« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

年の瀬に、白玉椿と明日葉!!

Dsc02902

いよいよ残すところあと一日となりました

大掃除や御節づくりにネコの手も借りたいとか

いやいや、お正月を迎える準備はすでに整い、ゆるり、くつろいでらっしゃるとか

行く年、来る年の年の瀬は、どことなくあらら、こららで過ぎ行きます

本日三十日で仕事納めとなりました

家の内外を掃き清め、鏡餅、正月の花、松飾りを整え、少しの御節を準備できましたら

お正月は、骨休めに温泉につかってこようと考えています

今年一年、いろいろお世話になりました

庭の白玉椿~

Dsc02900

クリスマスローズは、つぼみを膨らませ

Dsc02903

明日葉は、元気な芽を吹き出しています

今日摘んでも、明日には新芽が出るという、縁起のいい明日葉は、胃腸に良いお野菜とか

白玉のように真白な気持ちで新年を迎え

明日葉のように、何があっても、明日には芽を吹くという一年でありたいと念じております

ご近所から、あるいは遠方からお店におでかけくださったみなさま

あるいはブログを通じて、そっと見守ってくださった方々

軽妙なコメントやていねいなアドバイスを下さったブログ仲間の方々

こころより嬉しく有難く存じております

来年は、もっと楽しく、もっと便利なブログをめざして、少しでも前へ進みたいと思っております

ありがとうございました!!

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ♪♪

なお、お店の方は、新年一月五日(水)からの営業となります

| | コメント (13)

2010年12月27日 (月)

はじめてのボンデケージョとりんごとレーズンのワイン蒸し焼き~♪

Dsc02881

今年もあと5日となりました

仕事納め、ご挨拶まわり、大掃除、おせちの買出しなどで、ああ~忙しいなのでは~

そんな最中ももさなかのイブの日に、一念発起して、念願だったボンデケージョを焼くことができました!!!

もう、ずいぶん前に作り方を教わっていたのですが、なかなか、ふんぎりがつきませんでした!

作ってみると、以外に、カンタン!!思い立ってから、一時間もあれば、充分に時間が余るほど~

オーブンから転がり落ちたボンデケージョたちです!!!

Dsc02882

教えて下さったワル猫さんのところでは、まあるくふくらんでいたのに、こちらは、なんだか面白いカタチをしています!!!

木ノ子のようだったり、九州銘菓のひよこのようだったり、来年のえとのうさぎさんのようだったり~

これは、達磨のようだ!!いや寅のようだ!!とカタチを愉しむうち、ひとつ減り~ふたつ減り~で、気がついたころには~

Dsc02888

すでに、半分近くなくなりかけていました!!(笑)

美味しいんですね!!そして、お腹も、ぺこぺこだったのでしょうね!!

もっちりとしたチーズの味が、なんともなのです!!

カタチこそ、うふふですけど、たいそう美味しく焼けました!!!

ワル猫さんの奥さま~、ありがとうございます~

Dsc02887

どんどん、減ってゆきます~

Dsc02886

りんごとレーズンとローゼルのワイン蒸し焼きも作ってみました!!

ボンテケージョと同じオーブンで、このりんごの蒸し焼きを作ってしまいましたので、それが原因してボンテケージョのカタチが面白可笑しくなったのかもしれません(憶測ですけど~)

Dsc02884

焼きりんごに、ちょっぴりワインの酸味とローゼル・ジャムの甘酸っぱさを足したようなお味です!!

本当はまるごと焼きリンゴにしたかったのですが、二段構えなので天井がつかえ、急遽刻んでワイン蒸し焼きに!!!

姿こそ違え、お味は、ほとんど焼きリンゴといっしょ~!

刻んだ時は、皮をむいておいた方が良かったかも(ちょっと、固いかも)

Dsc02885

クリーム・シチューで温まって、ボンデケージョにボアタルデ、焼きリンゴにボアノイテの夜となったのでした!!

翌日は~

Dsc02891

トマトとハーブのピザと温野菜の三杯酢ソテー

ちっちゃなデコレーション・ケーキとのこりもののクリーム・シチューで~

ピザは、お店売りのものをリメイクしたものです(忙しい時に、助かります!!)

Dsc02890

ろうそくをつけて、灯りを消すと、生クリームの白が、雪のようにみえました!!

きいよし~このよる~ですね!!

Dsc02893

我が家の畑では、いまこんなものしか取れません

大根、蕪、人参、キャベツとも、まだ、ちいさめです

この日取れたスティック・セニョール、ルッコラ、イタリアン・パセリ、フェンネルは、これまでご紹介いたしました料理に、ぜんぶ忍ばせてあります(笑)

遅くなってしまいましたが、ワル猫さんの奥さま、いろいろありがとうございました(深謝)

我が家では、すでにリクエストが出ております♪

これからも、どんどん愉しんでまいりますね~

北の方では、たいそうな積雪だとか

北の方も、南の方も、真ん中の方も、どうぞおからだご慈愛ください

♥器をお探しの方は、こちらにも、どうぞ。

www.marcopolo-uehara.com

| | コメント (12)

2010年12月23日 (木)

ゆず湯と豚味噌づくり~♪

Dsc02875

きょうは、冬至

といっても、ずいぶん暖かな冬至でした

夜来の雨は、朝方であがり、畑には適度な水分とやわらかな日差し

Dsc02878

コートがなくても大丈夫な一日でした!

我が家では、昨日からゆず湯につかっています

ゆずの香りのたちこめるお風呂場で

肩までつかって、湯舟から出ると、体は、ポカポカ~

足の先まで、ぬくぬくに暖まるので

昨夜は、あっという間に熟睡でした!(笑)

Dsc02851

さて、少し前になりますが、豚肉の赤身の塊を見つけました!

それで、久々の常備食、豚味噌づくりです

豚肉を1CMほどの角切りにし、フライパンにごま油をひき鷹の爪、豚肉、すりおろしたにんにく、生姜を投入して炒めます

豚肉に焼き目がつきましたら、仙台味噌、白味噌を好みの調合で加え、砂糖を加えて弱火で味噌が豚肉に馴染むようにいためあげたら、出来上がり~

タッパーに入れて冷蔵保存しておきますと~

Dsc02852

ぬくぬくのご飯の友とか~

Dsc02862

いも粥といっしょにいただくと、どこか中国の朝粥風になります

この他、そのまま晩酌の友にも、炒め物、蒸し物など、いろいろアレンジしても使えます

Dsc02844

こちらは、名付けて、牡蠣とうるいのチーズ焼きもち

実験的な一品でしたが、我が家的にはバカうけでした!

ボールに良く洗った牡蠣、小口切りしたうるい、ナチュラル・チーズ、小麦粉、片栗粉、少しの塩をとり、ほどよく混ぜ、フライパンで焼くだけです~!

お好みで、葱やハーブを加えても、オツな味わいになるかも~

Dsc02845

取り皿に一枚、とってみました!

だいこんもちのような、チヂミのような~どこか、もっちり~

お子様にも、大丈夫でしょうと思います

Dsc02843

キーマ・カレーをいただいたり~

たいそう手抜きの料理が続いて降りますが、その翌日は、残り物を利用して

Dsc02855

既製品のパンで、カレーパンを作ってみたりしています

Dsc02867

きょうは暖かでしたが、たいそう冷え込む日もある昨今です

スナップには、ビニール袋をかけただけのミニ温室をつくってやりました!!

| | コメント (6)

2010年12月18日 (土)

大根の天日干しとキューイーの熟成~♪

Dsc02846

あちこちから大根、さつまいも、キューイーなどを頂戴し、我が家ではちっとも上手くゆかない大根、蕪などに不自由することのない日々

ありがたく、嬉しく思っております

大根はそのまま使うと、辛みが感じられ、ピリッとやさしい冬の味です

これを、ひとたびお日様に干しますと、グンと甘みが前面に出てきます

あら~不思議!!鄙びた味わいです!!

いただいた大根も、食べきれない分、天日干しです!

Dsc02859

一つは長ネギと一緒に、庭の空き地に埋め戻したりしています(笑)

Dsc02641

冬の大根って、美味しいですね!

おでんにしたり、雪なべにしたり、お味噌汁の具にしたり~それこそ大根百珍を超える大根料理があると思いますが~今日は、最近の我が家の食卓から~

大根のごま油味噌ソテーです!

鷹の爪のピリリをきかせたところ、これは、ごはんの友というより晩酌の友かも~

Dsc02646

こちらは、鯛だいこん~

鯛のアラを用いた大根との炊き合わせです

Dsc02833

大根のなんともいえない辛みを味わいたい時は、おろし大根にするのが一番

こちらは白子と大根おろしポン酢です

Dsc02857

大根がいい具合いに天日干しできた日

黒メバルがとってもお安く手に入りました!

干した大根と黒メバルと生姜の甘辛煮ですけど、大根の美味しいこと!!

干した分、歯ごたえと甘みが増して、こっくりとした味になりました!!

Dsc02858

こちらも天日干しした大根をいったん、フライパンにごま油をしいて焼き、小口切りしたものとイカのゲソ、水菜とをソテーして、酒かす味噌あじで整えたものです

あったかなぬくぬくご飯と一緒にいただくと、おかわりの声~

たいそう美味しくいただけました!!

Dsc02847

キューイーをたくさん頂戴いたしました!

その辺に転がして天日干しし、完熟させてからどうぞ!とのことでしたので、こちらもリンゴと一緒に天日干しです!!

Dsc02854

熟したキューイーをポーンと口に投げ入れると、これが、甘酸っぱくてなんともフレッシュ!!

山芋、水菜とサラダにしたり~

Dsc02853

あまりにたくさん頂きましたので

皮をむき、小口切りにして、お砂糖、ひたひたの水と一緒にコトコト煮つめて、ジャムにいたしました!!

Dsc02856

こんな感じのジャムになりました!!

小さなキューイーの種のツブツブ感が嬉しい、とろ~りと甘酸っぱいジャム!!

もっぱらパンにつけていただいていますが、そのうち何か、お料理にも~

みなさま、いろいろご馳走さまです!!

来年は、みなさまのように素敵なお野菜や果物が作れるようになるといいのですが~

最後に、野菜の天日干しに話は戻りますが

天日干しのゴールデン・タイムは、朝10時からお昼すぎの3時頃まで

日差しの強い時間帯が理想で、日が落ちてくると湿気を吸い込んでしまいますので、早めに取り込むのが肝要かと思います

大根に限らず、人参、牛蒡、レンコン、トマトなど、ちょっと干すだけで、まったく違う食感や甘みに出会えますから、ぜひ一度~

| | コメント (14)

2010年12月14日 (火)

ローゼルの種取りとアスパラの冬仕度~♪

Dsc02772

5月の種蒔きから9月の開花、そして、胸はずんだ10月末から11月に掛けての収穫を経て、はじめての、ローゼルの種取りとなりました!

丈夫そうなものを選択し、天日干ししておいたものです!

どうやら、黒々としたいい種になったようです!

来年には、この地にローゼル二世が育つ事になります!なぁ~んて、開拓者のような気分になっています(笑)

種は、たくさん出来ましたので、ご希望の方にお分けしております

どうぞ、お気兼ねなく、コメント欄からお申し込みくださいね

Dsc02829

アスパラは、収穫こそできませんでしたが、来春が楽しみな株になっています

アスパラを上手に作ってらしたGEROGEROさんに倣って、枝を整理し、土寄せをし、籾殻、米ぬかを撒いて米のとぎ汁酵母液を撒き、お休み用の藁のおふとんをかけてやりました

Dsc02830

風で飛ばないように、苗ラックをかぶせて~

ね~むれ、ね~むれ、わ~らのねどこで~♪

Dsc02831

切り口は、ライターの炎で熱消毒しておきました(これは、手持ちの野菜だよりという本に倣って)

バラの花を生けるとき、切り口を熱でいじめて水の吸い上げを補助いたしますが、アスパラの熱処理は、細菌防止用なのだとか~

同じ切り口の熱処理でも、入口か出口かで、その目的が違ってくるのかしら!!??

面白いですね!

Dsc02709

こちらは、スティック・セニョールです

すでにトップは収穫し、今は、側枝を楽しみにしています

Dsc02691

キャベツは、巻きそうで巻けないような、巻けてもソフト・ボールくらいにしかなれないような按配です~

巻いてくれるだけでも、ヨシといたしますョ~

Dsc02832

久々に、食欲もりもり~の日曜日、海鮮サラダすしをつくりました!

材料は、コハダ、やりいか、貝ひも、生姜、れんこん、ほうれん草、たまごで!

パラパラっと酢めしがはなれるくらいの感覚でつくり、スプーンで食べたりするのが我が家流なのです

Dsc02827

酒かす漬けしておいた本鰆を焼き~

Dsc02826

アボカド、ブロッコリー、海老の辛子マヨネーズ和え

Dsc02825

根菜類と長崎てんぷら、ねぎ、こんにゃくの具だくさんお味噌汁でいただきました!

具沢山のお味噌汁のスープって、美味しいですね!

| | コメント (12)

2010年12月10日 (金)

里芋を掘っていたら~!!!

Dsc02639

日当たりの良くない裏庭で、ここが居場所とばかりに、例年、好調だった里芋が、ことしはちょっと具合いがワルソウデス!

夏の猛暑と水遣り不足が災いしたのか、雨の日の傘がわりになるような葉っぱは終に育たず、株も、見るからに小さそうです

もう、霜も降り始めていますし

掘って見るしかありません!

Dsc02796

掘ってみると、お芋は小さく、例年の半分程の収量~

その代りといったら良いのでしょうか

来春が楽しみなきざしを発見!

Dsc02799

真ん中あたりに、土筆のようなものが見えませんか!?

これは、里芋畑のお隣に位置するアスパラの芽なのです!!

根茎がここまで伸び(約1mほど)、その根茎からの新芽を里芋の収穫中に発見いたしました!

いつもでしたらスコップで遠巻きに掘り起こす里芋ですが、あまりに小さいので、手で掘っていて、良かった!助かった!という感じです!スコップを使っていたら、アスパラの新しい命を無駄にしていたかもしれません~

これは、来春が楽しみです!

アスパラは、そろそろ冬支度をすることといたしましょう~

小さな芽には、ふたたび土を被せ、籾殻を撒き、米ぬか、油粕、米のとぎ汁をまいて、藁のお布団をかけてあげることといたしましょう~

Dsc02814

掘った里芋は、人参と鶏のひき肉そぼろあんかけに~

ちょっと風邪気味でしたので、生姜をたっぷり入れて煮込みました!

風邪といえば、小さい頃は、たいてい母手作りのたまご酒が枕元に運ばれていました

ふうふうしながら恐る恐る飲むうち、体がポカポカしてきて、いつのまにか咳も忘れて眠っていたような気がします

大人になってからのたまご酒って、それほど効かないような気がするのは、私だけ~

もっぱらにんにく、生姜、ねぎ、梅干、ビタミン、根菜類を取るようにして風邪の早期快癒を願っております

もちろん、お医者様にも診ていただいて、インフルエンザではない事が解り、一安心

Dsc02785

むかご、梅干、葱入りお雑炊です~

Dsc02817

根菜類には、からだを温めてくれる作用がありますから、煮物にしたり、具だくさんのお味噌汁にしたりして~

Dsc02822

又別の日は、人参、玉ねぎ、長ネギ、にんにく、庭から取れた明日葉、ルッコラ、フェンネルをザクザク切りにしてサラダ油でいため、オイスター・ソース、トマト・ケチャップ、塩、胡椒であじつけしたものを耐熱容器にとり、ナチュラル・チーズ焼きにしてみました!

すると~どこかしらアラビックのカバブーを思わせる、スパイシーでからだの温まる料理になったのでした!

明日葉とフェンネルの組み合わせは、初めての試みでしたので、意外な味にうふふふ~な晩ごはんとなったのでした

Dsc02764

里芋のほか、とれるものといったら、もっぱらこれくらいです

大根も蕪も、以前、小さいままなのです~(笑)

| | コメント (12)

2010年12月 6日 (月)

ドウダンツツジに花が咲く!!??

Dsc02786

冬なのに春嵐かと思えるほどの雨と風と雷が去った朝

玄関先に、いちどきに散り落ちたもみじ葉が

もみじ葉は、どうだんつつじの枝えだにも落ち

Dsc02787

まるで、見知らぬ花が咲いたような、新鮮さでした!

Dsc02790

白く咲く八ツ手のはなの上に落ちたもみじ葉は、色白のひとがはじめて紅をさしたようにも見え、初々しい艶かしさ~

いつの日も、嵐の後には、そこかしこに嵐のいたずらというのか、意外性の落し物があり、これを見つけ歩くのが、楽しい~

藁束が飛ばされていたりして困りもしますが、こうした小さな喜びもあるというわけです

Dsc02794

西王母つばきが咲き、すでに、目白があそびにきたようす

Dsc02801

台湾つばきも太陽に近い方から咲き始めています

Dsc02810

野ぶどうの紅葉も始まっています

Dsc02793

嵐が去って、柿の葉はすっかり落ち、熟した柿があらわになりました

カラスやヒヨより先に三つほど枝折って、こちらもいただいてみたいと思います

Dsc02813

野ぶどうと西王母つばきをリビングに飾りました~

Dsc02738

こちらは、11月終わり頃、荒川豊蔵さんの志野のお茶碗と石黒宗磨さんの絵唐津のお茶碗の展示があるというので、渋谷の黒田陶園に出かけ、その足で青山通りに出たときのものです

まだ師走前でしたので、クリスマスのイルミネーションは未点灯のところが多かったのですが、街には、いくらか華やぎが~

Dsc02739

フラワーショップには、花や花束を求めるひとたちがおとずれ

通りは、老若男女のひとの群れでした

おお~寒っ~と戻った我が家でDsc02792

安納芋と海老と椎茸とキャベツのクリームスープをいただきつつ

こんどのクリスマスは、どうしようかなぁ~などと考えております

歳末歳時とあって、たいしたことはできないのですが~

明日から、いよいよ師走らしい寒さになるのだとか

みなさま、どうぞお風邪など召しませぬように~

| | コメント (10)

2010年12月 3日 (金)

クラウディオ・プランテーションのカカオを頂いて~♪

Dsc02761

ポルトガルl在住の友人から珍しいカカオを頂戴しました

アフリカ、サントメプリンシペ民主共和国、クラウディオ・プランテーションのもので、このココアは、世界中のパティシエ垂涎のココアなのだそうです!

あららら~そんなに貴重なものが、我が家にですか!?

お菓子づくりもあまりしたことはないのに!?

豚に真珠!?とかってことになりそうな~

近頃、パンを焼いてるでしょう、そのパンづくりにいいんじゃないかなぁ~と思って、ですって!!

ちょっと荷が重いけど、当たってくだけろとまいりました!!

Dsc02763

たとえばワインに話を移しますと、ワインの味は、どの畑のどんな斜面で育ったか、どんな葡萄かで、おおまかな味を知る事ができますが、同じような事がカカオにもいえるのだそうです

このカカオは、無垢のパラダイスのうちのひとつ、プリンシペ島の陽光と海風を浴びて育ち、焙煎されたもので、他に類をみないものとなっているとか!!

曰く、バニラやその他のフレーバーを加味することなく、苦味、酸味、渋みなどはバランス良く、かすかに樹木や花の香りが感じられるのだとか~

何も足さず、何も引かずのピュアなショコラが楽しめるというわけ~

臭いを嗅いで、齧ってみます~

確かに、確かに、味のバランスはいいわね~

ブーンして、ショコラパンでも焼きますか~Dsc02762

クラウディオ・プランテーションのオーナーのクラウディオ・コラッロさんです

コラッロさん、スイマセン、使わせていただきますね~という気持ちでショコラ・パンを焼いてみました!!!(なんたる冒険!!!)

Dsc02771

粉は、岩手産のナンブ小麦を石臼で挽いたものと国産小麦の薄力粉を使ってみました

ところがです!一次醗酵がいまひとつで、それは二次醗酵にも影響し、焼きあがったパンは、まるでベーグルのような食感となりました

技の無さは仕方ないとして、味は、美味し~い!!!

なんのフレーバーも足す必要がないとは、このことかと思えるほど、上品でバランスのいいショコラ味になっていたのでした!!!

Dsc02733

近所の方から、食用菊のもってのほかを頂戴いたしました!

Dsc02742

牡蠣と三杯酢にしていただきました

Dsc02781

むかごは、初試み、バターソテーにお醤油をちょっとたらしていただきました

いつもの塩茹でとは、又ちょっと違った味わいです

Dsc02730

そして又別の日、紀州のおみかんを頂戴いたしました!!

皮が薄くて、全身ジューシーな甘いおみかん

さっそく自家製ポン酢をつくり、連日、お酢の物をいただいています

みなさま、ごちそうさまでございます

美味しく頂戴いたしておりますが、パンづくりに関しては、上手な方が焼いたら、極上のパンになるのでしょうに~と、豚に真珠の心境でおります~

なお、二枚目、三枚目の写真は、下記より転載させていただきました

WWW.CLAUDIOCORALLO.COM

| | コメント (8)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »