« 実りの秋と台風と・・・ | トップページ | 雨、あがる »

2007年9月11日 (火)

唐津の陶芸家・平山賢治さんをたずねて

Dsc01273 Dsc01399 Dsc01410 Dsc01389 Dsc01403 Dsc01383 Dsc01386 Dsc01394 Dsc01392 平山さんの窯を訪ねたのは

お盆休暇中のある日

・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

うっそうと茂る竹林を背にした窯は

幹線道路から山間へ入った所にあり

どこかしら山間部の分教場のようなたたずまい

なつかしーい、感じがします

静かなところですね、お久しぶりでした

蝉の鳴く声が降りそそぐように聞こえてきます

平山さんの作品に出会ってから随分の歳月が過ぎたのですが

平山さんはいつも変わらずの使いやすい器を送り続けて下さいます

ここは、そんな平山さんの居心地のいい場所

窯だきの時は、それこそ単身赴任ですョ、ボクと猫だけ

といって笑われる平山さん

夜は漆黒の闇となり、満天の星と薪を焚く窯の炎が、明確にわかる所です

凄いですね、怖くはないのですかーーーとーーー

陶房には登り窯、穴窯、ガス窯があり

それぞれ作品によって使い分けされているとか

平山さんが作られるご飯茶碗とかお湯のみなどのファンは多く

使いやすく、手に馴染むんですという声が寄せられています

この度頂いた平山さんの抹茶茶碗でお茶をたててみました

茶せんの扱いがスムースにでき

お茶は、ふっくらと美味しくたったように思います

使って納得、さりげなく機能的

とても、とても大事なことだと思います

平山さんの作品は、唐津駅近くの・・・すえむら・・・というギャラリーショップでも

お求めになれます。笑顔が素敵な奥様がお相手して下さると思います

いろいろ撮影させて頂いたのですが、メモリーをロストしてしまいました

お許し下さい。はにかんでデジカメをよけられる平山さんのお姿は

思い出として心のなかにーーー

海の写真はかろうじて残った数枚のうちの一枚

唐津から福岡空港へと帰路につく途路の海です

|

« 実りの秋と台風と・・・ | トップページ | 雨、あがる »

コメント

陶芸のことは、よく分かりませんが益子焼きのような感じで、使っていると手になじんでくる肌合いに見えます。
いつも上品な器にセンスのあるお料理が盛られていて、どんと盛りの我家の食卓が恥ずかしい。
九州の海辺、いいですね!人がごちゃごちゃいない、砂浜もきれい。トマオさんやトマコさんはこんなところで海水浴をしているのかな?

投稿: よねまさ | 2007年9月12日 (水) 06時21分

先日の藤の木土平さんとはまた違った雰囲気の器・・・こちらもまたステキですね~。
丸っこくて白っぽくて、優し~い感じがします。
オクラやトウガン(?)のお料理、この器で頂きたいな~・・この器欲しいなぁ~。
無地の丸っこいのもいいなぁ~ 下の方のちょっと広いのは煮物をこんもり盛り付けてみたいし・・。
なんて、器屋さんで思っている時の気分で拝見させて頂きました(^^)
唐津焼にも色々あるのですね。
それなのに、私のお皿を御覧になってすぐにおわかりになるなんて!
友人とも「マルコさん、さすがよね~」と話しました♪
ギャラリーも教えて頂いて有難うございます!
唐津へ行く機会があったら、是非覗いてみたいと思います。
お帰りの途中に寄られた海、私も見た事がある場所なのかもしれませんね!(^^)!

追伸!? 私達は最近は海水浴は行ってませんが、
車で15分程度の所に海水浴場があります。
福岡県の北部なので、マルコさんが御覧になった海とは場所が違いますが、
似た様な感じの所です(^^)

投稿: トマコ | 2007年9月12日 (水) 08時48分

よねまささんへ

器のページも見てくださって有難うございます
益子焼と唐津焼、どちらも使いやすさでは共通しているかもしれませんね。
九州行きでは磯遊びを存分にしたかったのですが、時間がなく帰路につく途中で、たまらなくなって海に足だけつけました

よねまささんがおっしゃるように、きれいな海でしたから、パッパッと砂をはらってスニーカーをはき、そのまま帰ってきちゃいました
海につかりながらトマオさんとトマコさんの畑はどこなのかなぁーーーこの海でも泳がれたことがあるのかなぁーーーーなどと思ったことです

投稿: マルコ | 2007年9月12日 (水) 09時45分

トマコさんへ

器やさんで観ている気分でブログを観てくださったとか
とても嬉しく思います
唐津焼きはいいですよーーー
食べ物が、とっても良く映えるんです
つたない料理も美味しそうに見えますでしょう
機会があったら、ぜひ覗いてみてください
いろいろな作家さんのいろいろな唐津焼があると思います
トマコさんのところは、近くにこんな海があるんですね
羨ましい限りです
気が向けば、車で朝の海も、夕の海もーーー
いいですねぇーーー

投稿: マルコ | 2007年9月12日 (水) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実りの秋と台風と・・・ | トップページ | 雨、あがる »