« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

筍と菜の花のニョッキ*どっちの器でいただきましょう~~

Dsc00541

ほんの二週間前は、椿も花盛りでした!!

Dsc00538

椿は、咲いてはポトポトと落ち、落ちても名残りの美しさをみせていたのですが、すっかり咲ききって、今日あたりは一つか二つ、残るだけに~~

足並みを揃えるように咲いていた菜の花は、夏野菜の準備から撤収を余儀なくおこない少しずつ、減っています~~

筍を頂いた日、芽キャベツの菜の花も撤収して~~

Dsc00691

筍と菜の花とブラウン・マッシュルームのニョッキを作りました!!

筍の歯ざわりと菜の花の春の香りをたのしめたらというところ~~

お味は、やさしく生クリーム仕立て!!

おまけの楽しみで、ニョッキを黒唐津と白磁色絵の器に盛って、どっちの器で食べてみたいでしょう~~?の第二弾です!!(笑)

こちらは、黒唐津に盛ったニョッキです!!

ニョッキの白さと菜の花の緑と黄色を美味しそうに見せてくれるかなぁ~~?

地味な筍の色味も感じとってもらえるかなぁ~~?

(器は、土屋由紀子作黒唐津中鉢)

Dsc00692

一方、白磁の色絵のお鉢は、カタチの面白さから選んでみました!!

白磁の器は、なんでも盛り込み易く、たいがいの食べ物を引き立ててくれます

いつもでしたら、パスタやチャーハン、和え物などを良く盛り込んでいます

(器は、九谷青窯白磁色絵丸紋楕円鉢)

Dsc00693

もう一品の筍は、菜の花といっしょに三杯酢で和え、芽キャベツの花をあしらいます!

(器は、藤ノ木土平作朝鮮唐津四方鉢)

そして~~

Dsc00694

やりいかの糸づくりを作って、こちらには、芽キャベツの葉っぱのおざぶとトップに花をあしらいます!!

花を飾ると、やりいかの白さが引き立ってきますョ!!

(左上の器は、神崎継春作信楽藁灰釉向付け)

(右下の器は、中憲一作白磁色絵桜輪花小鉢)

Dsc00695

白磁の楕円鉢と~~

Dsc00696

黒唐津の中鉢と~~

さて、どっちの器でいただきたくなるでしょう~~

もう、これは、好みの世界ですね!

ついでに、やりいかの糸づくりは、どちらの器の方に手が伸びるのでしょう~~

お好みの器を選んで、お召し上がりくださいな♪

Dsc00547

こちらは別の日の自家採取のサラダ菜とこごみ、アスパラの胡麻クリームサラダです

(器は、北田久美子作黒釉銀彩盛鉢)

さて、ニョッキとやりいかを盛った、二通りの器の中から~~どちらを選んでいただくのか、まったく予想はつきませんでしたが、席につくなり、おっ、今日も好きな方を選ぶ日なのと申し、選んだ器は~~

ニョッキは白磁の方で、やりいかは信楽藁灰釉向付けの器なのでした!!

選んで並べて、それぞれ相性がいいでしょう~~ですって!!

ニョッキと筍の取りあわせも面白いね、と早々に箸を持つ手は、動いているのでした~~(笑)

もっといろいろな器に盛って並べると、あれこれ複雑化してゲーム性が増すのでしょうけれど、今回は、少しシンプルすぎました!!

みなさまは、どちらの器あわせがお好みでしょうか~~!?

| | コメント (4)

2010年4月27日 (火)

筍でクッキング➀おこわ風筍ごはんなど~~

Dsc00727

石楠花の花が咲いています

Dsc00687

そして、キッチンには、庭から切って来た芽キャベツの菜の花が、ニョッキリ首をもたげています~~

Dsc00689

とうとう芽キャベツにならずに、すべて菜の花となってしまったこの花をなんとかしたいなぁ~~

Dsc00698

折りよく、筍を頂戴いたしました!!

すっかりアク抜きもしてあって、皮をむいてどのようにでもとの、お言葉添え

ありがとうございます~~ごちそうになりますね!!

さてっと、筍といえば筍ごはん~~

今回は、干し海老をともち米を用いて、おこわ風筍ごはんに致しましょう

良く洗ったお米ともち米(二対一の割合に致しました)に水を張り、細かく刻んだ筍、干し海老、出し昆布、日本酒、塩少々、お醤油少々を加えて、炊飯器のスイッチを入れるだけ

Dsc00700

美味しいおこわ風筍ごはんが出来上がりました~~

干し海老が入っている分、おだしも効いて、バカ旨のごはんとなりました!!

Dsc00699

お酒の肴には、筍とサッと湯通しした芽キャベツの菜の花をザク切りして、うに和えに~~

ソースは、うにと味醂と少しのお醤油のカンタンソースで

Dsc00701

残った筍は、若芽たくさんと炊き合わせに致しました!!

だしを張ったお鍋に筍を食べ易い大きさに切って入れ、日本酒、砂糖、お醤油で好みの味に調整し、筍がすっかり隠れるように若芽を投入して、炊き上げるだけ~~

若芽は、旨みだしと、落し蓋のような役目をになってくれます~~

炊き上がったら器にとって、庭から摘んだ山椒をパンパンと手ではたき香り出しをしてから、盛り付けます

せっかくですから、芽キャベツの花も添えてみると、お鉢のなかに春が来たようです!!!

なんて、可愛いんでしょう~~

以来、キッチンの窓辺に飾った芽キャベツの菜の花は、お料理が出来上がるごとに、ちょこんと鎮座したのでした~~(笑)

Dsc00705

別の日の鎮座~~(笑)

新玉ねぎと赤芽ほうれん草のサラダの上に~~です!

地味に出来たサラダが、ちょっとだけ華やぎました!!

この後、またまた筍を頂く幸せにあずかり、ふたたび、筍料理をご紹介することになるやもしれません~~

| | コメント (12)

トマトと茄子の定植とコンパニオン・プランツ

Dsc00661

トマトと茄子を定植したとたん雪に見舞われるなど、今年の夏野菜は、スタート早々から苦戦が続いています

プロの方でも、いつになく厳しい状況と仰り、それでもいいものを作ろうと、手のかけようは例年の二倍だとか~~ウ~ン、素人は一体、どうしたら~~途方にくれます!

まぁ~~内々で頂くものですから、姿、カタチは、問いません

それなりの生育を楽しめたらいいと思っています!

で、今年は、カンタンに導入できるコンパニオン・プランツを利用する事に致しました!!

トマトには、バジルとパセリを

Dsc00662 茄子には、葱を

Dsc00719

ブロッコリーにも、葱~~(以前にお伝えしたことがあったかも)

Dsc00718

オクラにも、葱です!

葱は、ほとんどの野菜のコンパニオンさんになってくれる頼もしさ~~オールマイティーといっても良いほどです!!

ところでこのオクラは、自家苗ではなくお店苗なんです!

種を蒔いても、いっこうに姿を見せてくれませんので、昨日、急ぎ購入して植えたもの~~

今年は、二本立ちで育てようと思っています

Dsc00720

ブロッコリーと同じ時期にプランター植えしたキャベツとレタスは、お互いにコンパニオン・プランツ同志~~仲がいいからなのか、ネットのお陰なのか~~

今のところ無キズです!!

外に出してやりましょうか、このままにしておきましょうか~~只今、思案中です~~(笑)

Dsc00716

青花さやえんどうやスナップの花は、良く咲いて~~

Dsc00717

実をつけるようになりました~~

Dsc00721

残念なのはアスパラで、発芽はあっても、ヒョロ子さん!!

去年植え替えをしたアスパラからは、なんの音沙汰もありません!!

この場所があわないのか、なかなか夢のアスパラ畑にできずにおります~~(笑)

Dsc00715

ソラマメは、去年の一粒とか精々三粒入りにくらべ、実入りはいいようです!

こんなに細長くても、ググッと、空に向かって頭を持ち上げるようになるのでしょうか~~!?

そりゃぁ~~ソラマメじゃなくインゲンだろう~~と、茶々をいれるひともいます(笑)

それほどにヒョロ長いんです!!

お天気の影響があるのかもしれません~~

| | コメント (10)

2010年4月24日 (土)

浅葱と九条ねぎでクッキング~~♪

Dsc00650

寒い日もあれば、これが春なのかなぁ~~と思うほど、夏日のような春があったり

同じ葱でも頂き方が、いつのまにか違ったりしています

この日は、寒い日でした!!

庭から取れた九条ねぎと旬のアサリで、広東風アサリと葱の炒め物~~

中華なべにごま油をひき、鷹の爪、刻んだにんにく、アサリ、紹興酒、お醤油、最後に葱の順に投入しながら炒めたもの

Dsc00652

アサリにも葱にもピリッとした味が加わり、ぬくもります~~

以前、香港の友人に習ってから、アサリというと、お味噌汁の次くらいにこの頂き方は我が家になじみ、いつの間にか定着してしまいました

レシピも良く聞かれ、何軒かのお宅にリレーして、お伝えしています(笑)

つづいて、こちらも寒い日でした!

Dsc00649

チーズ料理は、温まりますね

残りご飯、庭から取れたほうれん草、ルッコラ、そしてスーパートマトを炒め、塩、胡椒、オイスターソースで味をまとめ、チーズ焼きにいたしました

Dsc00653

ふぅ~ふぅ~、ぬく、ぬく~

残りご飯をチーズにからめて、美味しくいただくことが出来ます

Dsc00633

夏日といわれる汗ばむ日もありました!

なぁ~んにも作りたくないほどぐったりしていましたので

冷奴です!!こちらには、頂き物の浅葱と庭から取れた芹を湯がいて細かく刻み、お豆腐に乗っけるだけ!!

たれまでも、出来合いのものをつかったのでした(笑)

Dsc00567

同じく頂き物の浅葱とアオヤギで、辛子酢味噌和え~~

Dsc00632

浅葱は、地鶏とも良く合います~~

ごま油でソテーして、ペッパー甘味噌和え

焼酎などのお酒のアテに、いいのかもです

Dsc00654

こちらも暑くなりましたね、という挨拶をかわした日でしたでしょうか

庭の玉ねぎは未だですが、スーパーには、新玉ねぎが山のように並んでいます!

目の前の玉ねぎにおもわず手が伸びて、買い置きの玉ねぎがんもと一緒に、オニオンサラダに!

玉ねぎがんもは、アミで焼いて、ひとくち大に刻んで用いました

暑い日と、寒い日の葱料理、何処となくその日の気分が表れているようで、可笑しいですね!

今日は、一昨日からの雨もあがって、さわやかな風が頬にやさしい日和りです

こんばんの葱料理は、どんなものになるのでしょう~~

キッチンのボールに、新玉ねぎの試し掘りが控えています(葉っぱだけが育ったような玉ねぎですが~~笑)

| | コメント (11)

2010年4月21日 (水)

こんにちわ~~背高のっぽのスミレさん♪

Dsc00625

この鉢、置いてゆく~~ともいい、咲くといいわよ~~楽しみにしてね!!

といって友人の置いていったスミレの鉢の花が咲き始めました

彼女が楽しみにしてね!!というだけあって、それはそれは見たことの無い涼やかな装いのスミレなのでした!!

Dsc00624

何という名前のついたスミレなのでしょう~~

名前を聞き忘れてしまいました

Dsc00626 Dsc00626_2

上から見ると葉っぱのカタチが良く解ります~~

Dsc00622

横から見ると、茎はスラリと長く、なかなかの背高のっぽさん!!

この二つを目印にネットで調べてみますと、これかな!?と思えるスミレに行き当たりました

ヒゴスミレとホコべスミレを掛け合わせたスズキスミレと呼ばれるものに似ています

これでいいのか、どうか~~Mさん、いかがでしょうか~~!?

Dsc00623

茎が長いからか、咲き始めてしばらくすると、花の重さに耐えかねて、花はうなだれ、なんともいえない姿をつくるのでした~~

Mさん、ありがとね!!た~くさんの方が、初めて出会うスミレの花に見とれてくださっています~~(笑)

それにしても、スミレの花の種類のたくさんなこと!!

スミレ同好会、スミレをさがして歩く会など、スミレの花をめぐる会が多いのもうなづけます~~

山路きて なにやらゆかし すみれ草~~

そういえば~~我が家の庭にもこんなスミレが~~

Dsc00659

庭のあちこちに咲いています

このスミレは、葉っぱのかっこうからアオイスミレかと思いますが、それも定かではありません~~(とても似ています)

Dsc00665

どなたかスミレに詳しい方、教えていただけませんでしょうか~~!?

| | コメント (10)

2010年4月20日 (火)

サクランボ、あんずの木に春が来た♪

Dsc00669

さて、この花は、何の花でしょう

おそらく実生の木だったのか、なかなか花芽のつかなかったあんずの花です!!

四年越しの初開花!!蕾は、日当たりのいい方から、ポツポツ開花しています

Dsc00655

畑の方にも廻ってみます(笑)

前からも後ろからも、眺めます!!なんといっても四年越しの恋がみのったのですから(笑)

Dsc00656

そして、こちらにも春がきましたョ!!

身の丈、70cmくらいの小さなサクランボの木ですが、花が咲きました!!!!

どうしましょう・・・祝杯をあげなくっちゃ!!(笑)

Dsc00657

こんなに小さなサクランボの木を相手に、あなたが大きくなって、たわわの実をつけてくれるのは、いつ頃~~などと問いかけます(かなりのプレッシャーですね~~~!)

それぞれの木に、小さな春が来ました!!

せっかくですから、ほかの果物の木も見てみます~~

Dsc00675

こちらはゴールデンキューイーの木です

左側が雌株で、右側が雄株です!!

昨年、衝動買いして植えたものですが、自家製の針金とポールだけで作った簡易棚なので、行く先が心配です!!(植木屋さんに相談すると、キューイーは、化けますョ!!とおどかされてばかり~~なかなか立派な棚は、できそうにありません~~)

Dsc00679

野ぶどうの芽吹きもはじまり~~

Dsc00681

いちぢくには、小さな青い実が付いています!!

Dsc00684

梅の実も、サクランボくらいの大きさになってきましたョ!!

実のなる果実は、植えてあるだけで、なんだか嬉しく、花が咲いてくれれば、この世は、春!!!

待ちに待った春が来た!!!と、騒がずにはおれません(笑)

ご清聴、有難うございます~~~~~~~~~~

| | コメント (8)

2010年4月19日 (月)

早朝の光りの中で~~白山吹と野菜の花と、サラダ菜と

Dsc00580

めずらしく早起きをした朝、庭に出てみると見上げた豊年万作の木から畑にまで、朝の光りが降り注ぎ、庭は、清浄な空気につつまれていました

ああ~~いいなぁ~~

大きく伸びをして、深呼吸~~

家人の仕事柄、我が家の夜は遅く、こんなに早い朝は、久しぶりです!!

Dsc00569

白山吹の花にも光りがやどり~~

Dsc00570

神々しいほどの白さでした

Dsc00582

普段の朝なら日陰がちの仙台雪菜の畑にも光りは届き~~

Dsc00586

ルッコラの花と仙台雪菜の花~~

Dsc00593

スナップえんどうの花も咲き始めています

Dsc00587

こちらは、芽キャベツの花

何の収穫も出来ないまま、頭立ちしてしまいましたが、スッと伸びた菜の花も、光りを浴びて潔いよい感じです!!

Dsc00584

サラダ菜の葉っぱは、光りを通して、いまにも動き出しそうなたたずまい(笑)

Dsc00585

こちらのサラダ菜は、ブーケのようでした!!

Dsc00583

ハーブやサラダ菜畑に零れ落ちる光りを見つつ、朝の光りのことを、ダイヤモンドが転がり落ちたと表現した西脇順三郎という昭和期のシュールリアリストがいらしたなぁ~~などと嘆息したことでした

東京は、24時間、眠らない都市といわれて久しい~~この朝をいつも見ている方も、見ずに屋内で働いている方、ようやく眠りについた方など、それこそさまざまな朝の迎え方をしていらっしゃるでしょう~~

久しぶりにこんなに素晴らしい朝に出会い、寝不足になってでも折々に早起きするのもいいかナ!!と思ったことでした

ちなみにこの日のお昼のつらかったこと!!後は、ご想像におまかせいたします(笑)

| | コメント (4)

2010年4月15日 (木)

ミツバチやぁ~い!!イチゴのそばに菜の花を挿す~~

Dsc00443

プランターでイチゴを二種育てています

白い花の咲く宝交早生と、ピンクの花の咲く四季なり優香

春が来て、三月の終わり、花が咲き始めたのはいいのですが、助っ人のミツバチがおとずれません~~見かけても、僅か、一匹!!!(ここまでは、以前にも記事にしたことがありました)

おまけに今年の気候は、例年になく、日替わりで、暖かな日と寒い日がやってきます

Dsc00442

僅かな開花に僅かなミツバチは、気がついてくれるでしょうか~~?

Dsc00441

貴重なイチゴの花を摘んで、おしろい粉をはたくように花粉をポンポンとはたいてみたり~~限りある花をそうしょっちゅう摘むわけにもゆかず~~

菜の花を挿して、少ないミツバチの目を引き、できれば自然に菜の花の花粉が、イチゴの花に定着しないかと~~

そうなるといいのになぁ~~作戦に出る事にいたしました!!

そして、一週間後

Dsc00498

白いイチゴの花と菜の花~~信号役と媒介役の菜の花は、まだ元気です!!

そして、二週間後

Dsc00554

優香と名前のついたイチゴは、小さい株のまま、花を次々咲かせるようになりました~~

良く晴れた日に、ミツバチは数匹を見かけるくらい~~相変わらずの悲惨な状況です!!

さすがの菜の花も枯れ初めていますので~~

Dsc00613

枯れた菜の花のそばに、イキのいい菜の花を、また、挿したのでした!!

はてさて、このイチゴ、結実したものか、オジャンなのか、どちらでしょう~~?

きょうも冷たい雨が降っています

待ち人、来たらず!!

可愛い、可愛い、イチゴに出会える日は、何時になるのでしょう~~

あの甘酸っぱさが、たまらないのですけれど~~~(笑)

| | コメント (14)

2010年4月12日 (月)

このしろをお酢で〆ました!!どっちのお皿で頂きましょう~~!?

Dsc00506

魚へんに祭りと書いて、このしろ(鰶)という魚を一匹100円で見つけました!!

これは、買いです!!(笑)

このしろは出世魚で、春から冬にかけて新子、コハダ、ナカズミと順に育ち、30CMを超える頃からこのしろというのだそうです

エラの辺りが黄色くなっているのは、脂がのっているんですって!!

売り場で出会った、プロの職人さんのような方が教えてくださいました

新子やコハダは、おすし屋さんで好んで頂くのですが、このしろをスーパーで見つけるのは、初めてのこと!!どんな味に育っているのでしょう~~わくわくしてきます~~

Dsc00507

酢で〆て、和え物にでもいたしましょう~~♪

このしろを三枚におろし、ザルにあげて、強めの塩を打ちます(二時間前後)

Dsc00516

その後、塩を酢洗いし、タッパーに入れて適量のお酢で〆ます(三十分から一時間前後)

Dsc00520

この日は畑から収穫したほうれん草、ルッコラ、スイスチヤード、サラダ菜などがありましたので~~ルッコラ、玉ねぎは、このしろと三杯酢和えにいたしました!!

この他、小鍋、ソテーしたサラダなどを用意いたしましたが、なんとなく地味な夕食になりそうなので、うつわのご馳走(?)を加えることに~~

どうということもないのですが、どのうつわに盛ったこのしろを食べてみたい~~?というゲーム性を加えようかなぁ~と!!(笑)

Dsc00521

一つ目は、有光武元作わら灰釉双鶴向付に

Dsc00522

二つ目は、京焼き仁清写しの蓋ものにDsc00523

そして、三つ目は、有田焼き染付け地紋小鉢に盛り込みました

Dsc00524

スイスチヤードとほうれん草は、つな缶のつなといっしょにお酢、醤油、黒胡椒でソテーし、手で刻んだサラダ菜とあわせて、さっぱりサラダに!!(つな缶とスイスチヤードの取りあわせは、ブログ仲間のmanaさんに教わったものです!!相性、バッチリでしたョ~~)

ガラスのボールに盛り込みました

この他、トーキョーXの豚肉を用いた白菜、お豆腐、椎茸、えのきだけの小鍋を用意いたしました

さて、さて、食卓についた家人に、今日のご馳走は、うつわ選びの遊びです~~と口上を申し上げ、さて、いかに~~!?

家人の選んだものは、染付けのうつわに入ったもの!!

そのココロは、すっきりして、清々しいからとのこと!!

みなさまでしたら、どのうつわのこのしろがお好みでしょうか~~?

何にもない時の、食卓の遊び

ホッホーなどと、面白がっておりましたので、これからも折々に、取り入れてみようかと思っております(笑)

Dsc00546

別の日、お酢で〆たこのしろは、菜の花といっしょに胡麻酢和えとなり、〆て200円分のこのしろは、二度に渡って食卓を楽しませてくれたのでした!!

お手ごろで美味しかったこと、このうえなしでした~~~!!

| | コメント (8)

2010年4月 9日 (金)

春闌と、桃の花と、アボカドと~~♪

Dsc00376

ツゲの木の木陰に咲く春闌の花~~

背丈も小さく、闌にしては地味な花ですが、群れて咲いても楚々としたところが好ましい~~

父がこよなく愛した闌でした

Dsc00411

一方、大きな石の陰に咲く春闌には、気が付かないうちに雪ノ下までもが仲間入りしていました~~

どちらも陰花植物の類で、陽の直接当たらない所を好んで咲きます

目立たない所にひっそりと咲くそのたたずまいを、父は好んだのかしら~~

なんでもこの世の中にあるものには、陰と陽があり、どちらか一方に偏らず、そのバランスがとれた姿がこのましいのだよ、と教わったことを、いま、思い出しています

いま、あちこちでお花見に興じられている桜の花は、陽の部類にはいるのでしょうか~~

Dsc00425

なかなかお花見にも出かけられないので、お店に出かける途中の桜の花を眺めます

もう、すっかり満開を過ぎ、この桜も吹く風に舞って散り始めていますが、よくよく眺めると、ほんの少し似たような花が我が家にも~~

Dsc00474

アップルアーマンディーの花です!Dsc00471

常緑つる性の勢いのいい花なので、どこにでも陽の当たる方向に、蝕手をのばしてのびてゆきます

どうせ伸びるなら、木に絡むより金網にからんでくれないかな、と誘引いたしましたが、今年もやっぱり近くの木に絡んで、トップ・オブ・ザ・ツリーをめざしているようです

なかなか植物の習性に、修正はきかないようで~~笑

Dsc00382

実のなる桃の花を義姉からいただきました~~

手にかかえるほどの桃の花でしたが、一輪だけ我が家で楽しみ、あとは家人のお店の活け花に

ふっくらとして大振りの蕾が、なんともかわゆいのです

ちょうどブログ友達のGEROGEROさんのところで、実のなる桃の花を見せていただいたばかりでしたので、花が終わったら挿し木なんてできないかしらと目論んでおります~~(笑)

Dsc00400

こんなに可愛い花を咲かせました!!

桃の産地、甲府では、いま、桃の花が見頃だそうです!

ところで話はがらりと変わりますが、私は、どうもいいアボカドに出会えず、他の野菜や果物ではこうも難渋しないのに、どうしてでしょう、と常々思い、おそらく義姉にもグチったことがあったのかもしれません~~

Dsc00384

実のなる桃の花といっしょにアボカドを頂戴いたしました!!

さっそく、皮をむいてみると、なんと肌のキレイなアボカドが出てきました!!

ちょうどあった独活と生ハムといっしょに辛子味噌和えでいただきました!!

こっくりとした味の美味しいアボカド!!

Dsc00482

別の日には、イチゴと一緒に二杯酢のマヨネーズ掛けでいただきました~~

いろいろ、ごちそうさまです!!

残念なことに、肝心のアボカドの見分け方を伺うのを忘れてしまいました~~

何か、コツがあるのだと思います

又今度、お教えくださいね!!

| | コメント (16)

2010年4月 5日 (月)

雨に煙る菜園で、ちらほら発芽が!!

Dsc00449

お天気のハッキリしない日がつづいています

ポカポカ陽気になってイイナと思っていると、その翌日、ドーンと気温が下がったり

その繰り返しで、畑に蒔いた夏野菜の種も、出ようかな~~どうしようかな~~と、困っているのでは~~(笑)

今日の菜園は、雨でしっとり~~気温も低め~~

Dsc00489

梅の木に近づいてみると、小さな実を付けていました!

でも、例年より実の成りが少ないようです

花の季節に雨が多かったのが、災いしているのかもしれません

Dsc00495

楓の木は、ちょうど芽吹きのはじまりです!

そぼ降る雨の水滴が一列にならんで、なんとも微笑ましいのです

水の妖精が潜んでいそうに思えるほど、きらきら、いきいきしていました!!

Dsc00485

ずいぶん前に種を蒔いて、発芽までは早かったのに、それからちっとも成長しない人参~~

こんな状態が長くつづいています

Dsc00486

こちらは九条ねぎです

種蒔きから一種間ほどで、発芽があったばかりです

Dsc00487

大根はそれより早く、五日目に発芽がありました!

Dsc00488

長短よこ一列に並んだアスパラ菜の芽だしも、大根と同じく五日目でした~~

早く出る野菜もあれば、思わせぶりにゆっくり出てくるものもあり、この差は、種の形状によるものなのかと、不思議に思えることのひとつです(笑)

さてはて、昨日は、ローゼル、オクラ、ゴーヤ、朝顔など、少し固めの殻をもつ種を蒔きましたが、どれくらいで芽だしとなるのやら~~

明日以外は、またまた気温の低い日がつづくそうですから、一週間では適わないかも~~

Dsc00497

玉ねぎは、葉っぱこそ育っているように見えますが、タマらしき兆しは、まだです!

株間が狭すぎたからかもしれません!!(狭い菜園なので、やむなくなのですが~~笑)

Dsc00395

寒い日の夜は、まだまだ鍋が現役です!!

こちらは、トマト入りおでん~~♪

おでんの具は、定番の大根、里芋、はんぺん、牛蒡巻き、白滝のほか、モロッコインゲン、プチトマト、たらの白子など~~

温まります~~

お花見の方々も、鍋などを持ち出していらっしゃつたのでは!?そんなお話しを耳に致しましたョ~~(笑)

| | コメント (10)

2010年4月 2日 (金)

天然酵母パンを焼きました~~♪

Dsc00430

さあ、天然酵母エキスができ、中種法によるパンの種ができました!!(前回まで)

いよいよ最後のステップ、天然酵母パンの本焼き工程に入ります!!

材料  天然酵母エキスでつくったパン種   160g

           強力粉                   350g

           塩小さじ                   1

           砂糖大さじ                 1

           水(捏ねながら適量を)                      80~100CC

強力粉、塩、砂糖をボールに投入し、水とパン種を加えながら素早くかきまぜ、良く、捏ねます

目安は、生地がやわらかくなって、表面がなめらかになるまでだそうです

生地を伸ばした時に、指が透き通るように見えたらオーケーです!!約20分くらいだったでしょうか~~

(このあたりはイースト菌でパンを焼いた時と同じなので、写真を省きますね)

捏ねあがったパン生地をまるくまとめ、ボールに入れ、ラップをかけて、一次醗酵に入ります

が、25度くらいで、醗酵に12時間ほどかかるとか!!??

夜の10時頃でしたので、そのまま炊飯器のそばに置いて、明日を待つことに~~

Dsc00433

翌日、お昼近くに、こんな感じになりました!!

目安の2~3倍に醗酵して膨らんでいるようです~~♪

Dsc00434

ラップをはずしてみます~~!ぷくっとふくらんでいるところが、なんとも可愛いいですね!

Dsc00435

木べらで四つ切にして、半分はレーズンをアンパンの餡ようにしのばせたもの~~

残り半分は、こんなことをしていいのかどうか解りませんが、レーズンを散らしながらもう一度捏ねて、まるくまとめたものをつくりました~~

Dsc00437

ここに濡れ布巾をかけて、ベンチタイム30分~~(生地のグルテン組織が引き伸ばされ、のびが良くなるのだそうです)

この後、二次醗酵に入ります

Dsc00440

二倍くらいに膨らんで欲しかったのですが、目標よりやや小さめでしょうか~~

ちなみに二次醗酵の理想的環境は、室温30度、湿度70~80度だそうです

かける時間は、約一時間ほど(今回は、約二時間かかりました~~笑)

この後、生地にカット入れ(包丁でパンのトップに、十字を入れました)

そして、いよいよ本焼きです!!

200度に暖めておいたオーブンで、15分間焼成です!!

Dsc00444

はい、焼き上がりました!!!♪

香ばしいパンのかおりいっぱいで、オーブンから出てきましたョ~~

Dsc00446

アンパンのようにレーズンを入れたものと、レーズンを練りこんだものと~~

見た目は、イマイチですが、食べてみると、めちゃくちゃ美味しいんです!!

外はパリッとして、中は、しっとり~~コクのある味わいです!!

しかも、レーズンの入れ方で、それぞれ異なった味に仕上がっていました!!

Dsc00448

もう少し醗酵があった方が良かったのかもしれません~~

はじめての天然酵母パンづくりでしたが

イースト菌で焼いたパンより、うんと旨いね!!という家人

この一言で、すくわれます~~

なんと、天然酵母エキスを作り始めてから、一週間たっているのですから~~(笑)

この他、いろいろな材料を用いて、パンを焼いてみたいと思っていますが、天然酵母パンは、おそらくそれぞれのエキスの味がコクとして生地にのこるのだと思います

そう考えると、天然酵母エキスは、味のファンタジーみたいなものなのかな!!??

| | コメント (12)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »