« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

マッチャンという韓国カボチャとカメムシ

Dsc01690

今日は久しぶりの雨で涼しいのですが

つい先日、暑いさなかに、マッチャンを初収穫することができました!

Dsc01671

見た目は、瓜に似ています~

Dsc01542

雌花は、心配したほど少なくなく、良く咲いてくれたのですが、収穫までには、いくつかの難関があり、ようようの収穫というわけです!!

ひとつは、何物かに花が咲かないうちに、チョッキンとやられてしまいます~

ふたつめは、雌花と雄花の交配が上手くゆくか~

そして、三つ目は、晴れて結婚が成立しても、カメムシという難敵が待ち構え、太りだしたマッチャンをチューチュー吸って、痩せほそらせてしまいます~

Dsc01526

最初の頃は、雌花の開花を待って、交配のお手伝いをしていました~

Dsc01528

はなびらが破れるほどです~

Dsc01665

見事に成長していても、カメムシが小さな針のようなストローで中の水分を吸うものですから、あえなく、ショボショボ~

Dsc01638

マッチャンの天敵、カメムシは、胡瓜、ゴーヤなどのウリ科の野菜のほか、トマト、ピーマンなどのナス科の野菜にも良くついています!!

捕獲して、退治するしかないと聞いておりますが、そうも出来ずに発見したら、振り払うのが関の山~

ある日、緑色の綺麗なカメムシが室内に!

おそらくゴーヤのすだれから室内に入り込んだのでしょう

Dsc01634

面白いので、カメラで後を追っかけていましたら~

Dsc01636

窓ガラスを上へ、上へとつたい、このように~

なんだか天国へ召されたようなショットとなり、一匹、退治!!とつぶやいたほどでした!!(笑)

カメムシも何らかの御用があって、この世に生を受けているのでしょうから、そうそう天国に送るわけにもゆきません

畑には、そろそろ次の収穫を待つマッチャンも育っています!!

連日の暑さのおかげか、我が家のカメムシは、自然児でおります

Dsc01678

収穫したマッチャンを二つ割りにしてみました!!

種のふくろにあった写真どおりのマッチャン!!

ズッキーニのような食感のカボチャだそうです!!

Dsc01679

スモーク・ベーコンと一緒に炒めてみました

味付けは、シンプルに、塩、胡椒で!!

確かに食感は、ズッキーニと変わりなく、お味は、ズッキーニよりカボチャらしい甘みが感じられます!!

なかなかです!!

沖縄のナーベーラーと同じ食感かどうかは、煮物にして実験してみたいと思っています!!

マッチャンは、次の収穫が待ちどうしい野菜かもしれません~

マッチャン、試食なる!!の記でした!!

| | コメント (14)

2010年7月26日 (月)

白梅干の天日干しと梅ジュース、かき氷~~♪

Dsc01658

連日、摂氏35度を超える猛暑で、白梅干の天日干しは、順調そのもの~

Dsc01659

去年は、長雨つづきで、ずいぶん手こずりましたのに、暑さにも、少しは取り得があるということでしょうか~(笑)

この写真は、干した当日のものですが、二日目には、白く塩が吹いてくるものもあるほどで、三日目には、カンペキな仕上がりとなりました!!

こんなことは、これまで無かったことです!!

Dsc01663

せっかく出来上がったのに、もう、塩出しをしています!(冷蔵庫内で)

これは、ショッパイのが苦手な家人のたっての願いで、白梅干のはちみつ漬けをつくろうとしています~

塩出しは、およそ一昼夜、水を良くとりかえながら冷蔵庫で行います

Dsc01681

塩出しの出来た白梅干を水気を切って、タッパーにつめ、後は、はちみつを流しいれて、冷蔵庫で保存しておきます

二週間くらいたったら、ちょっとお味見し、良かったら、その時が食べごろでしょうか~

Dsc01651

シュガー漬けにした梅シロップも出来上がりました!!

こちらは、水と氷で割って、冷え冷え~をいただきます

連日の暑さに疲れきったからだに、沁みるように入り、精気が蘇ります~

ちょうどお客様がありましたけど、美味しいですね!と、よろこんでくださいました~

Dsc01672

ブログ仲間のmanaさんが、沖縄のかき氷を紹介していらっしゃいました!!

そうそう、我が家にもお祭りの景品で頂いたかき氷器がありました!!(すっかり忘れていました!!)

それを探し出して、さっそく、自家製かき氷づくりです

Dsc01674

ガリガリ~シャリシャリ~手動で氷を削って~

出来立てほやほやの梅シロップをかけ、出来合いの茹で小豆をのせて、出来上がり~

Dsc01675

最初は笑っていた家人も、いつの間にか、懐かしがって頂いています!!

氷はすこし荒めでしたが、自宅で楽しめるのですから、それで充分♪

manaさん、思い出させて下さって、ありがとう~(こういうところがブログのいいところですよね!!)

Dsc01660

梅干太郎さんという方から、出来上がった梅干の保存方法に関するおたずねがありました

ちょうどこちらも白梅干が出来上がりましたので、コメントは、こちらでさせていただきますね

写真左は、二年前の赤紫蘇漬けで、真ん中、右は、去年つくった白梅干です

いずれも塩分濃度10~12%でしたが、風通しの良い冷暗所で充分、常温で保存できましたが、近頃の機密性の高いマンションにお住まいでしたら、塩分濃度の低い梅干は、冷蔵保存なさった方がいいかもしれませんね

目安は、10%以下は、冷蔵保存で、それ以上の濃度でしたら室内の冷暗所で、常温で、というところでしょうか~

保存用の器は、広口のガラス瓶、広口の陶製の壷、タッパーなどでいかがでしょう~

上首尾に出来上がった塩分濃度15%以上のものでしたら、風通しの良い冷暗所で何十年でも持つそうです~

歳を重ねるごとに、味にまるみがついて、それはそれは美味しい梅干になるようですョ!

| | コメント (14)

2010年7月23日 (金)

黒トマトの収穫とゴーヤ・ジュース~♪

Dsc01605

ゴールデン・ウィーク明けに苗から植えた黒トマト、ようよう収穫できるようになりました

やっぱり今年も、他のトマトにくらべ、ゆっくりめです

おまけに、実われが~

ゆっくりお日様にあたったぶん、リコピンもビタミンCも、他のトマトより多く、栄養価の高いところが、このトマトのとり得でしょうか~

そのかわり~Dsc01623

名前のとおり、色黒で、右上の桃太郎やフルーツ・トマト、カナリア・ピッコラ、アイ子ちゃんの鮮やかさには、かないません~

Dsc01624

実われしていますけど~先ずは、シンプルに

Dsc01647

沖縄もずく、らっきょうの甘酢漬けと酢の物に~

味は、コクがあるというのか、ちょっと強さを感じます~

Dsc01625

胡瓜は、琵琶といっしょに白和えに~

Dsc01619

チビトマト系は、にんにくをたっぷり使った海老チリソースに~

Dsc01626

初収穫の空芯菜は、長崎てんぷらといっしょに炒め物です

Dsc01628

そして、ゴーヤは、ブログ仲間の久米仙人さんおすすめのゴーヤ・ジュースを作ることにいたしました~

Dsc01629

材料は、ゴーヤのほか、頂き物の桃、牛乳で~

ブーン、ブーン~あっという間にジュースになってDsc01630

朝の食卓に~

Dsc01645

畑の様子が気になりますので、庭に面したテーブルに移動してゴックン、ゴックン!!のどごしの爽やかなこと!!ゴーヤの苦味もほどよく、苦味克服から二年目の家人にもバッチリ~

ぼんやりした朝のからだに、やさしく染み渡り、いつの間にかすっきり目覚めていたのでした!!

元気もりもり~これからも、折々に頂きたいジュースとなりました!!!

とりとめのないお話でした~

| | コメント (10)

2010年7月20日 (火)

涼風かな!!ゴーヤと朝顔の緑のスダレ~

Dsc01604

うだるような暑さがつづいています

どこか、遠くの、涼しい方へ、ああ~、避暑にでかけたくなるほど~

と思っても、現実的には、ムリ~お盆休みまで、がまんと忍耐の日々ですね(笑)

Dsc01606

なんとか涼しさを!!

例年訪れるこの暑さに、昨年から、ゴーヤと朝顔の緑のスダレづくりを試みています

我が家の緑のスダレは、わずか幅80cmほどですが、近頃のインテリア関係の雑誌には、3M~5Mほどの緑のスダレも紹介されていたりしています

気温の上昇とともにグングン伸びて、今年は、二階の洗面所の窓辺まで、成長しています

上の方で二股に分かれたゴーヤは、うさぎの耳のようにも思え、畑に、緑のうさぎが出現したように思えるのですが~(笑)

Dsc01598 Dsc01614

上は、側面から見たところで、下は、室内から、ゴーヤの様子を眺めたところです

ほど良い大きさに成長いたしましたら、うふっ、室内から収穫出来るありがたさ(蚊に刺されずにすみます~)

Dsc01616

こちらも室内から眺めたところです

緑のスダレが、ほど良い日陰をつくってくれています~

Dsc01599

二階の洗面所です

ブラインド越しに、それはそれは涼しい風がわたってきますDsc01601

二階まで延びたゴーヤ越しに、畑を眺めてみました

ここまで良く伸びてきてくれました~わずかこれだけの緑でも、熱風を涼風に変えてくれる作用があるようです

Dsc01607

そのゴーヤを収穫して~

Dsc01609

ゴーヤ、胡瓜、沖縄もずく、うなぎの甘酢和え~

Dsc01611

こちらは、トマト、納豆、モロヘイヤ、青紫蘇、海苔、山葵、胡麻をトッピングした冷やしそうめんです

ゴーヤと朝顔のスダレときたら、ちりり~んと鳴る風鈴と、やっぱり冷やしそうめんですよね!!

Dsc01610

オクラと茗荷と大根の浅漬けは、白梅酢を水で割って、はちみつを加えた漬け汁に一昼夜漬けたものです!!

ほど良い酸味のクエン酸は、夏バテ防止にいいかもです!!

おからだ、ご慈愛くださいませ~

| | コメント (16)

2010年7月15日 (木)

じゃがいもの収穫と、枝豆ととうもろこし~♪

Dsc01561

連日、雨がくるのか来ないのか、わかりにくい日がつづいています

その合間をぬって、じゃがいもと枝豆を収穫

我が家にしては、昨年よりいい感じ~枝豆は、ほとんどカメムシにやられていませんし、じゃがいもは収量が増しているかも~♪

Dsc01563

なんとなく綺麗に出来ました~

実は、この枝豆は、かのリンゴ農家の木村秋則さんの栽培法によるところが多く、やせた土地を元気にして害虫、益虫のバランスをはかろうという目論みで植えたものなんです

Dsc01545

今年で四回目です!!、ずっと同じ場所でつくられつづけている里芋さんのお側に~

Dsc01523

あるいは、とうもろこしのお側にも~

とうもろこしと枝豆の組み合わせは、お互いに相互扶助があるというコンパニオンプランツらしいのです

おまけに我が家のように狭い畑では、限られた面積で、なるだけぴったりコンビを探し出し並列して育てたくなります(これを、苦肉の策とも申します~笑)

とうもろこしにつき易いアワノメイガと枝豆につき易いカメムシは、お互いが天敵だそううで、どちらもお互いを寄せ付けず、結果、とうもろこしにも枝豆にも害虫となるムシは、よりつかなくなるのだそうな~

いまのところ、絵にかいたように、順調ですが、ちょっと、成長がゆっくり~(笑)

Dsc01548

この他、土壌の元気回復目的で、頂き物の種から育てていますストロベリー・トマトの側や、茄子の側など、収穫が終わって、空いた土地には、それ行けドンドンで、枝豆を植えています~

Dsc01562

これは、今回収穫した枝豆の根っこですが、良くいわれる根粒菌が、付いていました!!

この根粒菌が、空気中から窒素を取り込んで、土壌を元気にしてくれるのだそうです!!

そして又、根っこに付くVA菌根菌は、周囲の野菜の根にも付いて、リン酸やマグネシウムなどを吸収しやすくするのだそうです!!

なんとなく枝豆って、パワフルな感じがしませんか~

で、今年の春先に、我が畑のキャッチフレーズは、ハーブと枝豆で夏を乗り切ろう!!!に決まり、セッセセッセと、ハーブと枝豆をうえたのでした!!(笑)

Dsc01557

そのストロベリー・トマトに花が咲き始めました(こちらは、露地植えではなくプランター植えのストロベリーちゃんですが~(露地植えの方も咲いています)

直径1cmの小さな花!!どんな実になってゆくのか~初めての栽培だけに、楽しみです!!

Dsc01576

こちらは、オクラです!!

まだ身長30cmくらいでしょうか~

Dsc01577

そして、こちらはローゼルです!!

身長は40cmくらいで、それぞれ側枝が伸び始めてきています

Dsc01570

収穫した枝豆と塩昆布で、炊き込みごはんをつくってみました!!

お豆さんの味わいと昆布の旨みがひびきあって、美味しいごはんとなりました!!

Dsc01571

こちらはトマト、茄子、ピーマン、鶏肉の甘酢あんかけです!!

見た目はイマイチですけど、こちらも美味しくいただけました!!

梅雨が明けると、暑い夏がやってまいります

少しでもからだにいいものを摂取して、この夏を乗り切りたいですね!!

| | コメント (10)

2010年7月11日 (日)

今年も、胡瓜でクッキング~♪

Dsc01555

胡瓜の原産地は、インドはヒマラヤ

3000年も前から栽培されていて、日本には、中国経由で六世紀後半に伝わってきたそうです

成分の95%は水分で、ビタミンCやカリウムが含まれ、そのカリウムには利尿作用があり、むくみやだるさの解消に良いのだそうです

Dsc01533

夏の暑い畑で、もぎたての胡瓜をパリッっと丸かじり!!というのもなかなかなのですが、今年の胡瓜畑には、並列して、韓国カボチャのマッチャンを植え、おまけに天道生えのアピオス(昨年、ここで、育てていたっけ!!)が、抜いても、抜いても、芽を出し、しまいには根負けして、育つにまかせていますので、なかなか、そうもいきません~

収穫した胡瓜とトマト

今年もまた、胡瓜でクッキング~を楽しんでみたいと思います

Dsc01531

夏といえば、ツルツルッといきたい麺料理

胡瓜、若芽、蛸、すりおろした山芋に、大葉をたっぷり添えて、とろろかけ冷やしうどんです!

Dsc01532

こちらは、お馴染みのサラダです!

胡瓜がもぐってしまって見えませんが、材料は、胡瓜、サラダ菜、カラーピーマン、トマトで、さっぱりとしたブレンドの山葵ドレッシングで~

Dsc01538

夜になって、急に冷え込む日がありました!

おだしに摩り下ろした胡瓜を加え、残りごはん、トマト、塩、少しのお醤油で味を整え、コトコト煮込んだ、胡瓜雑炊です!

頂く前に、軽く塩もみした胡瓜を添えると、歯ごたえの楽しさも~

Dsc01554

徳島からだという美味しいちりめんじゃこを頂戴いたしました!

頂いたその日のお夕飯は、久々のおじゃこと胡瓜と茗荷のお寿司となりました!!

Dsc01534

お味噌汁は、サラダ感覚で~お野菜、たっぷり!!

具材は、胡瓜、試し堀りしたじゃがいも、スナップえんどう、トマト、茗荷です

Dsc01553

こちらは、胡瓜と鶏ささみの辛子胡麻味噌和えです!

鶏のささみは、サッと湯通しして、氷水にとってからうすぎりに

胡瓜は千切りにし、軽く塩をして、しんなりさせ、水洗いして用います

ソースは、だし、お酢、醤油、辛子、摺り胡麻、白味噌でお好みの味に~

Dsc01551

冷蔵庫に、アボガドと湯葉がありました!

なんとなく胡瓜との相性が良さそうな気がし、塩もみした胡瓜と和え、粒うに、味醂、醤油、山葵で作ったソースをかけて頂いてみると、あらま、美味しい~

からだに優しいあえものとなりました!

Dsc01552

そして、胡瓜といえば、やっぱり、糠漬けにはじまるお漬物~

折りよく、白梅干し作りで取れた白梅酢があります!

このまま用いるとちょっとショッパイので、白梅酢を水で割り、はちみつを加え、板摺りした胡瓜と茗荷を漬け込んで、和風ピクルスに~

Dsc01556

翌日のピクルスです!!

ちょっとつまんでみますと、パリッとした食感がのこっていて、美味しい~

このピクルス、たくさん作っておくと、浅漬けから深漬けまで、その都度、いろいろ楽しめます

あっさり茶漬け、大急ぎのおそうめん、寿司ネタ、和え物などに

この他、胡瓜は、炒め物にもちょくちょくもちいています

よろしかったら、お試しくださいませ

ちなみに我が家人は、胡瓜とトマトの雑炊、胡瓜とちりめんじゃこのお寿司、胡瓜と鶏ささみの辛子胡麻味噌和えが気にいったようで、完食しておりました~

美味しいおじゃこを、ごちそうさまです!!

| | コメント (12)

2010年7月 7日 (水)

紫陽花、カサブランカの花が咲き~ナスタチウムのサラダを~♪

Dsc01515 Dsc01346

蒸し暑い日がつづいています

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか

いまにも振り出しそうな空を見上げながら、紫陽花の花を撮ったのは、もう、ずいぶん前のこと

Dsc01342_2

その後、隅田の花火という紫陽花も咲き

Dsc01371

ハナナスは、塀沿いにつるをのばし

今年も、暑い夏がやってまいりました

まずは

暑中お見舞い申し上げます

Dsc01518

まだ肌寒い頃に植えたカサブランカは、いつのまにか芽を出し、たわむほどに背丈も伸び、蕾をつけ、花開いて、玄関先を明るくしてくれています

Dsc01522 Dsc01485

Dsc01490

裏ではイチヂクも取れるようになりました!!

Dsc01421

コンパニオン・プランツとして植えたナスタチウムの花と葉っぱを摘んで、サラダをつくってみました

レタスと胡瓜とキューイーフルーツだけのサッパリとしたサラダでしたが、これに、ピリッとした味が加わり、蒸し暑く、溶けそうな気分に、しばし、目覚めのサラダとなったのでした

Dsc01314

茹でアスパラに生ハムを巻いてみたり

Dsc01316

少しは精をつけようと、うなぎならぬ穴子を買い求めて、穴子の山椒焼きを作ってみたり

忙しいような、寝不足のような、あるいはのんびり平平凡々な日々を送っております

あちこちからゲリラ豪雨の被害の声も寄せられています

ただただ、ムチャな雨をこれ以上降らせてくださいますなと天を仰ぐばかり

みなさま、どうぞお躰をご慈愛くださいませ

今回は、暑中お見舞いのご挨拶とさせていただきます

Dsc01515_2

追伸

梅干を漬け込んで、およそ二週間ほど経ちました

今年の白梅酢の上がりは上々で、まったくにして濁りがありません!!

これは、嬉しい!!小さな福が我が家に来たようです!!

みなさまの小さな福もお知らせいただければ幸いです

| | コメント (12)

2010年7月 3日 (土)

マッちゃんという名の韓国カボチャを植えてみました~!

Dsc01487

この頃通い始めたホームセンターで、マッちゃんという名前のついた韓国カボチャの種を見つけました!!

4月初旬のことです!!

種の袋には、ズッキーニのようなカボチャとあります!!

カボチャがゴロゴロできるより、ズッキーニがたくさんある方がいいな!!と思い、種を蒔いてみることに~

やがて芽が出て、本葉が四枚になった頃、おもむろにマッちゃんのことを調べてみましたが、ネット上にも、手持ちの野菜本にもヒットいたしません~

Dsc01511

種の入った袋の説明によると、つる性のウリ科カボチャ属とあり、マルチを敷いた畝に、株間1mで植えるようにとあります

我が家にそんな余裕のスペースはありませんので、胡瓜を植えたスペースに同棲してもらうことにいたしました!!

しかも、胡瓜と同じネットでぶらさがり栽培です!!(この頃、カボチャのぶらさがり栽培もあることですし、、当たってくだけろ的な気分でいます)

Dsc01395

花が咲き始めたのは、ちょうどサッカーW杯が始まった頃でした!!

カボチャ属ですから花には雄花、雌花があり、雌花の開花時に雄花の花粉との媒介役を引受けなくてはなりません~

さ~て、これはサッカー応援と重なってなかなかの重責です!!(笑)

良く見てみると~

Dsc01368

雌花の数は少なく、こちらは根元から数えて六番目にようやく雌花があり~

Dsc01423_2

また別の株は、11番目と12番目です!!

なんて、出会いのチャンスの少ない野菜なんでしょう!!

しばらく媒介役は、お預けね!!とたかをくくっていましたら~

Dsc01488

それから数日後、あららら~貴少な雌花が落ちてしまっていたのです!!

原因は、さっぱり解りません

ぶらさがり栽培が向いていないのか、何か、虫にチョッキンされたのか、苗そのものが弱かったのか~やむなく、ストチューを根元にも、葉っぱにも噴霧して、様子を見ています

Dsc01510

次に開花が予想される雌花は、地面を這うようにハーブ畑の方に伸びていっています~

ぶらさがりでも地這いでも、どちらでもいいから、今度こそ咲いてくれないかな!!

藁のマルチでもしてみようかと思っています!!

初めての、マッちゃんという名のついた韓国カボチャ、こちらに何の予備知識もないのですから、お好きなように成長してくださいな!!

様子をみながら、必要に応じてフォローさせていただきましょう~という按配です!!

畑には、この他、雄花、雌花のたいこもちが必要なものがあります

Dsc01509

ひとつはゴーヤで、もう二階の窓までツルを伸ばしていますが~

Dsc01495

赤ちゃんゴーヤは、まだ二つ、三つくらい~

Dsc01492

もうひとつは、いちぢくの木の向こう側にツルを伸ばしているゴールデン・キューイーですが、こちらは昨年植えたばかりで、花は未だ咲くことも無く、ひたすら成長を続けるのみ~

こちらも、棚に添って伸びてくれず、キッチンの桟にからみついたりしています

花が咲くようになったら、同じようにやきもきさせてくれるのでしょう~(笑)

| | コメント (12)

2010年7月 1日 (木)

トマトの収穫とサッカーTV観戦~!!

Dsc01457

トマトが熟すと、いよいよ夏も本番ですね!!

取れているのは、4月中旬に苗から植えた~

Dsc01451

ピッコラ・ルージュ(手前)とピッコラ・カナリア(奥の黄色いトマト)

Dsc01452

中玉黒トマト(例年の黒トマトほど、黒くありませんね)

写真を撮り忘れてしまいましたが、お馴染みのアイ子ちゃんです!

Dsc01454

桃太郎の最初の一個は、虫さんに、この後、上段のトマトが熟しはじめたところです!

Dsc01466

ピッコラ・ルージュには、九段目の花が咲き、摘心したほうが良さそうなのですが、こんなことが始まってしまいましたので、もう、自由放任主義でゆくことに!

お隣りの胡瓜と、空中ランデブーを楽しんでいます(笑)

そして、その胡瓜といったら~

Dsc01450

まるでハンモックに寝そべっている感じでしょう~!!

こちらがサッカーワールドカップ、岡田JAPANに夢中になっている間に、あちこち、うふふ~の現象が起きています(笑)

Dsc01453

茄子(千両2号)は、ひょろ長くなっています!!

Dsc01476

どの試合も一瞬の油断も許されないほどの、白熱した試合が続き、ピンチとチャンスが続けざまに押し寄せるので、体力消耗、でも気分は妙に元気!!という~

最近には無い緊張感を味わったのでした!!

この間のリコピン補給に、どれほどこのトマトたちが活躍してくれたことでしょう~

畑から摘んで、洗って、冷やしておくだけの手間いらず

こちらはそれとカツでなんとかもちましたが

実際にピッチに立って戦っている選手たちの食事は、どんなだったのでしょうね(もちろん、専任のシェフがついてらっしゃると思いますが)

結果は、ベスト8を目前に、惜しい敗退となってしまいましたが、岡田ジャパンからいただいたものは、眼を開けて、動けよ、ニッポン!!という心強いメッセージでした!!

長くつづいている不景気風をキックアウトしたいですね!!

TV観戦をしながら、ボールを蹴りはじめたお子さんも多いのだとか!!

たくさんの元気をありがとう~!!岡田ジャパン!!Dsc01477

勝負どきにいただいた願かけのトンカツ~です!!

Dsc01459

畑では、カボチャの花に似たこんな花が咲いています~

この花のお話しは、また、そのうちに!!

トマトの夏が来るたびに、岡田ジャパンへの応援を思い出しそうです!!きっと!!

| | コメント (10)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »