« 畑の野菜で、ごはんの友 | トップページ | ほうれん草と春のパスタ »

2008年3月19日 (水)

魚屋さんでの話し

Dsc03252 Dsc03258 Dsc03261 Dsc03280 Dsc03276 Dsc03283 近くの魚屋さんにダァーーーと走ることがあります

魚屋さんは朝が早いので、閉まるのも早い!

ふと気がつくと、おしまいの時間ぎりぎりだったりするわけでーーー

かけこんでーーーふうっーーー

こんにちわ、今日は何がいいかしらーーー

メバルのいいのが入ったョ!煮付けにどうだい!!

家人が魚の煮付けを食べたいって言っていましたっけ!

あっ、いいですね!! あら、これは何かしらーーー

平貝だョーーー

えっ、平貝、こんなに大きな貝に入ってるんだぁーーー

ほら、見て! 小さな海老がいるでしょ、と魚屋さんの奥さん

えっ、どこどこーーーあら、ホントだ、可愛いですね

この貝の中から出てきてネェーーーでも、まだ生きてるでしょ!!

えっ、貝の中から??

海老は、貝の食べ物だったんです!!

うわぁ、せっかく生きているんだったら、つれて帰って飼いたいなぁーーー

そう、じゃあ、と魚屋の奥さんが六匹ほど探し出して、ビニール袋に海水と一緒に持たせてくださいました

海老は海草を食べるんでしたーーー

ならばーーーガラスのお鉢に海を想定して、海水もどきの塩水と貝殻と若布を入れ海老を放ちます

うわぁーーー気持ち良さそうに伸びしてるーーーヨカッタネェーーー

翌日、海老たちは元気にしていましたーーー

が、その翌日海老は、ダメになってしまいました

アァーーー海水が少なすぎたかなぁーーー

そういえば、お尻を半分食べられていたのもいました

ごめんねぇーーーつれて帰らない方が良かったかなぁーーーと、反省しきり

魚屋さんにおいておいたら、捨てられたかもでしょ!

いやいや、排水溝にでも放ったかも!

あれこれ思い巡らせましたが

やっぱり、つれて帰らない方が良かったんだ、と思い至りました

魚屋さんにいた方が、たとえそこで成仏しても、まわりに海の仲間がたくさんいたからです!!

最後をさみしいものにさせてしまいました! ゴメンナサイ

においすみれ、淡いピンクの椿、シラネアオイなどが咲きはじめました

X

|

« 畑の野菜で、ごはんの友 | トップページ | ほうれん草と春のパスタ »

コメント

海老さん残念でした。
昔、川で取ってきた魚でもすぐ死んでしまいました。まして海の魚は難しいでしょう。
から揚げが一番だったかな・・・
でも、生きているのは、中々食べられませんよね・・・・wobbly

投稿: よねまさ | 2008年3月20日 (木) 17時47分

生きているものには寿命ありますよね。自然界のおきてのなかで生きているわけだし、食べたり食べられたり仕方ないでしょうね~

海老も貝のえさなんですね~、過酷ですね・・・
私も川のカニを買ったことあります。娘がスーパーの魚売り場でカニを見つけて、まだ生きてるから買いたいと・・・二三ヶ月生きてましたよ。最後は川に放してあげましたが、生き延びれたかどうかはわかりません。
自然界の方が厳しいでしょうけど・・・仕方ないですもん。

投稿: ワル猫です | 2008年3月20日 (木) 20時41分

うわぁ 思い切った事をされましたね。
海の魚やエビを飼うのは難しいようです。
まず、擬似海水は食塩ではダメで専用の塩が売られているようです。
それに水と塩の比重も考えないと・・・
後は浄化装置と保温装置が必要のようですよ。

私は釣りをしますが、雑魚でも釣り上げてリリースしても
ダメそうな魚は、もって帰って食べちゃいます。
それがその魚を成仏させる事だと・・
私の勝手な考えですが(^^)

マルコさんのところもいろいろと花が咲き始めましたね。
私は、淡いピンクの椿が好きです(^_^)

投稿: トマオ | 2008年3月20日 (木) 20時49分

潮干狩りに行くと貝より、ヤドカリやカニを拾って帰るのが好きでした(^^)
色々やってみてポンプを入れてやると長生きすることがわかりましたが…それでも半年がせいぜいです。難しいです。
珍しいエビでしたね…(@0@)見たら私も連れて帰っちゃったと思います!

投稿: gerogero | 2008年3月20日 (木) 22時26分

よねまささんへ

そうでしたーーー
海にいたものを水槽もないのに連れ帰って
後悔しきりでしたーーー
以前、ざりがにをずいぶん長く飼っていたことがあり、ついついのことでした
思慮がたりませんでしたーーー
食べることは、思いもしませんでした!

投稿: マルコ | 2008年3月20日 (木) 22時28分

ワル猫さんへ

今回は、おしかりを受けるのを覚悟で
海老のいのちのことを書きましたーーー
ワル猫さんのお嬢さんは、川のカニを買ってもらってでも連れ帰って、いのちをのばしたいと
おもったのではないかしら?
こちらは、海の海老でしたーーー
あの時は、以前飼ったことのあるザリガニのように、うまくいくだろうとーーー
ちょっと考えが浅かったーーー
もっと深く考えるべきだったという失敗談です
どーんと、笑ってやってください
畑にも、海にも、おおいなる自然の摂理がありますね!

投稿: マルコ | 2008年3月20日 (木) 22時50分

トマオさんへ

よーく、海のことを理解していれば、こんな
無茶はなかったことと思います
考えが浅すぎましたーーー
擬似海水をつくるために、専用の塩があるのですね!
水槽があれば良かったのですが、ホント甘い考えでしたーーー
もっと海老よりの考えを持つべきだったーーーと思っています
それにしてもトマオさん、的確なアドバイスをありがとうございます
いろいろ勉強になりますーーー
トマオさんは、淡いピンクの椿がお好き!?
可憐テイストでーす

投稿: マルコ | 2008年3月20日 (木) 23時10分

gerogeroさんへ

gerogeroさんもヤドカリやらカニを!?
なるほどポンプを使って、酸素をおくってあげるとよかったんですね!!
最初は、手長海老のこどもかな?と思いましたが
次第に伊勢海老のこどもかな、と思っていましたーーー
すまないことをしたと思いますーーー
でも、つれて帰りたかつたという思いも、正直おおありだったんですョーーー
飼い方が、ノータリンでしたーーー

投稿: マルコ | 2008年3月20日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 畑の野菜で、ごはんの友 | トップページ | ほうれん草と春のパスタ »