« 名残りの朝顔と秋明菊の咲く庭で~ | トップページ | ねぎピザとローゼル・ジャムづくり~♪ »

2010年11月 7日 (日)

マコモタケの収穫と酢豚~♪

Dsc02572

これは何だか、お解かりになりますでしょうか~!?

イネ科の多年草~マコモタケです!!

5月のゴールデン・ウィーク明けに定植し、お初の収穫となりました!

Dsc00914

いつもお世話になっている種苗店から、こんなカタチでとどきました

根茎にちょっと発芽があった感じです

説明書には、50cmほどの深さの容器に、半分ほどの土を入れて定植し、水をたやさないようにして育てる、とあります

Dsc00943

5月上旬、さんざん50cmの深さのあるトロ箱を探したのですが、見つからず、30CMの深さをもつ発泡スチロールの箱で育成することに致しました

しょっぱなからハンディがあります~(笑)

水遣りだけは、懸命につとめ~マコモタケは、スクスクと育ち、草丈は、こちらの身長を超え、まるで、水辺で見かけるガマのようになりました!

このマコモタケを植えてみたくなったのは、ひとえに、台湾料理やさんで薫風の候、わずかな期間しかお目にかかれない、清水青竹(?)という料理の食材になっている竹の子は、もしや、このマコモタケなのでは~と遠望したからなのでした(笑)

通常の竹の子も大好きなのですが、清水青竹(?)に用いられている竹の子は、ほとんど味のついていない状態で饗され、特製のマヨネーズ・ソースをつけていただくのですが、ほのかな甘みと上品なタケの香りがなんともいえず、美味しいのです~

もしも、このマコモタケが、その食材と同じものだったら~最高にシアワセ~というノリです!(食いしん坊、バンザイ!!!)(笑)

マコモタケにとっては、ルンルンの梅雨をすぎ

熱暑の夏がきても、あるじの水遣りで、なんとか生き延び

胡瓜、トマト、ゴーヤ、マッちゃん、茄子などが収穫されてゆくのを横目に見ながら、ぐんぐんおおきくなっていったのでしたが、

夏の休暇で主か留守をしたときに~いよいよ事件が!!!

Dsc02065

水不足となったマコモタケは、見るも無残に半分ほど枯れかかっていたのでした!!

ああ~ホースで水を送るようにして置けばよかった、と思いましたが、後の祭り~

以後、水遣りを欠かさずにおりましたら~

Dsc02516

ある日、中心部に、マコモタケのようなものが~

もう少し大きくなったら、清水青竹(?)の竹の子と似たような大きさになるかも~などと期待もふくらみます

Dsc02517

こんな感じです~

しばらく観察をつづけましたが、花芽なのかもしれない~と唐突に思い立ち、そうそうに収穫することに(笑)

キッチンで綺麗に洗い、皮をむき、包丁を入れると、ナ、ナント、茎には、グレーの霜降りが入っているのでした!(夏の休暇時の水不足から、土のもつ成分を吸い上げてしまった結果のことかな!?写真で見たマコモタケとも、清水青竹のたけのことも、ちょっと違いますが~)

生のまんまのマコモタケを齧ってみました!!!

色こそ違え、歯ごたえは、あの竹の子だ~~~!

日本のマコモタケは、生のまんま齧ると、竹の子ととうもろこしを合わせたような味とあります

なるほど、なるほど、そんな味ですし、夢見るあの竹の子とも味は、ほとんど似ています!!

清らかな水の流れる川渕で育てたら、夢見る竹の子になりそうです!!!

ほとんど100%に近い確信を持てましたが、来年の薫風の候を待って、台湾料理店のママさんに日本のマコモタケと同じものかどうかを伺ってみないと、はっきりとしたことは解りません

茎にスが入っていた分、味が大味になっていましたので、今回は、清水青竹の再現は断念し、酢豚にしてみました

Dsc02574

手前の方にある、スの入ったグレーっぽいものがマコモタケです

やわらかな歯ごたえと、上品な甘みがあります(とうもろこしの生齧りのような~)

Dsc02573

少しの収穫でした!

我が家のマコモタケは、この一皿でおしまいとなりましたが、マコモタケにはとても素晴らしい成分があり、近頃では、遊休農地(水田)の有効利用として、あちこちの農家で育成中だとか

中国の揚子江流域でも良く取れ、日本では、あちこちの河川や湖沼に自生もしているそうです

成分は~

食物繊維は豊富、この他、タンパク質、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、ビタミンA.C.D.E.K.B6.B12.葉酸などのビタミンを含み、コレステロールがゼロの極めつけの健康食材なのだとか

便秘や血圧を下げる効果が期待できるそうです!

Dsc02596

収穫後のトロ箱です~

また、来年、再チャレンジです!!

今度は、もう少し広く大きな箱にいれてあげたいと思っています

それにしても、なぞなぞ巡りの長い旅路ではありました!!

なぞなぞのご名答は、来年の薫風の吹くころに~~~!

|

« 名残りの朝顔と秋明菊の咲く庭で~ | トップページ | ねぎピザとローゼル・ジャムづくり~♪ »

コメント

マコモタケは、数年前まで我が町の特産品として栽培が奨励されていたんですが・・・・・
いまひとつ盛り上がりに欠けて自然消滅してしまいました。
来年から、町と商工会がローゼルを町の特産品として売り出そうとしています。
町内には、栽培者が100人以上いるのだが、果たして応募者が現れるのかな・・・・・

投稿: わいわい | 2010年11月 7日 (日) 21時38分

わいわいさんへ

あららら~先にマコモタケがあって、来年の推奨栽培がローゼルなんですね!
こちらでマコモタケを見かけることはなかったような~
わいわいさんも栽培されたのでしょうか~
来年のローゼル、栽培される方が増えるといいですね!
こちらは、どちらも美味しいと思っています~

投稿: マルコ | 2010年11月 8日 (月) 09時06分

マルコさん こんにちは♪

マコモ  沖縄ではマクムって言いますよ~
炒めものや煮物が多いかな~。
酢豚も美味しそうですね~

マコモは沖縄でも栽培されているけれど、
市場に出回っているほとんどが台湾からの輸入品なんです。
こんな風に生っているところを見たのは初めてです^^
そんなに栄養価が高いとは・・・@@

>そちらは良いお天気だったようですね~
沖縄は昨日は1日中、雨でした。
この時期の寝不足は気を付けて下さいね~。
お友達も風邪をひいて 辛そうです。

豆苗は、再生の方が柔らかくて サラダでもいけそうですよ^^

投稿: mana | 2010年11月 8日 (月) 12時46分

マコモタケは、栽培したことはありません。
だって、転作田に水を張って栽培するので・・・
途中の草取りも手間がかかるし・・・
収穫は、胴長靴をはいて泥の中を歩かなければならないし・・・
片手間ではできません。(笑)

投稿: わいわい | 2010年11月 8日 (月) 14時53分

manaさんへ

そちらではマクムというのですね!
そして、煮物や炒め物で、すでにそちらの食卓にのぼっているんですね~!
それも、台湾からの輸入品が多いと~
こちらの台湾料理店でいただいている清水青竹(?)は、ますますにしてマコモの可能性大ですね~!(笑)
沖縄と台湾は、近いですものね!
そちらでも栽培されていることに、納得です~
我が家で出来たマコモは、イマサンくらいでしたけど、そちらのマコモは、美味しいのでしょう~
いいですね~こちらでは、見かけません~
そちらは雨だったのですね!
運動会を楽しみにしてらしたお子さんたち、可愛そうでした
はい~これから年末にかけて忙しくなりますから、お互い、風邪には用心いたしましょう~
豆苗も、いただきましょう~

投稿: マルコ | 2010年11月 8日 (月) 22時42分

わいわいさんへ

それはそれは、どうもです~!(笑)
マコモタケづくりは、片手間では出来ない相談なんですね!
こちらは、たったの二株でしたので、そこまで思いが至りませんでした(ゴメンナサイ)
胴長靴をはいて、泥のなかを歩き回るのは、力がいりそうですね!

投稿: マルコ | 2010年11月 8日 (月) 22時49分

おお~ すごい隠し球じゃないですか~ ビックリです~
オイドンも一度だけ頂き物で食べたことありますよ~
筍みたいにしているけど、稲科の野菜なんですよね~
もう味はあまり覚えてないけど、くせがなく美味しかったというイメージでした。
そしたら、今年佐賀県でも特産物にしようという町が出てきたそうです。今年はゲットし損なったから、来年あたりはJAの直売所に出てくるかな~

そんな風に水田みたいにして作るんですね~ ご苦労されたことでしょう。でも、美味しく味わえて何よりでしたね。


投稿: ワル猫です | 2010年11月 9日 (火) 12時55分

マルコさん こんにちは♪

>やはり 食欲の秋ですね~^^
お米も美味しいから ついつい食べ過ぎてしまいます・・・・
でも 考えてみたら
これから冬に向かっていくから、蓄えて 寒さを凌ぐために
人間も脂肪を付ける時季なのでしょうか~~~ なんちゃって^^;
そうやって 自分を慰めておりまする・・・・(笑)
日本シリーズの時は、バレーやらフィギュアスケートやら・・・
どこをひねっても スポーツの日でしたね^^
バレーも面白くて見ているんですが、どこも強豪~

投稿: mana | 2010年11月 9日 (火) 15時40分

あら~!マルコさんったら、マコモ竹まで栽培されてたのですね~。
紀州の物産展で「マコモ竹」見かけたことありますぅ~。
試食品の「マコモ竹入りレトルトカレー」を貰ったことあるんですよ~。
それにしても、なかなか栽培してる人っていないでしょう~。
収穫まで漕ぎ着けるなんて、マルコさん天才~!

投稿: coco | 2010年11月 9日 (火) 20時12分

マコモタケって名前しか知りませんでした。
筍の仲間なんですね(汗)
私はきのこ系かと思っていました(大汗)
お水を貯めた箱の中で水耕栽培ってことなのでしょうか。
うちには水田があるわけだからこれはやってみないと?
なーんて(^^;)
でも、↑わいわいさんによると手間がかかりそうですね…
効能にも食感にも心惹かれるものがあります~
それにしても、マルコさんって素敵(^皿^)
秘密裏にすごいものを育てていらしたんですね!!

投稿: gerogero | 2010年11月 9日 (火) 21時53分

 マコモタケ?
イヤ、珍しい物にお目に掛かりましたネ。
 タケと言って位いですから、食べられるんですネ。

食感が竹の子ととうもろこしを合わせた様とは益々珍し味のようで、中華料理の食材ですか・・・
写真で拝見するにレンコンとセロリの中間の様な気配がしますね。
 日本の川辺に多く自生しているとは初耳です。
来年春の記事で又、お目にかかるのお楽しみにしてますヨ。

 そう言えば子供の頃の古い歌に「・・のマコモの河原に・・」とか言ってる歌詞が有った様な記憶が有りますね・・・。

投稿: 久米仙人 | 2010年11月 9日 (火) 21時53分

ワル猫さんへ

隠し球というつもりはなかったのですが~(笑)
ただただ、水辺のガマの穂みたいに茫々と草丈が伸びるばかりで、なかなかご紹介する気分になれませんでした~(笑)
ええっ!?ワル猫さんの方でも、特産物にしようというプロジェクト・チームが~!?
それは、楽しみです~
できれば上手にできたマコモタケをいただいてみたいです~
もしかしたら来年あたりからスーパーなどにも並ぶのかな~!?待ち遠しいですョ!
確かに、味にはクセがなく、ほのかな甘みがなんともですよね!
来年は、もう少し広くて深いうつわを探してみようと思っています~

投稿: マルコ | 2010年11月10日 (水) 00時11分

manaさんへ

そうです、そうです~!!人間も冬に向かって、少しは脂肪を蓄えておかないと、なぁ~んて(笑)
みなさん、ほんとはダイエットと無縁の体形でいらっしゃるように思うのですが~(笑)
そうそう、バレーも、フィギャースケートも、サッカーも、ゴルフも~でしたね!
こちらも観戦するだけじゃなく、からだを動かした方がいいのにと思いつつ、もっぱら観戦側にまわっています

投稿: マルコ | 2010年11月10日 (水) 00時24分

cocoさんへ

そうですか~!?
紀州の物産展でも、マコモタケがあったのですね~
こうして記事にしてみると、沖縄、愛知、佐賀、紀州と、マコモタケを栽培なさっている方がいらっしゃることが解りました~!
来年あたり、スーパーなどにも出回るといいのですが~(笑)
ポリポリ頂いてみたいです~!(笑)

投稿: マルコ | 2010年11月10日 (水) 00時31分

GEROGEROさんへ

そうですね~!マコモタケと音だけで聞くと、エリンギのような木ノ子を想像しても可笑しくはないかも~!
イネ科の植物ですから、そちらで栽培可能というか、最高のシチュエーションです~!
水田の片隅で少しだけなら、そんなに手間はいらないかも~です!(笑)
今回のマコモタケは、食いしん坊のなせる技です~!
台湾料理店で使われている食材と同じものか、どうかは、来年明らかになると思います(笑)

投稿: マルコ | 2010年11月10日 (水) 00時41分

久米仙人さんへ

そうなんです~!竹の子ととうもろこしをいっしょにいただくような感じなんですョ!
みなさん煮物にしたり炒め物になさっているようですが、上手く綺麗にできたら、お刺身のようにして頂いてみたいという思いがあります~!(笑)
はい~川辺や湖沼の水辺に自生しているそうです
小さい頃唄われた歌に、マコモの河原に~というのがあるのですね!
それは、それは、どんな節で唄われたのでしょう~!?
こちらも興味しんしんです~!

投稿: マルコ | 2010年11月10日 (水) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名残りの朝顔と秋明菊の咲く庭で~ | トップページ | ねぎピザとローゼル・ジャムづくり~♪ »