« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

オクラの異変とキャベツのその後

Dsc07966

身長17CMほどのオクラに、花が咲きました!!??

お店苗を定植したのは、四月の初め

もう少し身長が伸びても良さそうなもの~~チビなのに、結実期を迎えている

ちょっと!おませなオクラ~~~!

変ですね~~一大事です~~~(笑)

この二ヶ月を振り返って原因を探してみると、思い当たることが幾つか!!

南国の気候が好きなオクラなのに、早く植えすぎたこと

ここ二ヶ月の寒暖の差の激しい天候不順

おそらく一番大きな原因は、連作にしてしまったこと~~

背の高くなるオクラは、我が庭の日照の関係から、どうしてもここになるので、今年も、まっ、いいか!と植えてしまったのでした~~

その分、新土を入れ、落ち葉堆肥、牛糞、鶏糞、カキ殻石灰で土つくりをした後、米ぬか、米のとぎ汁酵母液で万全を期したつもりだったのですが~~~

結果は、ご覧のとうりです~~

果たして、気温の上昇とともに、オクラの成長はあるのでしょうか~~~

Dsc07891

トンネル栽培のキャベツにも、悲劇が起きています!

5月10日 トンネル内に、蝶を発見!!アオムシがいるんだなぁ~~~しばらく注意して、アオムシ、蝶をトンネル外に放つ日々Dsc07938

5月17日 所々、虫食いはあるもののキャベツは巻きはじめました~~~

ここまでは良かったのですが、アッと気が付いたときは~~~Dsc07996

ボロボロに虫に食べられ、悲惨なことに~~~

ほんの一週間ほどの間に~~~Dsc07997

やむなくネットをはずしてみると、キャベツはレース状態!

黒いふんが、あちこちにちらばっています!Dsc07990

犯人は、日陰や湿気の多いところに良く出る、この黒い虫でした!

外側のブロッコリーも半分は、この黒い虫のごはんとなったようです!

ア~ァ~~!ロールキャベツの夢は、あえなくネットの彼方へ消えていきました~~

苗をつめすぎて植えたのが敗因かも~~~

せっかく育った苗は、植えたくなってしまうし、野菜づくりに情は禁物ということなんでしょうね~~(笑)Dsc07994

コンパニオン・プランツとして、まわりに葱をはべらせた露地のブロッコリーは、元気です!

ずいぶん大きくなってきました~~~!!

何かが、元気でいてくれると、救われます!!!(笑)

| | コメント (11)

2009年5月27日 (水)

はじめてのモロッコいんげんとルピオス

Dsc07947_2

モロッコいんげんを種から育てるのは、初めてだ

ホームセンターで種や苗を選び、レジを済ませようとしていると、脇からこれも!と家人の手がのびた

モロッコいんげんだ!!

庭で取れる野菜が食卓にのぼるようになってひさしいが、近頃では、そのみずみずしさに味をしめたようで、ひょっとするとリクエストがある

そのモロッコいんげんに花が咲き始めた

ここまできたら、楽しみにしている収穫に半分くらい手は届いたかも~~~あと、もう少し~~~Dsc07937_2

こちらも初めてのルピナス~~~♪

別名アメリカほどいもというそうで、アメリカ・インディアンの健康野菜だそうだ!!

その成分が、凄い!!

カルシウムはジャガイモの30倍、鉄分は4倍、エネルギーは2.5倍

植物繊維はさつまいもの3倍、ビタミンEもあるのだとか

なんだか近頃弱ってきた足腰に良さそうな気がして、作ってみたくなったというわけ

初めてのことは、いつの場合も、未知数にあふれ、スリルをともなう~~~だから、作りたくなったとも~~~(笑)

はてさて、どんなお芋ができるのか、お楽しみ満々です~~~Dsc07958_2

胡瓜の花が咲き~~~Dsc07931_2

ピーマンにはチラホラと結実が~~~Dsc07964_2

里芋には二枚目の葉っぱが出始め、今年は100%の発芽です~~~ヤッホー~~~

Dsc07922_2

暑い日がありました

冷奴をわさびでいただきました~~~Dsc07926_2

家人がさげて帰った白海老は、庭のスナップやスーパー野菜といっしょに素揚げして、塩だけでいただきました~~~

フレッシュなものは、シンプルに、シンプルに、素材の味を楽しみます~~~Dsc07925_2

白い海老が油をくぐると、みるみる紅がさして、花が咲いたようでした~~~

北陸の海を思い浮かべつつ、美味しくいただくことができました~~~久々のことです~~~

| | コメント (12)

2009年5月24日 (日)

塗師・赤木明登著[美しいこと]を読みつつ~~

Dsc07944

塗師・赤木明登さん著作の、美しいこと、という本が、新潮社から出ている

ついこの間、本屋さんで見つけ、ものをつくる人の目線にこころ動き、買い求めた

まだ、読んでいる最中だが、素敵というか、ドキッとする一節に出会い、アレレレ~~~と、わが身を振り返る始末~~~

その一節は、食す、とタイトルづけしてあり、以下につづいている

台所は、いつもどこかちょっと生々しい。

食べられるものにとって、そこは殺戮の現場であり、

食べるものにとって、そこは命の糧を得る場所だから。

他者の命を奪い、生きていくものの感謝と祈りが、

台所の道具を美しい形にし、作法を生み出す。

だからこそ、台所は汚れていてはいけない。

食具は美しくなければいけない。

-------------

これまでにどこかで耳にしたような内容だ

母からだったか、お料理の先生からだったか、はたまた調理人の方からだったか、判然としない~~~

忙しさにかまけて、お鍋やヤカンの底が黒ずんでいたり、吹き零れの後始末が適当だったりする我がキッチン!!

時には、ピカッーっと綺麗にしなくっちゃ!!Dsc07822

庭では、ピンクのバラが咲き~~~Dsc07847

風のそよぎとともに揺れるはかなさ~~~Dsc07842

梅の木の木陰では、白花つゆくさが、真白の花を咲かせている~~~Dsc07905

紗羅の木の下には、雪ノ下が密集して育ち、こちらもまた白い花を咲かせている~~~

どれも日陰や木陰に咲いて、麗しいDsc07909

玉ねぎと牛蒡を収穫した~~~Dsc07863

毎日のように、相方をかえていただく玉ねぎのサラダ

今日は、ホタルイカと~~~Dsc07867

その次の日は、鯛と九条ねぎと~~~

赤木明登さん著[うつくしいこと]は、帯に、ものをつくる人々との対話から紡ぎ出した15の物語とある

読んで損のない、真摯な本のようだ

ものをつくるということに関心のある方によさそうな本だなぁ~~~と思いつつ、現在進行形の読書中で、早々と、おすすめです~~~(笑)

| | コメント (10)

2009年5月21日 (木)

到来物のわさびで鯛茶漬け~~♪

Dsc07870

思いがけなく伊豆産のわさびを頂戴した

とても立派なわさびに、嬉しい悲鳴!!

我が家では、いいわさびが手に入ると、おいしいお造りとわさび茶漬けを頂きたくなる口であるDsc07869

さっそく魚屋さんに走り、鯛を半身、買い求める

ルン、ルン、ルン、久しぶりの鯛茶漬け♪Dsc07873

こんな時は、お膳のしつらいも吟味して~~

ごはんも美味しく炊き上がるように、祈る~~~

Dsc07876

さあ、炊き立てのごはんの上に、鯛の切り身をのせ~~鯛皮を一塩してあぶったものものせ~~ねぎとわさびものせて~~熱々のおだしをかけて、出来上がり~~♪

香ばしいかおりが漂って、食欲をそそります

う~ん、おいしいね~~~!!

Dsc07872

家人は、一緒に頂いたわさびの茎の二杯酢漬けで、晩酌も愉しんでいます~~

Dsc07911

わさびと言えば、伊豆高原の池という地区の山間に開かれた、わさび田を思い出す

伊豆山系の山間から湧き出でる清水を利用して作られているのだが、ここは、夏の夕暮れに鳴くカナカナ(ひぐらし蝉)の鳴き声を追いかけて行き逢った、思いがけない、秘密の場所のようなわさび田なのだ

カナカナカナ~~~、カナカナカナ~~と山間に染み渡るようになくひぐらしの鳴き声とともに、忘れられない場所となった

わさびには、殺菌作用があるという

ちょうど今頃から梅雨にかけては、雑菌が繁殖しやすい~~

食卓に一本おき、何かにつけて摩り下ろしていただくと、胃にもやさしいということにならないだろうか~~~

Dsc07855

庭にはムラサキツユクサ族のトラディスカンチアが咲いている

もじゃもじゃの毛の生えるシラモンタナという植物は、同じツユクサ族だそうだが、manaさんのお宅のもじゃもじゃさんと、何処か似ているような~~~??いかがでしょうか~~~??

おしまいになってしまいましたが、とっても生きのいいわさびをごちそうさまです~~~深謝

| | コメント (12)

2009年5月18日 (月)

唐津焼作家:土屋由紀子さんのうつわ

Dsc07835

土屋さんと出会って、まだ日は浅い

二年前、唐津に旅した折り、街中で土屋さんの黒唐津徳利を見かけ、その足で窯を訪ねたのが始まりだ

しっとりとした奥行きのある黒に魅かれたのだが、訪ねてみると、白の白磁もあり、どちらもシンプルで使い易いカタチをしていたDsc07826

そろそろお店でセンター・テーブル展を致しましょうか、と計画していた矢先き、土屋さんの馬たらい型の黒唐津向付が、九州山口陶磁展にて、西日本新聞社賞の受賞作品となったDsc07801

その報告がてら、土屋さんはお嬢さんの万里子ちゃんを連れ立って、お店にいらして下さった

土屋由紀子さんは、1971年生まれの38歳

地元短大でクラフト・陶芸コースを選択、陶芸に手を染めたのをきっかけに陶芸家としての道を歩まれる

27歳の頃、土屋さんの黒唐津が唐津の陶芸家、中里隆さんの眼に止まり、ウチに来て修行してみないかとのお誘いを受け、弟子入りする(ご自宅からの通い弟子だったそうだが、大変、幸運な出会いだったといえよう~~~)

中里隆氏のもとで三年間の修行を積み、30歳で独立、由紀子窯を開窯

中里隆氏のもとでは、もうひとつ、幸運な出会いがあり、東京からお茶会の料理担当で出張していらしていた現ご主人と出会われている(そして、2004年に、結婚)

現在では、東京の自宅と唐津の窯を行ったり来たりの作家活動をなさっている

今回の受賞は、初出展の初受賞だそうだDsc07829

さて、作品を少しご紹介いたします

しっとりとした黒の肌に窯変の美しい大鉢です!!Dsc07833

こちらは白磁の作品群、オーバルのお鉢やいろいろなカタチの蓋物です!!Dsc07830

上段左側の向付が、受賞作となったものです

白磁や黒唐津の杯、白磁のお鉢など~~~Dsc07832

黒唐津のお鉢に、楓の葉っぱを浮かべると、中に何かお料理を盛り込みたくなってきます

冷奴でも、おそうめんでも、鮑のお造りでも、氷を張ると、いっそう食卓が華やぎますねDsc07837

こちらは、黒唐津と白磁の徳利など~~~

ここ数年来、黒いうつわ、白いうつわに人気が集まっている

土屋由紀子さんの作陶されるうつわは、たまたま黒い唐津であり、白い磁器であったのだが、こうした時代の要請にもぴったり合ったのか、ファンになられる方が増えてきている

最後に、これからの土屋さんは、どのようにお進みになりたいのかを尋ねた、唐津と東京との往復も大変でしょうし~~~と!!

~~いいえ、それが結構、気持ちの切り替えに役立って~~~こちらはこちらでいろんなことを吸収出来ますし、唐津に帰れば(行けば、とは仰らないところが、焼き物ファンにとっては、嬉しいところです)、作陶に集中出来ますし、今のところ、楽しくやっていますョ~~~とのこと

素晴らしいご主人の理解もあって、おばあちゃんになっても、陶芸にはずっと手を染めていたいのだそうだ

母となり、料理屋のおかみとなられた土屋さん、ますます使い易く、料理の映えるうつわを作ってくださることでしょう~~~♪

庭先に咲く、バーベナを一輪、徳利に~~~

| | コメント (6)

2009年5月15日 (金)

キャベツが大変~~!!

Dsc07812

初めてつくるキャベツ!

目標は、自家製キャベツでロールキャベツをつくろう~~~なのですが~~~

これは、結構難しい~~~

自家製キャベツで、お好み焼きなら、たとえ虫食いキャベツになっても、ドンマイ、ドンマイ、大丈夫なのですが、ロールキャベツとなると、中の具がはみ出てしまいますから~~~ハードルの高い目標ということになります(笑)

種を蒔き、苗を育てて定植し、防虫ネットを用いてトンネル栽培をし、九割がた虫をシャットアウト出来ているのは良いのですが~~Dsc07813

キャベツの成長とともに、ネット内が混み合ってきて、後列に植えたブロッコリーは、天井に頭がつっかえ、腰がまがってきています!

あ~ぁ~~~Dsc07816

プランター栽培のキャベツに目を移すと、虫に喰われて、あちこち穴だらけ~~~ネットをはずすわけには、いかないなぁ~~~

思案の末、ブロッコリーは野ざらしにして、アーチ棒を移動し、防虫ネットはキャベツだけにかけることに!ブロッコリーの行く末が心配ですが、やむを得ません~~~

夢のロールキャベツをめざして、ゴメン!ブロッコリーさん!!!Dsc07811

茄子の花が咲き~~~Dsc07809

気を揉んださつまいもの発芽もありました~~~

ただ、期待の安納芋ではなく、一緒に植えた紅芋の方かもしれません~~~

出てくれただけでも嬉しい、初挑戦のさつまいもです!

Dsc07817

土のたっぷり入る幅広深型プランターに蒔いた人参も、発芽して、身長が伸び始めました~~~

今年こそ、人参のプランター栽培を成功させたいものです~~~♪

| | コメント (10)

2009年5月14日 (木)

おがたまの花咲く頃

Dsc07807

庭に降りると、い~い香りがしてくる

バナナの香りだ!!

この香りとともにおがたまの開花を知るわけだが、ちょうど同じ頃、庭には、オールド・イングリッシュ・ローズが花ざかりで、こちらの香りと混じりあい、風向きによっては、かなり濃厚な香りとなることもある

おがたまは玄関のアプローチ近くにあり、バラの方はリビング近くにあって、庭の真ん中でブレンドされるようだ♪

今日は、バラ多めで、バナナ少しがいいんだけどなぁ~~~という気分になることもある~~~風のブレンダーさん、頼みますョ~~~!!

そして、みつばちたちの飛来が多くなり、庭に植えたトマトやピーマンに、ちいさな実がつきはじめる

あらっ、今年は、幅広深型プランターに初めて植えたイエロープチトマトが、結実の一番乗りみたいです!!(笑)

Dsc07808

ここ数日、ご心配をおかけいたしました~~

急にブログをアップ出来ない状態になり、その何故と対策に四苦八苦しておりました~~

からだの方は、いたって健康!!というか、ちょっと肩こりぎみ~~(笑)ですが~~

いろいろな方々に教わり、なんとか解決出来たようです!!

教えてくださったみなさま、ありがとうございました!!

深く、お礼申し上げます~~~~ふうぅ~~~

| | コメント (10)

2009年5月 9日 (土)

ちまきと人参、牛蒡の収穫

Dsc07720

五月五日の子供の日、大人ばかりのお節句となった!!??

久方ぶりの顔合わせで、最初のうちは近況報告やら景気の先行きやら、はたまた豚インフルエンザの異常なほどの警戒振りやらに話は及んで行ったが~~~

もやしもん!って、面白いね~~(東京農大の酵母菌チームを取り扱った漫画)

おっ、ちまき!!~~~懐かしい~~~背くらべだよなぁ~~~と、歌がはじまった~~~

Dsc07722

はしらのキ~ズは おととしの~~♪ ごがついつかの背くらべ~~~

ち~まきたべたべ 兄さんが はかぁ~ってくれた 背~のたけ~~~♪

あれっ!!この後、なんだったっけ~~~??

誰も、思い出せないまま、同じ歌詞をリフレイン~~~

いい大人が、大きな声を張り上げて歌う~~~Dsc07721

ちまきは、三枚の笹の葉にくるまれ、えもいえない香りがする

この包まれ具合いが、いいなぁ~~~

キリリとして、凛々しい!!男の子のお節句向きダョ!!

中身は、ういろうのようなものだったが、ちまきの巻き方にカンタンし、歌をうたい、楽しい午餐となった~~~

Dsc07681

ちょうど牛蒡と人参の初収穫となり(少し早すぎたが~~~)、さっそく~~~Dsc07730

五目ちらし寿司をつくり~~~Dsc07718

牛蒡と人参のかき揚げ、玉ねぎの天ぷら~~~

Dsc07732

たたき牛蒡と新玉ねぎの胡麻酢和えをつくり~~~

Dsc07731

べんり菜と小鯛の酢の物~~~

Dsc07663

お豆腐と新玉ねぎのサラダでおもてなし

ちまきのお陰で、みんな、どこかしら童心にかえった子供(?)の日となった!!

後日譚だが、休み明けに、いつもの唱歌に詳しい方と出会え

背くらべのうたのつづきが解った~~~!!

はかぁ~ってくれた 背のた~けの後は

きの~うくらべりゃなんのこ~と

やぁ~っとはおりのヒモのた~け♪でしョ!!とのこと

この後、またまたはおりのヒモの丈って、どれぐらい~~~??

と悩んだが、きっと子供のはおりのヒモでしょうから、15~18cm位じゃなぁいということになった!!

一件落着~~~~~!!(笑)

| | コメント (12)

2009年5月 6日 (水)

お待ちかねのイチゴの収穫♪

Dsc07715

雨が続いて、カラリと晴れた日

あちこちから、イチゴ収穫の声が聞こえてきた~~~

我が家のイチゴも摘みごろのはず~~~♪

Dsc07714

いつだったか、イチゴ農家の方に。種がプチプチして、はじけそうになっているのが、食べごろですョ!!と教わったことがある

ガクの部分には、まだ青さも残っていて、少し早いかなとも思うが、待ちきれない!!

赤いイチゴを摘みながら、ひとつぶ口の中にほうりこむと

甘酸っぱい果肉が、口の中ではじけた!!

う~~ん、おいしい!!

Dsc07684

もっと完熟させて食べると、二倍、二倍に(どこかのCMにありましたよね~~笑)なるかも~~~!!Dsc07686

どこか不揃いの大きさだけれど~~~

Dsc07688

おき場所がなくて、縁側で育てられたイチゴたち~~~

どのこも、おいしい~~~って!!

Dsc07725

ヨーグルトとはちみつをかけて、テーブルの上に置くと

いつの間にか、半分以上なくなっていた~~~!!??Dsc07726

食した本人は、味がしっかりしていて、旨い!!!と言う

少し、残しておいてねぇ~~~と、こちらは叫ぶ(笑)

Dsc07717

一緒に収穫したサラダ菜は

その夜、ソラマメ、玉ねぎ、カラーピーマンと混ぜ混ぜのサラダになった

こちらも、味がしっかりして、いつものサラダにメリハリを供してくれた!!

土が落ち着いてきたのかな!!??

| | コメント (10)

2009年5月 2日 (土)

スナップえんどうを岡釣り~~!!??

Dsc07593

家人の弟は、釣りが大好きで、折々、舟釣りを愉しんでいるようだが、ある日、お湯につかって、旅館の窓から釣り糸をたれて、魚が釣れたら、こんないいことないよなぁ~~~と言う

身近かな夢を話題にしていた時だったか~~~

その海釣りはムリだけど、我が家では、岡釣りができる~~~!!??

何を釣るかというと~~~Dsc07623

は~~い、スナップえんどうでございます!!

畑に植えたスナップえんどうは、縁側沿いにあるので、雨の日でも、家の中から収穫ができるというわけです!!

わぁ~~い!!スナップの岡釣りだぁ~~~とはしゃいでいたら、家人が、そんなに珍しいことでもないだろうと、笑う

植えた本数が少ないので、三日にいっぺんくらいの愉しみだが、これが楽しくてしようがない~~~!!(笑)

Dsc07631

プランターの胡瓜苗が、植え頃になってきた~~

定植予定地には、花を待つ春菊と種を取りたいルッコラが居座っていたのだが、ここが潮時かと思われる強風が吹いて、倒れたので~~~

Dsc07635

一部を残して撤収し、モロッコいんげんと胡瓜を定植~~~

同じつる性のものだからお隣どうしに植えたが、果たして、つるの行く末は~~~!!??

(胡瓜苗の向こうが、モロッコいんげんゾーンです)Dsc07636

茄子は、千成2号を四本!!

こちらは、お店苗ですDsc07637

ピーマンもお店苗で、三本~~~Dsc07643

トマトの予定地では、未だ玉ねぎが大きくなりたい!!と申していますので、アイ子、イエローアイ子、中玉トマトをとりあえずプランターで育てることに~~~!!

トマトは、このほか桃太郎、黒トマト(リベンジです!!)、フルーツトマトを予定していますが、いったい何時になるのやら、玉ねぎしだいというところ~~~Dsc07649

プランター植えの春菊は、最後までヒョロヒョロしていましたが、花の季節を迎えると、その細さかげんがちょうど良く、食べられはしなかったけれど、充分に眼を愉しませてくれています~~~!!

摘んで、竹篭にほんの二輪を挿すと、ワタシノイバショハ ココダッタノョ~~~!!ですって!!??

| | コメント (6)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »