« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

一年間、ご愛読、ありがとうございました

Dsc00219

今年も残すところあとわずかとなりました

昨年のリーマンショック以来、日本をはじめ世界中で

さまざまな地殻変動が起き

めまぐるしい一年だったように思います

それでも朝めざめてから床に付くまで、衣・食・職・住はついてまわり

ていねいな暮らしをしたいと思いつつも

ササッと済ませることが多かったかな、と反省しています

来年は、今年よりももっと楽しい暮らしにしたいものです

Dsc00181

見通しの鈍かった我が家のガラス戸は

磨いてみると、部屋の中のテーブルが移りこむほど、透明度が増しました(笑)

これくらい見通しが明るいと、あれこれといいですよね!(笑)

Dsc09928

今年の栗きんとんは、庭先のくちなしの実(色出し用)を使ってみました

肝心のさつまいもは期待はずれの出来でしたので、いただきものの安納芋、五郎島金時で~~~

どちらのお芋もふかすだけで美味しいお芋

照りを出すために通常は、味醂や水あめをもちいるのですが、それは省略した栗きんとんです

Dsc00210 Dsc00211

こちらは数の子入りの松前漬け

Dsc00221

我が家で一番人気の丹波の黒豆煮

Dsc00194

自家製梅干を用いた梅肉酢バスなど

まだこれくらいしか出来上がっておりませんが

我が家の御節は、これに煮物、五色なます、西京漬け、少しの焼き物が加わるくらいです

泣いても笑っても、あとわずか

今年一年、このつたないブログにおつきあいいただき、コメントをお寄せくださった方、静かに暖かく見守ってくださった方、お店でご感想をお聞かせくださった方、いろいろいろいろありがとうございました

来年又一年続けられるか、どうか~~~

時間の許されるかぎり、少しでも楽しいものに出来たらと思っています

ありがとうございました~~~

みなさまどうぞ良いお年をお迎えくださいませ

なお、新年の営業は、一月五日からとなります

| | コメント (14)

2009年12月29日 (火)

下仁田ねぎと大根と鷹の爪でクッキング♪

Dsc00167

上州下仁田ねぎと江戸の時代からつくられている千寿ねぎがあります

実はこれ、いただきもので、我が家のねぎとは大違い

なんて立派なねぎなんでしょう~~~!

Dsc00106

こちらは我が家でとれた大根、里芋などです

大根も人参も、あいかわらずの小振りですが~~~(笑)

Dsc00206

そして、こちらは自家製の鷹の爪~~~♪

さて、この食材で何をつくりましょう♪

寒いですし、忙しいですし、こんな時は、ササッと出来て、ぬくぬくのものが一番です!Dsc00091

で、下仁田ねぎは、焼いて、塩とレモンでいただくことにして~~~

Dsc00170

千寿ねぎは、タコといっしょにチヂミにすることに致しました!

たれは、日本酒、お醤油、少しのだし、そしてコチユジャンと胡麻で作ってみました!

なんと!葱の香りの立つ、おもいがけないチヂミとなりました!

下仁田も千寿も、さすが、さすがうわさ以上の葱さんです!

美味しい~~~♪

Dsc00115

大根と里芋があると、今日も煮物です~~~(笑)

Dsc00116

そして、大根の葉っぱは、明太子とソテーして、少しの日本酒、お醤油で味付け~~~

Dsc00207

残ったお大根は、輪切りにして一塩してしんなりさせ、柚子風味の甘酢漬けにいたしました

取れたての鷹の爪もちゃっかりピリリ感を出してくれています♪

鷹の爪は、もっと早くに収穫しても良かったのですが、寒風にさらして、一層ピリリの持ち主になっていただきました~~~!

なかの種をとるうちから、目にしみるほどの辛さになっているようです!

いよいよ今年ものこすところあと三日となりました!

お店の方は、30日まで出ております

先ほど黒豆を水につけたくらいで、御節作りは、まだな~んにもなんです!

みなさんの師走は、いかがでしょうか~~~~~~!?

| | コメント (2)

2009年12月26日 (土)

クリスマスローズは咲いたかな!?

Dsc00184

ここに来て寒くなってきたものの、暖冬、暖冬といわれた今年、かのクリスマスローズは、どうしているのでしょう

去年は、クリスマス・イブの日に、ドンピシャリと咲いてくれたのですョ!

残念!ご覧のとうりのつぼみでした!

寒さが好きなクリスマスローズは、ことし遅咲きになりそうです!

Dsc00190

一方、通年でしたらもっと遅くに咲く水仙は、早くから咲き始め、花房の重みで首をかしげています(笑)

気温差による変化が、我が庭にも訪れていました

自然って、正直ですね!

Dsc00188

イブの日は、雪こそ降りませんでしたが寒い日となりました

お鍋のクリスマス・バージョン、チーズ・フォンデュあたりがいいのかなぁ~~~?

でも、これは思いついただけ!(笑)

今回は、手軽に!手軽に!ホット・サラダで、メリークリスマス♪ということに♪

Dsc00187

サッと湯がいたブロッコリーとプチトマト、きのこを交互に並べ、小さく刻んだカラーピーマンときのこを雪のように降らせ、塩、胡椒といつものドレッシングをかけて、オーブンで六分ほど!

焼き上がりには、きのことトマトの酸味の香りが漂って、食欲がもりもりもりです~~~

暖かなサラダと~~~

Dsc00185

地鶏のマーマレードソース焼き

アボガドと人参とルッコラのソテーを添えて

Dsc00189

オードブルは、切って並べるだけのマンゴーとオリーブの塩漬け

Dsc00178

そして、我が家の定番、煮物など~~~

いつもながらの晩ごはんとなったのでした~~~(笑)

Dsc00122

さて、サンタさんが、街のあちこちに~~~

こちらは、キッズたちのメリークリスマスバレー発表会♪レッスンの先生方が、サンタさんになっていらっしゃいました♪

ピザ屋さんは、サンタ姿でバイクに乗って、宅配~~~♪

このほか、店頭にも街角にも、サンタさんがいっぱい♪

赤のサンタさんに、元気をいただいくクリスマスでした!

| | コメント (10)

2009年12月21日 (月)

読売ランドのクリスマス・イルミネーション♪

Dsc00025

夜の散歩など、寒くてブルブルですが、用事があって出かけた先で

読売ランドのクリスマス・イルミネーションに行き当たりました!

Dsc00021

ここがメイン会場になるのでしょうか、ゴンドラもジェット・コースターも見えます

Dsc00030

あらっ!入園口では、可愛いサンタさんが出迎えてくれています

若いカップルでしたらチケットを購入して、お馴染みの絶叫系マシーンに挑戦するのでしょうか~~~

こちらはシニアです!!(笑)

美しいイルミネーションを愉しむのに止めました(笑)

Dsc00024

この季節、読売ランドでは、よるランド~星の降る丘~と銘打って、楽しいアトラクションが用意されているようです

Dsc00028 Dsc00028_2

大観覧車やゴンドラから眺める夜景は、さぞやでしょうし(遠くに、新宿、東京都心のネオンの海が~~~)

空から降る流れ星や雪の降るレストランなど、ロマンチックな演出があちこちに~~~

Dsc00026

イルミネーションのお花畑もあります~~~

Dsc00033

こちらは一見、どこかの工業プラントのようですが、いま人気の絶叫系マシンですョ~~~!

日本初のマイナス2Gの重力で、天辺から地上まで、ストン!と落ちてくるクレージー・ヒューストンです!!

この他絶叫系マシンには、ホワイト・キャニオン、ルービング・スターシップ、ウェーブ・スウィンガーなどがあるそうです!

Dsc00027

嬉しいことに、新年元日は、だれでも、元日からの三が日は、寅年うまれのひとはどなたも入園無料だそうです!

時に、空と自然の遊泳散歩も、おもしろいかもですね!!

| | コメント (14)

2009年12月18日 (金)

ソラマメ、さやえんどう、イチゴの冬支度♪

Dsc00096

ゴメン!ゴメン!寒い思いをさせちゃって!

なかなか出来なかった我が菜園の冬支度

ようやく今朝方やりおえて、ホッとしています(笑)

自家採取した種から育てているそらまめです

芽吹きまでがけっこうゆっくりで、二週間はかかったように思います

Dsc00114

不織布のトンネルに入れたのですが、何を隠そう、このトンネルの中の住人は、ついこの間まで白菜六株でした!(残り二株は、なんとかもちこたえていますが~~~)

収穫出来たのではなく、アブラムシの発生とその後の寒波でへとへとになってあの世に旅立たれたのでした(泣)

選手交替!というか、そらまめさんには白菜のおさがりで我慢していただくことに~~~

Dsc00107

苗を購入して育てているそらまめには敷き藁をしていたのですが、確か、そらまめは物凄く霜に弱かったように思うので~~~

Dsc00109

不織布でポールのまわりをぐるりと覆い、天井を洗濯バサミでとめるだけの、カーテンもどきの簡易防寒です!

Dsc00099

こちらは自家採取の種から育てているさやえんどうです!

どこか頼りなげなので、寒冷沙でカバーします

Dsc00101

プランターの中にポールを立て、ぐるりと囲んで、こちらも天井は洗濯バサミで止めてみました

Dsc00103

去年に継いでプランターで育てているイチゴには、敷き藁で霜よけ対策!

これで間に合うかどうか気がかりですが、ここにきて手持ちのカードがなくなりました!(笑)

しばらくはこれで辛抱してもらおうかな

Dsc00113

ここはあちこちで余った苗を寄せ植えしているゾーンです!

人参以外は殆ど葉物なので霜よけは必須なのですが、手持ちの材料がなくなってしまいました!せめて、籾殻でも撒いてあげたいなと思っています

なんとか、なんとか整え終えて、我が菜園を眺めると、あっちにこっちにボーっとかヌーっとした布のモンスターが~~~

夜になったら薄気味悪い景色となり、これは、泥棒よけにもなるかもですョ!!(笑)

| | コメント (12)

2009年12月14日 (月)

目白と大根と牛蒡の収穫♪

Dsc00079

目白が、二羽、四羽、六羽とつがいでやってきます

庭に咲く椿の蜜を吸い、樹木に棲む小さな虫を追い

梅の木に挿したリンゴ、みかん、柿を食べるのにあっちでツンツン、こっちでチューチュー、樹木を渡り歩くのに忙しいこと!

この日は雨だったのですが、おかまいなしです!

目白の他にも、シジュウカラ、ヒヨ、ジョービタキが入れ替わり立ち替わり

今年は、この仲間にツグミも加わり、子ガラスまでやってきました

Dsc00081

ところがある日、事件が起きました!!

まだ社会生活に慣れていない子ガラスをネコが襲ったのです

蕪の間引きに没頭している最中でした

グァーという悲痛な鳴き声が起き、振り返るとネコが子ガラスを襲っています!

急ぎ、ネコを追っ払ったものの、あわれ!弱肉強食の世界

ネコを咎めるわけにもいかず、ここをエサ場にしている鳥たちに、キオツケなくっちゃ!と通じるのかどうか、わかりもしない声をかけるだけ

目の前にある自然の生態を見守るしかないのです

そのうちカラスは来なくなり、ヒヨの飛来が減ってきました

小鳥たちは相変わらず、毎日のようにやって来て、食べるものがなくなると、窓辺で果物の催促をします

カラスやヒヨは、学習して、警戒しているのでしょうか!?

Dsc00087

大根の収穫までもう少しですが

Dsc00040

八月に種を蒔いた牛蒡は収穫です!

春蒔きのものより、ちょっと小振りですが、掘りたては香りもよくて、とても美味しい~~~♪

Dsc00065

裏で取れた里芋と一緒に鶏そぼろをつくり、サラダに致しました

Dsc09968

こちらは頂き物の大根でつくったぶり大根!

Dsc00074

おろし大根を生かしたなまこ酢も~~~

Dsc00055

大根をサラダ感覚でいただきたくて、サッと炊き上げ、トマトと大根菜のお味噌汁も~~~

ここ数日、我が家は連日、大根をせっせといただいております(笑)

いくらいただいても食べ飽きないのは、ジアスターゼのおかげでしょうか

胃にやさしいお大根です!

おいしいお大根をごちそうさまです 深謝

| | コメント (14)

2009年12月 9日 (水)

「奇跡のリンゴ」という本のこと

Dsc00056

Dsc00057

奇跡のリンゴ!

本屋さんでこの本に目が止まり、帯に書かれた案内文を読み、木村さんのお顔を眺めるうち、私は、この本にワープされたようにレジの前に立っていたと思います!(笑)

レジで支払いを済ませ、戻ってからは、ほとんど一気読みです!

Dsc00058 Dsc00059 Dsc00062 Dsc00068

凄い本に出会いました!

本屋さんで受けた印象をそのままに、本を隅々まで写してご紹介しています

不可能とされていた無農薬でのリンゴ作りに挑み、およそ10年という歳月をかけて夢を現実のものとしてしまった、前人未踏のノン・フィクション!

りんご農家、木村秋則さんの物語です!

人生読本ともいえるでしょうし

果物・野菜づくりに有効なヒントがあちこちに散りばめられたマニュアル本ともいえそうです!

生きるということに戸惑っている方にも

どう生きたらいいものか試行錯誤している方にも

家族愛って何だろうと思っている方にも

爽やかな風を誘ってくれる本のような気がします

もしも、気がむかれたら、本屋さんまで

偶然出会った素敵な本を、ひとり占めにしておくのはもったいないので~~~~~おすすめです!

| | コメント (14)

2009年12月 8日 (火)

ローゼル・ジャムづくりと種採り♪

Dsc09896

久方の目白が庭先で遊ぶある日、ローゼルでジャムをつくります

お鍋の中に、ローゼルのガク、同量の三温糖、レモンの絞り汁、香り付けのラム酒を入れて、コトコト、グツグツ、煮込んでゆきます

焦げ付かないように木ベラでかきまぜながら、コトコト、グツグツ~~~

いい香りがキッチンに満ちてくる頃、ローゼル・ジャムの出来上がり♪

Dsc09903

出来立てほやほやのローゼル・ジャムを小さな白磁の蓋物にとりわけて、今日は、パン食です!

Dsc09897

Dsc09904

パンにローゼル・ジャムをつけて、いただきます!

ん、旨い!!このジャムは、旨いぞ!!と家人

これまで数え切れないほどのジャムにお世話になってきましたが、これは、近年稀にみるほどのジャムです!

お気に入りのハスカップ、ルバーブ、いちぢくに並んで、ローゼル・ジャムはメダル取りにいけそうですョ~~~(笑)どれがゴールドになるかは、別として~~~

Dsc09902

Dsc09898

この日は、安納芋、紫芋、長ネギのクリームスープを用意したのでしたが、スープの中に、ローゼルティーの出がらしもしのばせてみました

ほんのり酸味の加わった薄むらさき色のスープ!!いつもと、ちょっと違うでしょう!?

Dsc09901

こちらは、トマト、玉ねぎ、ローゼルのチーズ焼きです!!

トマトとローゼルの酸味が心地よく、シンプルなお味のチーズ焼きとなりました

ローゼルは、ちょっと使うだけで、ほどよい酸味と甘みを演出してくれます!!

酢で〆た魚などと和えていただいても美味しいですョ!!

Dsc09878

しばらく後、ローゼルの種も出来上がりました

春の種蒔きから秋、11月の収穫まで、摂氏4度以上をキープできるところでしたら、ローゼルの栽培は可能のようです

ご希望の方がいらっしゃいましたら、種をお分けいたしております

ここに写った種の他、この後、たくさん種を採りましたので、どうぞ、お気兼ねなく、ご希望をおっしゃってくださいませ

花は、オクラの花のピンク版といった感じですョ~~~

来春の種蒔きが、楽しみですね!!

| | コメント (12)

2009年12月 3日 (木)

安納芋、紫芋、オレンジ芋、五郎島金時をクッキング♪

Dsc09876

どうしたことでしょう~~~南は鹿児島、佐賀、愛知、北は石川からお芋の便が届き、我が家のリビングには、お芋がゴロゴロしています

ちょっと!こんなにたくさん!どうしましょう!

嬉しい悲鳴とは、このことです!

四箇所、四種のさまざまなお芋たち

どのお芋も故郷とか生まれた畑とかの夢をしょって我が家に届いたに違いありません

ここは、厳粛(笑)に、おしいただかなくっちゃあ~~~(笑)

写真は、左手前から鹿児島安納、佐賀安納、石川安納

左奥から石川五郎島金時、石川オレンジ、石川紫、愛知紫のお芋たちです

Dsc09880

蒸し器でふかします、大きい紫芋と小さい安納芋もいっしょです(ちょっとムリがありますが~~~笑)

これを一気にいただくと、たいへんなことになりますから、試飲をする時のように冷たいお水を飲みつつです(笑)

安納芋は、三箇所、紫芋は、二箇所のお芋があります

家人と代わる代わるにいただきながら、それぞれビミョーに違うね~~~

南だから北だからということではなく、天候とか、その畑の土のようすで違うんじゃないの~~~とか、とか(まだ見ぬ畑を空想しています~~~笑)

安納芋は、まったりとした甘みが、なんともいえません

五郎島金時は、上品な甘みのお芋です

オレンジ芋は、とても面白く、最初に人参の味がして、それから栗カボチャの味、最後には果物のマンゴーを想像するような味でした

紫芋は、そのカタチがユニークです!のらりくらりと進むイモムシのようで~~~

味は、今回のお芋のなかでは最も淡味で、この紫の色がウリなのかもしれません

安納芋も、五郎島金時も、オレンジ芋も、シンプルにふかしていただくのが一番美味しい頂き方かもね~~~紫芋は、何か手を加えたほうがいいのかなぁ~~~という感想を持ちました~~~

でも、せっかくですからクッキング♪

今日の我が家は、お芋デーです!!!

Dsc09951

安納芋は、りんご、レーズン、少しのお砂糖、少しのラム酒、レモンの絞り汁とコトコト炊いて、ゼラチン寄せのデザートに

Dsc09948

オレンジ芋もお菓子です!久しぶりのかりんとう~~~♪

Dsc09947

紫芋は、自家製の里芋と一緒に炊いてお万頭をつくり、煮物碗に~~~

写真は、ふっくらしたお万頭にしたくって摩り下ろしの山芋をしのばせるところです

この後、片栗粉を加えてお万頭にし、蒸し器で蒸します

Dsc09949

蒸しあがったお万頭に、木ノ子とオクラと生姜のくずあんをかけていただきますDsc09950

五郎島金時は、具だくさんの芋汁に~~~

家人に感想をもとめると、どのお芋も旨くて、甲乙つけがたし!!とか

一番先になくなったのは、オレンジ芋のかりんとうでした!

久しぶりのお菓子だったからかもしれません(笑)

Dsc09869

こちらは第二弾の我が家のさつまいも、紅芋です!

チビです!でも第一弾の収穫芋は、もっとチビでした!

今回のさつまいもラッシュは、あのチビに起因しているのかも知れず、みなさまのご慈悲に深く感謝しつつ、ああ~~~我が家のさつまいもはダメですね~~~そのうち、いいお芋をつくれるようになりたいですね~~~と、つぶやくのでした~~~

美味しいお芋を、ごちそうさまでした

| | コメント (12)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »