« アピオスと菊芋を収穫~~~♪ | トップページ | 稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿で~~~♪ »

2009年11月17日 (火)

八ツ手の花と工芸のこと

Dsc09743

庭で八ツ手の花が咲きはじめました

花の無い時期の八ツ手は、地味いっぺんとうの庭木ですが、開花の時期を迎えると、庭に造形の神でも降り立ったのかと思えるほど、真白な輝きを見せます

良くみると、花も蕾も、緻密な象牙細工のようだ~~~

Dsc09705

25年ほど前になるが、中国を旅した折り、それは素晴らしい象牙細工の蓋ものや小動物に出会い、気に入ったいくつかを買い求めたことがある(今日では、世界動物保護条例により象牙の採取は禁止されているので、骨董物で無い限り、入手は困難になっているが~~~当時は、大丈夫でした)

長い間、手元において、その惚れ惚れする手の仕事に見飽きることはなかったが、どうしてもと言う友人の懇願に根負けして、今は、もう無い

おしいことをしたものだ!と思いつつ、八ツ手の花を眺めると、ここに、その象牙細工のまんまるの蓋ものがあるようで~~~気分は、悪くはない~~~

Dsc09748

毎年、八ツ手の花が咲くたびに、固いつぼみから開花までのプロセスをなぞり、そこに緻密でていねいなノミとか彫刻刀の手を思い浮かべてしまう~~~

日本には、縄文の土器にはじまり、安土桃山、江戸期の職人さんたちによるさまざまな細工物がある~~~例えば、引手(ひきて)、釘隠(くぎかくし)、自在置物、香合や香炉、櫛やかんざし、いんろうや根付、刀剣の鐔(つば)や小柄(こづか)など~~~

古いものの展覧の機会があるたびに、これほどの美意識にかられた細工物をみなくなってしまったなぁ~と思っていたのだが、ここに来て、ちょっと嬉しい、新しい工芸のウェーブが起きてきているようなのだ~~~!

この11月14日から、千鳥が渕近くの東京国立近代美術館工芸館で、現代工芸への視点~~装飾の力という展示が、その兆しかと思われる

Dsc09836

八ツ手の花は、自然の造形からなるものだが、人の手による造形には、作り手の美意識や心血が注がれ、ある種の音楽を奏でているように思えてくる

お時間がありましたら、散歩がてら、千鳥が渕まで~~~Dsc09841

お店の方でお馴染みの鈴木秀昭さんの近作も出展されています~~~

こちらは、鈴木英昭さんの縄文のオブジェ(お店に展示)

Dsc09840

こちらは、鈴木英昭作縄文オブジェの部分(お店に展示)

Dsc09837

こちらは、鈴木英昭作色絵金彩オブジェ~シャイニング・プラネット~

装飾の力展は、来年の1月31日まで開催中!

|

« アピオスと菊芋を収穫~~~♪ | トップページ | 稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿で~~~♪ »

コメント

ヤツデの木って結構一般的ですかね?
その葉っぱはよく見かけるような・・・
でも花は知らなかったな~ いや見たことあっても気にしてなかったのかもしれません。

そういえば、家人も畑の隅に小さな井戸があるの15年以上知らなかったというのですからビックリです。気にしてなかったんでしょうね~

マルコさんは日本古来の工芸品にも造詣が深いんですね~ お江戸にお住まいだとそんなことにも触れる機会が多いんでしょうね~

投稿: ワル猫です | 2009年11月18日 (水) 12時27分

マルコさん こんにちは(^^)

八つ手・・・・・?
初めてかも・・・・・ 知らないです~
変わった花ですね~^^
真っ白な輝き・・・・たくさんの花をいっぺんに咲かせるのですね?
マルコさんの中では
象牙細工を思い出させてくれる花でもあるんですね。

マルコさんのお店のオブジェも ステキですね^^

> 大きいキャベツでした~~
マルコさんのご想像通り、ゴロリと横たわっているキャベツ・・・(笑)
半分に切っても まだ入りきれないので、
食べまくりです~^^
朝の味噌汁にも キャベツたっぷりでしたよ~(^^)/

投稿: mana | 2009年11月18日 (水) 15時04分

うわ~(^@^)いいな、いいな~
ワタシ、こういうの好きですー!
縄文時代っていまよりずーっと星や月に近かったことでしょう。
面白い造形ですね(^-^)
ヤツデの花が今頃とはまったく知りませんでした(汗)
葉っぱの印象が強すぎて天狗が出てきてイメージがおしまい(笑)
こんなに美しい花が咲くのですね。蕾のまあ、素晴らしい造り!
工芸に携わる人々が古くから自然のものにヒントを得てきたことがよくわかりますね!!

投稿: gerogero | 2009年11月18日 (水) 17時34分

ワル猫さんへ

八ツ手の木って、昔は何処の家にも植わっていたような気がいたします~~~!
ワル猫さんのご実家にもありませんでしたでしょうか~~~!?
私のイメージでは、決まって外廊下の突き当たりのお手洗いのそばって感じなんですけれど~~~!(笑)
葉っぱはそっけないけれど、花は、素敵ですョ~~~!
日本古来の工芸品は、なにもお江戸に限ったことではなく、そちらにもたくさんいいものがあると思いますョ~~~!(笑)

投稿: マルコ | 2009年11月18日 (水) 21時55分

MANAさんへ

そっか~~~!八ツ手は、沖縄にはないんですね~~~!
でも丈夫そうな木なんですョ~~~!葉っぱも固いですし~~~
良く天狗のうちわに例えられます~~~!(笑)
花は、葉っぱとは大違いで、齧ったことはないけれど、カリフラワーみたいな質感で、ほんに象牙細工を彷彿とさせてくれます
オブジェも楽しいですよね~~~!
縄文のオブジェは、光りの加減で陰影がついて素敵ですョ~~~!
あああ~~~今日は、キャベツのお味噌汁だったのですね~~~!
MANAさん!キャベツとひき肉のミルフィーユをなさってみては~~~!?あっという間に、食べられちゃうかも~~~!(笑)

投稿: マルコ | 2009年11月18日 (水) 22時09分

gerogeroさんへ

縄文時代っていまよりずーっと星や月に近かったことでしょう>
このフレーズ、作家さんにお伝えしたいくらいです~~~!
そんなふうに見て、愉しんでいただけると、とても嬉しい~~~!(笑)
星、クレーターのように開いた穴の中は、目玉のようになっているのですョ~~~!なんだか星っ子みたいで~~~可愛いんです~~~!(笑)
八ツ手とくると、まず葉っぱ、そして、天狗なのですね~~~!
花も、いいです~~~!
もしかしてGEROGEROさんのところにもあったような~~~!?
ドクダミがたくさん咲いていたところに、ありませんでしたっけ~~~!?
そうなんですよね~~~!昔のひとびとは、自然に創造のヒントを見出すことが多かったのですよね~~~!
今も、そうでもいいと思うのですが~~~!?

投稿: マルコ | 2009年11月18日 (水) 22時24分

マルコさん  こんにちは(^^)

キャベツのミルフィーユ^^
ふふ、記事にはしていませんが、
サーモンとキャベツのミルフィーユを作って食べましたよ^^
ひき肉とでも 美味しそうです~

> あのチビ大根は、
間引きの大根葉についていました^^
小さいくせに、ピリリと辛みがあって ほんと美味しかったです (^^)
マルコさんは、間引き大根
どのように召し上がりましたか?

投稿: mana | 2009年11月19日 (木) 17時12分

manaさんへ

やっぱり~~~!キャベツのミルフィーユは、すでに召し上がっていらしたのですね~~~!サーモンと~~~!
じゃあ、なかなか減らないキャベツの一夜漬けというのは、いかがでしょう~~~!(笑)
間引きのチビ大根、ホント、美味しそうでした~~~!
我が家のチビ大根は、お味噌汁の具になりましたョ~~~!
あまりないので~~~!(笑)

投稿: マルコ | 2009年11月19日 (木) 20時58分

マルコさん こんにちは(^^)

キャベツの一夜漬け~~ それもアリですね(^^)b

> 秋たけなわの沖縄~~~
だと良いのですが、 2・3日は秋を楽しめそうですが、
週末から また26℃まで上がるみたいです~~
26℃って言ったら 初夏ですよね~^^;

東京は、11月に最高気温が10度以下になったのは
17年ぶりだそうですよね~
沖縄だけ・・・・なぜこんなに暖かいのでしょう~~
私は早く冬を楽しみたいのに~~^^;

投稿: mana | 2009年11月20日 (金) 12時59分

manaさんへ

もうそろそろ、キャベツのゴロリンコは、居なくなったのかなぁ~~~!(笑)
春のキャベツはやわらかいけれど、秋キャベツはそのまんまバリバリとはいきにくいですものね~~~!(笑)
そちらは、またまた夏日に逆戻りしそうなのですね~~~!
スーパーには、まだ沖縄のオクラが並んでいますもの、さもありなんなんだ~~~!
こちらはダウンを着はじめました~~~!
早く、涼しくなるといいですね~~~!

投稿: マルコ | 2009年11月21日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アピオスと菊芋を収穫~~~♪ | トップページ | 稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿で~~~♪ »