« クリスマスローズとりんごの晩餐 | トップページ | 大根でクッキング♪ »

2008年12月25日 (木)

暖かな色たち・ショール、クッションなど

Dsc06249

強い北風が吹き、落葉樹の枝ぶりが、くっきり見通せるようになってきました~~

寒さも、いよいよ本番ですね

日向ぼっことか、焚き火、薪ストーブの燃える炎、太陽の残照、家々の窓から漏れる灯りなど~~あったか~なぬくもりの色が恋しくなります

こんな時こそ、暖色系の色たちにガンバってもらわなくちゃ、です!

今回は、マフラー、ショール、ストール、クッション、キリム、ギャッベなどの中から、暖かな色たちをラインナップしてみました~~

さあ~~年の瀬の色たちのショータイムです♪♪

手仕事の暖かさもプラスされていますョ♪♪

そして、どうぞ素晴らしいクリスマス、年の瀬をお過ごしください~~Dsc06467

クッションカバーですDsc06472

ショールですDsc06469

クッションですDsc06468

ストールですDsc06470

マフラーですDsc06473

ニットのワンピースですDsc06241

キリムやギャッベです

今回はすべてお店の中にあるものからご紹介いたしましたが、次には、戸外のなかに暖かい色を見つけてみたいと思います~~

|

« クリスマスローズとりんごの晩餐 | トップページ | 大根でクッキング♪ »

コメント

寒さは、これからなんですよね~~~。
こっちは、今年は暖冬かな~~?
今日も まだ20以上あります。

わ~ 楽しみ~~ショータイム!
クッションカバー、きれいな刺繍ですね。
とても細かいこと。
素敵です!見ていても 暖かくなりますよ~。

ストールのグリーンとピンクの組み合わせ。
これいいな~~と思って見ています。
なかなか こんな深いグリーンにピンクは浮かばないですが、
すっごく気に入りました。

投稿: mana | 2008年12月25日 (木) 14時02分

manaさんへ

あらっ~~沖縄は20度もあるのですか~~
ちょうど過ごしやすい気温ですね~~
暖かさに恋こがれているひとは、沖縄へどうぞ~~ですね!(笑)
ご紹介したものは、み~んな手仕事のものなのですョ~~
丁寧で細かいでしょう~~
そして、色づかいがなんとも気にいっています~~
manaさんは、グリーンの生地にピンク系の糸で刺繍したストールがお好みですか~~?
刺繍の花、なんだか沖縄にありそうですね~~
これは、インドのものなのですョ~~
見ていて、暖かくなっていただけただけでも嬉しいですョ~~

投稿: マルコ | 2008年12月25日 (木) 21時09分

色鮮やかな布たちですね~
ギリムやギャッベ 最初はキャベツかと思いましたが・・・色んな用途の布があるんですね~

次回は屋外、さて何があるんだろ・・・
思いつかないな~

冬は暖色系、見ているだけでもいいですよね~

投稿: ワル猫です | 2008年12月26日 (金) 08時19分

おはようございます♪
こちらは久しぶりに青空が覗いてるけど、寒いです。
色って不思議で面白いですね~
見てるだけで温かい雰囲気になります。

クッションカバーやキリムの色・・・
部屋にあるとステキでしょうね~♪
どれも刺繍なんですか? スゴイです~(@_@)

戸外の暖かい色も楽しみにしてます(^^)

投稿: トマコ | 2008年12月26日 (金) 09時28分

ワル猫さんへ

うふっ、キャベツですか~~(笑)
キリムやギャッベは、敷物で、ウールを草木染めして、手で織ったものですョ~~
大小さまざまなおおきさがあります
次回といっても、取りだめしてからのご紹介になるので、まだいつとは~~
おそらくアレ中心になるかと思いますョ~~
暖かな色を、おたのしみに~~

投稿: マルコ | 2008年12月26日 (金) 09時52分

トマコさんへ

こちらも今日は晴れて、青空がのぞいています~~
でも、風は冷たい北風で~す
先ほどからヒヨや目白が、みかんやリンゴが欲しくてチュク、チュク、ギー、ギー鳴いています
寒くなりましたから、暖かな色ですョ~~
家庭菜園とは違いますが、私のなかでは、手の仕事という面では、こうしたものもどこかでつながっています~~
お料理もね~~
あったか~な布、あったか~なお料理といった具合です~~
おっしゃるとおり、色って面白いです!
クッションカバーは刺繍の仕事になっていますが、キリムは、織りだけのもの、刺繍の手を加えたもの、変わり織りのもの、いろいろですョ~~
戸外の暖かな色は、取りだめしてからお送りいたしますね~~

投稿: マルコ | 2008年12月26日 (金) 10時15分

ご無沙汰してます~(^^;)
これは!わたし好みの世界かもっ!
暖かい色のざっくりとした織物をみていると
心がぬくぬくしてきます~
この色は独特ですよね。
ぜったい、ストーブ(それも原始的な)や暖炉、
あるいは焚き火なんかのそばを連想させてくれます。
織の目や手仕事の刺繍の中に「お話」があるような気がしてならないんです!
だって、こういうものたちは作るのにとっても時間がかかるでしょう?
異国の職人たちのいろんなおしゃべりを吸いこんでいそうです(^-^)

投稿: gerogero | 2008年12月26日 (金) 23時55分

gerogeroさんへ

うわっ、気に入っていただけましたか~~?
つっこみが鋭いなぁ~~
手仕事のものって、ほんと仰るように、編み目のあいだ、糸の重なり合う間に、作り手の方たちのお話が潜んでいるようですね~~
キリムなんかは、それぞれの織り込み模様に意味がありますし、織り手の方の気分でその意味の組み合わせが織られてゆきますので、ますますのロングストーリーとなるわけで~す
ほかにも日常的な思いや願いなどをひっくるめたおしゃべりがね~~きっと加味されていると思います
その様子のいいものをセレクトするのも仕事、かな
ぬくぬくの色って仰るように、原初的なものにゆきつくかもしれません~~お日様とか炎とか~~話はとびますが~~
とりぱんのとりのなんこさんも、こんな原初的な自然観をおもちのような気がいたします~~

投稿: マルコ | 2008年12月27日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリスマスローズとりんごの晩餐 | トップページ | 大根でクッキング♪ »