« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

だし昆布で佃煮づくり♪

Dsc06166

今日は、なぁ~んにもいらないョ、と家人の声

あっさり素食がいちばんのご馳走という日があります

そんな日に、ぴったりのだし昆布の佃煮づくり~~~Dsc06163

ちようど塩漬けしておいた紫蘇の実もまだのこっています

お鍋の中に、ざく切りしただし昆布、紫蘇の実、だし、お醤油、味醂、少しのお酢、鷹のつめを入れてコトコト、コトコト炊いて見ました~~~Dsc06168

炊き上がった佃煮は、タッパーに移して~~~保存食となります~~~

チョッとつまみ食いしてみると~~~お酒のあてにもいけそうですし、なんといっても新米が美味しく頂けそうです♪

Dsc06212

この日の晩御飯は、いたってシンプル!!Dsc06214

出来立ての昆布の佃煮が主役です!!

神崎継春作わら灰釉向付に盛って~~~Dsc06218

白菜の昆布漬けは、同じく神崎継春作紫紅釉深皿に~~~Dsc06225

自家製梅干は、京焼き染付け小付けに~~~Dsc06223

ブロッコリーと岩ひじきとルッコラのサラダは、土屋由紀子作黒唐津盛鉢に~~~

盛り込むお惣菜があまりにもシンプルなので~~~器は、ちょっぴり気を使いました~~~

眼でもご馳走になるように~~~

よくよく見ると、タンパク質も脂肪分もない食卓~~~

こんな日もあっていいのかな!!??

| | コメント (10)

2008年11月25日 (火)

大根の植え替え(??)と台湾つばき

Dsc06142

我が家の大根は、第一回目の摘み菜が遅かったからか、成長はいまひとつ

それでも混み合ってきたので、もう一度と思い立った頃には、摘み菜の域をこえている大きさでした~~~

あ~ぁ、どうしよう~~~もったいないなぁ~~~

このままにしておいてもいいけれど、小さなお大根しか取れなくなっちゃうなぁ~~~Dsc06050

根菜の植え替えなんて聞いたことがないけれど、タイミング良く畑に空きスペースがあります♪

一大決心をして、大根の植え替えを試みてみることに~~~

写真は、植え替えてスグのショットですDsc06138

植え替えて一週間がたちました~~~

そと葉は枯れ始めていますが、新しい芽が出てきています♪♪

なんだか、根付いたみたい~~~♪

果たして、出来るのは小さなお大根のような気はいたしますが、上手く出来たら、ご喝采です!!Dsc06144

秋に種を蒔いた九条太ネギは、難航しています~~~なかなか大きくなってくれませんDsc06143

秋蒔き水菜の第二弾です~~~

第一弾ぶんの水菜は、一度の収穫を終え、ただいまエンドレス・ラインにのれるか、どうか、成長待ちのさなかですDsc06170

プランター植えのスナップえんどうには、つるが出始めています~~~

ちょっと早すぎるような気がしますが、霜や雪の心配もあることですし、ミニ温室を作って、このままで春を待とうかと思っていますが~~~

Dsc06174

台湾つばきの花が咲き始めました~~~

つばきが咲くと、小さな訪問者がふえま~す

目白なのですが、ホント、椿の蜜が大好きなようで、早朝から賑やかになります♪Dsc06175

西王母つばきも、つぎつぎに開花して、我が家やお店の掛け花生に活けることも~~~

雌しべ、雄しべの美しいうちに活けたいなと思う時は、目白との競争になりますが、ほとんど目白ちゃんの勝ちとなります~~~

こちらは、夜が遅いので、いつまでたっても勝ち目はなさそう~~~

蕾が開きかかる一歩手前のところを摘むしかありませ~ん

| | コメント (10)

2008年11月22日 (土)

庭木の紅葉と堆肥

Dsc06169

久しぶりに晴れ上がった朝、庭に出て見ると、柿の木が見事に紅葉して

昨夜来の風で、根元に落ち葉を敷き詰めていました~~~

きれいだなぁ~~~Dsc06177

我が家の庭木の紅葉のなかで、楓やブルーベリー、錦木の紅葉にもあじわい深いものがあるけれど、見事さにおいては柿がいちばんかもしれない~~~

残念なことに見事な方は渋柿で、もう一本、背丈三メートルほどの富有柿は、まだ実をつけたことがないDsc06088

初秋にあった集中豪雨で、大木化した菊芋は富有柿をおおうように倒れ、以来、柿のようすが良く分からなかった~~~

菊芋も枯れが進み、ひと頃の勢いはみるかげもないが、その下で、なんと甘柿が実をつけていました♪

わずか三個だけれど~~~これは、我が家のトピックスです!!Dsc06135

落ち葉といえば、堆肥づくりです~~~

枯れ葉と手作りのボカシ(酵母液と米ぬかで作っています)、土を利用して堆肥をつくっています

コンポストがないので、自然なかたちで~~~

落ち葉を集めて~~~落ち葉、ボカシ、土の順序で小山をつくり、ビニールで覆って、重しを乗せて置くだけ~~~

多少、不完全な感もありますけれど、畑に漉き込んでおれば、いつのまにか土に帰るようです

そうして出来た堆肥を秋胡瓜の跡地に撒いて、ボカシも撒いておきました~~~

さあ、ここに何を植えましょう??

プランターで大きくなったサラダ菜かべんり菜でも定植しましょうか~~~Dsc06178

落ち葉を拾って~~~お皿にのった柿の紅葉で~す

Dsc06179

眼でいただきましょう~~~Dsc06180

アレレレ~~~ぼかし染めのような模様があります!!

どうして出来たのだろう~~~!!??

酸性雨の影響なのかな~~~それとも鳥たちのおしっこだったりするのかな~~~

頭の中は、疑問符だらけです!!

何にしろ、美しい紅葉の景色でした~~~

| | コメント (12)

2008年11月19日 (水)

我が家のポン酢をつくりましょう♪

Dsc06016

これポン酢にすると美味しいのよね、つくってみてね~~~

メッセージ付のカボスを頂戴いたしました♪

食べ物のことに関するおしゃべりは楽しいものです

お年の方のお話には、思わぬ隠し味が潜んでいますし、若い方には、便利なグッズ情報がいっぱい~~~

さあ、我が家用ポン酢づくりです!!Dsc06146

とってもカンタンなんですョ~~~

まず材料をふたつ割りして、レモンしぼり器で果汁をしぼり取り、ふきんや茶漉しを用いてこしておきます

たくさん作りたいので、おみかん、柚子も一緒に絞りました~~~Dsc06147

だしは昆布だけとおっしゃる方もありますが、今回は、昆布とかつおだしにいたしました~~~Dsc06149

茶漉しでこした絞り汁が、300CC出来あがりました~~~

これを保存ビン(ペットボトルを使用)に入れま~すDsc06150

お醤油は、絞り汁と同じ300CCでオーケー

これを保存ビンに加えますDsc06151

そして最後に、さまし置きしただし汁300~450cc(お好みで)を投入

今回は、350CCに致しました

酸味の利いたタイトな味が欲しい方は、お酢をお好みで加えてひと煮たちさせ、さまして保存ビンにストックされても~~~Dsc06155

フタをして保存ビンごと、よ~くシェイクしたら~~~自家製ポン酢の出来上がりです!!

ちょっと味見してみると、やさし~いまるみのあるポン酢ですDsc06157

そうだ!!これを使って、冷凍庫に眠っている赤身のお肉と自家製里芋を炊いて見よう!!

善は急げ~~~とばかり、お肉、里芋、だし、ポン酢、黒砂糖、生姜(お肉の臭み取り)、鷹のつめをお鍋に投入して、コトコト煮込みました~~~Dsc06159

お鉢に取って、オクラを散らし~~~食卓へ

いつもの炊き合わせとは、ひと味違った、それはそれはやさしいまあるい味のお肉と里芋となったのでした~~~

これには、家人も久々にニッコリ♪

最近、手抜きの料理が多かったものねぇ~~~反省

お蔭様でカボスをおいしく頂いております 深謝

Dsc06162

美味しかったので~~~アップで~す(笑)

| | コメント (10)

2008年11月15日 (土)

月下美人の種と介藍の初収穫

Dsc06094

庭の木々が色づいて、落ち葉となるころ、夏野菜の種もちょうど採り頃となりますDsc06026

野菜ではありませんが、今年何度も花を咲かせた月下美人

その種は、およそ美しい花からは想像もつかないほどに肉感的で、南の国のフルーツを思わせます

このなかに、マンゴスチンのように小さな黒い粒状の種がいっぱいはいっています~~~

まだ種から株を増やしたことはありませんが~~~(挿し木だと、とってもカンタンなので)一番さいしょの芽はどんなでしょう~~~

Dsc06095

モロヘイヤの種は撤収後、軒下で乾かしていました~~~

気がつくと種は、鋭利な剣のよう~~~枯れても生きているようですDsc06086

にらの種は、カサこそと風にゆれていました

そっと手のひらに置くと、種は待ちかねたようにパラパラと転がり落ちてきました~~~Dsc06090

紫蘇の種はあちこちに出来ていてわざわざ種を取らなくとも、来春きっと芽を出してくることでしょう~~~

このまま、そっとしておきましょう~~~♪Dsc06100

キャベツのようなブロッコリーのような味わいのする中国野菜、介藍を初めて収穫いたしました~~~

種の入った袋にある写真を見ると、ブロッコリーの側枝にできる花芽のようなものが出来るはずなのですが~~~待てど暮らせど出てくる兆しがないので、待ちきれずにというわけです~~~

にんにくとごま油で中国風に青菜炒めと洒落込みましたが、やさしい青菜の味はするものの、キャベツの甘みとかブロッコリーの青くささは感じられなく~~~茎の部分の繊維質が印象にのこりました~~~

種まきから収穫まで45~60日とありますから、9月の始めに種まきしたこの介藍は、ちょっと時間がかかりすぎたかもですDsc06103

収穫した野菜と冷蔵庫の整理もかねて、鍋にいたしましょう~~~

鳥のひき肉、宇宙芋、長ネギ、卵、味噌、片栗粉で鶏団子をつくり~~~

だしをとった鍋に、野菜、キノコ、白滝を投入、鶏ダンゴもスプーンですくって鍋に入れ~~~お酒と味噌で味をととのえま~す

クツクツ、コトコト煮え立ったら~~~海老も投入して~~~残り物ばかりなのに、鍋の中が賑やかになってきました~~~

ヨーイ、ドーンで、いただきまーす!!Dsc06112

お酒のあては、ほうれんそうのおひたしに作り置きのいくらの醤油漬けをかけた小鉢

はたはたの干物、白菜と蕪のこんぶ酢漬け~~~

種も取れたし、メデタシ、メデタシとおもっていたら~~~深夜というのに、ゴトッ、ガタッという物音~~~

あっ、また猫たちが、畑に来たようだ~~~

| | コメント (14)

2008年11月12日 (水)

藁マルチと胡瓜・里芋の収穫

Dsc06079

嬉しいことに茨城の方から藁を分けていただくことができました~~~

ラッキー♪

マルチもせず、不織布もかけず、寒冷紗もかけずで、これまでやってきましたが、二度の冬を経験して~~~やっぱり冬は~~~野菜たちに手助けが必要かと~~~

今年は昨年実験的に試みたミニ温室に加えて~~~藁マルチと不織布、寒冷紗なども導入してみようかなぁ~~~

とりあえず、玉ねぎに藁マルチ~~~

玉ねぎは水分を欲しがるそうですから、これで保湿効果も期待できるかも~~~Dsc06080

根菜の牛蒡にも藁マルチ~~~

霜対策のつもりですが~~~藁をしいてやると、ま~だ小さな牛蒡が、背伸びして顔をだしているようで~~~いとおしい~~~Dsc06053

空豆にも~~~

これには、寒さと雪対策で、もうしばらくしたらミニ温室をつくってあげようかなぁ~~~Dsc06051

裏のじゃがいもにも~~~

インカのめざめか、きたあかりか、出島か、どのジャガイモかわからなくなってしまいましたが二株だけ植えました~~~こちらは何もしなくても大丈夫かなぁ~~~Dsc06049

久しぶりの収穫です!!

我が家の里芋は大野いもで、必要に応じて少しずつ掘っていますが、なぜかしらどの芋にもヒゲがあるんですよね!!??

このヒゲは、種芋化しているということなのかしらん!!??

早く掘れ!!コールなのかなぁ~~~!!??

掘りたての里芋は、京人参といんげんと一緒に炊き合わせで~~~(下の写真)

秋植えの胡瓜、空心菜、仙台雪菜、オクラ、ルッコラも収穫いたしました~~~

胡瓜とルッコラとコハダとホヤの三杯酢を作りました(いちばん下の写真)

美味しいお豆腐やさんのおからがありましたので、長ネギとヤリイカと卵と塩でチジミ風お焼きを作ってみました~~~(いちばん下から二番目の写真)

晩御飯をいただきながら~~~野菜たちに、藁のお布団の寝心地はいかが~~~と、聞いてみたくなりましたが~~~聞いてみたとて、応えがかえってくるわけで゛もなく~~~ただただ本人が大満足しているのでした~~~

Dsc06076

Dsc06077

Dsc06075

| | コメント (12)

2008年11月 9日 (日)

スターフルーツと柘榴

Dsc05374 Dsc05370

ここのところお客様がつづいている

足りないものがあって、デパートに足を運び、地下の食品売り場でスターフルーツを見つけた

あまりに形が面白いので、我が家に連れて帰ることと致しました

Dsc05374_2

窓際に置いてみる

ちょっと、ずんぐりむっくり~~~近づいて良~く見ると肉厚の唇に見えてきて~~~

ふっふっふっと、話しかけられているような錯覚を覚えた

ありゃあーーー生き物だ!!

昔、TVの深夜番組に出てきたキャラクター、ゲバゲバににているようなぁ~~~Dsc05371

お尻の方を見て見ると確かに星のカタチをしています

でも、五角形じゃなくて、六角形ですねぇ???

突然変異のスターフルーツを連れて帰ったことになるのかな!!??Dsc05739

おもしろついでに、こちらは、頂き物の柘榴

またしても生き物のように見えませんか~~~??

どこかネバー・エンディング・ストーリーの石の精のおじいさん(名前を思い出せないのですがーーー)に似ている

このところ畑もお料理もさぼりがち~~~この柘榴の精にコラ、コラと諭されそうだなぁ~~~Dsc05744

柘榴が知恵者の賢者としたら、ひつじのぬいぐるみは、誰でしょう(笑)~~~Dsc06047

グンと冷え込んできました

今夜あたり、鍋~~~でしょうか~~~

結局、スターフルーツはこの後、黄色く熟して、甘味な芳香を漂わせてくれました

けんしょう炎で思うように動けないわが身にとっては、ありがたーいフルーツとなってくれたのでした~~~♪

| | コメント (10)

2008年11月 5日 (水)

プランター牛蒡と人参のその後

Dsc05957

夏のおわりに、プランターに種から植えた牛蒡と人参

これくらいは伸びるだろうなーーーと、深さ50cmのものを用意いたしましたがーーー

思い描いたようにはゆかなくてーーーいまだ身長20cmくらいです

どうしてなのか、よくよく考えてみますとーーープランター栽培って、土寄せが出来ない!!ーーーつまり~~~土中に、酸素を取り込みにくい~~~

やっぱり、露地栽培の方がいいのかなぁ~~~

Dsc06031

我が家は、二人揃って牛蒡好き!!

プランター牛蒡だけでは頼りなくなってきたので、露地でも育てることにいたしました!!

これは第二弾の牛蒡ですが、この後、弟三弾も芽だししています~~~(笑)

プランター植えの人参もおぼつかないので~~~Dsc05942

人参も露地に種を蒔き、これは芽だしして約一月たったものです!!

ちっちゃいですねぇ~~~霜が降り、雪の降る冬をもちこせるでしょうか~~~??

牛蒡も人参も、春植えより秋植えは、むずかしいのかしらん~~~??Dsc05944

嬉しいことには、水菜や仙台雪菜などの葉ものは、順調に大きくなって、もうしばらくすると収穫できそう~~~♪

お鍋の季節でもありますし、こちらも、第二弾の種まきを終え~~~Dsc06041

気分良さそうに素直に芽だししてくれました~~~ホッ!!Dsc06042

仙台雪菜です!!

さすが北の国のお野菜で~~~寒くなってきてから、急に元気づいたような感じです!!Dsc06025

庭から摘んだ菊、八ツ手、炉開き椿で、花を活けてみました~~~

Dsc06029

もう、一杯、こちらは菊と絹房草で~~~

露地の花は、なーんにもいじらなくてもスッとはいります!!

キップがいいというか、清々しいというか、枝ぶりが自然体だからかな!!??

| | コメント (12)

2008年11月 3日 (月)

思いがけない菊や朝顔

Dsc05970_2

秋の空ーーーうろこ雲がさざ波のように浮かんでいましたーーー

せわしい朝のほんのちょっとのアキ時間に、小さな庭をひとめぐりーーー

白菜やかぶがダメだっただけに、裏に植えたソラマメやじゃがいもも気になりますDsc05981_2

おやおや菊の花が咲いています!!

去年、鉢植えでたのしんだ後、土を掘り起こして植えておいたものです!!

嬉しいなぁーーー思いもかけない菊の再生です!!Dsc05980_2

菊のおとなりには、朝顔が芽だししていましたーーー!!??

ええっーーー冬の朝顔!!??

この夏咲きおわったものを、来年の春に芽だししてね、とうっちゃっておいたものです

どうしましょうーーーミニ温室でも作って、育ててみようかなぁーーーDsc05987_2

オクラは、今年、不調でしたーーーたった一本最後にのこったものです!!

たった一本ですから収穫は、三本くらいーーー大、中、小になっちゃいますがーーーまとまってからです!!(笑) それでも店頭売りのものより柔らかいのですョーーー!!(笑)Dsc05997_2

西安(シーアン)という紫陽花です!!

紫陽花は、梅雨のころが季節ですが、この紫陽花は、最初のピンクから次は緑へ、そして最後の紅色にいたるまでなんとうりもの表情を見せてたのしませてくれますーーー♪Dsc05990_2

畑の奥の方で、赤いものがちらちらしていますーーー絹房草でしたーーー

インド生まれの夏の花と聞きましたがーーーまだ、咲いています!!

一体、何時まで咲くのでしょうーーー!!??Dsc05979_2

裏の方へ回って見るとーーー自然に生えてきた山芋にむかごが出来ていましたーーー

ほーんの少しなので、むかごごはんにはムリーーーそのまんま、そこに置きましたーーーDsc05975_2

水道口の水ダメのところまで来ると、お産を終えたカマキリが一匹、浮かんでいましたーーー

お産を終えて、ノドが乾いて、水を飲みにやってきたのかなぁーーーここで、力尽きて果てたのかなぁーーーごくろうさんです!!

又、来年、帰っておいでーーーーーーーー!!

裏のソラマメやじゃがいものことは、またの機会に!!

カマキリが最期を迎えた水ダメに、秋の空が映っていましたーーー

| | コメント (6)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »