« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

庭の紅葉とトリュフのパスタ

Dsc09907

庭の紅葉がはじまった

いちばん綺麗な瞬間をカメラに収めたくて、明日かな?明日かな?と日を重ねるうち、裏庭の柿の木は、落葉をはじめてしまいました

表は、今がいちばんいいようです!

Dsc09924

下葉の方は、まだ、それほどでもありませんが~~~

今年の天候は、寒暖が日替わりのように訪れて、ちょっと変!そのせいか、例年の紅葉のように燃えるような赤にはなっていないようです

撮影をしているうち、誰もいないはずの庭に何か気配を感じて~~~

Dsc09940

そちらの方にカメラを向けて撮ってみると、何かまるいものが写っています

あれれ~~~何でしょう!?

反対側に移動して、またまた撮ってみます!

Dsc09942

何も、写っていません!

何か、気のせいだったのでしょう~~~

そういえば、逆光で撮ると、こんなまるいものが写ることが、これまでにもあったことですし~~~(笑)

Dsc09938

きっと紅葉の精が、こちらからのアングルの方が綺麗に取れるわョ~~~とも言っていたのでしょう

自然の中に気配を感じることって、有りますものね

Dsc09693

話は変わりますが、こちらはお見舞い用に買い求めた中国産のトリュフです

高価なフランスやイタリア産のものではなくとも、トリュフはトリュフで、香りはとてもいいのです!

この香りで闘病中の友の食欲をお誘いしたいと思っていたのです

でも、その思いはかなわず、その友は帰らぬ人となってしまいました

トリュフ入りの茶碗蒸しもスープも、飲んではもらえません

ルッコラの白和えをお持ちしてから、食欲がたいそう出て、好転したように伺っていたのですが、残念です!

Dsc09934

在りし日の友を思い出しながら

木ノ子と自家製落花生とトリュフのパスタをつくりました

Dsc09932

相棒は、百合根とローゼルとカニのサラダです

ローゼルは、お茶で頂いた後の出がらしを用いていますが、ほのかに甘酸っぱい味わいが残っていて、彩りとともに味のアクセント役を担ってくれたのでした

それぞれに美味しいけれど

もっと早くにトリュフの茶碗蒸しをお持ちしておけばよかった!と思うばかり

無念です!哀しすぎます!

でも、でも、友のご冥福を祈るばかりです

| | コメント (12)

2009年11月26日 (木)

落花生と最後のゴーヤを収穫~~~♪

Dsc09861

僅かに三株植えた我が家の落花生の葉っぱが枯れてきました

そろそろ収穫期を迎えたようDsc09862 です!

もう随分前になりますが、畑一面に黄色い花を咲かせている落花生に初めて出会い、その時に覚えた不思議感をいま、この手で追体験するようになるとは思いもよらないこと~~~果たして、落花生はできているのでしょうか~~~

不安と期待が入り混じる瞬間!枝を手にとって恐る恐るもちあげると、あららら~~~落花生が数珠繋ぎにでてくるではありませんか~~~!!!

こっちはどうかな、も一つこっちはと堀りあげるうち、思いのほかの豆の付きように、ヤッタ~~~と、小さなガッツポーズを作っているのでした~~~(笑)

Dsc09867

落花生は、夏の暑いさかりに花を咲かせ、その後、そこに子房丙というトゲのようなものが出てきて、そのトゲが土中にささることによって、初めてその先に落花生の実がつきます

土中にささらないトゲには豆がつきませんので、土寄せをして刺さり易いようにフォローするのですが、我が家の落花生は、どんどん株を大きくして、隣の畝にまで侵食しはじめたおかげで、土寄せが思うようにいかず、止む無く土を苗の上からかぶせるという荒業で育ててしまったのです

初めてのことですから、教わったようにできないと、どこかしら不安なままの、今日の収穫を迎えたわけだったのです(笑)

Dsc09872

ちょっと虫食いもありましたが、大きなザルいっぱいに取れた落花生

育てたものの役得ですョ!と教わった、取れたてほやほやを茹でていただきます

土を綺麗に水洗いで落とし、お鍋に水と海水より強めの塩を投入して、40分ほど火にかけて茹で上げます

Dsc09874

茹で上げたピーナッツをお皿に乗せてみました

チビからジャンボまでサイズはさまざまでしたが、大きいのは、普通のピーナッツの二倍くらいの大きさです!

口に含むと、なんとコックリ甘みのある深い味わいのピーナッツです!

ねっ、食べて、食べてと家人に試食を迫り、感想を聞かないそばから、美味しいでしょう~~~美味しいよね~~~を連発!(笑)

それほどビックリするほど滋養のある味わいの落花生だったのでした!!(笑)

Dsc09893

同じ日、今年さんざん我が家に苦味克服旋風を誘ったゴーヤが最期を向かえ、撤収となったのでした

その節は、みなさまにお世話になりました

お陰さまで、ゴーヤ独特の苦味にも慣れ、いい年越しができそうです(笑)

ゴーヤのそばに植えた朝顔が蕾をふたつ、残していました

Dsc09895

水切りして花生に挿すと、その夜の電灯のあかりを朝だと思ったのか、小さな花を咲かせていました

Dsc09892

翌朝、落花生の跡地に石灰を撒いておこうと土の天地返しをしておりましたらもうひとつ、ふたつ、三つ、落花生の落し物

いまにも芽が出てきそうな豆が土中から見つかりました

裏庭にちょうど空いた畝がありましたので、運試しです!

落し物を埋めておきましたとさ!

果たして来春、芽だししてくれるでしょうか!?

| | コメント (14)

2009年11月22日 (日)

稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿で~~~♪

Dsc09783

これは、稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿です

近頃、お店にいらっしゃる若いお客様から、器使いのバリエーションを絵で見せてほしいという声があり、どんな器を一番バッターにしましょうか?と悩みましたが、丁度手元に届いたばかりのグラタン皿がありますので、先ずは、こちらから~~~

Dsc09074

グラタン皿と名付けられていますから、先ずは、グラタンですよね!

茄子とピーマンと地鶏のグラタンです~~~

仕込んで、オーブンで焼き上げる時に、チーズを少し使っています

Dsc09122

そして、穴子と牛蒡の柳川風です!

耐火土で成型されたグラタン皿ですので、ガス台にも使えます~~~もちろん、電子レンジでも、オーブンでも大丈夫~~~頼もしいですね!

Dsc09762

こちらは、牛すきなべです!

サイズが小振りなので、牛肉と葱だけのすき煮ですが、何かぬくぬくのものが欲しいなぁ~~~という時に、お豆腐と白菜とか、貝と三つ葉とか、タラと葱とか~~相性が良ければなんでも良さそうですね~~~!(笑)お好みのもので~~~!

この他、チーズ焼きとか、中華風茶碗蒸しとか、チャンチャン焼き、ミニ・パエリアなども~~~!

Dsc09173

急なお客様の時に、乾きものが入ったこともありました~~~

スープやポタージュなんかも合いそうです!

Dsc09858

花器として用いても良さそうですね!

目白にツンツン突かれて、あちこち茶色く痛んだ椿ですが~~~!(笑)

Dsc09860

ミニ・プランツを愉しんでみるのも面白いかも~~~

こちらは庭にある雪ノ下と竜のひげをグラタン皿に植え込んで、八ツ手の花をあしらったもの~~~こけ球などの受け皿にもいいかもしれません~~~!

もっともっと、楽しい使い道があるかもしれません

どこまでご希望にそえたのかわかりませんが、今回を手始めに、九番バッターくらいまで、回を重ねることができるといいかなぁ~~~と思っています

Dsc09770

グラタン皿の他、稲葉さんの作品には、土鍋、お鉢、取り鉢、お皿などがあります

釉の使い方にデザイン性が加味され、作品のひとつひとつが面白く、楽しいものになっています~~~!

急に寒くなった今日この頃、ふうふういっていただくお鍋が恋しくなりました~~~!(笑)

| | コメント (14)

2009年11月17日 (火)

八ツ手の花と工芸のこと

Dsc09743

庭で八ツ手の花が咲きはじめました

花の無い時期の八ツ手は、地味いっぺんとうの庭木ですが、開花の時期を迎えると、庭に造形の神でも降り立ったのかと思えるほど、真白な輝きを見せます

良くみると、花も蕾も、緻密な象牙細工のようだ~~~

Dsc09705

25年ほど前になるが、中国を旅した折り、それは素晴らしい象牙細工の蓋ものや小動物に出会い、気に入ったいくつかを買い求めたことがある(今日では、世界動物保護条例により象牙の採取は禁止されているので、骨董物で無い限り、入手は困難になっているが~~~当時は、大丈夫でした)

長い間、手元において、その惚れ惚れする手の仕事に見飽きることはなかったが、どうしてもと言う友人の懇願に根負けして、今は、もう無い

おしいことをしたものだ!と思いつつ、八ツ手の花を眺めると、ここに、その象牙細工のまんまるの蓋ものがあるようで~~~気分は、悪くはない~~~

Dsc09748

毎年、八ツ手の花が咲くたびに、固いつぼみから開花までのプロセスをなぞり、そこに緻密でていねいなノミとか彫刻刀の手を思い浮かべてしまう~~~

日本には、縄文の土器にはじまり、安土桃山、江戸期の職人さんたちによるさまざまな細工物がある~~~例えば、引手(ひきて)、釘隠(くぎかくし)、自在置物、香合や香炉、櫛やかんざし、いんろうや根付、刀剣の鐔(つば)や小柄(こづか)など~~~

古いものの展覧の機会があるたびに、これほどの美意識にかられた細工物をみなくなってしまったなぁ~と思っていたのだが、ここに来て、ちょっと嬉しい、新しい工芸のウェーブが起きてきているようなのだ~~~!

この11月14日から、千鳥が渕近くの東京国立近代美術館工芸館で、現代工芸への視点~~装飾の力という展示が、その兆しかと思われる

Dsc09836

八ツ手の花は、自然の造形からなるものだが、人の手による造形には、作り手の美意識や心血が注がれ、ある種の音楽を奏でているように思えてくる

お時間がありましたら、散歩がてら、千鳥が渕まで~~~Dsc09841

お店の方でお馴染みの鈴木秀昭さんの近作も出展されています~~~

こちらは、鈴木英昭さんの縄文のオブジェ(お店に展示)

Dsc09840

こちらは、鈴木英昭作縄文オブジェの部分(お店に展示)

Dsc09837

こちらは、鈴木英昭作色絵金彩オブジェ~シャイニング・プラネット~

装飾の力展は、来年の1月31日まで開催中!

| | コメント (10)

2009年11月15日 (日)

アピオスと菊芋を収穫~~~♪

Dsc08578

夏の暑いさかりに花を咲かせ、香りがいいのでレモングラスと一緒にお茶にして愉しんだアピオス(7月15日付けのブログで紹介)が、立ち枯れてきた~~~!

待ちに待った収穫適期のサインです!

アピオスは、ピーナッツのような味のするアメリカ・インディアンのほど芋

その栄養価は高く、カルシウム、鉄分、ビタミンEを豊富に含んでいるのだとか

Dsc09719

蔓の根元を探るように堀り進んでゆくと~~~中から小さなお芋が、数珠つなぎに出てきました~~~!

あららら~~~その様子は、プリミティブな首飾り~~~

切れずに上手く収穫出来たら、綺麗に洗って乾燥させ、ネックレスにしてみようかと思案していましたが、残念!どの芋づるも切れてしまいました~~~!(笑)

もちろん、先ずは、お味見です!

Dsc09720

掘っている最中は、食べ物と言うより工作のパーツのように思えたものが、ザルの上に乗せると、にわかに食べ物に見えてきました~~~!(笑)

Dsc09721

小さいものも、大きいものも~~~ひさごのようなカタチをしたものもあります~~~!

どうして頂いたら良いものか悩みましたが、こんな時は、先ず、素揚げです!

Dsc09734

揚げたてのアピオスに荒塩を振って~~~

熱々を頂いてみると、ホント!ピーナッツの味です~~~!

今夜の晩酌には、ビール!!の声が上がりそう~~~!

なんとも面白、楽しい食べ物でしたが、時間が経つと固くなり、少し残ってしまいました~~~!

Dsc09684

別の日に、菊芋を収穫~~~!

去年自家採取したお芋を種芋に用いて育てたもの~~~

Dsc09685

帆立と一緒に、グラタンです~~~!

Dsc09686

そして、小松菜、帆立の貝柱と一緒にサラダです!

シャリシャリした歯ざわりは、去年と同じで、健在~~~!

今回は、自家栽培をしないかぎり食卓に並びにくいアピオスと菊芋のご紹介となりました~~~!

さて、両方とも来年もまた作るかどうか~~~畑の空き状態との相談です~~~!(笑)

| | コメント (10)

2009年11月11日 (水)

我が家のインフルエンザ対策~新生姜とニンニク♪

Dsc09700

今年は例年にない新型のインフルエンザで、予防接種が間に合わないまま、小さなお子さんの悲しいニュースが続いている

ここに来て、小さいお子さん、産婦さん、お年寄り、体の弱い方から順に予防接種がはじまった

これは、嬉しいニュースだが、おそらく我が家には順は巡ってこない~~~

今年は、気を入れた自己対策でもとらなければということで、我が家では、毎日、ニンニクと生姜を摂取することにした(写真は、プロの方の作ったニンニクと新生姜です)

ニンニクは、大きな免疫力増強に役立つでしょうし、生姜は、昔から毒消しに一番と言われているお馴染みの食材だ

毎日のお味噌汁には、昆布とかつおのだしを取る時に、ニンニクと生姜をひとかけずつ

まな板でたたいて加えることにした~~~

Dsc09716

そして、毎日作るお惣菜に、ニンニクや生姜をしのばせれば、まずまずかなぁ~~~

Dsc09717

こちらは収穫した菊芋を用いた酢豚だが、こちらにもニンニクと生姜を味のバランスがこわれない程度にたっぷり~~~!(笑)

Dsc09698

ごはんやお酒の友には、新生姜、れんこん、人参のきんぴら~~~

Dsc09736

新鮮な牡蠣があった時は、新生姜との炊き込みごはん~~~など、連日、ニンニク、生姜三昧の食卓になっているが、いまのところ、続けられそうな気配~~~

Dsc09752

おやつには、生姜糖を作ってみる~~~!

新生姜と三温糖だけで作るシンプルな飴

刻んだ新生姜と同量(お好みで~~)の三温糖を中華なべにとり、木ベラでかきまぜながら煮詰めてゆくと~~~鍋のなかが、クツクツしたような音になり、時折り、フツフツ、ピチピチ飛び跳ねるようになってくる(この時、火傷にご用心を!)

そして、飴状になってきたら~~~

Dsc09754

鍋のなかで固まらないうちにまな板に上げ、あとは、お好みのカタチに切ってゆけば、できあがり~~~

我が家は、チョコフレークのようなカタチに致しましたョ~~~!

Dsc09756

ポプリ用ガラスケースに入れて、いつでも食べ易いようにしておきます

ポンと口のなかに放り込むと、う~ん、生姜の香ばしいあじわい~~~

これを家人は、ことのほか面白がって、連日、クセになる味だなぁ~~~といいつつ、一個が二個、二個が三個の愛玩となっているようす~~~

我が家のささやかなインフルエンザ対策ですが、この他、ビタミン豊富なローゼル・ティーとか、お野菜、果物も合わせて、いただくようにしています

風邪よ、風邪よ、飛んでいけ~~~な気分です

| | コメント (14)

2009年11月 7日 (土)

白菜と聖護院かぶのこと

Dsc09683

白菜も聖護院かぶも冬の食卓には、欠かせない食材だ

白菜は、三度目の正直で成功なるか~~~聖護院かぶは、初挑戦なので、どこかしらビギナーズ・ラックを期待している~~~!(笑)

どちらも9月始めに種を蒔き自家苗で育てるつもりだったが、白菜の方は、途中挫折して、お店苗で育てている

Dsc09709

その白菜が、ここ数日前から巻き始めている~~~

ああ~~~ようやくここまで来た~~~と、嬉しくなる

一時は、成長点を残して、ほとんど夜盗に食べられ、どうなる事かと案じた

僅か八株の白菜の根元から、18匹もの夜盗を捕獲したのだから、なるべくして成ったとも考えられるのだが、夜盗とりには、決死の覚悟がいるようで~~~(笑)

もう、夜盗の心配はないだろうから、追肥して、ひたすら成長を待つことに~~~!

Dsc09682

一方、聖護院かぶ(写真中央が第一弾、右上の頼りなげな苗が第二弾です)は、10月31日にネットをはずすと、伸びづらかったのか、葉っぱの折れているものもあった~~~

千枚漬けの名産地、京都あたりでは、もうかぶの白い肌が土をもたげて出てきているだろうに、我が家の聖護院かぶは、まだ白肌を見せてくれる気配はない

野菜づくりの本を参照してみると、ここにいたるまでに二度ほど追肥が必要となっている

しまった~~~!間引きをする度の、追肥と土寄せを忘れていた~~~!

Dsc09706

ま、これからでも遣らないよりは施した方が良しとして、追肥、土寄せを行う

これじゃあ小かぶの株にしか見えないほどの幼さだが、こちらも見守るしかないのよね~~~!(なんという育ての親なのでしょう~~~笑)

Dsc09702

インカのめざめの発芽は、早く、芽だしから一週間でもう、間引きするほどとなった

Dsc09701

こちらはキッチンに転がっていたじゃがいもを種芋として植えたものだが、こちらも間引きしなければならないほど、たくさんの芽だしがあった

もうしばらく様子を見て、藁をかけてあげようかと思っている~~~!

Dsc09708

大根も、ゆっくりご成長の様子で、こちらもまだ白い肌がむっくり立ち上がってこない~~~!

どうやら全体にゆっくり~~~のんびり~~~な我が家の冬野菜たち~~~

ゴーヤやオクラなどの夏野菜に気を取られすぎていたので、のんびりかまえているのかなぁ~~~!(笑)

Dsc09680

これは、落花生です!!!

聖護院かぶのネットをはずした日の思いがけない産物です!

お隣りの聖護院かぶのネットに覆いかぶさるように育った落花生は、いつのまにか実をつけていたようで、ネットをはずすと、ひょっこりコロコロと顔を出したのでした~~~!

あれれれれ~~~!

ピーナッツが出来ている~~~!

初めて作る落花生の収穫適時は、葉っぱが枯れ初めてからとか~~~

まだ適時には早すぎるので、もうしばらく待ちますが、なんだか楽しみな落花生です!

| | コメント (16)

2009年11月 4日 (水)

宇宙芋とアオムシ!

Dsc09540

庭には金木犀の花の咲く頃のおはなしです

Dsc09381

こちらは10月2日に撮った写真ですが、宇宙芋の葉っぱはふさふさとして、小さく付いた宇宙芋は、これから大きくなろうとしていました~~~

ところが~~~!Dsc09493

数日後、その宇宙芋にアオムシがどっさり付いているのを発見!

キャァーですけど、なすすべもなく、一日置き、二日置きするうち、宇宙芋の葉っぱも実も、無残なことに食べられ、このままでは生命の危機を覚えるほどに~~~

救助の手が必要です!

Dsc09505

見渡す限り葉っぱは無く、お芋まで齧っています~~~

Dsc09514

お食事中のこもいますョ~~~

これは、天蚕だろうか~~~!?それとも大きな蛾になるアオムシだろうか~~~!?

眺めみやるうち、その仕草の面白さに、宇宙芋の救助のことを忘れ、遊んでしまったのでした~~~

Dsc09513

尻尾がなんともチャーミングなんです!

ぷよぷよの胴体を触る気はしませんでしたが、尻尾の黄色い部分をツンツンと突付いてみました~~~!

あららら~~~ふいを衝かれたアオムシは、とても敏感に反応して、からだをくの字に捻じ曲げて、こちらを見るではありませんか~~~!(笑)

おお~~~見返り美人~~~!

というか、ずんぐりむっくりなお顔~~~!

そんなに食べて、一体あなたは、これから先、何になるの~~~と問うてみましたが返事のあるわけもなく~~~

このまま観察を続ければ、宇宙芋はアウトだし~~~!

最後の決断は、こちらの手に!

仕方ありません!宇宙芋の救出をはかって、アオムシたちは捕獲し、ゴミ袋に入れてだしました~~~!(合掌)

茶色いアオムシも入れて18匹も~~~Dsc09507

果たして、宇宙芋の再生はあるのでしょうか~~~!?

Dsc09545

やれやれと感傷にふけっていると、宇宙芋のゾーンから離れて、モチノキの方向に向かうアオムシを発見!

まっ、一匹くらいお好きなようにさせましょうと思い、見逃しましたが、その後、大きな蝶が飛び立つ姿をみないのです~~~

一体、このアオムシは何になったのでしょう~~~!?

宇宙芋のその後ですが、ちらほら葉っぱや実の再生はあるものの、去年ほどの収穫は、期待薄というところでしょうか~~~

むかごくらいの大きさ止まりでしょうか~~~!

二日間、何もできなかったこちらの落ち度(?)の結果かな!?

| | コメント (10)

2009年11月 1日 (日)

オクラの花とローゼルの実~~~♪

Dsc09660

抜歯をしたちょうどその日、小包が届いて、箱を開けると、ローゼルの実が顔をだした

まぁ~~~!なんて、可愛らしい!!

はじめて見るローゼルの実に、歯の痛みは、何処かへ飛んだ~~~

Dsc09662

そっと手に取ってみると、摘みたてなのだろう~~その実の肌は、水分を含んで、まだ呼吸しているようだった

指で触ると、指は、その肌に吸い寄せられた

こんにちわ~~~はじめまして~~~!

Dsc09663

手に取って、姿、カタチを眺めていると、ガクを支える付け根の部分は、八つ(写真左)、九つ(真ん中)、十(右)とまちまちに分かれている

どうしてだろう~~~!?これから、良く、勉強してみなくっちゃ解らないことだ~~~

この実は、春先に朝顔の種に似たような種から苗が出来、その苗が育って夏から秋にかけて花が咲き、結実して出来たものだ

この実を、こちらに送って下さったブログ仲間のcocoさん、この実を作られたわいわいさんに感謝致します~~~こんなに素敵なものを~~~ありがとうございます~~~!

なんだかご縁のつながりで我が家にやってきたローゼルの実

Dsc09664

フレッシュ・ティーにして頂くと美味しいですョ~~~とのメモ書きにならって、ガクの部分をひとつひとつ手ではずして(手は、はずすそばから赤く染まってゆきますから、草木染めにも使えるかも~~~などと思いつつ~~~)、良く、水で洗い~~~

Dsc09666

ティーポットに入れ、熱湯とハチミツを注いでみたら

注ぎ終わらないうちにポットの中は、ルビー色と言ったらいいのだろうか、美しい赤色をしたお茶になって、甘酸っぱい香りが鼻をくすぐる~~~

カップにとって口に含んでみると、ハイビスカス・ティーにかな、アセロラ・ドリンクにかなと思える味わい~~~

いいですね~~~!美味しい~~~!これ、きっと、ビタミンCが多いかも~~~!

家人といえば、何もいわなくとも、目も、口元も美味しいといっているようだ

堪能しきったのか、これは、いい!毎日、飲もう!とても、いい!と感動しているようす

Dsc09668

その翌朝もいただき、仕事を終えてから二番茶までいただくうち、夢は大きくふくらんでゆくのだった

種とりをして、来年は、大事に育て、又、種取りをして~~~

Dsc09669

まだ庭に咲く、名残りのオクラの花~~~

ローゼルの花は、このオクラや槿、タチアオイなどの花に似て、淡いピンク色をしているのだとか~~~

大好きなオクラの花と似た花が咲く、と想像するだけで嬉しくなる

この頃では、広い畑に、ローゼルをたくさん育てたいナ、という気分になっている

物理的にムリなのに~~~(笑)

夢は、持ち続けていれば、必ず実現するものだということは、これまで何度も味わった

また、夢を紡いでみようか~~~そんな気を起こさせるローゼルの実

Dsc09672

もう、還暦をすぎたというのに~~~

いえいえ、やっぱり、夢は、持ち続けたい~~~

夢のもとを贈ってくださって、ありがとう~~~

| | コメント (11)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »