« 黄金色のイチョウ | トップページ | 台湾つばきの花が咲き始めました »

2007年12月16日 (日)

葉ごぼう初収穫

Dsc02204 Dsc02223 Dsc02181 Dsc02189 Dsc02197 Dsc02193 朝起きたら、一面、楓の海でした

・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

長靴をはいて、歩いてみます

ふわっとして気持ちがいい

あらあら畑の方まで、楓が散っています

今日は、葉ごぼうの試し堀りの日です

本物のごぼうはムリなように思い、地下茎10センチ位という葉ごぼうから

秋の初めに種から植えて、いよいよ試し堀りーーー

さて、抜きますヨーーー

土を10センチくらい堀り起こして、ヨッコラショと抜いてみるとーーー

アララーーー、途中で折れてしまいましたーーー

ということはーーー10センチより長いんだーーー

じゃあ試し堀りじゃなくてーーー本格収穫?

なにしろ素人菜園なので、どこかで自分にふんぎりをつけないとーーー

OK、今日を初収穫の日といたしましょう

途中で折れてしまった末端の方を土の中にさがしましたが

見つかりません

何か、たいせつなものを失くしたような気もしますがーーー

マッ、イイかと思い、折れた面を鼻にかざすと

ぷぅーんと、ごぼうのいい香り

期待できるかもしれません

で、葉も茎もともにかき揚げにすると美味しいと聞いていたので

人参とレンコンと一緒につくってみました

サクサクと香ばしく揚がったのですが

レンコンの味の方が強すぎてーーー

葉ごぼうの味は、舌の彼方に飛んでしまいました

アーア、もったいないことをしました

次の収穫時には、注意いたしましょう

あとは、里芋と鶏ひき肉のあんかけ

間引き春菊の天麩羅イチゴソースでした

|

« 黄金色のイチョウ | トップページ | 台湾つばきの花が咲き始めました »

コメント

葉ごぼう、作ったことありません。
葉も根も一緒のかき揚げにしたのですね・・
以前、トマコさんのブログで見たような気がします。
てんぷらのイチゴソースとは、ユニークですね!
どんな味がするのだろう?
写真がきれいに撮れています。

投稿: よねまさ | 2007年12月17日 (月) 07時54分

うわ~~~!(^^)!
スゴイ♪スゴイ♪こんな光景見た事ないです~!
葉ゴボウの周りは、風が考えて並べたみたいですね。

私達は葉ゴボウを植えた事が無いのですが、サラダゴボウの間引きしたのみたいです。
間引きゴボウと似た味かなぁ?
細い間引きゴボウも、引っ張ると切れてしまうし、掘っても切れるし(^^♪
私もなかなか上手く採れません。
うちの短型ゴボウもそろそろ掘ってみようかな~。
ゴボウの香り・・市販のとは全然違いますよね♪

間引き春菊の天ぷら?
春菊って天ぷらにしても良いんだ~♪
それにイチゴソース??
あ~・・新しい組み合わせと味です。
食べてみたいです~!(^^)!
里芋のあんかけの上はレタスですか?
その食べ方も新鮮です!
今夜は里芋にしようかナ♪


投稿: トマコ | 2007年12月17日 (月) 08時46分

よねまささんへ

あれれー、2、3日前のよねまささんのブログで
葉ごぼうを見たように思いましたが、違うお野菜だったんですね
そのうちアップされるかなぁーーー、とお待ちしていました
天ぷらは、食べ飽きないように、我が家では
塩、天つゆ、だしの多い三杯酢などを用意します
イチゴソースは、だしの多い三杯酢にいちごもしぼって加え、ついでにイチゴも一緒にいただこうというものです
疲れている時つて、お酢の物がほしくなりませんか?美味しいですョ

投稿: マルコ | 2007年12月17日 (月) 09時13分

トマコさんへ

凄いでしょうーーー
こんなに一時に落葉したのは、初めてのことでした
ざるの写真の楓は、マルコのいたずらですが
畑の葉ごぼうのところの楓は、トマコさんがおっしゃるとおり、風邪のいたずらでした
時に風は、風雅なことをして喜ばせてくれます
葉ごぼうは、おそらく、食べたことないんですがーーーサラダごぼうの間引きしたものとにているのではないでしょうか
葉っぱを楽しむと言うことでしたので、齧ってみましたが、酸味があって、苦味の少ないふきのはっぱのようでした
今度、きんぴらにしてみようかと思いました
里芋の上の野菜は、ご指摘のとうりレタスでーす
里芋も食べ飽きないように、レタスを添えて
和えていただきます
おいもも食べて、サラダも同時にいただくという手抜きものでーす
一度、おためしください

投稿: マルコ | 2007年12月17日 (月) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄金色のイチョウ | トップページ | 台湾つばきの花が咲き始めました »