« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月24日 (金)

もぎたての枇杷とはじめての塩麹~♪

P6190036

かわいい枇杷をたくさん頂戴いたしました!!

義姉のところからです~

もぎ立ての枇杷をいただくのは、何年ぶりでしょうか~

完熟して、甘くて、ほどよい酸味があって、とても美味しい~ありがとうございます~

P6190040

枇杷で思い出すのは、その薬効~

果実には、糖質、ビタミンA、ビタミンC、タンニン(ポリフェノールの一種)などがありますが、葉っぱや種には、もっとミラクルなパワーが~!!

伊豆に暮らした折り、近くに住むお嬢さんが、お医者さまもサジを投げるほどの出来物が足にでき、なかなか治らずにおりました

ご両親とどうしましょう~ということになり、確かな知識もないまま何かの本で読んだ枇杷の葉治療をほどこすことに!!!

枇杷の葉を火であぶって、手で揉んだものを彼女の足のおできのところにかぶせ、包帯でずれないようにしておくというものです(この段階では、当たるのも八卦~当たらぬも八卦~の気分です!!!みんなして~)

ところが、一週間だったか二週間だったかして、彼女の足は、もとの綺麗な足になったのでした!!!!!!

いまは懐かしい思い出です

これを機会に、少し調べてみますと~

枇杷の葉には、ビタミンB17があり、このビタミンB17が酸性血液を、健康体がもつ弱アルカリ性の血液へ浄化させてくれるのだとか

又、枇杷の種にもミラクルなパワーがいっぱいのようです!!!!

詳しくは、ネット検索か東城百合子著 薬草の自然療法(池田書店刊)を参照していただければ幸いです~(ここでは、長くなりますので、省かせてくださいね~)

P6220077

さて、我が家では、枇杷酒にして見ました♪

材料は、皮をむいた枇杷1.5キロ、レモン1個、氷砂糖700グラム位、ホワイトリカー1リットル位で、梅酒を漬ける要領で漬けました

枇杷をたっぷり用いて、やさしい枇杷の味の凝縮したものを作る目論見ですが、ジャムを作った方が早いかもです!!(笑)

P6220079

どうぞ、美味しくなってね~

P6210074

枇杷は、白和えにも~

P6210075

白和えには、枇杷のほか、今が旬のサクランボや枝豆も忍ばせてみました~

1o1msdcf_031

ブログ仲間のゆめみる乙女さんが、塩麹を紹介なさっていました!!

こちらも、さっそく、作りました!!

材料は、麹200グラム、塩60グラム、水(ミネラルウォーター)200CCを、タッパーに入れ、混ぜて、常温で寝かせるだけです~(なんだか、もやしもんになった気分~笑)

麹が醗酵しはじめ、一週間もすれば、出来上がりです~♪

麹の詳しいレシピは

おのみさ著 麹のレシピ(池田書店刊)に詳しく紹介されていますので、麹を極めたい方は、こちらを参考になさっても~

P6190035

出来上がった塩麹を豚の肩ロースにまぶし、冷蔵庫で一晩おきました!!

ニンニクの茎をザクザク切って、漬け込んだ豚と一緒に、他には何の調味料も使わずソテーしましたら、これが、めちゃくちゃ美味しいのです!!

豚肉はやわらかく、お味は、まろやか~

塩麹は、魔法の調味料かもしれませんね~

おまけに、塩麹で、エコ・クッキングが実現出来そうな気配です~

三つ星をつけたいくらいに、おすすめです~!!

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断り致しております

| | コメント (12)

2011年6月18日 (土)

木の葉が一枚、二枚、三枚~♪

P1010003

ひらひらと、会津から届きました!!!

材は、鹿が棲み、クマも出るという会津の山奥のタモやカエデの木など

やわらかなカーブをとった木の葉になるまで

会津の木地職人さんの手でノミが入れられ、ヤスリがかけられ、彫刻の手が加えられ、葉脈までもが入ったものに

P6180025

ナチュラルな味わいそのものの、箸置きとなりました!!

お箸の、枕です~!!

P6180024

フォークとナイフも、すこし窮屈そうですが、置くことはできます(本来は、箸置きなのですが~)

今回の関東・東北大震災で、会津の地も揺れました

津波の被害こそなかったものの、揺れによる被害はあったと聞きます

復興へ向けて、地場産業を盛りたてようと、あちこちで特産品フェアが開かれたりしております

お店の方でも、何か、お手伝い出来ないかしら~

ということで、被災地、関東や東北の美しいもの、残してゆきたいものを順次、ご紹介させて頂こうと考えました

先ずは、木の葉の箸置きを、会津から~

P6180026

こちらも、さっそく、夕食時のフォークの枕に~

木の香りが新鮮です!!♪

木の葉の箸置きは、ただいまお店の方でご紹介中です~

P1010008

付録

雨上がりの名のしれぬアオイ科の植物~

花提灯のような姿が、なんとも愛らしいんです~♪

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

どうぞ、よろしくご協力くださいませ~

| | コメント (8)

2011年6月16日 (木)

朝摘みのポイセンベリー、ごぼう、エシャロットなど~♪

Dsc04248

畑からの収穫がグンと少なくなっています!!

そんな我が家に、朗報!!♪

裏の畑に植えたポイセンベリーの実が熟し始めているではありませんか~

Dsc04249

二年前、株から植え、この四月に花が咲いていたのでした!!

おとなりのアスパラを剪定し、陽がよく当たるようになったからでしょうか

ヤァー、ヤァー、ヤァーです!!♪

Dsc04274

初なりの朝摘みですョ~!!

起き抜けだったからか、家人は、口に放りこむなり、目をまんまるにして

眼が覚めた!!!甘酸っぱくて、フレッシュだね!!!と申します

ハハハ~目覚めにもいいかもだけど、ホントに眼にもいいようですョ!!!

我が家は、ふたりして老眼鏡のお世話になり、眼には、少々気を使わなくっちゃなのです!!!

(笑)

Dsc04275

ほんの少しの収穫でしたが、なんといっても初物なので

やさしい味わいのヨーグルト・ドレッシングでいただくことにいたしました

Dsc04206

そして、こちらは牛蒡です!!

春野菜の陰にかくれ、なりを潜めていましたが、ここにきてグンと大きくなってきましたので、思い切って収穫~

Dsc04262

スーパー牛蒡にはかないませんが、それなりの大きさに育っていて

アスパラといっしょに、さっぱりと~

香りがいいので、サラダ感覚の三杯酢ソテーでいただきました

確か、ごま油でソテーしたように思いました~

Dsc04264

畑をさがすと、まだ収穫できるものがありました!!(笑)

エシャロットです!!

うす皮をむくと、真白なきれいな肌~

金山寺みそを添え食卓に出しますと、アッという間に家人のお腹のなかに~(笑)

旨いなぁ~!毎日、食べてもあきないと思うョ!!といいつつ、杯も空いているようです!!(笑)

エシャロットは、畑のエッジにズラリと植えてありますので、しばらく楽しめそうです

Dsc04271

冷蔵庫整理もかねた、残り野菜やお肉といっしょにチャプチェになったりもしています

話は変わりますが

庭の梅ノ木に、ヤモリがいるのを発見!!

ご馳走になるムシでもいるのかしら~!!??

悪い予感は当たって、茫々と繁った梅ノ木に、小さなグレーのムシがたくさんついているのでした!!

梅の収穫をすませたら、思い切って強剪定でしょうか~!!??

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

どうぞ、よろしくご協力くださいませ~

| | コメント (14)

2011年6月14日 (火)

胡瓜、白胡瓜に結実が♪タイガー・メロンは、まぁ~だだョ!!

Dsc04194

例年になく強力みどり(きゅうり)の育苗が調子良く

我が家にしてははじめての、胡瓜の畝、二本です!!

左手前は、強力みどりの畝~

右手奥は、手前に白きゅうり、奥に強力みどりを植えています

Dsc04229

反対側からながめると、左が従来のつっかえ棒仕立てで、右は、Uの字の棚仕立てとなっています~

うまくゆけば、胡瓜がぶら~んと、下がる見込みですが~(笑)

Dsc04233

強力みどりに、あちこち結実が見られます

ところで、これまで我が家で植えた胡瓜は、たいてい一節に一つの花芽(雄花か雌花)でしたが~

Dsc04245

種を頂戴して、はじめて植えた白胡瓜には、一節に複数の花が咲きます

雄花ばっかりだったり、雌花と雄花だったり、たま~に雌花だけ、あるいは雄花だけのときもありますが~

いっそ、どの節もカップル同志だったらよかったのにと思うほど~なにゆえに、これほどのバリエーションにとんでいるのでしょう~(笑)

(胡瓜の世界も、人間社会とにてきたのかな!!???)

ここには写っていませんが、白胡瓜の結実は、強力みどりに比べ、ポッチャリしています~

さて、どんな色白胡瓜さんになるのか、楽しみなところです♪

Dsc04227

こちらは、頂いた種からはじめて育てていますタイガー・メロンです!!

まだ小さいのですが、親づるが出たら、本葉3~4枚で摘心し、子づる、孫づると摘心をしながら育ててゆくのだとか~

メロンと名がつくものの瓜だそうで、その色合い、柄がタイガーズのシンボルににていることから、関西方面で、爆発的な人気なのだとか~

ホントかな!!???

ところで、狭いスペースに五株も植えてしまいましたが

こちらの空中栽培は、可能なのかしら~!???

よろしかったらご教示くださいませ~

Dsc04220

にんにくを収穫できてから、豚肉料理が多くなっています~

こちらは、豚肉とにんにくの甘辛ソテー

豚肉は、ソテーする前に、片栗粉をかるく打っています~

Dsc04267

豚肉のブロックを見つけた日には、熱したお鍋にオリーブオイルをしき、にんにく、玉ねぎ、塩豚、ブラック・ペッパー、キャベツの順で材料を投入し、白ワインをひたひたになるくらいに注ぎ、蓋をして、約一時間、コトコト、コトコト、煮込んで、塩豚と野菜のワイン煮を作ります~

これが、けっこう美味しいんですョ!!

脂っぽいお肉が苦手な方でも、美味しい~の声が!!!

塩豚を作るのに、丸一日要しますが、出来てしまえば、いろいろなお料理に利用しやすくなりますから、是非、お試しを~

(塩豚の作り方*豚ロースでも豚ばら肉でも、用意した豚のブロックに、天塩を多いいかなと思うくらい手ですりこみ、キッチン・ペーパーにくるみ、タッパーなどに入れ、一昼夜冷蔵保存する!!水分が出るようでしたら、水分を取り除く!!出来上がった豚肉は、余分な脂が取れ、赤味を帯びた美味しそうなブロックとなります!!!)

キャベツも玉ねぎも、にんにくも、もちろん豚肉もやわらかく、甘みを増します~

あともう一品、ご紹介したかったのですが、スペースの都合で、次回にでも~

豚肉は、お安くて、美味しくて、いうことなしですね!!!(笑)

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

どうぞよろしく、ご協力いただけますよう、お願い申し上げます

| | コメント (12)

2011年6月 9日 (木)

はじめての日本山人参~♪

Dsc04171

思いがけなく、日本山人参の苗を見つけ

我が家で育ててみる事に致しました!!

というのも、ガンで亡くなった友人(以前、ルッコラの代理ママになりました~の項でご紹介)が、最後の最後にたどりつかれ、免疫力アップにいいらしいのョ~と、召し上がっていらしたのが、この日本山人参のお茶だったからです

調べてみると、日本山人参は、神の草ともいわれ

鹿児島、熊本、宮崎の三県にわたる県境の山岳地帯に自生するセリ科の薬草だそうです

古くは、薩摩藩の門外不出の秘薬として珍重され、重宝がられて採りつくされ、絶滅の危機におちいったほどだそうです

幸いな事に、岩肌を割って再生していた日本山人参が発見され、それを育てるひと、その効能を研究なさるひとがあとを絶たず、朝鮮人参のオーソリティーの方々までをも巻き込んで、今日にいたっているのだとか~

求めたのは、二株でした!!

4月後半のある日曜日、ひとつはプランターに、もうひとつはハーブ畑に植えたものが、こんなに大きくなりました♪

Dsc04170

あれっ!!??なんだか葉っぱが少なくなっている~

よく見ると、揚げはの幼虫が、いました!!!

Dsc04168

むむむ~大事な葉っぱをお食事中です!!

日本山人参は、三年草で、三年目に花を咲かせるそうです

二年を過ぎたあたりから、根の発育に影響がないくらいでしたら、その葉っぱや葉柄を採取して、天ぷらにしたり、乾燥させ、煎じてお茶にしたりして良いのだそうです(待ち、ながいですね!!)

たくさん食べられると、根が育ちません~(笑)

一日だけ、見逃してあげることにしました

Dsc04187

二日目の幼虫は、ひとまわり大きくなって、ちょっとお茶目でした!!

カメラを向けると、首ふりダンスをするのですから~

しょうがありません~一日延ばして明日は、おさらばです!!

ところが翌日、幼虫の姿は見当たらず、葉っぱのなくなったのは二枚分ほど~

遠慮がちだなぁ~いつもでしたら、すっかり大量の人参やパセリの葉を食べつくすのに~

近くを探してみましたが、何処にも見当たらないのでした~!!

さて、これまで解っている日本山人参の効能は

からだの免疫力アップのほか

抗動脈硬化作用により、朝鮮人参(ウコギ科)が血圧を上げるのに対し、日本山人参は、血圧を安定したところまで下げる効能があり

血糖値を下げ、糖尿病に起因する網膜症、腎障害、神経疾患、循環器疾患の予防を期待できる

アンチエイジング作用などがあるそうです!!!♪

Dsc03877 Dsc04007

植え始めは、この前の写真のような苗でしたが、日毎に大きくなり、新しい新芽が立ち上がってきています!!♪

先ず二年間は、株を大きくすることにポイントをおき

折々に追肥をし~

二年過ぎたら、少しずつ収穫~

三年目に花が咲き(ここまで育てるまでが難しいらしいのです)

五年目を迎えると、地下には、立派な根が育っており、この根に、たいそう有難い効能が宿っているのだとか~(ここまで育てきるのは至難の技らしい~!!)

プランターでも、露地栽培でもいいそうですが~

理想の場所は、自然の摂理の循環するスペースがいいのだとか~

身近な栽培法としては、不耕起栽培あたりがいいのかもですね!!

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

よろしくご協力をいただけますよう、お願い申し上げます~

| | コメント (15)

2011年6月 7日 (火)

我が家のワンプレート・ディナーって!!??

Dsc04176

オードブルもメイン・ディッシュも、すべてひとつのお皿に盛り込んでしまう

ワンプレート・ランチやディナーに人気が集まって久しいですね!!

その人気の秘密をさぐってみますと~

1. バラエティーに富んだ料理が一目瞭然~

2. 作り手の手間の省力化~

3. 食べ過ぎずにすむ~

あたりにありそうなのです

さて、和食中心の我が家に、この便利さを導入してみようと、試みたのがこちらです~

この日は、焼き物、強い肴二品、和え物、お寿司でした!!

Dsc04177

そら豆とらっきょうのお寿司(小さい頃いただいたお子様ランチのチキンライスをイメージしていますので、お寿司は、小さなうつわで、型取りして~)

Dsc04180

汁気のあるタコと胡瓜と玉ねぎの酢の物は、小鉢に盛って、お皿の上に~

Dsc04179

じゃこはんぺんのおろしがけ~(手抜きです~笑)

Dsc04178

ついでに、こちらも手抜きのアボカドのおぼろ昆布巻き~

Dsc04181

鮭の酒粕漬け焼き~の五品を白磁の大皿に盛り込みました!!

今夜は、ワンプレート・ディナーですョ~

初めてのこころみなので、気分は、はずんでいます~♪

が、家人の反応は、いまひとつ!!!

そればかりか、お皿の上のガラスの小鉢ものを、お皿の上からテーブルの上へ移動させています~

ありゃりゃ~!!???

この方が、食べ易いだろう~

う~ん、ワンプレートが、2ピースになってしまいました!!!(笑)

いつもよりお皿数が少なくて、テーブルの上は寂しいですし、なんとなく賑やかにしたくなったのかも~

確かに、お皿の上のものだけでしたら食べすぎという事はないのかもしれませんが、そら豆とらっきょうのお寿司は、旨い、旨いとおかわりでしたし、我が家にとっていい事といえば、お皿洗いの省力化がはかれるあたりかなぁ~

というところに一件落着~

ド~ンと、一点もので勝負ということでもないかぎり、ワンプレート・ディナーの出番はなさそうです~

やっぱり、いままでどおりのスタイルで仕度して

お皿も、せっせ、せっせと洗いましょうか~(笑)

Dsc04197

庭では、朝顔の花が咲き始めました!!

日本画を描かれるEさんから頂戴した種なのですが

どことなく、日本画っぽいような~

Dsc04198

青紫と赤紫のふたいろの朝顔が、雨上がりの今朝、咲いていました!!

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

よろしくご協力くださいませ~

| | コメント (10)

2011年6月 2日 (木)

苦渋のアスパラ物語~

Dsc04161

どちらのアスパラ畑でも、今は収穫のハイシーズンといったところでしょうか~

我がアスパラ畑は、めでたく三年目を向かえ、収穫が期待されるはずでしたが~

本数少なめ、背丈だけは一人前に伸び、茫々としています!!!

いったい、どうして~!!??と、疑問を持たれる方は、アスパラに明るい方かも~

こちら、致命的な判断ミスから、こんなありさまとなりました!!

今回は、悲喜こもごも、苦渋のアスパラ奮戦記となります~(笑)

Dsc03927

春、4月30日、三年目を迎えた株に、今年いちばんの発芽がありました!!

アスパラは酸性の土壌を嫌いますから、石灰で中和させ、米のとぎ汁や油粕を栄養にもらってスクスク育っていました!!!

ところが、です!!

いざ、収穫の段になると、どうしたことか、主は

(株を大きくするために、初期の収穫は控えておきましょう~)と考えたのです!!??

つまり、株を大きくしつつ、収穫してゆこう~と、目論んだようです!!??

Dsc04126

何本か収穫をパスするうち、残したアスパラは、どんどん大きくなりますが、後続のアスパラの発芽がなく~!!

主は、ようやくアスパラの育て方の再チェックをはかりました!!(遅いョ~!!)

本には、収穫サイズになったものから順に、株本から取る!!とあります!!

シマッタ!!株を太らせるどころか、成育のエネルギーを、取り残したアスパラの成長に使いきっているかも~!!!???

今からでは遅いかもしれないけれど、判断ミスの修正をしなくっちゃ!!!

Dsc04162

株を太らせる目的で残され、成長をつづけていたアスパラは、ほとんど刈り取られました!!!

刈り取られたアスパラの身長は、勇に2メーターを超え、花を咲かせていました!!!

Dsc04172

直径2センチメートルはあろうかと思える切り株~

伸びに伸びたアスパラの背丈を眺めつつ~

あ~あ、エネルギーの無駄遣いをさせてしまった!!!と、主は、嘆いたのでした!!

Dsc04173

苦渋の手を下した後、しばらくして、新しい発芽を発見!!!♪

今日まで、僅か二本しか収穫できていませんが、時に、失敗談も何かのお役にたつかもしれないと思っての、ご紹介です!!(笑)

Dsc04157

こちらは、一本目の収穫でした!!!

Dsc04166

二本目のアスパラは、スナップ、大根菜と一緒に、ごま油とお醤油でソテーし、おかかまぶしでごはんの友に~

貴重な一本を、しっかりかみ締めていただいたことでした!!!(笑)

お粗末さまでございます~(笑)

当ブログでは、記事や写真の無断転載を固くお断りいたしております

よろしくご協力いただけますよう、お願い申し上げます

| | コメント (17)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »