« たそがれアワビとべったら漬け~♪ | トップページ | お待ちかね!!椎茸発芽かな!? »

2011年11月 9日 (水)

栗の渋皮煮とローゼルの天日干し~♪

1o1msdcf_1033

秋も深まり、このところ紅葉狩りの行楽ばなしに、こちらは耳をかたむけるばかりー

気持ちでは、温泉にでもつかりにでかけたいところですが、そうもゆかずー

我が家で秋を愉しみましょうー、栗の渋皮煮でもつくりましょうかー

ひと頃より栗のお値段も、グンとお手頃になりました!!(笑)

1o1msdcf_1035

こちらは、出来上がった栗の渋皮煮ですが、今年も、栗の鬼皮が上手くむけていませんー!(笑)

渋抜きは、蕨やぜんまいのアク抜きと同じように、灰汁を用いてもかまわないのですが、火鉢の灰は、我が家にとって貴重品(?)なので、重層を用います(笑)

鬼皮をとった後、栗は水道水で良く洗い、お鍋に栗が充分隠れるほどの水を張って、重層を小さじ一杯ほど加え、火にかけ、沸騰させます

沸騰したらしばらくそのままコトコト煮て、火を止め、冷まします

この後、渋皮を取りつつ栗を水洗いし、ふたたび、お鍋に入れ、たっぷりの水を張り、重層を小さじ一杯ほど加え、火にかけ、先ほどと同じことを繰り返します

つごう二回、この作業を行う事で栗の渋を抜く事ができますが、場合によっては三回つづけてもー(こちらは、少々渋が残ってもいい口なので、一回だけにはしょることもあります、その時は、重層の量を小さじ二杯ほどにしています)

渋を抜き終わったところで、栗の蜜煮となりますが、お鍋にたっぷりの水を張り、栗を入れ、火にかけ、コトコト、コトコト、煮てゆきます

お砂糖は、好みの甘さの分量を三回くらいにわけながら、蜜度をましてゆくといいかもです

今年も、栗の渋皮煮ができあがりましたー!

さて、お味のほどはー!?

あれっ!!ちょっと渋が残ったかな!?

いやぁー、栗に少し渋があっても、なんてったって栗だからな!!と、家人(大好物の栗なのに、ホントにいいのー!?笑)

ちょっと見た目に無骨な我が家の渋皮煮ですが、もうすこしよそ行きの栗に仕上げたい時は

鬼皮をむく前に、栗を熱湯につけて剥きにはいりますと、綺麗にむけるように思います

次いで、渋抜きの工程で、火にかけた後の栗を水洗いする折り、やわらかいブラシなどを用い、栗を磨くように洗いますと、栗が見目麗しい姿となります!!(笑)

お正月のお節用でもないかぎり、我が家は、いろいろはしょります!!(笑)

さて、この間の日曜日、ローゼルを撤収いたしました!

1o1msdcf_1032

同じ日に撤収した秋茄子の姿も見えます!

種取りをしたくて、ここまでふんばってもらったローゼル!!

少しお茶でいただいたり、またまたサラダでいただいたりー

1o1msdcf_1007

大根、胡瓜、アスパラ、ローゼルのサラダです!!

お茶の出がらしは、もったいないのでその日のチーズ焼きにまで忍ばせたりしたことでした!!1o1msdcf_951

ブロッコリー、ズッキーニ、海老、ローゼルのチーズ焼きです!!

残りのローゼルは天日干しをして、折々、お茶を愉しむつもりー(写真がなくて、ゴメンナサイ)

天日干しをしていた網戸越しに、おやおやー、身重のカマキリのお母さんです!!

1o1msdcf_1024

お腹はパンパンで、はちきれそうですし、重そうです!!

大丈夫ー!?お産は、どこでするつもりなのでしょうー!?

去年は網戸の近くのイングリッシュ・ローズに産み付けていましたので、ではではお産のお手伝いでもー、誘うつもりで手をさしのべますとー

1o1msdcf_1028

カマを振り上げて、応戦のポーズとなりました!!

この時期のお母さんは、強いんですよね!!(笑)

カマキリなのに、おカマいなくーだったようです!!(笑)

とんだ、お節介なのでした!!

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りしております

1o1msdcf_1034

|

« たそがれアワビとべったら漬け~♪ | トップページ | お待ちかね!!椎茸発芽かな!? »

コメント

栗は友人からよく頂き物をします。山に住んでいるので、あるけど、手入れをしないとやっぱり大きくならないようですね。

渋皮煮、なんでも器用に作られますね~
実はオイドンも山の友人から頂いた栗じゃないあるものを加工していますけど、はたして手抜きで出来るかどうか実験中~(^_^;)

ちゃんとできたらご報告いたします~(^_^;)

投稿: ワル猫です | 2011年11月10日 (木) 12時46分


マルコさん こんにちは♪

うわ~~ 栗だ!
結局今年は食べることありませんでした~~
スーパーでも見かけましたが、とても高くて・・・・
渋皮煮は前に一度作りましたけど、とても手間暇かかりますね^^;
ローゼル 活用されていますね~
きゅうりと大根と和えたものが色合いもよくきれいです~


>具だくさんに うどん これまた美味しいのですよね~^^
私も余ったら、うどん入れたり ごはんを入れておじやにしたり・・・

マルコさんも夢日記つけてらっしゃったんだ
数冊あるなんて 長いこと書き留めてらしたんですね~
gerogeroさんの夢もすごいですよ^^
ハリソン・フォードを共演したこともあるそうです(笑)
私は和田アキコとショッピングしたことあります(爆)

投稿: mana | 2011年11月10日 (木) 18時24分

こんばんは~
渋皮煮 大人の味ですよね!
自分で作るのは 大変なので
もっぱら食べる専門です! (笑)

マルコさんは ホント まめに
されますねぇ♪
素敵です♪

投稿: おとめ | 2011年11月10日 (木) 22時57分

おおお…栗の渋皮煮をはじめとする栗のデザートが高いわけがわかった気がする(^^;)
マルコさん、マメですね!
お好きな方がいらっしゃると、力が入りますよね~♪
うちもローゼル、撤収いたしました。
お茶にするのをすっかり忘れていましたが、
紅茶に入れて飲んでみようかなぁ。
カマキリ奥さん、構え方がさすがプロ?ですね(笑)

投稿: gerogero | 2011年11月11日 (金) 10時32分

ワル猫さんへ

山の友人からいただかれた栗ではないあるものって、何でしょうー!?
ただいま、加工中!?
まさか、椎の実とか、どんぐりじゃないでしょうー!?
もしかしたら、木ノ子類かなー!?
楽しみです!
栗は、家人の大好物なので、秋ともなれば一度はねーのノリです!(笑)
ことしの出来は、いまいちだったかも!(笑)

投稿: マルコ | 2011年11月11日 (金) 11時32分

MANAさんへ

そうなのよねー!
栗の渋皮煮は、手間がかかりますし、眠さとの戦いになりますー!(笑)
作るのは、たいてい夕飯の準備をしながらになりますからー!
うとうとしていると、焦がしちゃいますしね!(笑)
ローゼルの酸味と甘みが気にいり、しょっちゅう使います!
色が綺麗ですね!
gerogeroさんは、夢のなかでハリソン・フォードと競演なんですね!
映画好きのgerogeroさんらしいー!(笑)
MANAさんが和田アキ子とショッピングですかー!?
アキ子さんも、お料理、お得意のようですからー!(笑)
たのしい夢なら、いつでもオーケーです!(笑)

投稿: マルコ | 2011年11月11日 (金) 11時48分

おとめさんへ

渋皮煮、上手くできたらほんとうに美味しいですよね!
今回は、ちょっと渋が残ってしまいましたがー!(笑)
栗にも米麹を使うと、もしかしたら渋がよわくなるかなー!?などと思っています
まだ実験はしていないのですがー!(笑)
米麹菌って、おもしろいーですね!
おとめさんも、ぜひー!

投稿: マルコ | 2011年11月11日 (金) 11時57分

gerogeroさんへ

そうなんですー!
栗の渋を取り除くのに、ちょっと手間がいります
でも、胡瓜のきゅーちゃんもどきを四回も炊いてはさましすることをおもえば、こちらの方が楽かもですー!(笑)
栗好きさんがいますのでーって、言っておこうかな!!(笑)
ローゼル、そちらも撤収なんですね!
凄くたくさん出来ていらしたので、どんなカタチになるのか、楽しみです!!
紅茶に入れて飲むと、なんだかシアワセ気分でしたョー!!
カマキリは、ついこの間まで、小さいのしか出会っていなかったので、いきなりの身重のおかあさんに、こちらはひき気味でしたー!(笑)

投稿: マルコ | 2011年11月11日 (金) 22時07分

お邪魔します。
栗、なつかしい想いでが蘇って来ます。
私の生まれた家の敷地内に大きな栗の木があり毎年沢山の栗の実が取れていました。
栗は、焼くか、蒸すかそれとも生でかじるかの食べ方をしていました。
渋皮煮は未だ食べたことはありません。目から鱗の感じで拝見しました。
マルコ様の懇切丁寧な作り方の説明を手本に今度渋皮煮に挑戦してみようと思います。
ローゼルたくさん収穫できたのですね。来年の種も確保万々歳ですね。
蟷螂のおなか膨らんで出産の準備ですね、でもあの大きなおなかには蟷螂のご主人が入っているのかも知れませんね。

投稿: 龍山 | 2011年11月12日 (土) 07時00分

龍山さんへ

>栗は、焼くか、蒸すかそれとも生で齧るかの食べ方をしていました
最初の二通りは、こちらも同じくなのですが、生でとは、戦国時代そのまんまのようですね!(笑)
美味しい食べ方なのでしょうかー!?こんどためしてみますね!(笑)
栗も渋皮煮にすると、ちょっとしたお茶うけになります!
ぜひ、お試しをー!
お母さんカマキリのお腹には、きっとお父さんカマキリが入っているのでしょう!
子孫を残すために、先におとうさんが出産のための体力づくりに身を投げ、お母さんは出産後お役目を果たして果てると聞きますから、自然の営みは奥深いですー!
始めてこの話を聞いたときには、びっくりを通り越して、頭の中がこんがらかりましたー!(笑)

投稿: マルコ | 2011年11月12日 (土) 11時25分

ローゼルって、乾燥させるとほんの僅かになっちゃいますよね~。
でも、茶葉だとプレゼントするにも、手軽だし、喜ばれるのよね~。
わたしも、残りをすべて乾燥に回したところです・・。
フレッシュを味わえるのは、また来年の楽しみですね~。
来年は、株数を増やして育てるつもりでいるんですよ~。

投稿: coco | 2011年11月13日 (日) 21時38分

cocoさんへ

ほんと、ローゼルは天日干しすると、少なくなってしまいますね!
ざる一杯のローゼルが、てのひらにのっかるほどになってしまうのですからー!
心して、大事に使いたいと思います
そちらは来年、株を増やすご予定なんですね!
こちらもと申し上げたいくらいなのですが、なにしろ畑に限りがー!(笑)
広々とした所に、種を撒いてみたいですね!(夢ですけどー!)

投稿: マルコ | 2011年11月14日 (月) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たそがれアワビとべったら漬け~♪ | トップページ | お待ちかね!!椎茸発芽かな!? »