« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

連日、ゴーヤでクッキング~♪

1o1msdcf_716

台風が来るまでは、勢いよく上へ、上へ伸びるゴーヤでした~!

長~く伸びる剪定鋏で収穫したこともあったっけ!

(台風による強風で、いまは、ズルッズル~っと一階部分まで下がってきておりますが、未だ収穫できます~)

1o1msdcf_738

あれもこれもと取れすぎて、窓辺においておくと、いつのまにかショウジョウバッタまで侵入してきています~

発芽してまもない苗を好んで食べるバッタなので往生していますが、ゴーヤなら、いくら食べてもいいョ~!(笑)

甘いものも大丈夫だったんだ~(熟したゴーヤの種のまわりは、甘いんです!お砂糖が貴重だったころは、おやつにもなったそうですョ~ご存知でいらっしゃいましたか~)

で、ショウジョウバッタに負けじと~我が家も、毎日のようにゴーヤをいただいております~

そのなかから、我が家的に人気のあったものをご紹介いたします~

1o1msdcf_748

ダントツ一番人気は、ゴーヤととうもろこしのかき揚げ~

みるみるなくなってゆきました~(笑)

1o1msdcf_783

次いで、ゴーヤ、たまねぎ、ゴールデン・キューイーをりんごのすりおろしドレッシングで和えたもの~

さっぱり、美味しくいただけます~

ゴーヤの苦味が、ほとんど気にならないほどりんごとの相性は、バッチリ~です!

1o1msdcf_745

そして、第3位は、ゴーヤと海老と長ネギ、エリンギのパルメザンチーズ焼きです!

ササッと塩、胡椒でソテーした具材をうつわに取り、パルメザン・チーズをたっぷりかけ、オーブンで焼いただけ~

こちらも、きれいになくなってしまいました!

お皿が空になると、嬉しいですね~

1o1msdcf_730

切干大根にゴーヤを忍ばせたり~

1o1msdcf_750

しめ鯖とゴーヤの三杯酢にしたり~和え物やサラダではいろいろに楽しみましたが~

1o1msdcf_729

以外にゴーヤとの相性が良かったのは、ピーナッツ!

塩茹でした生のピーナッツを当たり鉢であたり、味醂、お醤油、少しのお砂糖をくわえて和風ピーナッツ・ソースをつくり、サッと湯がいたゴーヤともやしを、このソースで和えたものです~

去年の夏前までは、食べず嫌いでゴーヤをさけていた家人も、今年のゴーヤの収穫には、喜んでいますし、積極的にいただくようにもなっています~

その家人曰く

圧倒的に旨かったのは、とうもろこしとのかき揚げだな~!

旨いの一言に、こちらも嬉しくなるのですが、家人は、とうもろこしに眼が無いので~

どのあたりの旨さか、はてさて~あやしいところ~(笑)

なんとか苦手意識だけは、なくなったようすなのです~(笑)

お粗末さまです~我が家のゴーヤ料理なのでした~!

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

| | コメント (14)

2011年9月23日 (金)

夕顔の開花と台風~②

1o1msdcf_763

前ページからのつづきになります~

台風で荒れ放題となった庭を片付けました~!

二階まで延びていたゴーヤ、夕顔、朝顔の蔓は、切れ切れになってしまいましたので、まだ生きていそうなところをアール型のつっかえ棒に、ドッサリコとかけました!(重い、重い~たいへんな力仕事なので、ここは家人の力を借りました!)

蔓が張っていた先の壁の白さが、寂しそうです!(笑)

1o1msdcf_762

夕顔の蕾は、瀕死の状態ですが~

水やりをし、仕事を終えた後の夜を待つことに致します!

1o1msdcf_767

戻ったその足で、夕顔のところまで進むと、あな、うれし、夕顔の花は、生を受けて咲いていました~!

良かった!源氏物語の夕顔にならずに済んで~!(笑)

1o1msdcf_761

台風の風のいたずらの産物です!

ふゆう柿と、ゴーヤと茗荷~

次回は、ゴーヤ料理のページになりそうです~(笑)

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております~

| | コメント (14)

夕顔の花と台風~

1o1msdcf_741

ようやく日本列島から台風が去ってくれました~

後片付けに精を出していらっしゃる頃でしょうか~

ゴーヤや朝顔、夕顔の蔓が切れ切れになったり、茄子、ピーマン、ローゼル、オレンジ・チェリー、菊芋が折れ、育苗中の白菜、キャベツの発芽にダメージがあったり~

一時は、我が家も台風の後片付けにてんやわんやでした~(笑)

こちらは台風前の9月15日のことです!

朝顔の開花に遅れること約二ヶ月で、夕顔の花が咲きました!

1o1msdcf_740

確か、去年も9月の声を聞いてからの開花でした!

同じ時に植えても、朝顔より夕顔の開花が遅いなぁ~~~???

はて~、源氏物語が書かれた平安時代の夕顔は、どうだったのだろう~

与謝野晶子現代語訳の源氏物語、夕顔の段を紐解いてみました

光源氏が貧しいたたずまいの軒下に咲く白い花の名前を問うたことからはじまる夕顔との恋は、わずか二ヶ月くらい~お互い、身分も名もなのらずの恋ゆえ、もどかしさもあったのかもしれません~月明かりの美しい旧暦の8月15日(今日の9月15日頃)、月を愛で、夕顔を身近に感じたいと連れ出した先で、愛しい夕顔を失ってしまうという、はかない夕顔とのお話しです(平安時代のついこの間の話です~)

夕顔と出会ったのは、すずしの袴をはく頃とあります

すずしは、夏に着る沙織りの絹物ですから、夏ではありますが~

夕顔の亡くなる月明かりの美しい旧暦の8月15日(今日の9月15日頃)から二ヶ月下ってみますと、旧暦の6月15日頃~

今日の7月15日頃となります~!

とすると、平安時代には、夕顔も朝顔と同じ時期に咲いていた!ということになります~

二年つづきで9月開花の我が家の夕顔~

みなさまのお宅の夕顔は、いかがでしょうか~?

その夕顔も、今回の台風で

1o1msdcf_755

風と雨の強襲に、蔓は、切れ切れとなり~瀕死の状態でしたが~

なんとか修復して~その晩の夕顔の開花を待ちました!

スミマセン~P・Cの不調によりこの続きは、次ぺージでお届けいたします~

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

お待ちかねの、ローゼル開花♪

1o1msdcf_711

お待たせぶりのローゼルが、ようやく咲きました!

昨年より十日も遅い開花です!

待ちましたョ~!一時は、自家採取の種に問題でもあったのかな!?など余計な心配をしたり、あああ~と悲嘆にくれたこともあったのですから~(笑)

1o1msdcf_540

ここまでにローゼルは、二度の災難に見舞われました

一度目は、8月はじめの豪雨と強風~!

ローゼルは、株ごと45度ほどかしぎ、あれれれ~

急ぎ、根張りの薄い株をもとに戻し、土寄せして、つっかえ棒をたて、麻ひもでハチの字くくりをしたのでした~

が~

このハチの字くくりが災いのもと~

災難二度目の台風の折り、ちょうど麻ひもの当たった部分から、ローゼルは、ポッキリ折れてしまったのです!

(ローゼルがこんなに折れ易いとは~!経験してみないと解らないことでした!)

1o1msdcf_541

やむなくガムテープを包帯代わりに用い、繊維の接続、修復を願ったのでした!

包帯をしてしばらくは、幸運にも雨の日がつづき

我が家のローゼルは、六本のキズもちのうち五本は、助かったのでした~

一本は、連日の水遣りもむなしく、あの世へ旅立たれたのでした~

さあ、残ったローゼルさんたちですが、晴れて9月16日に開花の日を迎えました♪

この調子でゆきますと、最初のローゼル・ティーをいただけそうなのは

10月末から11月はじめの頃でしょうか~

三度目の災難は、ノーサンキューと行きたいですね!

さて、可愛いローゼルの花を摘むわけにはゆきません~(ローゼルには、切花用の花もあるようですが、我が家のローゼルは、昨年にひきつづき、その実を採取し、ガクの部分をお茶、ジャム、リカーなどに利用しようという種です)

(切花として愉しむほど、我が家にローゼルは、たくさんありません~)(笑)

1o1msdcf_732

花やさんで、ピンク色系の花を見つけました!

ローゼルの味わいとは、また違ったスイートな花たち~

薔薇、アマリリス、ダリアです!

1o1msdcf_731

窓辺に飾って、昨年つくったローゼル酒でも、いただきましょうか~

1o1msdcf_713

こちらは、開花時の、ローゼル畑です~

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております~

| | コメント (12)

2011年9月13日 (火)

プルーンとタイガー・メロンを初収穫~♪

1o1msdcf_669 1o1msdcf_669_2 1o1msdcf_693

今夜は、十五夜~

まんまるなお月様が天空に登りました~

まんまるのカタチって、いいですね~

なんとはなしに、気持ちが和んできます

被災地のみなさまも、いろいろな思いで、この月をながめていらっしゃるのでしょうね

一日も早く、いろいろな決め事が整って、暮らしよい明日の設計がなされること、願ってやみません~

先週のことでした!!

1o1msdcf_652

こちら、まんまるお月様とちがって、少し楕円気味のプルーンが~

そろそろ収穫期じゃないの~と言っているようでした!(笑)

実生の苗を購入し、庭の片隅に植え、三年目にはじめて花が咲き、そして四年目の今年、僅かですが五つほどの実が結実~ここまで三つのプルーンが残りました~♪

さて、初収穫です!

1o1msdcf_666

さらに、追熟させていただきますと~甘酸っぱいプルーンの味です!(当たり前ですが~笑)

旨いなぁ~来年からは、もっとなるぞ~とは、家人の言(ホントかな~食べるだけのヒトは、暢気です~笑)

楕円といえば、タイガー・メロンのつるなりが当面の課題でした~

1o1msdcf_641

いい塩梅のネットが見当たらないので、急遽、予定変更、受け篭にしていました!(この篭を下げても良かったのですが、篭の重みが心配で~笑)

無事に、蔓にぶらさがったまま完熟期を迎え、こちらも初収穫です~♪

1o1msdcf_653

大きいのも、小さいのも~

落下してしまったものも、蔓なりのものも~(落下してしまったものは、お惣菜にしていただき、すでにお腹の中に~)

五本の苗から、全部で六つほどとれました!

さぁ~種を取って、いただきます~!

1o1msdcf_670

タイガー・メロンの切り口です!

香りがなんとも良く、味わいは、キンシメロンに似ていて、こちらの方が甘いかも~!

待った甲斐がありました!

まさか、メロンまで自家栽培するとは考えてもみなかったことですが、種を頂戴し、恐る恐る見よう見まねでつくり、ああ~とうとう収穫しちゃったのですから~信じられないほどの感動でした~!(笑)

なんでも恐れる事なかれ!なのですね!

たとえ市販サイズより小さくとも、収穫まで漕ぎつくことができたのですから~(笑)

有難く~うれしく~おいしく~楽しい~家庭菜園の成果なのでした(笑)

1o1msdcf_673

いただきもののとうもろこしが有りました!

茹でるか、クリームスープになってお腹におさまるあたりが、我が家の定番で、ほかに何かないかなぁ~と、思っていましたら、TVの料理番組で、カンタン、シンプルなとうもろこし料理を紹介していらっしゃいました~!

材料は、とうもろこし、海老、オクラ、長ネギ~

海老は、エビチリを作るときと同じ要領で、卵の白身、片栗粉、塩、胡椒で軽くもんで下ごしらえし、フライパンでソテーします

ソテーした海老は、いったん取り出し、同じフライパンで、とうもろこし、オクラ、長ネギの順に炒め塩、胡椒で味付けし、最後に取り置いた海老を投入し、少しのスープを加え、片栗粉でとろみをつけいためあわせて、出来上がり~

とうもろこしの甘みがそれぞれの食材と上首尾に手を繋いだような、なんともやさしいシアワセなとうもろこし料理でした!

だしと紹興酒を用いて、片栗粉でとろみをつけると、彩のたのしい中華料理にもなりそうです~

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております

| | コメント (16)

2011年9月 8日 (木)

木宮陽子さん作(デザイン・地機織り)結城紬ショール~♪

1o1msdcf_471

結城紬の魅力って、なんでしょう~

ふうわり軽い着心地、渋めの光沢、ラクな裾さばき、着崩れしない、丈夫で長持ち~

気取らない潔さなどでしょうか~

いくつかある着物のなかから、いつのまにか結城紬を選び、袖をとおす私がいます~(笑)

そんな按配ですから、一年前、結城紬を織られる木宮陽子さんに出会えたことは、このうえない幸せでした!

ここにご紹介するショールは、出会ってから一年をかけて織り上げていただいたものばかりです

1o1msdcf_477

しかも、国の重要無形文化財、ユネスコ無形文化遺産の指定要件(真綿から手紡ぎした糸を使用、強撚糸は使用しない、いざり機で織る、絣模様をつける場合は手くびりによる)を満たした、結城のなかの結城ともいえそうなものばかりなのです!!

1o1msdcf_479

木宮陽子さんは、二十数年前まで、大手企業に在籍なさるキャリア・ウーマンでいらっしゃいましたが

一念発起!、結城の世界に単身飛び込まれたのは、好きな結城を自ら織り上げてみたいという一心からだったとか~(思いはあっても、なかなか実行に移せないことです~)

十年間の武者修行の後、反物、帯、ショールなど、丁寧な仕事ぶりの作品を数々織り上げていらっしゃいます

1o1msdcf_472

木宮さんの結城織物は

ルーペを通してみると、いろいろな色糸がささやくように打ち込まれ、雲間から差し込む光りのような輝きを放っています~

静かですけど、芳しい~そんな印象をもつ織物です♪

1o1msdcf_473

糸を紡ぎ、織ることを<言葉の響き>という民族が、アフリカにあると聞きます

マリ共和国のドゴン族だそうですが

織り手の言葉(イメージ)が、一枚の布となり、使い手との間で、言葉(イメージ)の共感作用が生まれたら、どんなに素敵なことでしょう~

ある種の文化の誕生とも言えそうです

1o1msdcf_474

洋服の世界と異なり、着物の世界では、作り手の顔の見えない時代が長くつづきました

ここに来て、紡ぐ人、くくる人、染める人、織る人の、その人となりがクローズアップされるようになり、私たちは、つくり手の持ち味をあますところなく享受できるようになりました

嬉しいことですね!

1o1msdcf_475

木宮さんは一枚一枚のショールに、どんな言葉(イメージ)を織り込まれたのでしょう~

お楽しみは、お店の方で~

1o1msdcf_480

たくさんのショールが織り上がっています~♪

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております~

♥木宮さんのショールは、こちらのサイトからもどうぞ。

www.marcopolo-uehara.com

| | コメント (12)

2011年9月 2日 (金)

英国スタイルの植木鉢とイワシャジン~♪

Dsc04216

前略 その後、お元気でいらっしゃいますでしょうか~

確か5月のご上京でしたよね!

ほんとうに突然、春風が吹いたように、来たわョ~と現れ、この植木鉢を置きみやげに風とともに去りぬのあなたなのでした~(笑)

その節は、ありがとさまでございます~~~

英国の園芸家oooさんデザインのものと仰っていましたけど、お名前は、すっかり忘れてしまって~(笑)

よ~く見ると、渕に細やかなストライプと波のようなフリルが入っています~

何か、ドンピシャリとくるものを植え込みたいなぁ~と思って、試行錯誤~

ようやく映りのいい花と出会えました!

1o1msdcf_614

キキョウ科、ツリガネニンジン属、多年草のイワシャジンです!

大好きな花のうちに入ります~

1o1msdcf_613

ベル型の花が、風にそよぐたびに、ルルルルル~~~

ベル型の花に、みつばちは集まるようですね~~~

野菜づくりの媒介役にどんどん飛来してほしいミツバチは、大歓迎~~~

1o1msdcf_608

植木鉢のフリルと、ベル型のイワシャジン♪

ちょっと乙女チックな組み合わせとなりましたが、選んだ本人は、とても気に入っています♪

1o1msdcf_611

ついでに、ミツバチが好んで止まる花の色は、オレンジでも赤でもなく

ブルー、パープル、ピンク、イエロー、ホワイトなんですって!

かたちも色もミツバチのおめがねにかなったイワシャジン~♪

ここまでくるのに

Dsc04217

サボテンだったり~

1o1msdcf_603

ソラリナパープルベール(夏すみれ)だったりしたことでした~

植木鉢と植え込む花の取りあわせって、活けたい花と花器とか、美味しく食べたい料理とうつわ選びの感覚とにていますね!

また、いつでもおでかけください~

それまで、お元気で~~~!

少しプライベート・レターの形となってしまいました~

こんなことも有ります~!お許しください~!

当ブログでは、写真や記事の無断転載を固くお断りいたしております~

| | コメント (12)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »