« アンデスレッドと胡瓜 | トップページ | 秋の畑、秋の器、秋の布 »

2008年9月19日 (金)

またまた常備菜づくり

Dsc05568

日差しをさえぎるほどの成長ぶりで、他の野菜たちのヒンシュクをかっているつるむらさき

まーだ、こりずに収穫できていますーーー

これまで、こんなに良くとれたものがあったかなーーーDsc05353

豊作つづきのつるむらさきを常備菜にしようと、人参や椎茸と一緒におからに致しましたーーー

たくさん作りおきしておくと、冷蔵庫で10日位はもちますDsc05567

伏見甘長も、良くとれます!!

ただ、ちょっと人気薄なのでどうしようかなぁーーーと思っていたらーーー

何かスグ食べれるようにすればいいんじゃないかーーーと、家人の声

さーてーーーDsc05557

ちりめんじゃこと生姜と一緒に伏見甘長の佃煮風のものを作ることにいたしましたーーー

ごはんの友にもお酒の肴にもなり、お届け先でも好評ーーー

畑には、まだまだありますーーー花もまだまだ咲いています!!Dsc05570

お野菜をとても上手に作られる方から大きな米なすを頂戴いたしましたーーー

40cm位の胴回りーーー大きいなぁーーー

割ってみると、果肉はキメ細かく、やわらかそうーーーDsc05575

スモーク・ベーコンと米なすの挟み焼きーーー

にんにく味噌ソースの味を加えーーーレンジで20分位焼き上げます

うーん、香ばしい、いい香りーーーハーブを添えて、食卓にーーーDsc05572

あまりにジャンボなので、もう一品

食べやすい大きさに切って煮びたしにし、自家製甘酢漬けの梅干とルッコラでソースを作って添えましたーーー

おいしーい!!♪

米なすって、こんなに繊細な味だったかなぁーーーと、思うことしきり

とても美味しく頂くことができましたーーー

ごちそうさまです、深謝

|

« アンデスレッドと胡瓜 | トップページ | 秋の畑、秋の器、秋の布 »

コメント

つるムラサキは作っていないが、茎を食べるのですか?
伏見甘長、流石上品な一品になっていますね。
うちは甘長だけをひたすら煮るだけの田舎料理。
人参もあるので今度まねしてみよう。
typhoonは何事もなく通過してくれました。
玉ねぎの種蒔きや購入苗のレタス、芽キャベツなどを植える予定です

投稿: よねまさ | 2008年9月20日 (土) 06時01分

やった~!
今日の料理は我が家の救世軍です~(^0^)
ちりめんじゃこと生姜と一緒に伏見甘長の佃煮風!
さっそくやってみますね~
コレ、すっごく私を助けてくれそうです(笑)
スモーク・ベーコンと米なすの挟み焼きも、にんにく味噌ソースが加わっているくだりでにんまり(^~^)
トマトソース味に飽きてきていたところです。
煮びたしのソースも斬新!ルッコラを使うなんて、目からウロコです~
早起きは三文の得♪ありがとうございました~!!

投稿: gerogero | 2008年9月20日 (土) 06時32分

べいなすって読むんですよね・・・初心者の質問です(笑) こめなすじゃなかろうけん・・・

いや、こめつぶみたいな形やけん、やっぱこめなす?

やわらかいんですか・・・大きく作るのは難しそうですね・・・
我が家なら味噌田楽ですね・・・やっぱり・・・

伏見甘長・・・堅くなっているやつも出てきました・・・小さく切ってじっくり炒めようと思います・・・
佃煮風ですね・・・なるほど・・・

投稿: ワル猫です | 2008年9月20日 (土) 07時08分

よねまささんへ

つるむらさきは、つるも葉っぱもいただきまーす
勢いのいい頃は、もう少し太いつるがとれるのですがーーーだんだんスリムになってきましたーーー
幹から出てくる新芽を食べるって感じです♪
よねまささんが良くつくっていらっしゃる、ひたすら煮る伏見甘長も、よーくいただきまーす
台風、想像していたよりもおとなしくて、助かりましたーーー
そちらはレタスや玉ねぎや芽キャベツなのですね!!
こちらは白菜の定植やら種まきですーーー

投稿: マルコ | 2008年9月20日 (土) 09時33分

gerogeroさんへ

うわぁーーー早起きですねーーー
台風一過で、またまたパワフルなgerogeroさんに変身ですかーーー!!
伏見甘長が、たくさん取れるのよねーーー
で、佃煮風ーーーたーくさんあっても、かさはずいぶん減りますからーーーおもいっきり作っても大丈夫かもーーー♪
gerogeroさんにはお世話になるばかりで、なかなかお返しができなかったのでーーーお役にたてて、少しホッとしております(笑)
早起きは三文の得、耳に痛いなぁーーー

投稿: マルコ | 2008年9月20日 (土) 09時50分

ワル猫さんへ

たぶん、アメリカ産の茄子で、米国のベイ茄子だったかとーーー
ハッハーーーこめつぶですね!!
確かに、米粒のカタチに似ているといえば似ているかもーーー(笑)
大きいのにキメが細かくて、やわらかいお茄子でしたーーー作るひとが違うと、米なすもこんなに美味しくなるんだーーーと、再認識いたしましたーーー
ほんと、こちらの伏見甘長も少しかたくなってきましたーーー
こちらも小さく切って、今度は、お味噌とみりんとお砂糖と一味かにんにくでーーー伏見甘長あま味噌をつくって見ようかと思っているところですーーー

投稿: マルコ | 2008年9月20日 (土) 10時06分

つるむらさきをおからに・・・・・。
これは、美味しそうです。
結構 長持ちするんですね。 体に優しい常備菜ですね。
ま~ こちらも伏見甘長が たくさん!
これも また美味しそうに調理されて・・・・・ご飯のお供に美味しそう。
米茄子 美味しいですよね。
なんか・・・普通の茄子とも違います。 煮るととろとろになって・・・^^。
煮びたしの器・・・素敵です。

投稿: mana | 2008年9月20日 (土) 14時29分

つるむらさきがやっぱり買ったのと違いますね。
美味しかったので、また買って食べてます♪
来年は場所があれば植えたいと思いま~す!
あ~ マルコさんも伏見甘長がいっぱい~裏山鹿~(笑)
みなさん植えられてるんですね~
来年こそ我が家もきっと(^^)
佃煮風のは、万願寺でやってみます・・辛くて美味しいハズ
と、負け惜しみで~す♪
米ナスで40cmの胴回りとはスゴイですね!
そこまではないけど、うちもボチボチ出来てます・・自慢です(笑)
お味噌のソースがスゴク美味しそう!
ルッコラと梅干しの盛り付けもとてもキレイで、お皿もいいな~
ルッコラはまだないけど、シソでやってみます♪

投稿: トマコ | 2008年9月20日 (土) 20時08分

manaさんへ

つるむらさきと伏見甘長は、今夏のヒットでしたーーー
ほとんど毎日、何かに使っていただいたような気がしますーーー
そうそう、ワル猫さん、gerogeroさんちもバケツにいっぱい取れていましたねーーー
みーんなお配りするのに苦心していらっしゃるかもーーー(笑)
この佃煮風の甘長、ごはんの友にも、お茶漬けサラサラにもいいですョーーー
とろとろーーーの米茄子を頂きながらーーーこんなに美味しい茄子を作れるようになるのは、いつごろなんだろうと思いましたーーー
煮びたしの器、この間もいいといってくださってーーーありがとうございます♪

投稿: マルコ | 2008年9月20日 (土) 22時31分

トマコさんへ

つるむらさき、最盛期はこの三倍くらいの太さがあったように思いますが、終盤にきてーーースリムになっていますーーーそして、少し頭が立ってきたというのかなぁーーー花が咲き、種化しつつあるものもーーー
その花のところに、ミツバチが来て、みつを吸っていますーーー♪
来年にはトマコさんも植えられますかーーー??
そちらだとーーーもっと大きくなるかもですョーーー!!
伏見甘長は、どこも調子が良さそうですねーーー
トマコさーん、万願寺でなんて、ぜいたくすぎます
高級野菜ですものーーー!!
この米茄子、頂いた時はもっとつやつやーーー
スグ頂けば、もっと美味しかったんだろうなぁ、と後悔していますーーー
ルッコラと梅干のソース、内々ではウケましたーーー♪

投稿: マルコ | 2008年9月20日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンデスレッドと胡瓜 | トップページ | 秋の畑、秋の器、秋の布 »