« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月27日 (木)

庭に咲くバレリーナ、パパ・メイアン、イブ・ピアジェなど♪

Dsc00899

5月に入ってからバラの花が咲き始めました

半分が庭木で、半分が菜園といったあんばいの我が庭では、気がつかないでいると立ち木に隠れた花を見すごしてしまうことがあります

今年、真っ先に咲いてくれたバラは、ナニワノイバラ~

Dsc00968

中国南部、台湾の野生種、つるバラで、はるか昔、難波のひとが持ち帰り、販路を広げたことからナニワノイバラと名付けられたのだとか

満開の時期を伊豆の方に出かけて、キャッチする事が出来ませんでした

Dsc01053

次いで我が家では古株のパパ・メイアン~

こちらは咲きはじめると濃厚な香りを放ちまますので、いつでもその存在がわかります

モダンローズに分類され、1963年、フランスのアラン・メイアンさんが一家を支え続けてくれたお祖父ちゃんに贈ったバラで、そのお祖父ちゃんの愛称がパパ・メイアンだったのですね~それで、パパ・メイアン~

我が家のバラの中で、一番ストロングな香り、ビャクダンと麝香をミックスしたような香りでしょうか~

Dsc01098

満開です!今年は、良く、咲きました~

Dsc01101

こちらはお馴染みのイングリッシュ・ローズですが、名前は、いまだに不明です

これに似たロゼット咲きをするアプリコット色のバラの名は、イングリッシュ・ガーデンというのですが、姉妹かどうかも、不明です~

Dsc01100

香りは上品で、甘く、フルーティーなのですが、キレのある芳しさで、果物のライチーに似香りも感じます~

Dsc01133

半一重咲きのバレリーナも咲いています

このバラが咲くと、裏庭が、パッと明るくなります

1937年、イギリスでつくられたバラのようです

Dsc01133_2 Dsc01174

ちょうど今、真っ盛りです~

Dsc01137

バレリーナのお隣で、昨年植えたイブ・ピアジェが蕾をつけ始めました!

Dsc01173

少しずつ開いてきました~このバラの香りも素晴らしく、強いのですが、とっても上品

かすかなビャクダンとレモングラス、ライチーをたしたような香りでしょうか~

1984年、フランスでつくられたモダンローズで、花の博覧会での受賞歴も多いそうですョ!

ところで、オールド・ローズ、モダン・ローズ、イングリッシュ・ローズの違いをご存知でいらっしゃいますでしょうか~

本やネットを介して調べてみると、これは、研究・開発の歴史によるところが多く、美しいもの、香りのいいもの、一季咲きより四季咲きへという育種家の方々が夢を実現したエポック・ポイントで区分けされているものでした~

オールド・ローズは

3000年以上前から今日までつづくアルバ、ブルボン、ケンティーフォーリア、チャイナ、ダマスク、ハイブリット、ノワゼット、ティー系統などをさし、香りは良く、ほとんどが一季咲きのものが多いようです

モダン・ローズは

1867年、フランスの育種家ギヨーが、完全な四季咲き性をもった最初のハイブリット・ティー<ラ・フランス>を完成させ、これを機に、これ以前をオールド・ローズ、これ以降をモダン・ローズと分類するようになったようです

一方、イングリッシュ・ローズは

1961年、イギリスの育種家オースチンが、オールドローズの特徴を持ち、モダン・ローズの四季咲き性、豊富な花色を持ち合わせたバラ<コンスタンス・スプライ>を発表

ただ、このバラは一季咲きだったため、1983年、四季咲きの、<グラハム・トーマス><メアリー・ローズ>の発表まで長い月日を待って、完成のバラとなります

このようにオールド・ローズとモダン・ローズの特徴を生かしたより優れたバラを育成すること、この目標に向かってつくられたバラの総称をイングリッシュ・ローズと分類するようです

時に、オールド・イングリッシュ・ローズという言葉も耳にすることがあり、オールド・イングリッシュとイングリッシュでは、どう違うのか、またまた頭を悩ましますが、そこのところは、これからの課題になりそうです~

長くなってしまいました~

| | コメント (6)

2010年5月23日 (日)

おや!朝顔が~♪のつづきです

Dsc01103

先週の日曜日、こぼれ種からできた朝顔の天道苗がプランターに密集するように生えていました

これじゃあ満員電車だなぁ~と間引きした方がいいのか、どうか迷いましたが、せっかくの天道苗です!

自然のままに、あるように行こうと考え、とりあえずゴーヤとおもやいのネットをはったのでした~

まだ、身長は、30cmあるか、ないか~

その朝顔に花が咲いていたのですから~驚きます!!

Dsc01152

小さいけれど、雨に濡れて~咲いてみたけど、今日は、寒いね~とでも言っているような~

Dsc01152_2

Dsc01156

縁側から撮っていましたが、せっかく咲いてくれたのですから、傘をさして、庭に出て見ました

Dsc01158

そして撮ったのが、こちらと前ページのトップの写真です!

左隅に、ゴーヤの葉っぱも写っていました~

思いがけない朝顔の開花、何か、いいことがありそうです~

おまけですが、芹やらソラマメ、ブロッコリーなどを収穫した日

Dsc01108

この日のソラマメは、自家採取の種から育てた一寸ソラマメも一緒でした

こちらの鞘には、豆は、二粒か三粒しか入っていません~

Dsc01111

久しぶりに、芹のおいなりさんを作りました!!

家人の大好物なのに、なかなか作れなかったおいなりさん~♪

あっという間に、無くなってしまいましたから、よほどoooだったのかなぁ~

Dsc01075

こちらは、芹と琵琶の白和え~

Dsc01121

お吸い物は、ソラマメと白魚を用いて葛仕立てで~

久しぶりに、ちょっと手間をかけたことが出来ました

これが毎日出来るといいのですが、そうもいきません~(笑)

| | コメント (8)

おや!朝顔が~!!♪リアルタイムですョ~

Dsc01157

今日は、朝から雨です!

予定していた庭いじりは、できそうにありません~ウチ仕事の一日になりそうだなと、納戸を開けると~

信じられない光景が~なんと、朝顔が、咲いているのです!!

今年は、温暖の差が厳しすぎて、春野菜の収穫はのびのびですし、夏野菜の発芽は遅れがち~

それなのに、それなのに、まさか朝顔が咲き始めるなんて、思っても見なかったことでした!!(笑)

ああ~この世の中、不思議がいっぱいですね!!

嬉しくなって撮った写真をご紹介しようと思いましたが、P.Cの調子が良くありません~

追って、ご紹介したいと思います!

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

トマトのオールスターが揃いました!!

Dsc01073

5月14日、待ちに待ったトマト苗第二弾が種苗店から届き、これでトマトのオールスターが揃いました~

今年のスターは、ぜんぶで7種、おなじみの子もいれば、初挑戦の子もいて、それぞれの子たちを星のように輝かせることができるか、それともトマトたちからブーイングがでるか~まっ、とりあえず、スタートです!!

Dsc01083

第一弾のトマトは、すでに4月中旬に定植済みで、手前から、ミニ・トマトのピッコラ・ルージュ、同じくピッコラ・カナリアになります~

奥は、お馴染みの桃太郎です!

Dsc01026

どのトマトにも二段目まで花が咲き~

Dsc01084

中には、結実をみせているものもあります~こちらは、ミニ・トマトの仲間のピッコラ・ルージュです!

Dsc01086

第二弾のトマトは、畑が狭く、二箇所にわかれてしまいました

こちらは、左側が、フルーツ・トマトで、右側が、黒トマトになります

トマトのお隣に植わった茄子は、千両2号です~

Dsc01085

ミニ・トマトのアイコは、梅の木の陰ができるやや日当たり不十分のところになってしまいました~

スグそばに大根は植わっていますし、近くには、耕起、自然栽培ゾーンが控えています

アイコちゃんには、野生児のようにたくましく~といいたいところですが、さて、どうなることやら~

Dsc01065

第一弾と第二弾の間に、いただきもののストロベリー・トマトの種を蒔きました

こちらは初挑戦もので、ミニ・トマトの仲間に入るのだとか

小さな双葉が、顔をのぞかせていますが、イチゴのようなトマトって、どんなトマトができるのか、楽しみ、楽しみ~

それぞれキャラクターの違うトマトのスター連中のなかで、どんな持ち味を発揮してくれるのでしょう~

ちょっと早すぎますが、ぜ~んぶのトマトが揃って出来た時の、食べ比べが楽しみです~

Dsc01033

裏の半日陰の畑で、気をもんだ紫アスパラの芽が出ています~

今年で三年目になりますので、本来なら、収穫スタート年なのですが、昨年、少しでも日の当たる方へと転植したのが良くなかったと見え、僅か三本の発芽のみ~

手前にヒョロヒョロと伸びていますのは、今年植えた、グリーン・アスパラです

来年こそ、収穫年となりますよう、米ぬかと米のとぎ汁酵母液を折々にあげ、根茎よ!太って下さい作戦に出ようと思っています!!

Dsc01067

宿根草は、何もしなくても花を咲かせてくれます

でも、ちょっと花の色味が淡くなってきているかも~

こちらにも手をさしのべて、油粕などあげましょう~

庭をひとまわりすると、あっちでも、こっちでも、足りない手をほしがっているような気がしてきませんか~

明日は、気温がグッグンッとあがるようですョ~

| | コメント (21)

2010年5月17日 (月)

空豆、スナップ、イチゴなどの収穫~♪

Dsc01047 Dsc01047_2 Dsc01040

ひと頃は、インゲンじゃないのか~と、からかわれていたヒョロヒョロの空豆が、日に日にふくらんで収穫サイズとなりました

アブラムシの襲来を心配して、みかんの皮の干したものを株元においたり、折々にストチューを噴霧したり~気を揉んだわりに、気温の上昇がなかったぶん、アブラムシにはほとんどダメージを受けることなく、無事の収穫です~♪

スナップも青花さやえんどうも、揃って収穫です

そして、お待ちかねのイチゴも~

Dsc01041

どの子も可愛くてしかたがないので、竹すだれの上に並べてみます~

最初は、イチゴとスナップ~

Dsc01044

そのうち空豆も動員して

おはじき遊びのようになってきました!

Dsc01045

イチゴは、いちばん右のものが優香で、その他は、宝交早生です

Dsc01046

空豆の皮をむくと、中からおおきく成長したお豆さんがたくさん出てきました!

ひと鞘に多いもので6粒、少ないもので2粒です~

初物は、シンプルに、塩茹でしていただきます(一番最初の写真をご参照ください~写真が前後して申し訳ありません~)

Dsc01048

それでもまだありますので、空豆と海老のチリソースも作って~

Dsc01050

さやえんどうは、ひじき、人参、牛蒡、れんこんと一緒に五色きんぴらにしてみました

どれも、これも美味しい~

イチゴは、完熟まで待ったかいがあって、とても甘いのです!!

宝交早生は、果肉と甘みのバランスが素晴らしく、優香は、ふわっとした食感のあま~いイチゴとなりました!!

Dsc01010

収穫後の優香畑です~

Dsc01017

こちらは空豆畑です~

まだまだ、この後も収穫が期待出来そう~

楽しいかな、野菜づくりの日々、です!!

| | コメント (14)

2010年5月15日 (土)

磯あそび、山あそび~♪

Dsc00884

旅は足のむくまま~気のむくまま~

下田から伊東の友人のところに向かう途中、貝ひろいが出来そうな磯がありました

さっそく、国道から磯まで降りて、磯遊びです!!

Dsc00882

砂地には、カラスノエンドウかと思えるマメ科の花が咲いています~

ちょうど汐がひいていて、岩場にも渡り易く、シッタカなどの貝をひろえそうです!!

お友達のところのお味噌汁のだしになるくらいの貝がひろえるかな~

Dsc00889

半時ほど拾ったでしょうか~

ハンカチいっぱいに貝と海草を拾うことができました

小さな貝ですから身をいただくのはムリとしても、貝のいいだしを取るには充分かと~

Dsc00885

海岸のそばには、カラーの群生もありました

Dsc00873

近くにはカメの博物館のようなところがあり~

Dsc00867

ガメラのモデルになったというカメもいました!!

Dsc00876

ちょうどカメレースが始まるとのことで、四番、六番、九番のカメに注目して、カメ券というのでしょうか、番号札を買ってみましたら、なんと、的中!!

九番のカメの動きが良くて、一等賞に~

可愛いカメの鳴きゴム人形をいただきました♪

Dsc00881

あらら~丹頂鶴もいました!

なるほど、鶴亀ね~縁起のいい博物館ねらいなのでしょうか~

ほんとうは、もっと磯であそんでいたかったのですが、先を急ぐ旅でもあります

Dsc00890

運よく渋滞にも出会わずに友人宅へ到着し、久しぶりの再会におしゃべりもはずみますが、裏山で筍堀りや蕗つみをし、ローゼルの種蒔きなども手伝って岐路についたことでした

これは、山あそびでの収穫です!!

Dsc00892

さっそく筍とルッコラのウニ味噌和えに

掘りたてですから、お米のとぎ汁で、サッと湯がいただけですが、とても美味しくいただけました

Dsc00891

蕗は、筍、昆布とサッと煮に!

新鮮なぶん、あまり時間や手間をかけずに、旬の味をそのままに~

ごはんの友には申し分なく、こちらも美味しく頂く事が出来ました

さて、何回かにわたった旅のはなしも、これでおしまいです!

お店は、夏に向かうディスプレイに様変わりして

畑では、ソラマメやスナップなどが取れ始めていますョ~

| | コメント (10)

2010年5月12日 (水)

大沢温泉*依田の庄にて~

Dsc00819

西伊豆・松崎から下田へ抜ける道のなかほど、渓流のほとりに、めざす大沢温泉ホテル・依田の庄はありました

甲州武田勝頼の重臣だったご先祖が、戦さに敗れてこの地に逃れ、三代にわたる遁世生活のあと、依田の名乗りをあげ築かれた庄だとか~

Dsc00825

もとお武家さまの屋敷だった建物をそのまま生かすカタチの宿です

どことなく、頼もう~なんて、発してしまいそうな雰囲気の門構え

庄やさん方の古民家ともちょっと違って~

外塀、内塀と塀が二重にあるのは~おそらく追っ手から身を守るための用心深さからなのでしょう

柱や梁も、尺八寸のものが使われ、堅牢そのものに出来ていました~

Dsc00826

中庭にはもと味噌、米、道具類などをおさめた蔵があり、今は、展示室になっていました

中に入ってみます~

Dsc00830

依田家の歴史をひもとくような展示内容~この地で名乗りをあげられてからは一豪族として、教育や産業に力を入れられたようです

屋敷裏の山を桑畑にして始められた養蚕業は、後に、松崎シルクとして、世界のバイヤーたちにひっぱりだことなったのだとか~

当時の日本の輸出産業の担い手だったともいえそうですね(官営では、上州の富岡製糸工場が有名です)

Dsc00827

当時のまゆも展示されていましたが、いまでも光沢の失せない素晴らしいまゆでした

Dsc00824

敷地内には、渓流の水を利用した水路があり

水路は浴場にも導かれ、お湯につかりながら水の流れを目から、耳から愉しめます

なんて、風流♪

身も心もしみじみと癒されるここちです~(残念なことにひとりになる事が無かったので、写真に収めることができませんでした)

Dsc00832

楽しい夕食を頂いた後は、毎日、恒例と聞く、もちつきでした!!!

笛や太鼓のお囃子も入ります~♪

最初は宿の方、次いで泊り客(家人も参加いたしましたが、ここには、写っていません~)が、次々ついて、おいしいおもちを楽しめました

Dsc00808

川に添って散歩の途中、面白い札を見つけました

聞くところによると、このあたりは、句会が盛んにひらかれるそうです

野菜を作ってらっしゃる方の句かと思いますが、夜盗虫は、どこでも人気薄ですね~(笑)

Dsc00802

暮れかかる川のほとりで~落ち武者にもいろいろなその後があるのだなぁ~と!

つい最近、TVで知った方は、ご先祖が植えた山深い所に咲く桜の木を、老いてもひとり山に棲んで守っていらっしゃいましたし、若い頃に出会った中九州や広島から萩へ抜ける山中の方々は、田畑を拓いて、農業に従事していらっしゃいました

という私の方も、父方の実家の先祖をたどると、落ち武者さんです

今は、自らの生き方から山へ入る方もありますが、昔は、追っ手から逃れてですから、大変でしたでしょうと思います

とりとめのないおはなしになってしまいましたが、最後にひとつ

この依田の庄の建物は、来年くらいに無形文化財に指定されるかもだそうです

| | コメント (7)

2010年5月 9日 (日)

浄蓮の滝にて*伊豆の昔話から~~

Dsc00759

伊豆・湯ヶ島から南へ、東へ、西へ抜ける時、いつも通っていて素通りしていた浄連の滝に足をのばしてみると、美しくも妖しい滝が姿を表しました

Dsc00758

滝つぼの水の色は、底なしかと思われるほど深く

Dsc00760

滝から落ちる水量をはこぶ川には、釣り師垂涎のあまごが棲むのだとか

Dsc00771

流れも、けっこう速く、水も冷たそうです

Dsc00772

むかしむかし~この滝の上の方で木こりが木を切っておりました

一休みしようと近くの切り株に腰をかけておりましたら、一匹の女郎ぐもが現れ、スルスルと糸を出し、木こりの足をグルグル巻きに~~休み終え、さあ、もう一仕事と立ち上がった木こりは、ようやくその糸に気づき、あれあれ蜘蛛は、ワシの足を切り株と間違えたようだと、その糸を足からはずして切り株にうつしてやりました

その途端、切り株は、!ズッズズ~ンという轟音をたて、蜘蛛の糸ののびる先、滝つぼへと飲み込まれていったのだとか!!!

一歩間違えれば、自らの命を落としていたというコワイお話し

その後、その木こりは、この滝に近づくことはなかったとか

Dsc00757

それから日が経って、何も知らない別の木こりが、やはり滝の上で木を切っておりました

手をすべらせ、斧を滝壷に落としてしまいました!!

使い慣れた斧です!!下に降り、滝壺に飛び込み斧を必死に探しますが、見つかりません!!

体はジンジンとしびれるようになっていました

そこに、美しい裸体の女性が、手に斧を持って現れ、これは、あなたの斧でしょう、今回は返して差し上げますが、ここで、私に会ったことを他言してはなりません

他言したら、あなたの命をもらいますョ!!と!!

その美しい女性こそ、浄蓮の滝の主、女郎ぐもなのでした!!

何年か経ったある日、知り合いのところで振舞い酒に酔った木こりは、はなしが浄蓮の滝のことにおよぶと、ついつい口をすべらせてしまったのでした!!

そして、酔いにまかせ、ゴロリと横になったまま、帰らぬ人となったのだとか!!

浄蓮の滝に伝わる、こわ~い昔話~

どの地方を訪れても、その地域に伝わる昔話が多々ありますが、有りそうで無さそうな~~(笑)さりとて、火のないところに、煙はたたないともいうことから~何かあっての昔話なのでしょう~~

今でこそ観光地化して人の訪れの多いところですが、もしも、この滝に、ひとりで訪ねてきたら、あたりを飲み込むその滝の妖しさに、怖さを覚え、急ぎ退出するやもしれません(笑)

Dsc00770

今は、川に添って、わさびがパイプ栽培されています

Dsc00753

美味しそうなわさびです!!まだ旅のはじまりでしたので、ここでは断念~

Dsc00766

わさび染めの巾着もありました~~

Dsc00781

はい!ここで頂いたのは、わさびソフトクリームです!!

こわ~い話のあとに、ほど甘いアイスなのでした!!おしまい!!

| | コメント (12)

2010年5月 5日 (水)

子供の日にちなんで、鯉のぼり~~♪♪

Dsc00797 Dsc00788

五月晴れのいいお天気がつづいています

休みを利用して、伊豆半島をひとめぐりしてきました

途中、見かけた、鯉のぼり、青空の下、気持ち良さそうに、泳いでいました

今日は、こどもの日!!

これまで鯉のぼりというと、江戸時代の武家にならって、端午の節句の男児の祭りごとのようにされてきましたが、近頃では、子供たちみんなのお祭りになっているようですね!

もちろん男児の生まれた家の庭には、大きな鯉のぼりをたて、一家でお祝いし、中国の故事にならって、泳ぐ鯉が竜に変じるよう、立身出世を願うことに変わりはないようですが、あちこちの川や草原に、鯉の吹流しが連なるにつれ、男児に限ったお祭りというより、子供たちみんなのお祭りになってきているように思えます

Dsc00847

屋根より高い鯉のぼり~~♪

大きい真鯉はお父さん 

小さい緋鯉はこどもたち~~

おもしろそうに泳いでる~~♪

なんとなく懐かしい子供の頃に歌ったうたが、口をついて、出てきました

子供たちの無邪気さと元気!元気!を願うばかりです

Dsc00794

松崎から河津へ抜ける道筋で、やわらかな色合いの花畑に出会いました~~

Dsc00791

小さな子供は、何想う~~

Dsc00793

しばらくすると、お姉ちゃんらしき少女が駆け寄り、ふたりで仲良く、はなあそび~~

Dsc00798

道路から花畑まで、降りてみました~~

子供も大人も一緒になって、小さな花ハサミを持ち、花を摘んでいるようでした~~

Dsc00797_2

ブルーの花~~

Dsc00799

薄紫や赤紫色の花~~

Dsc00800

春菊の花に似た黄色い花~~

猫じゃらしのようなものも有ります~~

ひとつひとつに、花の名前があるのでしょうけど、スグには、解らないものばかり

後で寄ったスーパーに、種や苗のコーナーがあり、面白がって見ていると(オクラの芽だしが上手くゆかないので、予備に買っておこうかな、という思いもあって~~笑)先ほど見た花畑の花の種を発見!!

なんと、ワイルド・フラワーとして、二通りの種となっているのでした!!

袋を見ても、何と、何の種が入っているのかの明細は無く、これは、調べてみるしかありません~~どなたか、ご存知でいらっしゃいますでしょうか~~?

みなさま、ちまきや柏餅などをお召し上がりの頃でしょうか!?

次は、伊豆半島につたわるこわ~い昔話をお届けしようかと思っております

お楽しみに~~

| | コメント (10)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »