« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

年の瀬に、黒豆を仕込みつつ~

1o1msdcf_1340

冬至を過ぎてからこっち、上空には寒気団の通過を思わせる雲が連日のように見受けられます

いよいよ、残すところ今日、明日となってしまいました

庭の白玉椿は、目白のかっこうなスイーツとなっています!

1o1msdcf_1239

しょうがないなぁーと梅の木に、みかんやりんごを挿してやるのは、例年と変わりありません

1o1msdcf_1326

ちょっとピンボケですが、真ん中のりんごのところに、つがいの目白の一羽が、お食事中♪

1o1msdcf_1325

落ち葉に埋もれるようにして赤い実をつけたやぶこうじも例年に変わりないのですが

どうしたものか、クリスマス・ローズの開花が遅れています(写真を撮り忘れてしまいました!)

今年は、年が始まって春を待つ頃、これまで経験した事のない東日本大震災があり、大きな津波で東北の太平洋側の街は、街ごと無くなってしまう所もありました

その後、連鎖の惨事として原発の爆発があり、右往左往の日本の姿に世界中から救いの手をあおいだのも、ついこの間の事のように思います

長い冬のようなこれまででした!

しっかりとした解決の糸口のみいだせないまま、この師走を迎えていらっしゃる方々がたくさんいらっしゃいます

ついこの間のニュースで、最後の避難所生活の方が、落ち着く場所を見出されたと伝えていました

こちらもなんとなく慌しい師走を過ごし、ついさきほど、黒豆の仕込みをしつつ

来年も、再来年も、原発に近い方はおそらく数十年ものあいだ、仮りの住まいで生計をたて、暮らしゆくことを余儀なくされるのでしょうと思うと、もしも同じ事が自らにふりかかっていたら、どうだったのだろうと思うと、心もとなくなってしまいます

年が明けたら、少しでも、前へ進みますように!

そう願わずにはおれません!

1o1msdcf_1358

大変だったこの一年でした!

それぞれの裁量で、それぞれの支援がつづけられてもいます

できることから、やるっきゃありませんね!

日本という私たちの国の再生をはかるためにー!

今年一年、こちらのつたないブログにおつきあいいただき、こころより感謝申し上げます

来年春、お店の方では、ネット・ショップを立ち上げ、少し前進しようと思います

震災地の作品も、微力ですがご紹介してまいりたいと思っています

どうぞみなさま、良い年をお迎えくださいませ

新年の営業は、1月6日よりとなります

ネット・ショップ立ち上げに先行し、<散歩のより道>という当方の別ブログで

店名当てクイズを実施中です!

<散歩のより道>へは、こちらからどうぞ

http://g.marcopolo-uehara.com/

| | コメント (10)

2011年12月23日 (金)

冬至とアスパラと、ゴールデン・キューイー

1o1msdcf_1320

昨日は、冬至でした!

いよいよ冬に至るかぁー、寒くなってきましたものね

冬至の印として、昔の人は、雪下麦出といったそうです

そして、これからの麦踏みは、霜柱で根元が怪しくなった麦を土壌に落ち着かせるためにする作業だとか

こちらから眺めると、冬の風物詩として懐かしい景色かなぁなどとおもいますが

麦踏みなさっている方々は、寒いのでしょうね!

店頭にはカボチャが山積みでしたから、我が家もカボチャをもとめて1o1msdcf_1160 厚揚げと炊き合わせて頂きました!

ちょっと、体がホッコリいたしますね!

こちらでも霜がおりるようになっていますから

裏庭のアスパラは、来年に期待を込めて伐採し

根茎を太らせるために、籾殻クンタンと油粕をパラパラっと撒いて

籾殻をマルチ代わりにかけて、越冬準備

1o1msdcf_1235

来年に望みを託します!

1o1msdcf_1236

アスパラのそばにあるゴールデン・キューイーは、我が家の暴れん坊大将です!

限りなく何処までも伸び、お隣りの敷地にまで侵入しそうなので

棚を半分ほどに縮小

伸び放題の枝もおもいっきり剪定し、こじんまりと育てることにいたしました(笑)

それでも、春が来たら、またあばれるのでしょうけれどー!(笑)

1o1msdcf_1321

うれしいことに、大根が取れるようになりました!

最後の間引きの手間をかけきれず、今年も市場に出回っている大根の半分くらいの大きさです!

尻尾のような部分まで大きくなりましたら、立派な大根になるのですがー!(笑)

同じ頃、東京郊外で家庭菜園をなさっている方から

丸々と太った立派な大根を頂戴いたしました!

ああー、なんでこんなに違うのでしょう(笑)

1o1msdcf_1318

葉っぱは、ちりめんじゃこと一緒に炒めて、いつものごはんの友に

新米が美味しいので、揃っておかわりするくらい(笑)

1o1msdcf_1317

大根、里芋、鶏のウイングと一緒にカレー味噌煮にしたり

おみおつけの具、おろし煮、サラダなど、大根はなんと重宝なお野菜でしょう

有難くいただいております

そして、こちらは

1o1msdcf_1324

櫻島大根です!!

南のお国の大根ですから、日当たりのいいスペースの空きを待って

取れた大根に遅れること一ヶ月で種を撒いて育てています

種は、ブログ仲間の方から頂戴したのですが

頂いた時は、えええっ!?でした!!(笑)

普通の大根もうまく出来ないのに、一足飛びに櫻島大根て゛すか!?って!

まだまだ小さいのですが、このまんまどうなるか見守ってゆきたいとおもっています

日本海側では、大雪だそうー

みなさま、お体ご慈愛くださいませ!

お知らせ

来春、マルコポーロのネットショップをオープン予定です!!

十数年も以前からいろいろリクエストがあったのですが、中々実現できずにおりました

手仕事の器や布は、手にとって見ていただいた方がいいのですからー

時代がウェブの時代へ、大きく様変わりしているのかもしれません

いまだそのお声は、途絶える事がないばかりか、大きくなっていますので

いよいよ決心いたしました!

やるからには、顔の見えないお客様にも品物の良し悪しをちゃんとお伝えしなくちゃなりませんから、ちょっと身が引き締まっています!(笑)

来春オープンに向け、<散歩のより道>というブログを立ち上げ

そちらの方で、プレゼント付きお店の名前当てクイズを実施しています!

よろしかったら、ご参加くださいませ

ブログへのアクセスは、こちらから

http://g.marcopolo-uehara.com/

| | コメント (12)

2011年12月17日 (土)

街はクリスマス色に染まって~♪

1o1msdcf_1282

北海道、日本海沿いの町々に真白な雪が降った今日

こちらは夕暮れてから、今年一番の寒さとなりました!

街にはクリスマス・ソングが流れ、行き交う人の面にも

ひと頃より明るさが戻ってきているように思えます

この夏、リニューアルした代々木上原の駅には、これまで見たことの無かったクリスマス・ツリーがたち

1o1msdcf_1284

これはなんだかお解かりになりますか!?

ヤドリギです!

近所のお花屋さんの店頭に、つい先だってお目見えしました!

クリスマス・リースやアレンジ、生け花などにいい雰囲気をもたらしてくれるヤドリギです!

グググッと寄ってみますと

1o1msdcf_1286

こーんな感じです!

やや不透明な玉をつなぎ集めると、クリスマス用の首飾りができそうです!(笑)

1o1msdcf_1287

こんにちわー!お忙しそうですねー!

あまりチャチャはいれられませんー、お忙しそうなんですからー!

1o1msdcf_1289

そして、うちのお店には、駒津直美さん作のクリスマス・リースを飾っています

クリスマスまで、あと一週間

街は、クリスマス色に染まっています

プレゼントをお求めになる方、お正月用の品々をお求めになる方で

こちらのお店も、忙しくさせていただいています

そんな中でも

1o1msdcf_1296

庭からルッコラやミブナを摘み

1o1msdcf_1292

煮びたしにしたり

1o1msdcf_1290

お鍋にしたり

この日は、冬のカサカサ肌に備えて、鮟鱇鍋にいたしました

ますます寒くなってゆきそうですね!

どうぞ、良いクリスマスをお迎えくださいませ

| | コメント (14)

2011年12月10日 (土)

白菜と朝の陽と紅葉~♪

1o1msdcf_1233

旭川では、気温がマイナス摂氏15度まで下がり、ダイヤモンドダスト現象が見られたとか

寒くなりました!おまけに、日差しも少なくなりました!

我が菜園の朝八時半です!

ようやく畑の野菜たちに朝の陽が当たり始めます

気持ちいいなぁーと伸びをし、むくむく、のびのび育ってくれるといいのですが

例年、冬野菜は苦戦しています!(笑)

1o1msdcf_1231

俯瞰して見ると、こんな按配です

左右前方にも建物のあるロケーションですから、朝の陽は、建物や樹木の合間を縫うように差し込んできます

1o1msdcf_1232

そんな畑でも、日当たりのいい所と、まったくの所とがあり

ここは、我が菜園の一等地

今冬、力を入れている大根と白菜は、この場所で育てています!(笑)

日当たりがいいと、ムシ喰いは少なくなりますし、成長に加速がつきますが

今年も葉数の少ないスカスカ白菜になりそうな気配!

日差しの少ないのはこたえるなぁー

霜の降りる日も多くなってきました

ぼちぼち、不織布をかけましょうー!

1o1msdcf_1234

さ、お天気のいい日は、おもいっきり日光浴をしてー!

大きく育ってくださいョー!(笑)

1o1msdcf_1244

急に冷え込んだ日、庭のどうだんつつじが見事な紅葉となりました!

1o1msdcf_1271

気温が下がって、最後の美しさを見せる楓とブルッブルッと凍える白菜

写真にはありませんが、この日を最後に九月から咲いた夕顔は、二度と咲くことは無く

つぼみのまんま萎えてしまっています

種取りができたら、お正月にむけて撤収ですね!

1o1msdcf_1132

もう随分前になりますが、裏の畑から里芋とさつまいもを表の畑から安納芋と思って育てたさつまいもを収穫!

力を入れた筈のさつまいもより、天道生えの里芋の方が良く出来ています!?

さつまいもは、降り余るほどの日差しが欲しい野菜ですもん

日当たりの少ない我が菜園で育てるには、不向きということなのかもしれません

あちこちから出来ないお芋を頂戴し、恐縮するばかり

有難く、嬉しくいただいております

寒さで肌もカサカサしてきましたので

1o1msdcf_1138

コラーゲン摂取を期待して

鶏手羽先のカレー風味の照り焼きです!

ハンドクリームも欠かせなくなってきました!(笑)

みなさま、お風邪などめしませぬようにー!

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております

| | コメント (10)

2011年12月 4日 (日)

野菜の和え物三種で一献~♪

1o1msdcf_1162

久しぶりに気持ちの良い青空がひろがっています

ここの所あれやこれやで忙しくして、ブログの更新が間延びしていますが、あしからずおつきあいくださいませー!

畑の冬野菜が、取れ始めました!

いまのところ

1o1msdcf_1202

お馴染みのルッコラとー

1o1msdcf_1204

山形せいさい、仙台雪菜、京みぶなあたりですが、この他、ビタミン菜、九条葱、春菊なども取れ始めています

1o1msdcf_1201

大根、白菜は、まだまだ先になりそうです(笑)

1o1msdcf_1205

こちらは、もっと先になりそうなキャベツ、サラダ菜の畑ですが、少しだけルッコラも植わっています(笑)

我が家の畑とルッコラの相性はいいらしく、どこに植えても、一応育ちます

相も変わらず苦戦しているのは人参で、お見せできないほどの小ささです!(笑)

米ぬか、油粕、牛糞、籾殻クンタンなどを漉き込んで、今年こそはと張り切りましたが

難しいですね!

そのうちご紹介するとは思いますがー!

今日は、畑からとれる野菜と頂き物の立派な野菜を利用して

野菜もので一献というこころみです!

1o1msdcf_1199

お疲れさまーの一献です!

いいねー!お膳で出てくると、なんでも美味しそうにみえるねー!軽口をたたきつつ、どれも旨い!旨いとたいらげ、明日があるからー、早々に好きなお酒をきりあげています

そうでした!明日はゴルフー!

なにやら賞品をかけての年忘れコンペのようです!(笑)

1o1msdcf_1196

もやしと人参、ルッコラの胡麻酢和えです!

1o1msdcf_1198

白菜、ビタミン菜、鯖のへしこの和え物

白菜とビタミン菜は、食べ易い大きさに刻んで、軽く塩もみし

水洗いして水気をきったところに鯖のへしことほんの少しの塩で味をつけます

今回、へしこはお店売りのものをもちいましたが

米糠、米麹、塩、鷹の爪、醤油、日本酒、自然の甘味料で作った糠床に

およそ一年ほど漬け込んだらできそうなんです

鮮度のいい鯖やさんまなどが手に入ったら、一度、実験してみたいものです!

買うと、いいお値段なのでー!(笑)

1o1msdcf_1197

こちらは、春菊、柿、きざみこぶの和え物です

調味料は、なーんにもつかっていません

頂き物の春菊があまりにも美味しく、おでんや胡麻和えなどでもたのしみましたが

この美味しさそのものを、きのままでいただくにはー!?

和え物のお相手さがしをして、柿の甘みと刻み昆布の滋味に期待をかけ

ボールのなかにとり、湯通しして刻んだ春菊と和えますと

あらあら、とても美味しい小鉢が出来上がりました♪

我が家の春菊とくらべると、香りよく、柔らかく、ひと味も二味も違う春菊でした!

ごちそうさまですー!

いつか、そちらの畑を訪ねてみたいものです!

お店では、冬の感謝セールが始まっております♪

うつわが、うんとお求め安くなりますし、今冬は、1000円、2000円市も同時に開催いたしております

お正月用品や掘り出し物を見つけに、どうぞお出かけくださいませ

| | コメント (12)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »