« 辛~いパスタを食べたいナ♪ | トップページ | 再び、長ネギでクッキング~♪ »

2011年2月 4日 (金)

庭の白玉椿と備前のうつわ♪

Dsc03314

今年も、庭で白玉椿が咲き始めました

一枝、手折って徳利や湯のみに投げ入れてみると

もう、そこに春があるような気分になってきます

形状が球形で、たまのようなので、その名のついた白玉椿は、初嵐とも白玉とも呼ばれ、初嵐には二種有り

初嵐・白玉は筒しべの中輪抱え咲き

初嵐・嵯峨は中輪筒ラッパ咲きとなるそうです

我が家の白玉椿は、どうやら初嵐・白玉の方かな~

Dsc03311

この白玉椿は、白侘び助や白妙蓮寺椿、本阿弥などと並んで初釜の茶花として喜ばれ~

Dsc03269

こちらは、床の間の花というより普段使い親しんでいる器にポンと投げ入れて楽しむのですが、それが湯のみだったり~(備前の森風来さんのお孫さんにあたる森大雅さんの作)

Dsc03333

松ヤニの窯変の美しい手付鉢だったり~(今は亡き松本康人さんの作)

Dsc03301

どんな備前に入れても、白玉椿はしっくりと落ち着き

芥川龍之介の富士には月見草が良く似合うの向こうを張って

備前には白玉椿が良くにあうと、呟いてみたくもなるのです(笑)

備前焼は、およそ一千年の歴史をもち、日本六古窯に数えられ

初期の作品には、水甕、稲壷、錚鉢が多く

時代とともに、茶陶、細工物、日常使いのうつわが加わり、今日に至っています

しかし、白玉の球のような愛らしい白さを引き立ててくれそうなうつわは

天目、織部、伊賀、信楽、唐津、常滑など

他にもたくさんありそうなのですが、何ゆえ備前なのでしょう~

自分ながら可笑しくなります~

備前なら、器体の肌が、ボタン、ゴマ、緋だすき、灰かぶりと変わっても、なんの問題もなく楽に活けられそうなのです

馴染みのうつわとでもいうのでしょうか(笑)

うつわ好きのお宅には、何かひとつはありそうな備前

しまいこんで肌がかさこそしていましたら

どうぞ水を打つか、水につけるかしてご利用ください

肌に奥行きが出て、盛り込まれるお料理や花をいっそう優しく受け止めてくれることでしょう

Dsc03335

手持ちの備前にあいにく緋襷がありませんでした!!

(こちらの緋襷ぐい飲みは、季刊陶磁郎No、45号に掲載分です!!参考資料として)

Dsc03330

お終いは、小さな盃に活けた白玉椿~♪

やっぱり、白玉椿は備前と出会って、しあわせそうです~♪

♥器をお探しの方は、こちらにも、どうぞ。

www.marcopolo-uehara.com

|

« 辛~いパスタを食べたいナ♪ | トップページ | 再び、長ネギでクッキング~♪ »

コメント

白玉椿、やっぱり椿なんですね~

いや白玉といえば佐賀の銘菓であるまんじゅうを思うかべます~(^_^;)

同じように白くて丸い玉のような姿なんですね~

大都会なのにお庭の風情は里山みたいな雰囲気でよかですね~

投稿: ワル猫です | 2011年2月 4日 (金) 08時09分

ワル猫さんへ

ははは~白玉というと、白玉まんじゅうなんですね~
花より団子じゃないけれど、このほか、白玉だんごとか、白玉こんにゃくとか、このごろでは白玉たまごもありそうです~(笑)
はい~どちらかというと我が家の庭は、バッチリ剪定を入れるというより自然に枝の伸びるままに~という感じです
里山へのあこがれもありますし~

投稿: マルコ | 2011年2月 4日 (金) 21時28分

2月に入って、それとなく寒さも緩んできた感じのこの頃ですよね~。
関東は、雨が降らない日が続いてて、乾燥しまくってますよね・・。
畑の土もカラカラ状態で、困ります・・。
夏の水遣りも大変ですが、冬の水遣りってのも大変~。
もうそろそろ冬野菜は、撤収の時期なのでしょうかね???
春が近づけば、抽苔し始めるのでしょうし、撤収を急がねばですよね・・。

投稿: coco | 2011年2月 5日 (土) 09時35分

cocoさんへ

ほんとに畑の野菜も庭の木々もカラカラ陽気で、まいっているようです
ねぎやにんにくなどは、黄ばんできていますので、時折り葉っぱや根をいためないように水遣りをしています
冬の水遣りなんて、これまであったかなぁ~!?
冬野菜の撤収ですって!?
我が家の葉野菜は、これからようやく収穫できるかなというところです~(笑)
COCOさんのところは、早いですね!

投稿: マルコ | 2011年2月 5日 (土) 10時46分


マルコさん こんにちは♪

白玉椿っていうんですね~
白くぷくっと膨らんで可愛いですね^^
湯飲み茶碗 私もよく使います^^
良い感じです~♪
ほんと 特に土ものには落ち着く感じがしますね。

小さな盃に活けた白玉椿 これまた素敵です~♪

>あはは ご主人もうちの息子みたいに 面倒くさがりだったんですね(笑)
黙って食べてはいましたが 方角は全然違う向きでした(爆)

すごいでしょう~ 沖縄^^
有名人がこんなに集まって賑わっているのも 初めてかも、
いつも以上に球団も増えましたからね~
なんと言っても 佑ちゃん旋風ですよ^^

投稿: mana | 2011年2月 5日 (土) 14時57分

manaさんへ

はい~ぷくっとふくらんで、真白の球のようですョ!
大好きな椿のうちのひとつです
MANAさんも良くお湯のみとかグラスに花を挿していらっしゃいますよね!
すごく手っ取り早い花生けかと思います(笑)
恵方巻きは、とりあえず流れにのって~という感じでして~(笑)
スポーツ選手のように、たまには自主トレで沖縄行きなんていうのが実現できるといいんですけど~
一週間くらいでもいいから~(笑)

投稿: マルコ | 2011年2月 5日 (土) 21時27分

お邪魔します。
 素晴らしい備前の器に白玉椿良くにあいますね。
 我が家の庭にも一本あるのですが、蕾が開きかけるとヒヨ鳥に突つかれ落とされ、中々飾る事ができません。
 我が家に一輪挿しのできる備前はありませんが、我が家の一輪挿しは、三日月型の平清水焼きを妻は好んで使用しております。
 備前の器にはどんな花も良く似合いますが、我が家の器には藪椿が良く似合うようです。
 素晴らしい器の数々と白玉椿の組み合わせ目の保養になりました。

投稿: 龍山 | 2011年2月 7日 (月) 18時01分

龍山さんへ

そちらにも白玉椿があるのですね
白玉にヒヨが来て、つつくのには困りますね(笑)

我が家ではヒヨに追われた目白たちが姿を隠すところになっています~(笑)
そして、梅の蜜と同じく白玉の蜜は、目白たちの好物でもあるようで、ツンツンつついて白いはなびらがきばんでしまうのですョ!
一輪挿しにしたい時は、目白との競争で、彼らより早く手折ることにしています!!
奥様のお好みは、三日月型の平清水焼きでいらっしゃるのですね~
どこかしらお洒落さんの白玉にお見受けします!!♪
花も料理も、器が違えば、味わいも異なって、そこがもっとも楽しいところではありますね!!

投稿: マルコ | 2011年2月 7日 (月) 23時51分

 白玉椿の清楚な姿が古窯の備前焼の器に良く似合いってます、椿の様なシンプルな一輪挿しには素朴な趣きの焼き物が落ち着きます様です。

 シットリとした陶器と合わせたの写真が良いですね。

 寒さが厳しいこの時期に御宅の庭の白玉椿の手折とは都心では珍しいのでは有りませんか?

 備前焼と言えば、昨年に古窯展覧会で様々の焼き物を拝見した事を思い出しました。
備前焼は、此方の山陰地方では昔より日々の生活の中で使用してた、水瓶、稲壷、水鉢等大型の甕が皆それでしたネ。

投稿: 久米仙人 | 2011年2月10日 (木) 17時55分

久米仙人さんへ

いつもコメントをありがとうございます
お好みは、手付き鉢に生けた白玉椿だったでしょうか~
白玉は、我が家に限らず、他のお宅でも咲いているようですョ!
そちらは、これからなのでしょうか~!?
まぁ~だ畑は、白銀の世界のままでしょうか~!?
そちらから備前へは、中国山脈をこえたあたりになるのでしょうか!?
備前の大甕とか水甕、稲壷などは、むかしから備前の得意とするところですよね!
いい味わいの大壷がありましたら欲しい方はたくさんいらっしゃいますが、今日では、なかなか入手しにくくなりました
そちらで古くから使われていて、いい味のものがありましたら、そこに、山椿などというのもいいのでしょうね~

投稿: マルコ | 2011年2月10日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辛~いパスタを食べたいナ♪ | トップページ | 再び、長ネギでクッキング~♪ »