« 修善寺から三島へ | トップページ | 夏野菜の定植と深山れんげ »

2008年5月10日 (土)

湧水の街、三島にて

Dsc04107 三島は、以前から富士山の伏流水が湧き出る柿田川の鮎などに興味があり、一度は訪れてみたい街でした

街を散策するうちに、あらあら、あちらにもこちらにも湧水がーーーDsc04109

街のプロムナードに、この町を訪れた方々の句や紀行文が紹介された碑が幾つも立っています

今は亡き司馬遼太郎さんの碑もあって、これを読んでくださるとーーー湧水の成り立ちが理解できーーーDsc04042

太宰治さんの碑では、昭和初期のこの街の暮らしぶりが手に取るようにーーー

この他いろいろありましたがーーーDsc04081

住宅地の中を湧き水がありーーー小川となって流れーーーDsc04082

こちらの湧水も風情がありますDsc04098

きれいな水があるところに

梅花藻有りです!!バンブー・スプリンクルを用いてーーー

梅花藻を育てていらっしゃいましたDsc04096

梅花藻をズームアップすると、可愛い梅のような小花ですDsc04105

水辺には、カラーや菖蒲、杜若などがつきものですねDsc04090

佐野美術館に歩をすすめると、庭園の池にゆらーり、ゆらーり錦鯉がーーーDsc04057

以前から気になつていた朝鮮半島より伝来の三島手と呼ばれるお茶碗の謎を解きに三嶋大社へーーーDsc04129

ああ、三嶋暦がありましたョーーー!!

確かに表紙のふちどりに使われている紋様は、三島手と呼ばれる紋様と似ています

花三島、彫り三島、渦三島など、三島手のお茶碗には何通りかありますがーーー

そのどれもが、この三嶋暦で使われていたようです!!

真実に一歩近づけたようです!!

Dsc04126 我が家に戻って、溝上秀治作花三島の小鉢にーーー

ふぞろいのイチゴを庭から摘んで盛ってみましたーーー

昔のひとは、日頃手にする三嶋暦に、海のむこうからとどくお茶碗の紋様があまりにも似ているのでーーー三島手と名付けて呼んだのでしょうね

ところで、グルメなおはなしですが、白滝公園の園内に泉水亭だったかなぁーーー

そこで頂いたうなぎは、絶品でしたーーー

とても美味しいと思いました!!

|

« 修善寺から三島へ | トップページ | 夏野菜の定植と深山れんげ »

コメント

梅花藻っていうんですね~(@0@)
昔観た黒澤明の映画にものすごく水の綺麗な村が出てきて、その川の流れにあったのがコレかも?!
カラーも綺麗~!(昔の)清楚な女学生の後姿みたいです。夏のセーラーカラーのイメージかな(^^;)
日本に古くからある暦とはるか海の向こうからやってくる器の文様が似ているなんて、ちょっとミステリーというかロマンチックというか…昔の人々もそう思って、その器を三島手って呼ぶようになったんですね。
やっぱり物事には色んな意味があるんですね(^^)う~ん、素敵ですぅ。。。

投稿: gerogero | 2008年5月10日 (土) 01時39分

gerogeroさんへ

そうなんですかーーー!?
梅花藻に似た花が黒澤明監督の映画にーーー
ディテールのすみずみまで、とても細かく気を使われる監督さんだそうですね!!
それにしても、そんな細かなことを憶えていらっしゃるgerogeroさんも凄いなぁーーー
三島の紋様の伝来は、いつも一説にはーーーなんですョーーーで、濃厚な一説になるかどうか
実際に手にとって見て見たいなぁーーーと
今回は、それが果たせた旅でしたーーー
カラーって、スッとしていて、どこか初々しいかんじがありますよねーーーなるほど、夏のセーラー・カラーの女学生さん!!
振り向いて欲しくなりますね!!

投稿: マルコ | 2008年5月10日 (土) 10時35分

家の中に、水路が引き込まれてるのを以前TVで見たことあります~。
ああいう水路って、みなさんの協力で清水が保たれているのでしょうね・・。
野菜を洗うのには、最適ですよね♪
イチゴ・・買ってきたようにきれいですね~。

投稿: coco | 2008年5月10日 (土) 11時51分

湧き水の街・・不思議な印象です。
開けた街の中にいて、山の中にいる様な・・
こんなに湧き水のある街があるんですね~(@_@)
梅花藻なんて初めて見ました~キレイですね~
カラーは大好きな花です♪
なるほど・・セーラーカラーの女学生さん♪
どの写真もとても綺麗で、マルコさんのところで、
gerogeroさんやみなさんと一緒に旅の話を聞かせて見せて頂いて
なるほどなるほど・・といっぱい賢くなった様な・・そんな気分です(^^)
お茶碗のナゾ解きがまたワクワクで!
あった~っ!と見つけられた暦。
三島手のお茶碗も初めてだけど、もしもどこかでお茶碗に出会えたら
それだけで興奮してしまいそうです"^_^"

投稿: トマコ | 2008年5月10日 (土) 12時48分

最後のイチゴのお皿の横にある・・・カラス貝の貝殻みたいなのはなんでしょう??
フォークの代わりですか?

三嶋大社ですよね・・・確か出張の帰りに行ったことあるような気がしています。
富士の山に降った雨が何年もかけて(数十年という説もあるとか)、流れてくると聞いたような・・・

水がきれいで豊富で(つまり安い)うらやましいな~
ウナギもおいしいんですか~ 九州宮崎県はうなぎの産地です。佐賀福岡も筑後川があり、天然ウナギもいたのでしょうが・・・今では養殖オンリーですね・・・

投稿: ワル猫です | 2008年5月10日 (土) 20時24分

おそらく始終、水が湧き出ているのではないかとーーー
湧水が少なめのところはちょっと野菜を洗えるかどうかーーー
街全体で、きれいな水を守っていらっしゃるんだろうな、と思いました

cocoさんへでした
前後してしまいましたが、ごめんなさいね

投稿: マルコ | 2008年5月10日 (土) 21時10分

トマコさんへ

ほんと、普通湧き水って山の中でしか出会いませんね!!
しまったーーーとおもったのは、水が湧き出ているところを撮り忘れてしまったーーーなんです(笑)
あちこちに砂地のようなところから湧き出ていましたョーーー
夏に訪れたら、どんなでしょう
梅花藻が、すごく有り難いかもーーー
GEROGEROさんのたとえ、面白いですよね
セーラー・カラーの女学生さん!!
音符マークを付けたくなっちゃいますが、どうしたら付けれるのか、解かりませーん
トマコさん、唐津に今一度行ってみてくださーい
三島手のお茶碗に出会えることと思いまーす
なぞなぞめぐりは、どこか冒険に出るようでわくわくでした!!

投稿: マルコ | 2008年5月10日 (土) 21時34分

ワル猫さんへ

フォークのかわりですか?
で、思わず笑ってしまいましたーーー
たまたまそばにあった古代幼虫入りの化石なんですけどーーーこんどこれでリンゴでも食してみますかーーー(笑)
ワル猫さんも三嶋大社へ?
こちらも同じような説明をうけましたョーーー
聞くところによると、近くの沼津がお寿司を売りにしているのに対して、三島は、うなぎなのだそうです
いただいたうなぎが天然うなぎかどうかは、聞きそびれてしまいましたが、久々に美味しいうなぎに出会ったように思いましたーーー
お水が安くて美味しいのは、有り難いでしょうね
最高のごちそうかとーーー

投稿: マルコ | 2008年5月10日 (土) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 修善寺から三島へ | トップページ | 夏野菜の定植と深山れんげ »