« 親子で、揃って、月下美人の開花です~!♪ | トップページ | 名残りの夏野菜と秋の間引き菜でクッキング~♪ »

2010年10月17日 (日)

ぶらり鎌倉散歩~~瑞泉寺にて

Dsc02379

柿が色づきはじめていました

秋の鎌倉

用事があって、ほとほとクルマを走らせていますと、鎌倉の東の端に瑞泉寺というお寺がありました

Dsc02323

上の方に、石段がつづいています

Dsc02322

石段のたもとには、夢窓国師古道場とあります

夢窓国師といえば京都の南禅寺に住した方~国師号をたくさんもってらっしゃるお坊さんです~茶掛けの軸を紹介している本にも、確か、書が出ていたような~

うろ覚えです~(笑)

どちらともなく~登ってみましょうか、ということになり

Dsc02334

登ってみると~

Dsc02346

美しいラインの甍をもつ本堂でした!

真白の芙蓉の花が、咲いています~

Dsc02343

Dsc02364

水戸黄門さま直植えの冬桜などもあり~

Dsc02348

季節が巡れば、さぞやの梅の古木も~

このお寺は、花の寺としても有名だそうで、山が紅葉で染まる錦秋の頃は、とりわけ素晴らしいのだとか~

山号を錦屏山といい、本堂の背景に錦の屏風を背したようになるのだとか~

(ちょっと、訪れるのが早すぎたかな!)

Dsc02351

本堂の裏に廻ると、夢窓国師作庭とされる岩盤をたくみに利用した庭園があり、頭上でカサコソ音がするので、見上げると、小さなリスが木の実を探して木から木へ、駆け回っているのでした!

Dsc02350

写真中央あたりに、いる筈なんですけれど~

Dsc02356

このお寺は、臨済宗円覚寺派のお寺だそうで、鎌倉時代には、五山文学の拠点としてさかえるなど、古くから文学、学問にゆかりをもち~

境内には、いろいろな碑がありました

こちらは、大宅壮一さんの名言、男の顔は、履歴書であるを記した碑です

Dsc02367

お茶室もあり~

Dsc02347

秋明菊の花も咲いていました

鎌倉の端にあって、山頂に庵を築いたという趣きの、気持ちのいいお寺でした

家に戻って、さっそく夢窓国師の書は、どんなものだったかを調べてみました

あった!あった!茶席の一行(世界文化社刊 別冊家庭画報 茶道シリーズ)という本にのっていました!

Dsc02426

こんな書を書いていらっしゃいました!

右は、法に定相無しと読み、左は、縁に逢うて宗に即すと読み、それぞれが対をなすとか

作品に、そのお人柄を尋ねるわけですが~

さて、この書からどんなお人柄をご想像でしょうか~~~!?

一説によると、夢窓国師さんという方は、出会うひとごとに(朝廷のひとも、庶民のひとも)教えの伝え方を変え、そのひとにあった解りやすい教えを説かれたたとか~温順柔和な方だったそうです

こういうお坊さんと聞けば、にわかにお会いしたくなってきます(笑)

|

« 親子で、揃って、月下美人の開花です~!♪ | トップページ | 名残りの夏野菜と秋の間引き菜でクッキング~♪ »

コメント

鎌倉ではゆっくりと時間がながれるのでしょうか・・・
柿も色づいて、秋ですね~

芙蓉の花、♪芙蓉の雪の精をとり~♪
この芙蓉って何のことだか当時はわかりませんでした、佐賀県には芙蓉ってお酒があったので、その名前かな~と・・・
芙蓉って富士山のことらしいですね。明治の学生さんはレベルが高いな~

ありゃ、リスまでいたんですか~ 子リスかな~
♪調べはアマリリスよ~♪ いえいえ、日本のリスは絶滅危惧種らいいですね。
とても珍しいものを見られたのではないでしょうか・・・

トリスウイスキー、このまえハイボールで飲みすぎました~ 関係ないか・・・ アハハ


投稿: ワル猫です | 2010年10月17日 (日) 19時53分

ワル猫さんへ

はい~そちらが玖須に遊んでいらした頃でしょうか~
こちらは、鎌倉へ
おやおや芙蓉の雪の精~って~!?
ひろがってゆきますね!(笑)
どなたの作にでてきたっけ!?と、調べてみましたら、旧制一高の寮歌に出てくるフレーズでした!
そちらには、芙蓉というお酒もあるんですね!
富士山は、芙蓉という表現に変わって、九州まで~!
ああ~壮大なり~のお酒なんですね!(笑)
日本のリスは、絶滅危惧種なんですね!
おやおやそれほど貴重な子リスに出会えたとは~
アマリリスの歌も出てきます~(笑)
ところが、そのリス、リス、リス、リス、アリスは、あっという間に、こんもりとした不思議の国に、お隠れになってしまいましたとさ!
もうちょっと、遊んでほしかったのですが~(笑)

投稿: マルコ | 2010年10月18日 (月) 10時10分


マルコさん こんにちは♪

青空がきれいですね~
沖縄でもあちらこちらで柿の実が生っていますよ^^
鎌倉は 一度だけ行ったことがあります。
風情のある町ですよね。
ぶらりとたまに歩くには 素敵な場所ではないでしょうか~

>塩焼きそば、私も最近は もっぱら塩焼きそばです~
ソースよりもあっさりしていて 好きになりましたわ^^
はいはい~ 日本のCMも良いのありますね。
私もJRのCMは素敵だな~って 思います。(沖縄では観られないんですが・・・・^^;
生命保険とかも良いのがありましたよね。

投稿: mana | 2010年10月18日 (月) 10時11分

manaさんへ

そちらでも柿が実る季節なのですね~
夏から秋へ、季節は移り変わっているのでしょうか~
manaさんも鎌倉に~
ほんと、鎌倉は、クルマで移動するよりほとほと歩く街かもしれません
歩き始めたら、あちこち寄りたいところが増えていきます~(笑)
そうそう塩焼きそばは、あっさりしていて、くせになりそうです~(笑)
今はちょっと静かめですが、ひと頃の日本のCMは、世界をリードしていたこともあったのですョ~
その頃、寝ずに頑張っていた人々がいたことも、ちょっと伝えたかったかな!
そうでしたか、そちらではJRのCMは、かからないのですね~
気がつきませんでした~ごめんなさいね!

投稿: マルコ | 2010年10月18日 (月) 22時10分

 秋には古都鎌倉が良く似合いますね。
 鎌倉は古刹が多くあり、アジサイ寺や円覚寺等を思い出しますが瑞泉寺は知りませんでした、どの辺りにありましたか?横横へ抜ける辺り、それとも逗子方面でしょうか?
写真で拝見してもその奥床しい雰囲気が良く感じられますね。
鎌倉の思い出は意外と山が奥深く迷いそうに成った事が有りましたね。
 当方も先週は関西での古陶(6古窯)の展示会に行きまして、室町、鎌倉時代の壷や甕の奥深さと素朴さを観賞して来ました。

投稿: 久米仙人 | 2010年10月19日 (火) 14時46分


マルコさん こんにちは♪

>普通のごはんも 羽釜で炊くと美味しいですけど、
新米はまた 格別ですね~。 すごく美味しかったです。
水をうんと少なめにしないとですね。少し水分が多かったかなって感じでした。
デスクワーク、 座っていながら どうにか運動不足解消につながる方法ってないですかね?^^;

投稿: mana | 2010年10月19日 (火) 17時01分

久米仙人さんへ

実のところ、こちらも瑞泉寺は、初めてでした!
久米仙人さんが行かれた円覚寺は、北鎌倉の駅に近いですよね!
瑞泉寺は、北鎌倉の駅と鎌倉駅を南北の軸にしますと、その真ん中あたりから、東に同距離くらい離れたところに位置します~
鎌倉霊園が近くにありますョ~
鎌倉の街は、ほんとそぞろ歩きとか、ハイキングに良いですよね~
細道をちょっと間違うと、思いがけない所に出たりして、ワンダーなところがあります
関西では、六古窯の展覧会が~
それぞれを一堂にて見れることは、そうそうないように思います
展示の数も、多かったのでしょうか~
室町・鎌倉時代の壷や甕は、ずっしりしていて、どこか男性的なフォルムですよね~

投稿: マルコ | 2010年10月19日 (火) 22時48分

MANAさんへ

ほ~んと!羽釜で炊いた新米なんて、それだけでご馳走ですね!
お水は、少し少なめで炊いた方が良いのですね!
我が家に羽釜はないけれど、何時の日か、竈で羽釜を用いて新米を炊く日が来ることを願って、覚えておかなくっちゃ!(笑)
以前、自動車教習所の先生から、同じ姿勢を二時間つづけると、血液の巡りが悪くなるので、安全運転のためには、二時間おきに、クルマを止め、からだを伸ばし、首を廻して、軽いストレッチをすると良いですョ!と、習いました!
デスクワークも、同じようなことが言えるかもですね~

投稿: マルコ | 2010年10月19日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子で、揃って、月下美人の開花です~!♪ | トップページ | 名残りの夏野菜と秋の間引き菜でクッキング~♪ »