« 鍋作家・稲葉直人さんを訪ねて | トップページ | 彦根、長浜、奥琵琶湖へ パート2  »

2008年8月25日 (月)

彦根、長浜、奥琵琶湖へ

Dsc05233近江路は、以前からゆっくり歩いてみたいところでした

全国を行脚した近江商人のメッカでもありますし、百済人が最初に棲みついたところでもあります

織田信長、豊臣秀吉、柴田勝家、浅井長政、蒲生氏里、石田光成など戦国武将たちが群雄割拠した地でもあります

ひそかな楽しみは、骨董や巡りだったのですがーーー

時間が足りず、今回は急ぎ足の旅となりましたーーー

彦根の街中に朝顔と鯉のあしらいーーーDsc05234

ふるさと街おこしの一環で路上カルタがーーーDsc05218

宿は彦根城の敷地内にある八景亭にとりました

バックに彦根城が見えます

Dsc05213 井伊直弼の別亭として建てられたそうです

古くてお風呂などは小さいのですがーーーお料理がことのほか美味しくーーー写真に収めるのを忘れるほどでしたーーーDsc05226

部屋でくつろいでいると、パッと明るくなる一瞬がありましたーーー

ん、ん、んーーー

日が差した池面のゆらぎが、天井に反射して明るくなったんだーーー!!

ああ、こういうのをわびている、というのでしょうねぇーーーDsc05237

長浜の街中では、名もしれぬ薄紫の花に出会いましたーーー

葉っぱは、ユーカリの葉っぱに似てはいましたがーーーDsc05217

川、池、湖で葦をよく見かけました

この葦が琵琶湖の水を澄ませていたのですがーーー湖岸が一部コンクリート化されてから、うんと水質が落ちたそうですョーーー

Dsc05238 湖岸道路をひた走りーーー一路奥琵琶湖へ

途中、どうしても足

|

« 鍋作家・稲葉直人さんを訪ねて | トップページ | 彦根、長浜、奥琵琶湖へ パート2  »

コメント

なんとビックリするようなレトロなお宿・・・昔の家はみんなこんな感じでしたが・・・

今は消防法の関係でわらぶき家は難しかったと思いますよ・・・

川の葦ですが、確かに護岸工事をしてコンクリート、それも三面コンクリートにすれば確実に水質は落ちます・・・

水の中の砂や砂利、泥の中に住む微生物や虫達が水質を保ってくれているのですから・・・砂がない川は汚れるだけで浄化されません・・・
砂の中にいろんな水生植物があって命のサイクルが保たれているのでしょうね・・・

しかし、旅はいいですね~
それもお泊りですか・・・オイドンは日帰りしかいけなくなりました・・・

投稿: ワル猫です | 2008年8月25日 (月) 23時01分

長浜には昨年、ほんの少しだけ行ったことがあります。
歴史の大舞台ですから、感慨深いですね。それでいて、ひなびた感じがしてました。
井伊直弼の別亭!タイムリーです。今、某国営放送のドラマにハマッテますので。えへへ。
別邸でコレ?と言いたくなっちゃうなあ~(^^;)素敵なお宿ですね!!!
池の照り返しが天井に揺らぐなんて、いいですねえ~。涼やかで、ちょっとくすぐられているような~(^-^)
ゆうるりとされたご様子が伝わってきます。
水のある風景って和みますね。
私ももう一度ゆっくり行ってみたくなりました!

投稿: gerogero | 2008年8月25日 (月) 23時07分

ワル猫さんへ

レトロでしょうーーーなんとね江戸時代からの建物で市の所有となっているらしいのですがーーー運よくキャンセル待ちで泊まれたのでした
おっしゃるとおり、コンクリートの護岸工事をすると自然の生態系が狂っちゃうようですね!!
あわてて元に戻すところも出てきているらしく、もったいないことです!!
ワル猫さん、以前はよく温泉に行ってらしたでしょうーーー
たまにはブログをおやすみして骨やすめしてもどなたも許してくださるとおもいますョーーー
連日、深夜までですものーーー
時には、からだをいたわりましょうよ!!♪

投稿: マルコ | 2008年8月25日 (月) 23時48分

gerogeroさんへ

ふるーい建物って、なにかおちつきませんかーーー!!??
たてつけはちょっと難有りにはなっていましたが、それを忘れる良さがあってーーーほっこりするんです!!
そうなのーーー水はなにかしら和ませてくれます
ゆーらり、ゆらりとね!!
そして、かちこちだったからだが、ゆるんでいく感じです
gerogeroさんも、ぜひ
はまっていらっしゃるドラマの登場人物のお膝元ですーーー
でも、どうなんでしょうーーー彦根より長浜の方が、お人が多かったみたいでしたーーー

投稿: マルコ | 2008年8月26日 (火) 00時04分

ま~素敵 素敵♪
1枚の目の写真が なんてきれいなんでしょう~(^^)
歴史ある人物たちの名を揃えていますね。

やはり、風景が 何とも言えません・・・・。
日本情緒ですね~。
水面に映る緑の木々も、静かな感じで・・・・・・。

湖岸道路をひた走りーーー一路奥琵琶湖へ
途中、どうしても足

ん? ん? 何 何 続きは?
気になりますぅ~ (^・^)

投稿: mana | 2008年8月26日 (火) 16時06分

レトロなお宿・・・、ここだったんですね。
以前、テレビの時代劇の中で見たことがあり素敵なところだな~とおもっていました。
泊まれるなんてびっくり・・・。
お料理もぜひ、見たかったけど、写真を撮り忘れる程・・っていうところに、またまた想像を掻き立てられてしまいました。

次回を楽しみにしています。

投稿: my_utuwa | 2008年8月26日 (火) 20時35分

八景亭の事は、全然知りませんでしたのでHPを見てみましたが 凄い所に泊まられたんですね。大名庭園を眼前に江戸期の建物の中でお姫様気分で琵琶湖の幸を楽しまれましたか、マルコ姫さま(^^)

うちのリビングも庭に置いてある小鳥用の水鉢の水面の照り返しが天井に揺らいでいます。
比較にならないか・・ども、失礼しました。

投稿: トマオ | 2008年8月26日 (火) 21時01分

古い街ならではのあしらいに、こちらも心和んで思わずパシャ、っとの一枚でしたーーー
ほんと、どこを歩いても名だたる歴史上のひとたちにゆかりがあって、とても一日ではーーーって感じでしたーーー
manaさん、最後の尻切れトンボ、おかしいでしょうーーー
実は、ここのところPCの具合がよくなくてーーーすぐ文字化けするし、言語の切り替えが指示通りにいかないしで、途中、どうしても足、でやむなく終わらざるを得なくなってしまったのでしたーーートホホーーー
つづきがあるんですーーー
近々アップしたいと思っていますーーー

投稿: マルコ | 2008年8月27日 (水) 01時22分

MY-UTUWAさんへ

ええっ、ここTVの時代劇に出てきたのですかーーーちっとも知りませんでしたーーー
泊まれるのはほんの何組かなのですが、そんなことも知らず、キャンセル待ちでとれたお宿でしたーーーラッキー♪
お料理は、お懐石風ですが、鯉のお作りが出てきて、これがことのほか美味しく、おそらく今まで頂いた中で、一番かもーーー
機会がありましたら、ぜひ一度、おすすめでーす!!

投稿: マルコ | 2008年8月27日 (水) 01時37分

トマオさんへ

キャハーーーお姫様ですかーーー!!??
建物こそ江戸時代のものでしたがーーーお世話くださった方々は、とてもきさくで楽しい方たちでしたのでーーーぜんぜんそんな感じはいたしませんでしたーーー
ハーイ、小鳥用の水鉢、憶えていますョーーー
ああ、その水面への光の反射がトマオさんちの天井にーーーそれも、素敵ですねーーーそこに小鳥達が止まって、水浴びなどしてくれたらーーー時がたつのを忘れてしまわれるのではーーー♪
水と光の戯れ、なぁーんてね♪


投稿: マルコ | 2008年8月27日 (水) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鍋作家・稲葉直人さんを訪ねて | トップページ | 彦根、長浜、奥琵琶湖へ パート2  »