« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月28日 (水)

取れたての野菜で友と素食のランチ~~~

Dsc09632

庭に西王母つばきが咲いた

これを撮っている頃は、なんともなかったのに~~~~

そして、畑を見たいという友からの電話を受け、じゃあ、畑で取れたものでランチでも~~~と、約束を交わした頃も、なんともなかった~~~~

事は、その後、約束の日曜日を控えた金曜の夜に起きてしまった~~~

夜になって、奥歯がシクシク痛みはじめ、そのうちズキンズキンと脳天を突き破るほどの痛みに襲われてしまった~~~~ああ~~~これは、大の苦手な歯医者さんのお世話にならなくちゃぁ~~~!

翌日、歯医者さんに出かけ、この痛み、なんとかならないものでしょうかと問うたが、先生のピンセットか何かが、歯に触れた瞬間、こちらの右手は、宙をあおぎ、不覚にも目から涙がボロッと落ちるほどであった

これじゃあ麻酔も打てないし、治療のしようがないね~~~と、先生

結局、痛み止め、炎症止め、抗生物質などの飲み薬を処方していただき、痛みが落ち着くのを待つこととなった~~~

そして、迎えた日曜日~~~(痛み止めをしっかり飲んで~~~笑)

Dsc09654

ゴーヤ(自家製)、ブロッコリー、胡瓜、いちぢくのサラダ

Dsc09658

里芋(自家製)と合挽きの酢橘葛煮をつくり~~~ああ~~~いつも同じような煮物だなぁ~~~と思いつつ~~~

Dsc09655

収穫したエゴマをなんとか味わって欲しいと思い、スモークハム、りんご、長ネギを千切りしたものを自家製味噌とともにクルクル巻いていただくオードブルに~~~

Dsc09657

伊豆の鮎つり名人の友からいただいた鮎は、塩焼きで~~~飾りつけの野ぶどうの葉っぱが自家製です~~~!(笑)

この他、安納芋とルッコラ(自家製)のお味噌汁を用意していましたら~~~

Dsc09656

友達は、鴨と野菜の炊き込みご飯をご持参でおでかけ下さった~~~

そして、イタリアと日本を行ったり来たりなさっているという友達もお連れになって~~~

Dsc09659

そして、乾杯~~~

イタリアや日本の浮いた話など、殆どイタリアの大統領が主役となったような話だったが、会話は、はずみ、どのお皿にも箸は伸びて、どれも美味しいといって食べてくださり~~~楽しいランチとなった~~~

お二人揃って、ゴーヤの苦味が苦手だったのに(知りませんでした~~~!)、なんと!ゴーヤといちぢくのサラダがとても新鮮に写り、美味しいと思われ、これからは、それぞれのお宅のレパートリーに入れられるとか~~~良かった~~~!

ところで、歯の痛みは、この後、今日の抜歯まで続き、こちらは、ここ五日間ほど、食べるものも食べていないので、なんとなく体重計に乗る気になって測ってみると~~~

体重は、二キロ減り、メタボ指数は、四ポイントも上がっていた~~~!

痛みとの日々で運動量は落ち、体重は減っても、脂肪はほとんど燃焼せず~~~!といったところか~~~

ここ数日、いろいろとご心配をおかけして申し訳ございませんでした~~~

ぼちぼち、完全復帰できることと思います

コメントのお返事など、遅れ勝ちになるかもしれませんが、おゆるしくださいね~~~

お店にいらしてくださっていらっしゃる方々にも、ご心配おかけ致しましたこと、深くお詫び申し上げます

| | コメント (14)

2009年10月22日 (木)

里芋の試し堀りとねぎ、ゴーヤの収穫♪

Dsc09484

裏のうなぎ床のような半日陰の畑に、去年に引き続き里芋が植えてあります

よくいう連作ですが、やむをえません~~~この畑では、ソラマメ、黒豆、葱などを作ったこともあったのですが、いずれも上手くゆかず、今は、里芋専用のような畑になっています~~~(笑)(そうそう、アスパラもありました~~~)

それでも連作を回避するつもりで、収穫後は、春の植え付けまで、畝を耕し、牡蠣から石灰、油粕、米ぬかを撒いて、畑を休ませています~~~畑の自主再生を待つといった感じです~~~(笑)

さて、今年も、試し堀りですョ~~~♪

堀り起こしてみると、良かった!障害はなく、去年よりも小芋はたくさん付いているようです

バンザ~イ!!!

Dsc09486

さっそく、ささやかな収穫祭です!

里芋は、海老とモロッコインゲンと一緒に葛煮にして~~~

Dsc09456

カサゴは、から揚げ、蓮根は、素揚げして、酢橘をキュッとしぼっていただきます~~~

大好物のカサゴのから揚げを前にして、旨いなぁ~~~!この里芋は、格別だね!と、家人は言います

キメ細やかで、ねっとり~~~もっちり~~~旨い!旨い!(この日は、カサゴより里芋の方がよほど美味しかったと見えます)

こちらも一緒に、同調して、作って良かったとフッ、ホッと致します

Dsc09491

別の日、九条ねぎやゴーヤ、名前不明のサラダ菜などを収穫

Dsc09497

ゴーヤはリンゴと一緒にサラダに~~~

なんのこだわりもなくゴーヤを食べる家人!もう、すっかりゴーヤの苦味は大丈夫なようです(笑)おかげさまです~~~

Dsc09499

名前不明のサラダ菜二種は、葉っぱがちょっと固めなので、鶏ひき肉と味噌味のソテーに

Dsc09501

九条ねぎは、鯛とのぬたに致しました

Dsc09500

そして、うにごはん~~~!

こちらは、先日の九州物産フェアで求めた、長崎県五島列島のうにごはんの素を利用したもの

見た目より味で勝負といった感の炊き込みごはんとなりました~~~

美味しい~~~~~

畑からの収穫があった日は、食卓の会話もはずみます!

| | コメント (16)

2009年10月19日 (月)

イブ・ピアジェの薔薇の花束♪

Dsc09557

お見舞いの花だったり、お祝いの花束だったり、何かあると、アレンジや花束をお願いする花屋さんが近くにある

今日は、何用でしょう~~~と花屋さん

フラメンコの発表会にお持ちしたいのだけれど~~~

情熱的な花とかになるのかなぁ~~~

それと、哀愁を帯びた花とか~~~

そうそう、フラメンコには哀愁もありますよね~~~

こんなキャッチボールを花屋さんと交わし、友人の好みも伝えて出来上がった花束~~~

Dsc09558

真ん中の薔薇は、イングリッシュ・ローズで、イブ・ピアジェという名前が付いているのだそうだ

そのイブ・ピアジェと呼ばれた薔薇は、セロファンの向こう側から大きな微笑を送ってくれているようだ~~~

素敵に出来上がった花束を受け取りながら、先ずは、こちらが嬉しくなる(笑)

花屋さんと交わしたキャッチボールからどんな花束が目の前に現れるのか~~~思いがけない花の組み合わせで、ほとんど100%、シアワセな気分になれるのですから~~~(笑)

送る先の友人は、喜んでくれるかしら~~~

Dsc09597 Dsc09572

フラメンコの会場でのスナップですが、ぶれ気味、ボケ気味の写真となりました~~~!

なるべくお顔がはっきりしないものを選ぶと、こうなります~~~(笑)

当の彼女は、こちらと同じ年の同級生ですが、見事なステップを刻んでいました~~~

こちらでしたら、もたつきそうになる早いステップですョ~~~!(笑)

Dsc09559

そして、イブ・ピアジェの薔薇の花束を、まぁ~~~珍しい薔薇~~~と!!

嬉しそうに受け取ってくださいました~~~!

イブ・ピアジェは、ころころとした蕾を持ち、直径12CM程の大輪の花を咲かせる、バラの中でも大木の部類に入る薔薇だそうです

香りは、イングリッシュ・ローズ系の甘く、気高い香りなのだそうです~~~

この頃、庭に咲く花の写真をメールで送ってくれる薔薇好きの妹の庭にも、この薔薇が咲いているのだろうか~~~

花束を通して、作って頂く喜び、贈る喜び、はたまた、栽培してみたくなる未来をいただけたような一日でした~~~!

あ・り・が・と・う~~~~~~

| | コメント (13)

2009年10月16日 (金)

秋明菊の花の咲くころ

Dsc09394

秋明菊の花は、夏野菜から秋・冬野菜へ

畑が変貌をとげる頃に咲く

あっ!咲いてしまった!急がないと!になるか~~~

まだ、咲いていないから、元気で名残りおしい夏野菜は、もうしばらく置いておきましょう~~~など

判断の目安となる花だ

今年は、その秋明菊が10月3日に咲いて、少々、あせった!

Dsc09421 Dsc09423

スティック・セニョール、キャベツ、白菜などの苗は、定植を済ませたものの

秋・冬野菜の種蒔きは、なにも出来ていなかった

それからは暇をみては、畝をつくり、施肥をして、土を寝かせ(僅か一週間となってしまった~~~!せめて、二週間は、置きたかったのだが~~~)、種を蒔いて、畑は、ようやく土色になっていった~~~

Dsc09428

トンネル栽培の向こう側の芽だしは、大蔵大根で、こちら側は、聖護院かぶ

この後、一回目の間引きと土寄せを済ませ、いくらか大きくなっているが、まだ頼りなげな苗だ

Dsc09485

そして、この間の日曜日、ようやく第二弾の人参、ほうれん草、小松菜(第一弾は、プランターに蒔いていたのだが、ほとんど、虫たちのごはんとなってしまった)の種を蒔き、第一弾の仙台雪菜の種も蒔いて、インカのめざめと出島の植え付けを済ませることが出来た

仙台雪菜は、冬の寒さや雪に強いようで、白菜、大根などの収穫を終えた後の、なんともいえない畑の寂しさを補ってくれる

昨年、初めて植え、葱、ほうれん草とともに、青々と育ち、寒々とした畑に彩りを添えてくれた野菜だ

まだ、玉ねぎの定植を残してはいるものの、いくらか準備は整ったDsc09450

畑には、赤トンボやシジミチョウ、モンキやモンシロチョウが遊んでいる

庭に咲く季節の花は、作物づくりの時節を教えてくれる小さなサインなのかもしれない

忙しくバタバタしている私(この季節は、展示会、作家さんの個展などが目白押しなので~~~笑)に、いい意味の客観性をもたせてくれている

あ・り・が・と・う~~~~~

| | コメント (8)

2009年10月11日 (日)

九州観光・物産フェアに行ってきました~~~♪

Dsc09463_2

近くの代々木公園わきのイベント広場で、九州の物産展をやっていると聞き、さっそく行ってきました~~~!

久しぶりのグルメ散歩です!

Dsc09466_2

あらら~~~これは、美味しそうです!

フグからだしを取った、玄海うどんとあります!

ちょうどお腹が空いていましたので、いきなりですが頂くことにいたしました~~~

Dsc09468_2

魚と野菜のつみれの入った、だしのしっかりしたおうどん~~~美味しくいただくことができました~~~めんは、ちょっともっちりで、のどごし、つるつるです!

このブログにコメントをお寄せ下さるワル猫さんから、九州では、何処で食べても、うどんにハズレはないと伺っていました~~~

すぐお隣にも、五島うどんがありましたが、胃袋は、そんなに大きくはありません~~~

おみやにすることに致しました~~~(笑)

Dsc09469_2

九州には、日本酒も焼酎も、美味しいものがたくさんあります~~~

Dsc09477_2

そして、お魚や貝も~~~

果物やお野菜、黒豚や地鶏も~~~

ワル猫さんのブログでお馴染みのいきなりだんごや小城の羊羹もありました~~~!(写真も撮りましたが、ページのスペースに限度があり、あまりご紹介できません~~~)

Dsc09478_2

いろいろな九州の物産がどっさりありましたが、まさか、九州の温泉のお湯に出会えるとは、思ってもみないことでした~~~

熊本の山間のお湯と聞きました~~~

30秒手をつけてください~~~!手がつるつるになりますから~~~!

ならば~~~手をつけてみますと、しっとり、つるつる~~~

少しとろっとした感のある、気持ちのいいお湯で、しばらくの間、手はすべすべしていました~~~時間がとれたら、全身、つかりにゆきたいくらいです~~~!(笑)

お湯の後は、全身つかってもいないのに、何故か、のどに乾きを覚えて、日本で始めてつくられたというラムネ(九州がラムネの発祥地だそうです!)をいただいたりいたしました~~~

さっぱりとして、優しい味のラムネでした~~~!

Dsc09482_2

そして、こちらは、この日の収穫、おみやげです!

真ん中に、はぜみつとあるはちみつは、櫨の木に咲く花からとれたはちみつだそうです~~~珍しい~~というより、初めてのものなので、もちろんおみやに~~~

これから少しずつ楽しみたいと思っています~~~

九州物産フェアは、明日まで開催されているそうです

お近くの方は、ぜひ~~~

Dsc09461_2

話は変わりますが、代理ママをお引き受けして育てていたルッコラがようやく収穫できるようになりました~~~さっそくルッコラとりんごの白和えにし、スタミナスープも作って、闘病中の友人にお見舞いもかねてお届けしました~~~

とにもかくにも免疫力がついてほしい~~~

美味しい~~~!ルッコラの味がする~~~!ですって!

良かった~~~これで、ベニスの種の送り主の方のお気持ちが、彼女の舌に届いたというわけです~~~代理ママとしても、ホッと一安心~~~

美味しいは、元気の元ですものね!

| | コメント (19)

2009年10月 8日 (木)

るこう草と夜香木と、台風と

Dsc09349

星型をした、小さな赤い花をたくさん咲かせるるこう草~~~♪

つる性の植物で、エコカーテンにどうぞとの触れ込みでした

午後からの西日よけにいいかな~~~葉っぱのたたずまいも涼しそうだし~~~と、夏の暑い盛りに、あんずの木の根元に植えましたら、蔓は、どんどん伸びて、とうとうあんずの木のてっぺんまで達し、もてあました蔓は、あちらこちらに面白い伸び方をしています~~~!

あまりに、蔓のかっこうがおかしいので今日は、そのフォルムを~~~

Dsc09330

これは、メリーゴーランド~~~

Dsc09339

こちらは、音楽の女神でも舞い降りたかと思いました~~~

セレナーデを奏でているような~~~

Dsc09350

るこう草のサークル!宇宙人のいたずらではありませんが~~~!(笑)

Dsc09374

こちらにも、小さなサークル!丸くからまるのが好きなようです~~~

Dsc09418

そして、宙ぶらりんの、のの字~~~!

いったい、どこまで、伸びるの~~~!

なんで、こうなるの~~~!

あちこちに可笑しなカタチを作って、エコカーテンというより、お笑い小劇場の役目を果たしてくれたのでした~~~

Dsc09347

花の大きさは、るこう草とおなじくらいの、こちらは、夜香木

ま~だ小さな一年木ですが、お花屋さんからの頂き物です

小さいのに、夜が訪れると、いい香りを放ちます~~~

さて、どこに定植いたしましょう~~~金木犀、おがたま、沈丁花、イングリッシュ・ローズなど、香りの仲間が、またひとつ増えました~~~!(笑)

もう、植える場所はないはずなんですけど~~~!

Dsc09441

今日のお昼頃まで、突風を吹かせていた台風18号が去った後の畑です!

苗は、南東から北西方向に倒れ、つる性のゴーヤ、朝顔、夕顔、宇宙芋、アピオスなどは重く繁った箇所が、支えから離れて、空に遊び、明日の朝の手助けを待っています~~~

るこう草は、どうなったのでしょう~~~!?

写真奥のあんずの木にからまっているのですが、昨日までたくさん咲いていた赤い星型の花は、すべて散り、いろいろ愉しませてくれたつるのフォルムは、ぐしゃぐしゃになって見るかげもありません~~~

あ~あ、残念!

また元気を回復して、目を愉しませてくれるでしょうか~~~

苗の方は、起き上がってきているのですが~~~

| | コメント (8)

2009年10月 6日 (火)

夏の食材、いさきから秋の食材秋刀魚へ~~~!

Dsc09366

裏庭では、菊芋の花が咲いています~~~

今年の菊芋は、幹の太さも、背の高さも、去年よりちょっと大降りですが、土のなかのお芋は、時節いたって掘ってみるまで、上半身と正比例しているか、どうか~~~それまでのお楽しみです~~~(笑)

Dsc09406

裏庭には、里芋もあり、その葉っぱの上に、今年、はじめて植えたゴールデン・キューイーの蔓が~~~!

先日いらした庭師の方が仰るには、これは、暴れますョ~~~!なんですって!

狭い裏庭で、暴れられたらたいへんなことになりそうですので、折りをみて、どこかへ引越しになりそう~~~!(笑)

Dsc09383

今は、もう、秋だというのに、夏の魚といわれるいさきが我が家に~~~

Dsc09384

まだ、取れるのですね~~~

では~~~夏の食材と秋の食材のコラボで~~~

いさき、ゴーヤ、えのきだけ、柿のサラダをつくりました~~~

Dsc09385

サラダに半身、こちらにも半身、いさきと茄子とトマトとハーブのチーズ焼きを

さっぱりと、こってりコンビ~~~

Dsc09386

最後に残ったアラは、お味噌汁の出し取り用に~~~

我が家の場合、だしが出たなぁ~~~というところでアラは、取り出しています

もしもお味噌汁が残っても、後に魚くささが残らないように~~~という算段です~~~!(笑)

いさき一本が三つのお惣菜となりましたが、なんと!このお味噌汁の美味しかったこと~~~!

スープだけでも良かったくらいですが、おまけの落としたまごと白葱も良かったのか、ホッとするお味噌汁となりました~~~

Dsc09140

Dsc09138

そして、秋といえば、秋刀魚です!

秋といえば、きのこ、くだもの、魚、野菜、飛ぶ鳥まで~~~美味しいものが目白押しですが、やっぱり、先ずは、秋刀魚です!

で、秋刀魚を塩、胡椒、カレー粉、小麦粉ではたき、フライパンでソテーして、おさらの上に盛り込み、トマト、ピーマン、大根をころころにザク切りしたドレッシング・サラダのようなソースをかけて、いただきます~~~!

ソテーだけでも充分いただけるのですが、サラダのようなソースを和えていただくのは、お皿洗いの省力といいますか~~~手抜きといいますか~~~ところが、これが大うけでした~~~!(笑)

ひょんなことから美味しいものって、できるのですね!

食欲の秋と申しますが、お腹周りのサイズは、すぐ、もりもりもり~~~としてきます~~~!

ちょっとづつ~~~!ちょっとづつ~~~!ですね(笑)

| | コメント (10)

2009年10月 1日 (木)

美濃の陶芸家・浜田純理さんの黄瀬戸山柿と黒織部~~~♪

Dsc09361

つい先日咲いた月下美人をてんぷらにして盛り込んだ黄瀬戸のお皿、これは、美濃の陶芸作家、浜田純理さん作のお皿で、山柿という銘がついています~~~

浜田さんの窯へ初めて訪ねたのは、かれこれ20年ほど前の暑い夏だったように思います

美濃地方の窯場をあちこち廻り、鶴里という里山の浜田さんの窯場に着いた時、ここにはなんと涼しい風が吹いているのでしょう、と安堵した記憶があります

緑の木立が幾重にもかさなり、近くにはホタルの遊ぶ川が流れ、自然の息吹に満ちたところでした~~~

浜田さんは、桃山時代の黄瀬戸の再現を志し、もう三十年以上の歳月を黄瀬戸と向き合って作陶に励んでいらっしゃいます

手にバケツを提げて山に入り、桃山時代の黄瀬戸に用いられた地層を探し当てられては窯に持ち帰り、あのあぶらげ手の黄瀬戸の再現に身も心も尽くされました

Dsc09303

~会心のゆく黄瀬戸が出来ましたョ!山柿という銘をつけました~~~!見てやって下さい~と電話のむこうにはずむお声を聞いたのは、ついこの間のこと

もちろんですとも!ということで、黄瀬戸のこのお皿や小鉢やお湯のみ、黒織部のロックコップ、お湯のみ、わら灰釉の小鉢やゆったり碗などが届きました~~~

どの作家さんの作品も、いつものように自腹をきって使います~~~(笑)

あらら~~~食べ物が、お皿のうえに、どんどん納まってゆきます~~~ここでは、甘鯛の味噌漬け焼きを盛り込んでみましたが、お菓子も、焼き物も、お造りも、煮物も、和え物も~~~焼きおにぎりなども合いそうです

黄瀬戸は、秋にも春にも使える器ですから、たのしくなってきます~~~!

ちょっと野趣を含んだ懐の深いお皿のようです!

Dsc09070

こちらは、黄瀬戸の小鉢です!

和え物などは、なんでもあいそうですが、デザート鉢として、アイスクリームなどが入っても~~~

Dsc09004

そして、黒織部のロックコップ

てのひらに取ってみると、なんと座りのいいコップです!

Dsc09047

晩酌の席の小鉢として使ってみましょう~~~!

Dsc09049

小鉢の中には、畑から取れた人参、ピーマン、このほかひじきと切干大根をざっともどして胡麻和えしたものが~~~

Dsc09306

別の日には、日本酒をオンザロックで~~~

機能的には、ロックコップのほか、抹茶茶碗、小鉢、小向、そば猪口、吸い口碗、デザート鉢、蒸し碗などに使えそうです

これは、楽しみがふくらみます~~~

Dsc09305

わら灰釉のゆったり碗には、芋づるとヤリイカの佃煮を盛り込んでみました~~~

この他、ご飯茶碗にも、お抹茶茶碗にも、小鉢としても、多目的に使えそうです

届いた器は、どれも使いやすく、使うこちらをわくわくさせて頂けました~~~

申し遅れましたが、浜田さんの黄瀬戸は、桃山の黄瀬戸を真摯に学んで写したものとして、評価の高いものとなっています

作り手の浜田さんの熱意に負けないくらいの気分で、楽しく使いたいものです~~~!

また今度、あの自然味たっぷりの窯へ伺いたいものだと思います

| | コメント (11)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »