« 夜更けの、ひなまつり~~♪ | トップページ | クロッカスの花、菜の花は咲いたけれど~~ »

2010年3月 8日 (月)

二度目のパンづくり/ジェノベーゼ編♪

Dsc00234

沙羅の木とおがたまの木の木陰で、クリスマス・ローズが咲いています

雨が降って、外仕事の出来ない日曜日、パンを焼くことに致しました

忘れないうちに、二度目の挑戦です!

前回はカレー味のものでしたが、今回は、少しアレンジしてジェノベーゼ風で~~

Dsc00193

パンの生地の方の材料は、強力粉、ドライイースト、砂糖、塩、バター、玉子、ジェノベーゼ・ペースト、水です

Dsc00194

パン生地に巻き込む具材は、玉ねぎ、トマト、ジェノベーゼ・ペースト、塩、胡椒、パルメザン・チーズです

前回と同じように手捏ねですから、又また小麦粉とドライイーストとの格闘です!(笑)

捏ねて、捏ねて、粘り気が出てきたところで、まあるくまとめて、ガスストーブの温風のそばで一次醗酵です!

Dsc00195

どうしたことでしょう~~!?

前回の時より生地がふくらんで、随分大きくなっています!(醗酵にかけた時間は、同じなのですけど~~?)

おまけに腰がないというのでしょうか、柔らかです!

それでも醗酵具合いを確かめる指を突っ込んで生地が戻らなければオーケーというチェックポイントは、なんとかクリアしたようです!(笑)

このまま、パンづくりを続行です!!

Dsc00196

生地をこん棒を用いて伸ばし、具材をのりまきの要領で巻き込み、四つ切りにして、断面を手のひらで押して空気ヌキをし、オーブンで二次醗酵いたします!!

Dsc00197

二次醗酵を済ませたら、照り玉をし、パルメザン・チーズを振りかけて、いよいよ本焼きです!!

Dsc00198

焼き上がりました!!

見た目は、良さそうですが、なんとなく不安がよぎります!!Dsc00202

お皿にのせて、さあ、どうぞ~~~

この日は、雨が降っていたものの、どこかしら生暖かな、妙なお天気の日でした

一次醗酵後のパンの生地に腰がなかったのは、ややオイリーなジェノベーゼ・ペーストをつかったからかもしれませんし、気温や湿気は、前回より高かったようですし~~

Dsc00203

焼き物の焼成などと同じように、パンづくりも気温や湿気の影響を受け易いのかもしれません

齧ってみると、ちょっともっちりしています

味はまとまったと思うのですが、なんだかもっちり~~

家人もこの間と違って、醗酵が足りなかったんじゃないのか~~!?などと申します

前回は70点をつけてもらいましたが、今回は、どうでしょう~~!?

ん、ん、ん、65点だそうですョ~~!!

もっと低い点が出ると思っていましたので、その理由を尋ねますと、味が旨いとのこと~~

はぁ~~!

生地もうまく出来、味も旨くなるには、まだまだ捏ね修行が足りないというところ!!

ますますもって、深みに入り込みそうな、二度目のパンづくりなのでした!!

|

« 夜更けの、ひなまつり~~♪ | トップページ | クロッカスの花、菜の花は咲いたけれど~~ »

コメント

パン作りも奥が深いようですね~ オイドンはそっち系はさっぱりです。発酵というのがまったくチンプンカンプン

でも、もっちり系いいじゃないですか~ マルコさんはもっとかっちりサクサク系がお好みだったのかな~

中の具が美味しそうで見た目もバッチリですよ~

ガスストーブの温風で一次発酵できるんですね~我が家はそれもオーブンでやっているようです。

投稿: ワル猫です | 2010年3月 9日 (火) 08時19分


マルコさん こんにちは♪

お友達のところで拝見したクリスマスローズは
ずいぶん下向きでしたけど、
マルコさんちのは、少し横向きって感じですね~
撮影の角度なのかな?  可愛いですね^^
私もこの花大好きです。 沖縄でも育つかしら?

お~ パン作りですね。
パン作りは奥が深いですよね~
お友達もパン作りしている方が多いですが、
毎日焼いていても、納得いかないようです。
私には もったいないくらい上出来と思うのですが^^
マルコさんのパンも美味しそうですぅ~

>最近、沖縄ではもずくが非常に安いんです。
暴落しているようです。
ふふ チキアギーは、さつま揚げの事ですよ~
さつま揚げの元祖が、沖縄のチキアギーなんです(^_^)v

投稿: mana | 2010年3月 9日 (火) 18時08分

マルコさん
 いよいよパン造りが本格的に開始されましたね。
 ご承知のようにパン造りは、色んな要素(材料、器具、酵母、が数多く有り、更に気象条件(温度、湿度)が季節に変わりますから大変ですネ。
 ◎参考までに。

**今回 もちもち感がするのはグルテン膜の出来不足ではないでしょうか。
 ヤハリ一次発酵がポイントでしょうネ。
*生地を良く捏ねてグルテン膜の生成を十分にするー伸ばしても切れずに透けて見えるまで伸ばす。
*発酵作業は約30-35度、湿度75%を保ち約2時間放置。
*一次発酵後は最初の約1.5倍の大きさに膨らむ。
*フィンガーテストで発酵状態をチェック
ー穴が縮む時は発酵不足ー生地が沈む時は発酵過多。
*この後濡れ布巾を掛け約20分ベンチタイムをする。 

投稿: 久米仙人 | 2010年3月 9日 (火) 20時36分

ワル猫さんへ

ワル猫さん、こちらもホントはチンプンカンプンなのですョ!!(笑)
わずか一つだけのレシピに添って作っているわけで、パンづくりの本を読んでもいないのです~~
そのうち、基本となるようなことを学習しなくっちゃとは思っているのですが~~(笑)
そんな訳ですから、パン屋さんのパンとちょっと違うな~~どうしてだろう~~!?って感じです!!
好みは、皮はパリッ!とかサクッ!とかして、中は、ふわふわかもちっとしているのがいいかなぁ~~
欲をいえば、噛むほどに味のあるパンかな!
一次醗酵、次に作る時は、奥様に倣って、オーブンでやってみます!!
ご親切に、アドバイスを有難うございます!!

投稿: マルコ | 2010年3月 9日 (火) 21時25分

manaさんへ

たぶん、撮影のかげんかと思います~~
我が家のクリスマス・ローズも、どちらかというとうつむき加減に咲いていますから~~(笑)
近くに大きな石があるので、とても撮りにくく、横向きに写っちゃったのかも!!
パンづくりは、奥が深いみたいですね!
友人のお友達にパン屋さんもビックリすろようなパンを焼かれる方があります!!
機会があれば、秘訣をうかがいたいなぁ~~とはおもっているのですが、どうかなぁ~~
見た目は、美味しそうにみえても、まだ家人どまりのパンです!(笑)
でも、いつか、美味しく焼けるといいなぁ~~(笑)
チキアギーは、さつまあげでしたか!!!
ヤギとは、大違いですね!
一体、どういう覚え方をしたのか、可笑しくなります!(笑)
もずくの暴落!?どうしてでしょう~~
採る方は、お困りでしょうね!

投稿: マルコ | 2010年3月 9日 (火) 21時42分

↑久米仙人さんのポイントを読ませていただいて
ちょっと気が遠くなりました(コラコラ^^;)
パン作りはちょっと手が出そうにないです…
発酵が足りないんですか?
なんだかとっても美味しそうなんですけどぉ~?
ジェノベーゼ・ペースト入りなんてオシャレです!
もっちり♪が好きなので、代わりにワタクシがいただきますよん♪ (^@^)

クリスマスローズ、こんなに群れて咲かせてみたいです!
木陰で話をしてる修道女みたい。。。
清楚でいい雰囲気ですね(^^)

投稿: gerogero | 2010年3月 9日 (火) 21時59分

久米仙人さんへ

いえいえ、本格的だなんて、とてもとてもです!
同じレシピでちょっとアレンジするとどうなるか、実験してみて、遊んでいるだけなのですから~~
こうして遊んで行きながら何か、つかめるといいのですが~~~
もっとシンプルなパンのレシピを入手した方がいいのかもしれません~~(笑)
今回のもっちり感は、やっぱり一次醗酵の不具合にあるのですね!
グルテン膜の出来不足なのですね!
この間より少し粘りがなかったように思います
捏ねる時の強力な引きがなかったというか、あまり体力を消耗しないうちに、伸ばしてみると、指が透き通って見えました!
あっけない感じです!(笑)
きっと温度や湿度が高かったり、ペーストのオイルが災いしたのではないかと~~
いろいろていねいなアドバイスを有難うございます
次回の参考にさせていただきますね!

投稿: マルコ | 2010年3月 9日 (火) 22時02分

gerogeroさんへ

あはっ!わたしも、気が遠くなっています!(笑)
湿度75度なんて、どうして探し出そうかしら~~なんてね!
お風呂場かなぁ?オーブンに水をはったボールでも潜ませるのかなぁ?とか、とか!
お人によって一次醗酵の温度とか湿度とか、所要時間がいまのところ異なるので、順を追って、試してみるしかありません!!
パンづくりは、難しいですね!
でも、一度乗った舟ですから、しばらく楽しんでみたいと思います(笑)
gerogeroさんは、もっちりパン、大丈夫なのですね!!
いい塩梅のもっちりなら良かったのですが、何か、物足りないもっちり感でした!!(笑)
>木陰で話をしている修道女みたい。。。
実は、
クリスマス・ローズを撮影しながら、修道女というイメージをチラッといだいたんです!
この日は、うす曇の日で、白がいっそう白く見え、あたりの沈み込んだ空気感がそう思わせたのかもしれません~~可笑しいですね!!(笑)

投稿: マルコ | 2010年3月 9日 (火) 22時40分


マルコさん こんにちは♪

↑ もずくは フコイダンとかで有名になって
本土企業も乗り出して 大量生産したようです。
作りすぎた結果って ことですね。
もずく業界は、今悲鳴を上げていますよ。

>ひらうこー 日本のお線香とは香りが全然違いますよ。
それに原料も面白いんです。
沖縄はふーちゃんぷるとか食べます。
車麩はご存じですよね? その麩の副産物なんですよ~^^
麩を作る行程で出る、でんぷんと炭を合わせて作るそうです(^_^)v

投稿: mana | 2010年3月10日 (水) 14時58分

manaさんへ

ありゃりゃ、今度はフコイダンが解らない~~(笑)
栄養素の名称かなんかでしょうか~~?ネットで調べて見ますね(笑)
もずくを作られた方、たいへんですね!
何か、新しいもずく料理などを考案しなくっちゃですね!!消費を助けるために~~(笑)
外国の方に異国情緒をもたらすという沖縄のお線香(ひらうこー)は、お麩の副産物のでんぷんと炭から出来ているのですね!
ということは、お線香は、炭の香りに近いのかな!?
いろいろ勉強になります~~

投稿: マルコ | 2010年3月10日 (水) 22時57分

マルコさん こんにちは♪

フコイダン 調べましたか^^;
ガン予防とも言われている成分なんですよ。
ひらうこーは そうですね~ 炭の匂いに近いです。
アメリカ人はああ言う匂いが好きなんですかね?(笑)

>きゅうりもトマトも安いって・・・
本当なら、夏野菜ですよね~
最近は、ゴーヤーも年中見かけるし 季節感がありません^^;
もずく、出荷するともっとお金が掛かるから
出荷できずに沖縄で消費体制とっているのかな~
かと言って、そうたくさん食べられる食材でもないのに・・・・・(^_^;)
もずくは、ひき肉と麻婆もずくにしても美味しいです。
天ぷらやお好み焼きに入れても美味しいですよ~。

投稿: mana | 2010年3月11日 (木) 18時29分

manaさんへ

あ~manaさん!たびたびすみません!
フコイダンって、海草などにあるヌルヌル成分なのですね!
ネットで調べて、ちょっとズレたコメントをしてしまったな~~と!(笑)
ガンに良いとされる、ヌルヌル、とろとろ成分ってわけですね!了解です!!
やっぱり、ひらうこーは、炭に近い匂いなんですね!
炭の匂い、嫌いじゃないけど惚れ惚れするほどのものでもありませんよね!(笑)
オリエンタルな匂いということかしら~~!?
沖縄のもずく、見つけたら麻婆もずく、天ぷら、お好み焼きに使ってみますね!
面白そうです!!(笑)

投稿: マルコ | 2010年3月11日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜更けの、ひなまつり~~♪ | トップページ | クロッカスの花、菜の花は咲いたけれど~~ »