« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

辛~いパスタを食べたいナ♪

Dsc03292

今晩、何にしましょう~

頭の中が空っぽになると、家人に食べたいものを尋ねることがある

そうしたある日、間髪を入れずに返ってきた言葉が

辛いパスタを食べたい!!!でした!!!

オーライ~その材料なら何とかなりそうョ~~~

辛い、辛い、辛~いパスタは、調味料か材料のどちらにおもきをおいて作りましょうか~

辛みをいざなってくれる調味料には

先ず、鷹の爪、そして、芥子、山葵、柚子胡椒、山椒の実、一味唐辛子、かんずりなどが思いつくが

この他、手っ取り早いところでは、お隣り韓国のコチユジャン、そして、中国の豆板醤~

タバスコとかめちゃくちゃ辛いタイの唐辛子、ラー油系のものもこのごろ注目株です

そうそう、家庭菜園の仲間内では、ハバネロも超辛いので話題となっていましたっけ

材料の方で辛みのあるものといえば

芥子菜、辛みだいこん、辛みカブ、山葵菜くらいしか思いつかない~

材料より、調味料で辛さを引き出すことに決め、それも、ぺペロンチーノのバリエーション・パスタということに!!!

鷹の爪、にんにくをどっさりオリーブオイルで炒め、サラミ、塩、ブラックペパー、湯がいたスティック・セニョールと芽キャベツを茹で上げたパスタと合わせて、出来上がり~♪

ついでに

Dsc03291

レタス、独活、伊予カン、塩トマトのサラダも作って~

辛みのほどを訊ねると、もっと辛くても良かったくらい!!!なんだそうだ!!!

う~ん、けっこう辛くしたつもりでも、連日、お忙しの家人にとっては、もっと、もっとの劇辛をお望みだったのか!!!

辛さの調整を、タバスコとかにんにく七味でお願いしたことでした!!!

話は、変わります!

庭にやって来る目白が、モデルになってくれた日がありました!

庭仕事の合間のほんのひとときのことです

ミカンやリンゴを美味しそうに食べる目白たち、ヒヨたち、雀たちのうちの一羽です!!!

Dsc06876 Dsc06877 Dsc06879

目白は、可愛いですね

梅の花が咲くと、たいてい番いで何組かがかわるがわるに訪れ、ひょっとすると、三カップルがいたりするのですが、その中に、いつも一羽の目白がいます

何かの事故で、相棒をなくしてしまったのでしょうか~

昨年につづいて一羽でやってくる目白さん

目白の世界に再婚という文字はないのでしょうか~

| | コメント (10)

2011年1月26日 (水)

プランター・キャベツの収穫です~♪

Dsc03241

予定より一ヶ月遅れで、キャベツの収穫となりました!

キャベツを植えたのは、去年の9月上旬、順調でしたら12月上旬には収穫できていたはずなのですが、あいにく巻きのスピードがゆっくりで、ミニ・温室のなかで年を越し、ようやく今日の日を迎えることができました♪

虫喰いはないけれど、見るからに葉っぱは固そうです~

いくらミニ・キャベツといっても、予想よりはるかに小さい球です~

Dsc03240

ひと頃はもう少し大きな葉っぱもついていましたが、手入れ不足で外葉をずいぶんダメにしました

Dsc03262

ルッコラも、例年より幼い感じがいたします

Dsc03261

水菜の株も小さい~

Dsc03257

スティック・セニョールは、昨年から収穫がつづいています

キャベツの不作の原因は、すべて我れに有りで、夏の猛暑時に、水枯れさせてしまったのです

キャベツがへタッとなっているのを横目に見ながら、先を急ぐ用事があり、丸一日放りっ放し・・・

あの時、キャベツは、一度、生死をさ迷っていたのではないかと思うのです

その後の水遣りで、なんとか再生しここまで大きくなってくれました!!

どんなに葉っぱが固そうでも、食べてあげないと天罰が下ります!!(笑)

Dsc03252

さぁ、フライパンに胡麻油をしき、ザク切りしたキャベツをかるくソテーします~

少しのお塩で味をつけ、ささっと玉子でとじて出来上がり!!

シンプルな調理法でいただきます!!

どんなお味かなぁ~!?

固い!!の声が上がるだろうと覚悟しておりましたが、意に反して、

旨いね!!味か深いキャベツだ!!ちょっと固いけれど、これは、これで美味しい~!!

あな、うれし、ではありませぬか!!

どんなにみにくいアヒルのコでも、キャベツはキャベツ!!

作った甲斐があったというものです!!

こりほか、収穫したスティック・セニョールでは

Dsc03243

紫芋、シメジと一緒にライス・グラタンにして食卓に~

今年初めての自家採取野菜によるクッキングは、まずは、渋めの料理となったのでした!!

Dsc03256

全体に地味めのおはなしになりそうなので、最後に、春色チューリップの花~

今、お店のウインドーに飾っているのですが、元気が良すぎてあっちをむいたり、こっちを見たり~

日替わりの表情を見せてくれています

ひとつ、嬉しいこと

昨日、今日と、ほんのお湿り程度ですが、東京に雨がふっています~♪

畑が、にわかに元気付いたもようです!!

| | コメント (6)

2011年1月23日 (日)

備前の花生にあう、敷板を探して~♪

Dsc03204

今日は、いくらか暖かい~散歩日和りというのでしょうか

少し、歩いてみることに致しました~

つい先週のこと!

備前の花生にあう、何かいい敷板がないかしら~とのご相談を受け、職業柄おことわりする理由も見つからず、期限ナシの敷板探しが始まりました~

街歩きの前に、木製品の関係の方、骨董関係の方にも捜索の手は打ってあるのですが、自らの眼を信じるのがいちばんです~

古木やぁ~い、敷板やぁ~い

備前の花生に塗りの敷板は面映く、願わくば、時間の経過から自然発生した木の味わいの出ているものは、ないかいなぁ~なのです

サクラの古木に、野生の鳩です~

Dsc03201

鳩のそばには、コゲラがいて、なにやらお食事中~

Dsc03205

チャンバラごっこかな!?

Dsc03202

木登りを楽しむ子供たちもいます~

Dsc03209

侘びて、乾燥しきって、木の皮はむけかかっています

何か、いい味の出ている木はないかしら~

Dsc03210

伐採されてから、かなり時間の経過している木に出会いました!

輪切りにしても柾目でもおもしろそうですが、やっぱり切ったら、切り口は新しいのでしょうね~とか

Dsc03216

ああでもない~

Dsc03217

こうでもない~と探し歩き~

ふらりと寄った先の骨董やさんで

あっ!これなら大丈夫という、沢栗の木でできた二代目村瀬治兵衛氏の平盆に出会いました!!

ひとつ、見っけです!!Dsc03233

沢栗の木に、彫刻刀を当てていった、当時のけずりの音が聞こえてきそうです

多少湾曲していますが、手を加えれば修正がきくやもしれず

手元に持って、ぬか袋で磨きをかけてみたい衝動をおぼえたほど

先ずは、ひとつ、見つかりました!!

さて、散歩のつづきは、どちらの方に向かいましょう~

今回は、おなじ街歩きでも、ひとつテーマを決め置いて歩くと、俄然面白くなる!!というおはなし

あとひとつ、さらなるドンピシャリを探して、しばらくは街歩きがつづきそうです~

| | コメント (8)

2011年1月19日 (水)

火鉢を出して~もち日和♪

Dsc03169

嬉しいことに、あちこちから御餅を頂戴いたしました!

ひとつは、出雲の仁多餅

もうひとつは、栃木の青海苔もち

そして最後に、茨城の杵つきもち~

ああ~御餅好きの我が家にとっては、願ってもない口福です!

Dsc03183

せっかくですから、火鉢を出して、炭を起こし、頂戴した御餅を炭焼きで頂くことに

出雲の仁多餅をご存知でしょうか~

奥出雲の山間地にひろがるミネラルたっぷりの棚田で育った仁多米は、昼夜の寒暖差があることも手伝って、甘みのあるお米本来の旨みを備えた美味しさだとか

おみやげに頂戴したのですが、我が家にとっては、お初の御餅~!

さぁ~焼きましょう~

それぞれ焼いて、いただきましょう~

折りよく、鏡開きの御餅用に、小豆を炊いて、お汁粉をつくっておりました

Dsc03188

仁多餅は、お汁粉で~

Dsc03190

青海苔餅は、そのままで~

Dsc03177

仁多餅と茨城の杵つきもちは、磯辺焼きでも~

Dsc03175

具だくさんのコンソメ野菜スープを利用して、洋風お雑煮としても~

仁多餅の味のキメの細かさといったら、なんと例えたらよいのでしょう~

見目麗しい上品なお嬢さん~♪

よ~く伸びて、甘みと旨みとがあり、炭火焼きしたことから香ばしさも加わって、他に類を見ない美味しさなのでした!

青海苔の御餅は、シンプルに焼いて頂戴してみると、あらら、あららの美味しさですし、茨城の杵つきもちも美味しく、しばらく御餅三昧の、おもち日和がつづきそう~

みなさま、美味しいものをご馳走様です

毎日、美味しくいただいております(深謝)

Dsc03198

御餅をいただいたお陰で日の目を見た火鉢は、そのままリビングに鎮座して

煮物をつくったり

コーヒーを沸かしたりして、利用しております!

炭火の火は、柔らかいですね!

そして、ホッとする暖かもしれません!

ちなみに、炭火で沸かしたお茶は、どこか味がまあるいように思えます(気のせいかな~!?)

♥器をお探しの方は、こちらにも、どうぞ。

www.marcopolo-uehara.com

| | コメント (10)

2011年1月16日 (日)

このところ、ベジタリアン~♪

Dsc03160

目白やヒヨ、シジュウカラに混じって、今年は雀まで集まってくる梅の木に、花が咲いた!

朝晩の冷え込みは厳しく、マコモタケのプランターには、薄氷が張っています

う~寒い!

外よりも内の子になってしまい、運動量は減るのに食欲が落ちない~

我が家は、いつのまにか二人揃って、ぷっくりお腹のようなのです

まずい、まずい、少し減らさないと、このままじゃワンサイズ大きなズボンが必要になってくるかも~

ということで、ここのところ我が家は、ベジタリアンとなっています

Dsc03140

なるべくあぶらっぽいものを避けて~

Dsc03115

タンパク質は、お肉より魚介類やお豆腐、豆類で~

Dsc03164

あれれ、山葵マヨネーズ和えは、まずかったかナ、マヨネーズってカロリーが多かったですものね~等など

Dsc03109

若芽とほうれん草のナムルとか

Dsc03141

いつもでしたらチーズをパラパラ~っと振ってしまいそうなムール貝のクリームソテーにも、チーズはよして~

ここ一週間の我が家の食卓は、断固!!野菜中心

ごはんのおかわりは、ナシ!

甘いものは、控えましょうということになったのですが、なかなか、一度大きくなった胃袋は、引っ込みがつかないようで、苦心三嘆しています(笑)

Dsc03174

休んでいたストレッチ運動を再開し、ひたすら、ダイエットに励む日々となっています

みなさまのお正月明けのお腹の方は、いかに!???

ここのところ出番の多いうつわは、一目瞭然でしょうか

毎日のように、益子の岡田崇人さんの掻き落とし四方多用鉢を用いています

このほか、チャーハン、カレー、パスタ、いろいろおやつ、煮魚など、出番は多く、使いまわしのきく重宝さ

我が家では、たいそう便利なお鉢として、食器棚の最前列におさまっています(笑)

寒さ、降雪の多い時期、みなさまおからだご慈愛くださいませ

| | コメント (5)

2011年1月10日 (月)

牡蠣オムレツと七草がゆ~♪

Dsc03116

唐突ですが、冷蔵庫に玉子がなくなるということは、めったにありません

ところが、新年早々、あれっ!玉子があとひとつということに!!

探して見つかるものでもなく、万事休すの気分です!

毎日、あたりまえのようにそこにあるものがなくなると、さあ、大変~!

やれ消しゴム、2Bのシャープペン、電卓は何処へ行ったのだと大騒ぎになります

たいてい、しばらくして見つかるのですが、夜中の玉子は~

ヨシッ!ひとつしかない時は、ひとつでやり過ごそう~

それにつけても、何かがひとつ去り、ふたつ去りして、人生は暮れて行くのかもしれないナと、玉子をきっかけに妙なことに気がついてしまいました!

よくいう引き算の世代です~

まだまだ夢ももっていますし、足し算したいこともありますし、そうカンタンに引き算の世代にはなりたくないナ、など、ぼそぼそ、ぼそぼそ~(笑)

Dsc03117

その夜中、なんというタイミング!

家人がいただきものの玉子を持って戻ったのでした!

有難いことです!

チキンハウスの富士の鶏とあります

平飼いの有精卵で、富士山のバナジウムたっぷりの自然水で育ったのだとか

Dsc03118

玉子を割って、菜ばしでかき混ぜてみますと、手に玉子の重みを感じます

美味しそうです~

Dsc03113

七日の七草がゆの日

我が家のチビだいこんと蕪も加えておかゆさんを炊き、ありあわせのおかずをお膳にのせ、頂き物の京都、菊の井の香の物で、シンプルな夜食と決め込みましたが

Dsc03112

おみやげに頂戴した京都、菊の井の香の物(美味しい~!)

Dsc03114

せっかくです!いただいた玉子で、牡蠣オムレツをつくってみました

材料は、牡蠣、みじん切りのにんにく、玉子、バター、サラダオイル、塩、胡椒です

フライパンにバターを取り、みじん切りのにんにくを炒め、そこに牡蠣を加え、塩、胡椒して水気がなくなるまで炒めます

それでも残った水気は切り、再びバターと少しのオリーブオイルをしき、溶きほぐした玉子を入れ、ササッとオムレツのカタチにまとめます

ソースは、トンカツソースとトマトケチャップ、少しのお砂糖を、同じフライパンで煮詰めたもの

しっかりした玉子味の、バカ旨オムレツとなったのでした!

いろいろ、いろいろ、ごちそうさまです

| | コメント (10)

第87回箱根駅伝復路の朝の雪景色~

Dsc03006

遅くなりました

1月3日、箱根駅伝復路の朝は、宿舎の窓を開けると、そとは、白銀の世界でした

これは、6時30分頃の日の出です

東の方から陽がのぼってきます

この時間、選手たちは、このにわかの雪に、どう対処していらしたか!?8時のスタートまでに、あと1時間と30分でした!

Dsc03008

東の方から明るくなってきました

Dsc03021

芦ノ湖周辺は、真っ白です!

Dsc03026

この日の富士山も真っ白で、顔をだしていたり、雲に隠れていたり~

Dsc03033

朝8時のスタートから6区の走りをTVで観戦

その後、チェックアウトして、こちらも一路、東名を東京へと戻ります

その走りの様子は、前前回にしるしましたので、今日は写真のみをプレイバックです!

午前11時30分の頃の箱根の道路は、こんなでした

選手が走り抜けた頃の道路の両脇には、解けない雪があったと思います

Dsc03029

Dsc03030 Dsc03031 Dsc03032

誰の足でしょう~

雪は、解け始めていましたが、踏むとぎしぎしいうパウダースノーのようでした!

Dsc03040

枯れススキに雪の仙石原を通り抜け~(選手たちの走った国道一号線ではありません!念のため)

Dsc03049

富士山のビューポイントを通過して~この後御殿場インターから東名に乗り、一路東京へ

Dsc03076

空は、クリスタルなブルーで、雲はシロナガスクジラのお腹のスジを彷彿とさせ、しばらくゆくとぽっかり、ぽっかり~ノンちゃん雲に乗るのようなのどかな雲もあり

我が家に戻ってTVにスイッチを入れると、ちょうど10区のゴールシーンなのでした!

優勝は、早稲田となり、新記録が数々出ましたのは、みなさまご存知のとうりです

遅いご報告となりました

復路当日、雪景色の朝のお伝えです!(笑)

| | コメント (3)

2011年1月 6日 (木)

初荷いちばん乗りは、土屋由起子さんの茜唐津と黒唐津♪

Dsc03098

新しい年のはじめ、今年は、どんな一年になるのでしょうと、心はずみます

Dsc03099

新春のディスプレイを施し、花を生けこんで、5日の初日を迎えました

Dsc03087

今年いちばんの初荷は、どなたの作でしょう~

唐津焼作家、土屋由起子さんの黒唐津、茜唐津となりました

コーヒーカップ&ソーサー

Dsc03094

掛け分けのもの、漆黒の黒唐津~

Dsc03089

マグカップ~♪

Dsc03090

窯変茜唐津~

Dsc03088

白釉と黒釉の掛け分け~

Dsc03091

まんまるなお鉢~

Dsc03107

小さな黒唐津の一輪差しには、庭から摘んできた白玉椿とクリスマス・ローズを活け

店頭は、お正月の花で飾りました

代々木上原でうつわと布を扱って、この5月で27年目を迎えます

街の移り変わりはあるものの、ここまで懲りずにお付き合いくださり、ご意見をいろいろとお聞かせくださり、引っ張ってきて下さったお客さまに深く感謝申し上げ、今年一年のスタートを切りたいと思います

以前、当ブログで、土屋由起子さんの作陶は、こちら東京に嫁がれたことから、唐津と東京を行ったり来たりとご紹介致しました

が、由起子さんファンにとっては朗報というべきか

昨年晩秋から、唐津中心の生活に切り替えられ、作陶に専念、没頭なさるとか

楽しみですね♪

Dsc03093

その最初の窯出しが、今回のうつわたちです!!

Dsc03092

土屋由起子さんの黒唐津、茜唐津、白唐津は、うつわにもったお料理や花をグンとひきたててくれる懐の深さがあります

さて、我が家人は、大のお雑煮好きなので、箱根から戻ってすぐの食卓は、やっぱりお雑煮~

Dsc03086

暮れのうちに作っておいたささやかな御節とお雑煮が、今年最初の食卓となりました

Dsc03081

我が家のだしは、かつおと昆布だしですが、みなさまのお雑煮は、どんなおだしでいただかれるのでしょう~

地方によって、魚系のものだったり、貝系、鶏系だったりするのでしょうか~

| | コメント (8)

2011年1月 4日 (火)

第87回箱根駅伝:往路の山登り第5区を観戦して②

Dsc02972

前ページからのつづきです~

中大の給水です!!

水しぶきが右隅の方に見えます

この日の箱根は晴天で、走るうちに発汗があり、必須水分が奪われていってしまいますので、水は、命の水となります~

Dsc02977

給水をすませ、ゴールをめざす青山学院大です!!

Dsc02978

同じ大学のメンバーが併走しながら、水の入ったペットボトルをバトンします

Dsc02979

神奈川大の給水です!!

Dsc02984

中央学院大の給水~

メッセージも伝わっているようです!!

Dsc02985

関東学蓮選抜の給水です!!

Dsc02990

そして、しんがりになってしまった上武大の給水~

目の前を通り過ぎていった順にご紹介いたしました!!

往路4位でゴールした明治大、7位の城西大、10位の日体大、一次はベンジャミンの走りで2位にいた日大など、いくつか押さえられなかったチームがありましたが、それは、ゴメンナサイ~

この給水を終えると~

Dsc02996

国道一号線の最高地点までの、長くつづく急坂を登りつめ~

Dsc02997

箱根の石仏群を左右にながめつつ、一気に山を下り~

Dsc03000

眼前に芦ノ湖がとらえられるようになってくると、ゴールは近く、選手たちに一種のギアチェンジ意識が宿るのだとか~

応援していた柏原クンは、今年もトップで往路5区を決め

次いで早稲田、東海、明治、駒沢、国学院、城西、中大、拓大、日体大、東京農大、帝京大、山梨学院大、専修大、神奈川大、青学大、日大、中央学院大、関東学蓮選抜、上武大がゴールを決め、きつい山登りコースで、今年は、ひとりも落伍者がなかったのは、良かったかな!!

つづく復路は、雪となりました!!

朝起きて、窓をあけると、夜半のうちに降った雪で、外は、白銀の世界でした!!

レース前に除雪車が走り、コースは整備されたといっても、日陰のところは、つるりんこしてしまいます

復路6区の山下りで、東洋大市川と早大高野のデッドヒートが繰り広げられましたが、早大の高野は、一度、滑ってころんで、起き上がり、そのまま何もなかったかのように走りをつづけていました!!

箱根駅伝では、何が起こるか解りません

準備万端整えたつもりでも、何かが起きるのだそうです!!

だから、面白いのかもしれません!!

今年も多くの記録が生まれ、トップでゴールした早大は、往路、復路をあわせてなんと、10時間59分51秒の大会新記録をマークしたそうです!!!

そして、往路2区で!7人抜きをやってのけた東海大の村沢クンは、史上二番目だそうです!!

10区のシード権を争う走りも、壮絶でした!!

国学院大は、ゴールを目前にしてコースを間違え、あわやと心配致しましたが、戻ってきて、めでたく間に合いました!!

ほんと、何が起きるか解らない!!!

先達からのたすきのバトンタッチをつづける走者たちの走りには

何にも変えがたい美しさと感動があり、心洗われます!!!

走者のみなさん、そして、スタッフのみなさん、疾走をありがとう~♪

Dsc03004

戦いすんで日が暮れかかる頃、お腹がキューと空いていました

こんな時はラーメンを食べたくなってしまいます

折りよく見つけた芦ノ湖湖畔近くの中華料理屋さん~

Dsc03005

こういう時の一杯のラーメンは、走者の給水に似ているのかも~(笑)

胃の腑にしみじみ美味しいラーメンとなったのでした!!

遅くなりましたが

本年も、どうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (4)

第87回箱根駅伝:往路の山登り第5区を観戦して➀

Dsc02921

新年 明けまして おめでとうございます

骨休めに出かけた先の箱根は、風もなく、晴れ渡り、空気は澄み切っていました

気持ちの良い新年です

元日は、スポーツでからだを動かし、お湯につかってからだをほぐしました

翌日、2日は、TVよりナマがいいと、今年も芦の湯付近で箱根駅伝を観戦~

東洋大学の柏原クンの走りを、この目でふたたび見てみたい、声援を送りたいという

やや追っかけ的な気持ちの観戦とあいなりました

Dsc02924

5区を走る選手たちが小田原を出る頃、こちらは小湧園あたりからコースをたどるようにして芦の湯地点に向かい、そこで選手たちを待つことにいたしました

Dsc02937

日本テレビのカメラマンの方もスタンバッテいらっしゃいました

各出場大学の応援ののぼりがたち、ふだんなら静かな温泉地も、この日は縁日のような賑わい

待つ間、となりのご夫婦が実況さながら、柏原が東海を交わした、やっ!早稲田も交わしたと教えてくださるものですから

Dsc02941

柏原クンがトップを走ってくるのだとカメラを構えておりました~

来ましたョ~!

Dsc02942

往時の第5区は、小田原から箱根の山を右に左にくねくねとした道を登りつめ、ここ芦の湯地区でやや平坦となり最高点まで走り登って、一気に芦ノ湖のゴールまでくだってゆくというコースどりとなっていることから

このあたりで給水は必須です!!!

選手たちには、二度の給水が許されているそうですが、ほとんどの選手たちがここで給水を受けていました!!!

Dsc02943

なにしろアッという間に駆け抜けていってしまいます

給水も、襷のバトンタッチと同じように、素早く、正確に行わないと、走行のタイムロスになってしまいます!!!

快い給水は、その後の走りの糧となるやもしれません!!!

そこで今回は、給水シーンのいくつかをご紹介することといたしましょう

Dsc02948

給水をおえた柏原クンは、先を急ぎます!!!

その後方に、監督の乗ったクルマがつづき~

Dsc02950

2位につける早稲田の給水~

Dsc02959

3位の東海大の給水シーンは撮り損じてしまいましたが

こちらは駒沢大の給水です!!!

格好よりも、正確に~が一番です!!

Dsc02963

国学院大の給水~

Dsc02965

山梨学院大の給水とメッセージの伝達~

何か言っているのですが、聞こえませんでした(笑)

Dsc02966

東京農大の給水も上手くいったようです!!!

この後の給水シーンは、観戦記②につづきますが、なかには給水を行わないまま走りぬける選手も

ここから芦ノ湖のゴールまで、まだ、けっこうの距離があるのです

14キロくらいだったかと思いますが、今年は何の故障者も出ず、目の前を風のように駆け抜けていきました!!!

みんな、ガンバッテ~!!!

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »