« 英国スタイルの植木鉢とイワシャジン~♪ | トップページ | プルーンとタイガー・メロンを初収穫~♪ »

2011年9月 8日 (木)

木宮陽子さん作(デザイン・地機織り)結城紬ショール~♪

1o1msdcf_471

結城紬の魅力って、なんでしょう~

ふうわり軽い着心地、渋めの光沢、ラクな裾さばき、着崩れしない、丈夫で長持ち~

気取らない潔さなどでしょうか~

いくつかある着物のなかから、いつのまにか結城紬を選び、袖をとおす私がいます~(笑)

そんな按配ですから、一年前、結城紬を織られる木宮陽子さんに出会えたことは、このうえない幸せでした!

ここにご紹介するショールは、出会ってから一年をかけて織り上げていただいたものばかりです

1o1msdcf_477

しかも、国の重要無形文化財、ユネスコ無形文化遺産の指定要件(真綿から手紡ぎした糸を使用、強撚糸は使用しない、いざり機で織る、絣模様をつける場合は手くびりによる)を満たした、結城のなかの結城ともいえそうなものばかりなのです!!

1o1msdcf_479

木宮陽子さんは、二十数年前まで、大手企業に在籍なさるキャリア・ウーマンでいらっしゃいましたが

一念発起!、結城の世界に単身飛び込まれたのは、好きな結城を自ら織り上げてみたいという一心からだったとか~(思いはあっても、なかなか実行に移せないことです~)

十年間の武者修行の後、反物、帯、ショールなど、丁寧な仕事ぶりの作品を数々織り上げていらっしゃいます

1o1msdcf_472

木宮さんの結城織物は

ルーペを通してみると、いろいろな色糸がささやくように打ち込まれ、雲間から差し込む光りのような輝きを放っています~

静かですけど、芳しい~そんな印象をもつ織物です♪

1o1msdcf_473

糸を紡ぎ、織ることを<言葉の響き>という民族が、アフリカにあると聞きます

マリ共和国のドゴン族だそうですが

織り手の言葉(イメージ)が、一枚の布となり、使い手との間で、言葉(イメージ)の共感作用が生まれたら、どんなに素敵なことでしょう~

ある種の文化の誕生とも言えそうです

1o1msdcf_474

洋服の世界と異なり、着物の世界では、作り手の顔の見えない時代が長くつづきました

ここに来て、紡ぐ人、くくる人、染める人、織る人の、その人となりがクローズアップされるようになり、私たちは、つくり手の持ち味をあますところなく享受できるようになりました

嬉しいことですね!

1o1msdcf_475

木宮さんは一枚一枚のショールに、どんな言葉(イメージ)を織り込まれたのでしょう~

お楽しみは、お店の方で~

1o1msdcf_480

たくさんのショールが織り上がっています~♪

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております~

♥木宮さんのショールは、こちらのサイトからもどうぞ。

www.marcopolo-uehara.com

|

« 英国スタイルの植木鉢とイワシャジン~♪ | トップページ | プルーンとタイガー・メロンを初収穫~♪ »

コメント

織りの混ざり具合が素敵ですねぇ
紬ってどこか「大人」の香りがします。
私にはまだまだ~な感じで気後れしちゃうけれど
この色合いを見てるとそうでもないかもぉ?(笑)
懐が深そうです〜
手触りも楽しめそうなショールですね!

投稿: gerogero | 2011年9月 8日 (木) 00時52分

マルコさん こんにちは♪

素敵な織物ですね~~
すごく優しくて 素朴な感じで。
くるくるっと花びらのように巻いて見せるところが またにくい^^
色も何種類もあって 素敵です~~

>マルコさんもパルメザンはかけない派なんですね^^
>そちらの激安スーパー、MANAさんの強い味方かも~
本当にです。
沖縄って物価が高いんですよ。
その中であんな激安スーパーは初めてです。
イオン系なので安心して買えますよ^^

スポーツ観戦も忙しいですよね~(笑)
今日 明日と なでしこの応援がんばりましょう~~
全勝願います~~~

投稿: mana | 2011年9月 8日 (木) 14時13分

お邪魔します。
 真綿から手紬ぎ糸で,最高の職人が織った結城紬、落着いた良い色合いですね。手業で仕上げるのには幾日もかかるのでしょうね。かかった工数を価格に転嫁すると高額になるので織元さんは苦労しているのでしょうね。
 このショールに合う着物は同系色の着物なのでしょうか。

投稿: 龍山 | 2011年9月 8日 (木) 17時28分

こんばんは♪
紬のショールですか
私は 着物はもちろん織物のことが
全然わからないのですが 紬って
ざっくりとかどっしりのイメージが
あるのですけれど ショールみたいに
ふわっとした風合いのものもあるのですね

↑のショール 光の当たり具合で いろんな
顔を見せてくれそうな感じがしますね!

とっても素敵です

きっと織り手の方が とても素敵な方
なんですね♪

投稿: おとめ | 2011年9月 8日 (木) 22時36分

gerogeroさんへ

はい~いろいろな色糸が、あるイメージのもと打ち込まれているのだと思います~
色の調子は似通っていても、一本にしてみると少しずつ異なる色糸が木宮さんの手で、ぼかしになったり、ストライプになったり~
気のとおくなるような作業です~
色使いが、なんともふところ深いですよね!
さりげない洒落っ気というのかしら~gerogeroさんが仰るところの大人の香り~(笑)な紬です~
気後れなんて、おっしゃらずに、少しでいいから~長~く愛してというか、長~く使える紬です~(笑)

投稿: マルコ | 2011年9月 8日 (木) 23時39分

manaさんへ

ありがとうございます~
ここまでくるのに、約一年かかりました~
何時の場合も、新しい作家さん、新しい作品との出会いは、楽しいものです~
色使い、お好みなのかな~
ほんと、スポーツ観戦、忙しいですね!
ニュースでしか見れないこともありますが、できたらリアルタイムがいい口なので~(笑)

投稿: マルコ | 2011年9月 8日 (木) 23時49分

龍山さんへ

作品は、名を語る~といいますが、織り手の木宮さんは、とっても素晴らしい方なんですョ!
おもしろいことに、ご覧になったお客様のなかには、ああ~こんなきものを着たい~と仰る方が何人もおいでになりました~
どちらの織物産地でも、手仕事のものは、たいへんなのが現状です~!
日本の文化を次世代にバトンタッチする意味から、みなさん精を出されておられます~
同色系のきものといわず、いろいろなものにうつるとおもいます~
もちろんいろいろな洋服にも~男女を問わず~なんですョ!

投稿: マルコ | 2011年9月 9日 (金) 00時04分

おとめさんへ

おとめさんの紬に寄せるイメージは、ざっくり、どっしりなのですね~
つい戦後あたりまで、一般のひとびとが糸を紡いで、機でおっていらっしゃいましたから~どうしても糸が太めになりますので~ざっくり~、どっしり~という印象をお持ちになったのかも~
いい真綿を用い、糸を細く紡ぎ、腕の立つ方がおられると、ふわぁ~と軽いものに仕上がります~
ほんと、作品はひととなりですね!
心を止めていただき、ありがとうございます
木宮さんにも、機会がありましたら、お伝えいたします~

投稿: マルコ | 2011年9月 9日 (金) 00時47分

素敵な色合いですね♪
「結城三代」ってどこかで聞いたことがあります。
親子孫三代着られて、やわらかくしなやかになっていく・・・ってことだったかな、定かではありませんが(^^ゞ
仕立て直しの品を扱うとき、古いものでも確かにとても風合いがよくて「いいなぁ」って思うことがあります。
重要無形というのは、技術だけじゃなくて、紡ぐ心や受け継ぐ心のことも含めて文化財と指定しているのかも知れませんね・・・

投稿: coo | 2011年9月10日 (土) 16時12分

cooさんへ

そうなんです!結城のうれしいところはCOOさんが仰るように、孫の代まで着継いでゆけるところにありますよね~
着こむほどに、ふんわりやわらかく、かるくなり、着易くなってゆきます~
結城は、いまでも機元さんのもと、糸をつむぐひと、くくる人、染める人、織る人など、分業されているのが現状で、重要無形文化財というのは、結城紬そのものにかせられたものです
人物にではないことを明記させていただきますね!
聞き及ぶところ、結城でもキャリアの長い技術の確かな方々の織られたものに、重要無形の印がつくようでした~
もちろん、仰るように紡ぐ心や受け継ぐ心も含まれての事かと思います
COOさん、さすがお詳しいですね!

投稿: マルコ | 2011年9月10日 (土) 22時02分

一年をかけて編まれるんですか・・・ 気持ちを織り込んでいかれるんでしょうね。
布には全く知識がないですが、佐賀にも佐賀錦なる織物があることは知っています。
殿様が使うものだったのかな~ もちろんオイドンみたいな庶民の家にはありません・・・(^_^;)

投稿: ワル猫です | 2011年9月12日 (月) 20時21分

ワル猫さんへ

気持ちというのでしょうか~イメージを織り込んで行かれるのだと思います~
染め上がった糸をしばらく縁先において、イメージのふくらみを愉しまれたのち、織り始められたようです~
最初に設計ありきの染色や絣のくくりもありますが、今回は、おおまかなイメージを最初に持たれ、イメージの熟成を待って、織られたのだと思います!
そちらには佐賀錦がありますね~
こちら、帯、バッグ、草履などでたのしませていただいています~めったに使うことは無いのだけれど~(笑)
たぶん、おくさまもタンスのなかに、お持ちかと思いますョ~(笑)

投稿: マルコ | 2011年9月13日 (火) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国スタイルの植木鉢とイワシャジン~♪ | トップページ | プルーンとタイガー・メロンを初収穫~♪ »