« 透かしの愉しみ | トップページ | 青花さやえんどうの収穫と紫アスパラ »

2008年4月26日 (土)

夏野菜の植え付け準備と玉ねぎの収穫

Dsc03733 Dsc03802 Dsc03801 Dsc03800 Dsc03712 Dsc03711 Dsc03803 Dsc03702 Dsc03720 元気な夏野菜の苗が店先に並びはじめました

プランターで育てている苗は、きゅうりもイタリアン・トマトもまだ幼なく、オクラはようやく芽だししたところです

定植まで、まだかかりそうですョーーー

ではでは、雑煮大根の種も採ってみたいことですしーーー

オクラの予定地の玉ねぎやわけぎももう少し楽しみたいですしーーー

イタリアン・トマトの予定地には、赤芽ほうれん草とワサビ菜があり、ただいま収穫の真っ最中ですしーーー

出来るところから順番に、夏野菜の畑へと変身させてゆくことと致しましょう

黒土と堆肥を加えて土をほこほこにしてーーー苦土石灰を蒔いておきます

葱坊主の出た玉ねぎを収穫してみると、なんとまあーーー、まともな玉ねぎは写真のとうりの寂しさです!!

わけぎはエンドレス収穫をめざして、順次、おふせしていこうとおもっています

でも、まだ安住の地が決まっていないんですよね!!

ああーーー難問つづきの数週間になりそうです

撤収したちりめん冬菜や雑煮大根の菜の花が、あまりにも惜しいので、庭の水道水のそばのバケツにさしてみましたーーー

木陰になっていつも暗い一隅が、パッと明るくなりましたーーー

|

« 透かしの愉しみ | トップページ | 青花さやえんどうの収穫と紫アスパラ »

コメント

玉ねぎの収穫早すぎるのでは・・・
坊主がでたら、坊主をカットします。
その内、玉ねぎの茎が自然と倒れます。
茎が倒れてから、しばらくして収穫します。
そのようにして収穫しないと保存が効きません。
大体、こちらの収穫時期は7月初めころかな?

投稿: よねまさ | 2008年4月27日 (日) 06時52分

よねまささんへ

あららーーーいろいろな説があるのですねぇーーー
葱坊主が出たら、坊主が大きくなるほどに、美味しく食べれる部分が少なくなるので早めに収穫したほうがいいとかーーー
我が家の玉ねぎに葱坊主が出来て、ドンドン、ドンドン伸びるので、やむなく収穫となりましたーーー
小さいですけど、一人前に倒れてきたんですョーーー
あまりに小さいので、ご心配をかけてしまいましたーーー
来年は、参考にさせて頂きますね!!
ありがとうございます

投稿: マルコ | 2008年4月27日 (日) 12時16分

この時期は、夏野菜への切り替えで 頭イタイですよね(~_~;)
今年は、例年に比べて気温が低く 夏野菜を予定していたところの野菜が、まだ元気で泣く泣く片付けるハメに・・後ろ髪を引かれる思いです(>_<)

オクラ 発芽したのですね(^_^)
うちは、まだ種も買っていない状態・・HCや種苗屋さんに丸オクラの種が置いてなくて、種苗屋さんに御願いして取寄せになりました。 連休中に種蒔する予定なのですが、間に合うのかなぁ(~_~)

玉ネギは、よねまささんが仰っていますが うちは早生に花芽が付いたので収穫しました。どっちにしろ収穫時期が間近だったので(^^)
マルコさんは、早生だったのかなぁ!?
中生は、花芽が付いたことはないのでよく分りませんが よねまささんのコメント参考になります。 もし、中生に花芽が付いたらやってみようかな(^o^)/

投稿: トマオ | 2008年4月27日 (日) 19時16分

なるほど葱坊主がでたら、それを摘み取ってやるんですか・・・

我が家は幸いにして葱坊主出ていません。少し小さめのタマネギでしたが、それをお上手に料理されるのでは・・・
小さくても自家製野菜は格別ですよね・・・

野菜の花もいいもんですね・・・花が咲いたら食べられなる野菜もあるし、夏野菜みたいに花が実になる野菜も・・・自然って不思議で、ありがたいですね~

投稿: ワル猫です | 2008年4月27日 (日) 20時31分

トマオさんへ

ハーイ、後ろ髪ひかれつつ、雑煮大根もこのあと撤収となってしまいましたーーー(笑)
オクラは、大丈夫だと思いますけどーーーというのは、こちらの種の説明書に、オクラの種まきの植え頃は、バラの咲く頃と書いてあります
プランターでの育苗より、露地植えのほうがいいとも書いてあります
こちらはスペースの都合上、プランター育苗となりましたがーーー
トマオさんのところ、急に暖かくなった頃、確かバラの花が咲いていましたよねぇーーー
すこーし、バラより遅くなったことになりますが、あの後、又、気温が低くなっていますからーーー
玉ねぎは、秋に球根植えの早生だとおもいます
残念なことに、葱坊主がでてしまいましたーーー
よねまささんがおっしゃるように、小さいうちに摘んでいたらーーーもう少し大きくできたかもしれませんがーーー小さくても美味しい玉ねぎとなりました
みなさまのアドバイスに感謝申し上げます

投稿: マルコ | 2008年4月28日 (月) 09時24分

ワル猫さんへ

葱坊主はかわいいので、つい楽しんでしまいましたが、どうやら摘んだほうが良さそうです
摘んでも、又伸びてきますョーーーこれも摘んであげた方がいいかもです
玉ねぎは、小さめの収穫となりましたがーーー
そのままガブリといってもいいほど美味しい!!
ワル猫さんに習って、玉ねぎの葉っぱもすきやき風でいただきましたーーー
こちらも美味しい!!
花が咲いて種ができは冬野菜、花が咲いて実がなる夏野菜、ホント、不思議ですぅーーー
どうして、こうもはっきり分かれるのでしょうーーー

投稿: マルコ | 2008年4月28日 (月) 09時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 透かしの愉しみ | トップページ | 青花さやえんどうの収穫と紫アスパラ »