花が咲いていたということかしらー!?

謎がなぞとしてのこります(隔年の天道生えもアリなのかしらんー!?とか)

天道生えの中島菜がブルーセイジの畑で大きくなっていました

健気ですー!凄いパワーです!

あらためて自然の驚異という言葉が頭をかすめました!

敬意をはらって中島菜を摘み、ついでにほかの野菜も摘んで

きょうは、葉っぱづくしの夕飯に

1o1msdcf_2129

雪の下になっていても、元気、もりもりーの野菜たち

1o1msdcf_2131

山形せいさいは、京都のお揚げさんといっしょに煮びたしに

1o1msdcf_2133

中島菜は、豚肉、竹の子、プチトマト、にんにくといっしょにレモン醤油ソテーにしてみました

おやおや、今回は家人の箸がすすむ君です!

豚肉との相性が良かったのかな!?

それとも、謎のパワーがそうさせたのかな!?(笑)

ただいまお店の方では、三月のネットショップ・オープンをめざして

「散歩のより道」という別ブログで

プレゼント付き店名当てクイズを実施中です!

みなさん、ご応募くださいね!

右サイドのお楽しみリンクから、どうぞ

| | コメント (10)

2012年1月16日 (月)

お日様とクリスタルとそら豆と

Dsc04284

ああ~また曇っちゃったー!

このところ、こちらは、曇りと寒さと乾燥つづき

太陽の日差しと少しのおしめりがほしいところなんです!

Dsc04286

雲間から、ちょっとだけョ~と差し込む日差しに、クリスタル・ガラスは煌き

テーブルの上には、挿した花のシルエットが影となって出来ます

ほんの僅かな時間なのに、これが、嬉しい(笑)

光りと影と、お日様と日陰

Dsc04296

クリスタル・ガラスを逆光でとり~

Dsc04297

今度は、光源を背にして撮ってみたり~

室内と室外では、ゆうに15度位の気温の差がある日の愉しみです(笑)

クリスタル・ガラスは、酸化鉛の含有量が多くなるほど

ガラス自体の強度が増し、ガラス装飾のカットもシャープに入れることができます

光りの乱反射率も高まり、お日様にかざすと、キラキラ、キラキラ輝いて綺麗です

透明なクリスタル・ガラスのほか、クリスタル・ガラスの仲間に、江戸切子、薩摩切子などがあり、春から夏の食卓に、涼やかさを演出する器としてかかせません(余談ですけど)

光りの有難さは、庭のそら豆にも、如実に表れていました!

Dsc04290

桜島大根、ルッコラ、水菜、ビタミン菜と混色したそら豆は

後撒きなのに、日照度がいいことから、だんとつの成長を見せてくれています

Dsc04291

一方、植木(さつきです!)の影になる畑に撒いたそら豆は

苗がひ弱く育ってしまったのか、この寒さで萎えています

ルッコラやわずかに見えるキャベツも小さい!

収穫時のめんどうを省き、不織布をかけていないのも問題ですが

お日様の日差しの有るなしは、やっぱり成長に差がつきます(笑)

さて、我が家の白菜とキャベツは~

Dsc04288

白菜です!

Dsc04289

キャベツです!

どちらも鈍間ですねー!

巻きはじめの昨年から、遅々としています!

このまんま春が来て、頭立ちして、菜の花をたのしむということになるやもー!(笑)

こちらも不織布をかけずにいます(近くに収穫できる野菜が植わっているのて゛ー)

♥お知らせ

三月のネットショップ立ち上げを目指し、別ブログ<散歩のより道>で

ただいま、プレゼント付き店名当てクイズを実施中です!

よろしかったら、そちらの方ものぞいてみてください~

店名当てクイズにもご参加ください~

わいわい、がやがや、プレゼントの物色をしていただければと思っております(笑)

| | コメント (8)

2012年1月11日 (水)

ご当地下津井港のタコで、タコめしづくり♪

1o1msdcf_1749

旅の楽しみは、ご当地ご飯にもありますー!

暮れから新年にかけ、備前、岡山、倉敷と巡り、やっぱり瀬戸内海の海の幸をいただいて帰らなくっちゃということで、鷲羽山までやってきたのは、前回ご紹介いたしました

鷲羽山で出会った土地のひとに美味しいお昼どころも伺いました

瀬戸内際まで瀬戸大橋の西側に降りてみますと、タコ漁で一度は耳にした事のある下津井港という港でした!

昔は出船入船で栄えたのかな、ナマコ壁の廻船問屋街が海沿いに平行して並んでいます

探し物は、大きな干し蛸です!

干し蛸やぁ~い!

この日は、まだ三が日のうちですから、さすがに漁に出ている船もなく、わずかに網を整えていらっしゃる若い漁師さんに出会いました

干し蛸はありませんかねぇ!?

いゃぁ、来る時期が遅かろうー!11月の始め頃から12月の半ばまでが干し蛸の最盛期じゃもんねー!みーんな市場へ出てしまって、残っておっても高い値をつけるでしょうがー!

そうでしたかー!時期、すでに遅しでしたか!残念無念!

家人は側で築地にあるョー!と小声で申しますが、せっかくですからご当地の干し蛸やサヨリ、イイダコ、ママカリ、ちりめんじゃこ、海苔など、好みの海産物をどっさりおみやげにいたしました!(笑)

すでに足が二本ほどなくなっていますが、こちらが下津井港の干し蛸です!

1o1msdcf_1607

瀬戸大橋の向こう側(西側)に下津井港はありました

1o1msdcf_1612

お正月休みで、蛸漁の蛸壺は、みーんな岡にあがって、きれいに整列です!

1o1msdcf_1613

蛸壺の中をのぞいても、砂ばかりが残るばかりー!

蛸は、砂地に棲む海老やカニを好んで食べるようですから、砂も一緒に上がって来るのでしょう(笑)

グニャリとあがる蛸も見てみたかったけれど、いくらなんでもお正月にはムリというもの

瀬戸内海の海産物で、旅の名残りの蛸飯とまいりましょうかー

1o1msdcf_1713

庭の畑から取れる野菜たちと

1o1msdcf_1747

蛸飯です!

廻船問屋のおかみさんに教わったレシピで、ご当地蛸飯となりました!

蛸足は火でかるく炙って細かく切り、あとはふつうの炊き込みご飯を炊くようにでいいョー!に倣いました!ちょっぴり生姜も加えてー!

美味しい!噛めばかむほど滋味がある、なんとも旨い蛸飯でした!

春先に、木の芽ダコと呼ばれる小さな蛸が出回るようで、こちらの蛸も身がしまって美味しいのだとか

ああー!時間があれば、こちらもご当地で食してみたいなぁー!(笑)

1o1msdcf_1745

大根の炊き合わせ

1o1msdcf_1744

大根の葉っぱは、ひじきとおかかをあわせてごま油で炒めたもの

蛸飯は、生蛸でつくるものとひと味ちがって、滋味ふかいものとなりました!

ごちそうさまです!

| | コメント (10)

2012年1月 4日 (水)

冬の色逍遥ともいうのか~♪

1o1msdcf_1564_2

明けましてめでとうございます

みなさま、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

昨年の暮れから昨日まで、備前の窯元を訪ねる旅に出ておりました

今回の旅で買い付けた備前焼き作品の数々は、追い追いご紹介するとして、今回は、こちらの眼といいましょうか、心に届いた美しい冬の色をご紹介したく思います

1o1msdcf_1499_2

冬枯れの山景に艶やかに映える岡山、美作あたり、長福寺の三重塔の朱色

1o1msdcf_1586_2

倉敷、阿智神社の境内から見渡した屋根屋根の瓦の柔らかな冬日を浴び銀鼠色に輝く瓦の色

1o1msdcf_1574_2

倉敷、美観地区の川辺に植わった桐の木には、鈴なりの実があり、その実が、樺いろというのか、鳶色というのか、はたまた柑子色というのか、えもいわれぬ自然の創り出す色をして、美しく大空に羽ばたいていました

多くの人々のさんざめきを忘れるほど、心奪われ、これは遠州好みの綺麗侘びといわれるいろかしら、と思ったほどでした

1o1msdcf_1581_2

冬の美しい色に加え、今回の旅では、おみくじや絵馬に眼が止まりました

倉敷、阿智神社の境内のおみくじの白と赤の結び目の色が西日に映えて美しく

1o1msdcf_1490_2

岡山、湯郷神社の境内には、白木の木にマジックペンで願掛けした絵馬が

ここは、なでしこjapanの宮間選手、福元選手の出身地だそうで、彼女たちを応援する絵馬が多くみられました

1o1msdcf_1519_2

備前、天津神社には、百人百様の備前焼の色味や肌合いをみせる陶刻を印した陶板が土塀に沿ってはめ込まれ

日本六古窯のわび、さびを彷彿とさせてくれました

1o1msdcf_1592_2

そして、最後の日に訪れた鷲羽山では

中国地方と四国地方をつなぐ瀬戸大橋の勇姿に出会いました

山並みを抜け、瀬戸内海の海がフロントグラスからのぞめるようになり、あたりが開けたところにその橋はあり、突然の勇姿に感動もひとしおで

おもわず、ブラボー!と声をあげたほど

こんな橋を作るひとのいる日本に生まれた事が、なぜか嬉しく

思いがけない元気を頂戴したり致しました

今回の旅で心に止まったことをつれづれなるままにねささっとご紹介してしまいましたが

日本の自然、日本の色、日本の技術、日本の風土と

今回ほど、日本を意識したこともなかったほどで、今年は、日本復興の年ともいわれていることから

文化、経済のそくめんから、すこしでも復興の輪の中に入れていただけたらと思っています

みなさま、どうぞ本年も、よろしくお願い致します

お知らせ

マルコポーロでは、この春、ネットショップ・オープンを予定しています

オープンに先立って、ジュゲム・ブログ<散歩のより道>という別ブログで、プレゼント付き店名当てクイズを実施中です!

みなさまも、ご関心がありましたら、どうぞ店名当てクイズにご参加くださいませ

こちらの方も、合わせてよろしくお願い致します

| | コメント (12)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »