« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

椿の花と菜っ葉の日々♪

Dsc00172

梅の花がはらはらと散る頃、梅の木の奥に植えた千羽鶴の椿が咲き始めました

あらぁ~~見事な花のバトンタッチです!♪

Dsc00173

そのお隣では、名前のしれない赤い椿も咲き始めています

Dsc00174

そして、梅の木のたもとにはピンクの花を咲かせるにおい椿が~~

どれも小振りの花をつれる椿で、大振りの花をつける椿たちは、まだ固い蕾のままです!

春めいてまいりました!

連日、我が家の食卓は、庭で取れる菜っ葉を用いたお惣菜がつづいています!(笑)

Dsc00178

大根菜と桜海老の胡麻油炒め

Dsc00190

豚ヒレ肉、にんにく、仙台雪菜の甘味噌炒め

Dsc00189

ルッコラとトマトの胡麻酢和え

Dsc00191

蕗と厚揚げとヤリイカの炊き合わせ

こちらは、どれもスーパーで入手したものですが、店先には、早々と鹿児島の竹の子が並んでいたりして~~

気温は、20度を超える日もあり、種蒔きをしていましたら、芽だしがあってもおかしくない陽気です!!

あせりますね~~~!(笑)

未だ、土つくりが完了していません!!(笑)

Dsc00180

あららら~~~クロッカスまで咲き始めました!!

時間があれば、野良着にきがえる、きのう、きょう、です!!(笑)

| | コメント (9)

2010年2月24日 (水)

聖護院かぶと大根を撤収~~!

Dsc00165

窓越しに、春のやわらかい日差しが入るようになりました

カレンダーを見ると、もうすぐ種蒔きの三月です!!

Dsc00151

あらぁ~畑には、冬野菜の聖護院かぶや大根が残っています

いくら待っても、大きくならず、それでも待って育てていたのですが

そろそろ春蒔きの種たちのために、表舞台から降りていただかざるを得ません(笑)

毎年のことなのですが、この季節の別れと出会いには、気持ちが折れたり、華やいだり~~困ります!(笑)

やむなく撤収してみると~~

Dsc00160

大根は、牛蒡みたいなサイズでDsc00158

聖護院かぶに至っては、ふつうの小かぶサイズです!

寒冷沙をかけ、寒さからも外敵からも守ったつもりだったのですが、一体、どうして~~と、頭の中は?????

ひとつ思いつくのは、畝を高くしすぎたことかも

水分不足で、根ばかりが育って、下へ、下へ、ヒョロヒョロ~ですから~~(笑)

Dsc00163

小さくても、出来たものは、大事にいただきます!!

白味噌仕立てのお味噌汁にしていただくと、なんと滋味のある、美味しい蕪~~

大きく出来ていたら、千枚漬けが夢だったのですが~~(笑)

Dsc00147

ほうれん草は、寒冷沙をかけ、耕起、有機栽培のものと、耕起、自然栽培のものとを育ててみましたが、双方にそう差はないようです!

寒冷沙をかけたぶん収穫時期は早めに訪れ、こちらはすでに二回ほど摘んでいますが~~

Dsc00149

露地で耕起、自然栽培のこちらのほうれん草は、これからの収穫になります!

そばに混植した人参、芽キャベツはまだまだですが、サラダ菜やスイスチヤードの収穫は、何度か~~

Dsc00144

ブロッコリーは二株しかないのですが、一番取りの後、わき芽が次々に育ち、何度か食卓を飾ってくれています

日差しが暖かくなってきました!

さあ~これから土つくりと種蒔きです!

| | コメント (10)

2010年2月20日 (土)

キーマカレーとサラダの日々

Dsc00133

このところ、なにかと気ぜわしい日がつづいています

片付けておきたいノートがあったり、バンクーバーの冬季オリンピックの応援だったり

我が家の食卓は、寂しいものになっています(笑)

そんな時、頼もしいレシピの中に、カレーというのがありまして、これをどっさり作っておくと、数日、大丈夫~~

で、今回は、キーマカレーとなりました!!

後は、日替わりでサラダを工夫すれば大丈夫かなぁ~~という作戦です!!(笑)

Dsc00131

初日は、大根、ルッコラ、レタス、トマトを帆立を用いたドレッシング仕立てで~~

Dsc00138

翌日は、フルーツサラダ!!

こちらは、マヨネーズ・ドレッシング和えで~~

Dsc00135

もうひとつ、独活とタコと水菜を胡麻ドレッシング和えにいたしました!!

Dsc00137

そして、三日目は、さすがにキーマカレーも変身させなくっちゃと思い、ベビー帆立を用いて、シーフードカレーにいたしました!!

Dsc00139

そして、サラダは、ルッコラとブラウンマッシュルームを食べ易い大きさに切り、熱々にしたガーリックドレッシングをかけたものにいたしました

Dsc00140

ワインの当てには、お豆さんのヨーグルト・ドレッシング掛けです!

お豆さんは、乾燥青豆をもどして塩茹でしたものと、同じく塩茹でした空豆です

とってもシンプルな味付けですが、お豆さんそのものに味が深いので、充分楽しめるサラダとなりました

三日も続くと、そろそろ和食でも欲しくなりますね(笑)

ブーイングが出ないうちに~~!(笑)

Dsc00110

もっぱら我が菜園から取れるサラダの材料は、これにほうれん草とか小さな大根くらい

早く、春が来ないかな!!?

そうしたら、もう少し素材が増えるかも、ですから~~(笑)

| | コメント (12)

2010年2月16日 (火)

ふきのとうを愛でて~~♪

Dsc00095

少し前のことでした

お~い、裏の庭にふきのとうがでているぞ~~と家人の声がします

そうそう、ふきのとうの芽が吹きはじめていたのでした

見つかってしまった時が、天ぷらの揚げ時ですね!(笑)

Dsc00093

さっそくに摘んで、その日の夕餉は、天ぷらです!!

ふきのとう、人参、椎茸、オクラなど~~

伊豆に暮らした頃は、春をさがして野に出で、ふきのとうや土筆を摘み、春一番の山菜の苦味をこのうえないご馳走と思ったことでした

こちらで、そんな山菜摘みを楽しもうと思うと、電車に乗って一時間ほどかかるでしょうか~~

Dsc00084

で、三年ほど前、伊豆の友人からふきの株を譲っていただき、庭に移植したのでした!!(笑)

Dsc00083

友人のなかには、この苦味を、まるで漢方薬のように苦いのね!と仰る方もあるのですが、まさしく、ふきのとうは漢方薬の仲間で、胃腸にとってもいいんです!!

Dsc00090

こんなにたくさん取れました!!

これで、疲れた胃腸にも春が来ます!!(笑)

Dsc00081

この日は、一度全滅しかけて、僅かに残った白菜、ほうれん草、ルッコラも収穫して~~

Dsc00099

白菜、ブロッコリー、アスパラ、椎茸、豚肉の生姜入り甘酢あんかけに~~

時間のかかりすぎた白菜は、思いのほか柔らかく、甘みさえ感じられ、巻かない白菜でもそれなりに美味しいんだ~~と、見直した次第です!!(笑)

Dsc00092

そして、ほうれんそうはもやし、ニラと一緒に胡麻酢醤油和えに

ふきのとうを摘んで、春を愛でる食卓♪

もう何年も続いた我が家の年中行事のひとつですが、これだけは、どんなに歳をとっても続きそうです!!

そうしないと春が来たような気がしないほど、我が家に馴染んで~~

今年も、大地の息吹きに感謝でした!!

| | コメント (14)

2010年2月14日 (日)

はじめてのパンづくり~~♪

Dsc00120

今日は、生まれて初めて、パンづくりに挑戦いたしました(学生時代に、一度だけ作ったことがあったかもしれませんが、すでに、忘却の彼方ですから~~)

はじめてのパンづくり~~ドキドキ、わくわく~~

Dsc00123

今回、パンを作ってみたくなったのは、ブログ仲間のcocoさんが、美味しそうに出来たパンをとても丁寧な写真とコメントで記事にしていらしたから~~

なんだか、私にも出来そう~~と思ったからでした!(笑)

さっそくCOCOさんのレシピをプリントアウトさせて頂いて、いざ、いざ、カレーチーズオニオンパン作りとまいりましょう~~!

Dsc00100

材料や容量は、省略いたしますが、パンやお菓子づくりでは、計量の正確さが成功かどうかに左右するようです

計量は、慎重に~~!

Dsc00101

それぞれの材料を丁寧に量って、これから捏ねに入ります!

素早く、丁寧に、最初は捏ねべらを用いて捏ねていましたが、手の方が上手くゆきそうに思い、途中から手に変更!!

レシピに倣って、腰を入れて、ダンスするように伸ばして捏ね、伸ばしては捏ね、Vの字型に左斜めに伸ばして捏ね、右斜めに伸ばして捏ね、ふ~~~!

きめ細かく、伸ばすと透き通るような肌になってきたら、丸くまとめて、一次醗酵にはいります~~

Dsc00105

ラップをして、ガス・ストーブのそばで40分ほど醗酵させていると、最初の大きさよりうんと大きくふくらんできました!

醗酵が上手くいったかどうか、フィンガーチェックをしてみますと、指で突いた生地はそのまんま穴を空けたままでした!

ここまで、教わった通りに、出来ています~~~!

Dsc00104

醗酵させる間に作っておいたフィリング(パンの中に巻き込む具材かな?)です!

醗酵後の生地は、こん棒を用いて所定のサイズに伸ばし、後は、のりまきを作る要領でフィリングを生地にぐるぐる巻きしてゆきます

そして、四等分に切り分け、オーブントレーの上に乗せてゆきました!

Dsc00112

これは、四つに切り分けたフィリング入りの生地を上から手のひらで押し、潰すようにして成型し、ガスオーブンの醗酵機能を用いて、二次醗酵9分を済ませ、へらで照り玉をしたところです!

この後、粉チーズを振って、お待ちかねの焼成に入ります!!

出来上がるまで、あと、少しです!!今の所、レシピの写真どおりにいっているみたいですョ!!(笑)

Dsc00116

余熱で暖めておいたオーブンを温度240度、時間9分にセットして、いよいよパンを焼き上げます!!

カレー粉が入って焦げ易いと伺っていましたので、もう、ショッチュウ覗きます!!(笑)

Dsc00118

そして、とうとう、焼き上がりました~~

カレーとチーズの香りが、鼻をくすぐります!

家人は、そばに来て、凄い!凄い!と興奮しています!

初めてなのに、出来ました!!

COCOさんのいたれりつくせりのレシピに感謝です!!

Dsc00122

パクッといったところです!!(興奮していたのかしらピンボケです~~笑)

メチャクチャ美味しい!家人は、大喜び!!

こんなに美味しくできるのでしたら、これからもパンを作ろう~~なんて気になっていますが、およそ2時間はかかりましたから、時間のある休日に限られてしまうかも~~

まだパンを作ったことの無い方に、おすすめです!!

レシピ通りになぞっていったら、どなたにも出来ると思いました!!

cocoさん、美味しいパンを、ごちそうさま~~~

今度は、ジェノベーゼ・トマト・チーズパンなんぞにアレンジして、遊んでみようかな(笑)

| | コメント (15)

2010年2月11日 (木)

空豆、スナップ、青花さやえんどうを定植~~♪

Dsc00075

プランターで育苗しているマメ科の野菜たちが、大きくなってきています

くずぐずしていると、定植の時期を逸してしまいそうです

さあ、今日は思い立ったら吉日!!と自らにハッパをかけて、定植の日といたしました!!

こちらは、空豆!

自家採取の種と種屋さんからのものと二通りあったのですが、どちらも似たりよったりで、どっちがどっちか解らなくなってしまいました(笑)

Dsc00073

こちらはスナップと青花さやえんどうの畝です

こちらも、どれが自家採取の種からのものか、解らなくなってしまいましたが、スナップ四株だけは、昨年の忘れ形見のようなもの~~

それぞれヨコ二列に定植し、きゅうり用のネットをつるが絡み易いようにセット!!

不織布をかけて~~

Dsc00074

按配は、いかが~~?と、なかを覗いてみると、みんな揃って、うふふふ~~~と笑っているように思えました(笑)

ネットに絡まって、ちゃんと立ち上がってくれるのかな!?

Dsc00076

昨年の十一月に定植したお店苗の方には、蕾がついているものを発見!!

御簾の中にお隠れなので、わかりづらいかもしれませんが、なんとなく白く見えるところが蕾です~~~!

どうぞ、大きくて美味しいお豆さんに育ってくれますように~~と願うばかり~~

Dsc00064

この日の収穫は、仙台雪菜とブロッコリーの側枝です!

Dsc00067

じゃがいもも、残り全部を堀りあげました!

出島はまだしもインカのめざめは、うずらの卵くらいの大きさです!

種芋にもならないし、さてはて、どうして頂きましょう!?

Dsc00070

ブロッコリーは、スナップといっしょに湯がいてサラダにし~~~

Dsc00069

じゃがいもと仙台雪菜は、海老といっしょにクリームシチューにいたしました!

Dsc00071

残り物のごはんを用いて、にんにく、ルッコラ、玉子の入ったカレーチャーハン

取れたてのじゃがいもとグリーンのお野菜は、やっぱり、美味しい~~~

ほとんど手を加えることなく、シンプルに、シンプルにいただいております

ある本によると、正真正銘の自然栽培や有機栽培の土にするには、およそ十年の年月が必要なのだとか~~~

農薬を用いたことのある畑でのお話しなのだそうだけれど、我が菜園にあっても、おそらく同じような歳月が必要なことでしょう~~~

さて、それまで、あと何年~~~???

| | コメント (14)

2010年2月 7日 (日)

海の幸でクッキング~~♪

Dsc00063

雪が溶けたあとの庭で、梅の花とクリスマス・ローズの白さが、際立っていました

それぞれ一輪ずつ手折って活けた日

鮮度のいい鰯とヤリイカ、春の山菜、うるいが手に入りました♪

Dsc00440

イキがいいと、お料理をする気分がはずみます♪

いつもでしたら塩焼きとか梅煮、生姜煮になりそうなところを、今回は、春巻きとクルクル巻き巻き焼きに!

Dsc00439

材料は、三枚におろしてたたいた鰯、みじん切りにした葱、ルッコラ、摩り下ろした生姜、玉子の黄身、塩、胡椒、少しのお醤油、少しの片栗粉です

これをぜ~んぶボールに投入して、良く混ぜ合わせます

それを市販の春巻きの皮に取って折りたたむように包み、揚げれば、出来上がり~~

Dsc00443

揚がったところを斜めに二つ切りして、お皿に盛り込んで~~

この日はポン酢でいただきましたが、ソースは、お好みで!

Dsc00444

そして、もう一品、鰯の野菜巻き巻き焼きをつくりました!

三枚におろした鰯は、小骨を取って、お醤油、日本酒、すりおろしの生姜の漬け汁に二時間ほど漬け込んで下味をつけておきます

あとは、湯がいて汁気を切った野菜を鰯でクルクル巻きにし、フライパンで焼くだけです!

強めの味が欲しい時は、サラダオイルで焼きながら塩、胡椒しても~~

フライパンにオリーブオイルを取り、スライスしたにんにくと鷹の爪で強い香りと味を演出しても~~

はたまた焼き上げたものに、チリソース、チーズを加え、オーブンでもう一度焼き上げるというのも有りかな~~

Dsc00033

うるいは、サッと湯がいて、小口切りに、ヤリイカは、きれいに掃除して短冊切りに

プチ・トマトは、四等分に切っておきます

ソースは、白味噌、だし、酢、醤油、砂糖、粒山椒です!

その日の体調に合わせて、こっくり味か、さっぱり味か、お好みの味にして和えるだけ~~

Dsc00048

又、別の日、またまた海の幸、タラと蛸でクッキングとなりました!(笑)

タラの青海苔バター・ソテーです

切り身のタラに塩、胡椒、青海苔を振り、バターで焼いただけ~~

とってもカンタン!!!輪切りにした蓮根は付け合せに、残りの脂分でソテーしただけ~~

ポン酢をソースに使いましたが、クリーム・ソースやガーリック・ソースなどでも~~

Dsc00051

そして、トリを務めますのは、蛸と長ネギとちりめん雑魚のプチお好み焼きです!

我が家的には、これが一番受けました!

こちらが三枚目をいただこうかなぁ~~と思った時、時すでに遅しで、お皿の中は、空っぽに!!!

めったにないのですが、旨かった!の一言で報われます!(笑)

Dsc00058

作り方は、もうみなさんご存知かとはおもいますが、いつもとちょっと違うところは、キャベツではなく、長ネギを使ったところです!

材料は、小口切りにした北海地蛸、みじん切りにした長ネギ、ちりめん雑魚、小麦粉、卵、水、塩、胡椒です

ソースは、チリソースとウスターソースを混ぜ混ぜしただけのものです

チリソースにオイスターソース、レモンの絞り汁で作ったソースもいいように思います!

それにしても、この頃、魚料理が多いいねぇ~~と家人

はい、はい、仰せのとおりです!ワケアッテね~~~

梅は咲いたが~~♪お肉は~~未だかいな~~♪ツ、ツ、 ツン、トン、シャン~~♪

| | コメント (10)

2010年2月 4日 (木)

雪の日から、三日目の庭に、まだ雪が~~

Dsc00044

今年初めての雪は、二月一日の夜半から二日にかけて降り、朝、納戸を開けると、庭は、真っ白の雪でした!

いつもはスグにやって来る目白が来ません~~

どうしたのかしら~~気がかりのまま朝早くから展示会にでかけ

又翌朝も訪れなかった目白が、ようやく今朝、訪れました!♪

この二日間、何処で、どう過ごしていたのでしょう

もっと暖かい日差しのあるところで遊んでいたのかも~~

とても、とてもささやかな事なのですが、我が菜園の雪の様子をお届けします

Dsc00028

二日の日の朝です!

大きな木の下以外は、真っ白に10cmほどの積雪です!

Dsc00030

朝日があたっているところは、やわらかく輝いていました!

ネットの中には、白菜とソラマメの苗があるんですけど、そのままに~~~

Dsc00031

こちらはソラマメ、仙台雪菜、玉ねぎ畑です!

Dsc00029

ほうれん草、大根、聖護院だいこん畑です!

こちらも、忙しくて、そのままです~~(笑)

Dsc00034

二月三日の朝の様子です!

昨日は、晴れたり、曇ったりで、まだ雪が残っています

Dsc00036

そして、こちらが二月四日、今朝の畑です!

ほとんど日が当たらない、日陰部分にまだ少し雪は残っていて~~

Dsc00038

露地植えの葉もの野菜の回復には、きょう一日かかるかも

土は、霜柱がたって、ザクザクです!

そんな中でも、一番回復の早かった野菜がありました!

それは、その名に劣らず、仙台雪菜なのでした!(笑)

Dsc00040

畑の見回りをしていると、福寿草の蕾に出会いました!

あららら~~目白の訪れに福寿草の発見、見上げると梅の花が咲いています!

雪の後には、思いがけない発見があるものなんですね!

| | コメント (12)

2010年2月 1日 (月)

東京国立近代美術館 工芸館から北の丸公園へ

Dsc00002

以前にご紹介した「現代工芸への視点ー装飾の力」展が最終日を迎えるというので、千鳥が渕まで出かけてきました!

展示会場の工芸館は、昔、近衛師団司令部庁舎だったところだとか~~

時間があまりなく、急ぎ足の鑑賞でしたが~~

Dsc00013

見終わって外に出てみると、あたりは夕暮れを迎えており、頬にあたる風は冷たくなっていました

日が落ちるまで、もう少し時間がありそうです!北の丸公園から武道館、靖国通りへ出て帰ろうかな~~~歩きはじめると、ミツマタがつぼみを付けていました

和紙の原料になる木です

このフォルム、いつ見ても、面白い~~

Dsc00016

まゆみの木もありました!

木の実の残り具合が、どこかしら工芸的に見え~~

Dsc00006

すずかけの木には、小鳥たちの巣ごもりによさそうな穴があいていました!

これも、工芸的だなぁ~~(笑)

Dsc00011

地を這うように繁った熊笹と南天の木の取り合わせは、日本的だけれども、どこかモダンでもあり~~~

Dsc00018

ちょっとピンボケの写真で申し訳ありませんが、赤い花をモチーフにした陶磁のオブジェもあったなぁ~~~とか、とか~~

Dsc00021

見てきた作品を反芻しながら歩いていると、腐葉土作成中の落ち葉の小山に行き当たりました!

あらぁ~~タテ看板に、「ゆげ」と表記してあり、けむりではありませんの注釈が付いています!(笑)

Dsc00022

すでに堆肥に出来上がった小山も見えます!

ここには、何百年もの年月を生きてきた広葉樹の大木がたくさん在ります(何しろ江戸城の敷地だったところですから~~)

落ち葉堆肥は、いくらでもできるのでしょうね!(笑)

都の園芸課の方が、エコ指示でも出していらっしゃるのかな!?

Dsc00025

広場では、帰りを急がれるのか、持ち物をかたづけていらっしゃる方々も~~~

それにしても今回の展示作品には、心地よいとか、面白いとかいうより、何処かに悲鳴を感じるものが多かったことが、気になってしかたありません~~~現代のショウジョウを表しているのか~~~苦しささえ感じるものがたくさんでした!!

また来年を楽しみにして~~~

ぶらり鑑賞と散策の午後でした!

今夜は、雪になりました

暖かなものでも作って、縮こもったからだを開放させましょう~~~♪

| | コメント (10)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »