« 唐津の陶芸家・平山賢治さんをたずねて | トップページ | ねぎ、大好き »

2007年9月14日 (金)

雨、あがる

Dsc01431 Dsc01438 Dsc01422 Dsc01361 Dsc01440 Dsc01424 秋の長雨でした

とても長ーーーく降り続きました

・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

ようやくの晴れ間に、庭におりてみると

炉開きと名付けられた新種の椿が咲いていました

あら、まぁ、です

本来なら炉開きと名付けられているくらいですから

十月中ごろから咲きはじめる椿だと思うのです

やっぱり、今年は変ですねぇーーー

畑にはあまり見かけないカラフルな蝶や虫が飛来しますし

椿までが咲く時期を間違えてーーー

ショウジョウバッタは、雨あがりの露をむさぼるように

ノビノビと遊んでいます

いちばん心配だった白菜の方に目をやると

発芽して四枚葉くらいに育っていましたのに

プランターの中で水浸しです

あーあ、もう一回、種まきからやり直しかなぁーーー

夏の終わりに撤収したトマトは

上段の方に実をつけていたのを惜しんで

プランターに挿し木しておきました

そのトマトが幾つか熟しています

今日は久しぶりの畑整理で集まったトマトやツル紫などの

クズ野菜を用いてサバイバル野菜サラダを作りました

冬瓜は煮ても美味しいのですが、糠漬けになさる方もあり

我が家は、粕漬けを試みてみました

塩をした冬瓜を、酒粕と白味噌と味醂で作った床に漬け込んで

一夜漬け、二夜漬けで頂いてみました

一夜漬けには酒粕がほんのり馴染みシャリ感がありました

二夜漬けになると酒粕の味がまったりとしてくるように思います

晩酌にも、いいかもです

私の朝ごはんレシピの締め切りが近づいてまいりました

まだまだ受け付けております。どしどしご応募ください。

9月末日までメールやコメントででも

お店では、応募シートをご用意いたしております。

|

« 唐津の陶芸家・平山賢治さんをたずねて | トップページ | ねぎ、大好き »

コメント

「雨あがる」? そう!映画の題名にありましたね。
時代劇の小品で、良い作品だった記憶があります。
冬瓜の粕漬けやりましたね。今度は味噌漬けはどうでしょう・・・
我家はキュウリが無くなったので、もっぱら糠漬けと定番の煮物です。沢山あるので何か独創的な一品を作ってみたいものです。
上段・中央の写真はオクラかな?オクラの枝の水玉にピントが合うともっと良かったのかな・・・

投稿: よねまさ | 2007年9月15日 (土) 10時46分

長い長い雨だったんですね~
お庭の様子が物語っています。
白菜は、お日さまに当たって立ち直ってくれます様に!
トマトが挿し木で元気だったなんて♪
それに、収獲されたナスや万願寺やオクラ等など・・
どれもキレイで嬉しくなります♪
マルコさんの所ではもう椿ですか・・
我が家の庭では、先日実が大きくなって驚いたばかりの花桃の花がいくつか開いていました。
サバイバルサラダが、心も身体も元気にしてくれそうなパワーを感じます!(^^)!

投稿: トマコ | 2007年9月15日 (土) 21時49分

よねまささんへ

雨あがる、バレちゃいましたね
あの映画、ご覧になっていらしたんですね
好きな映画なので、繰り返し見ているうちに
今回の長雨があがった時、ああ、雨、あがるだと
自然にブログのタイトルが決まりました、というしだいですーーーー
上段真ん中の写真は、あんずの若木です
ピントがあまく、解かりづらかったでしょうか
粕漬け、けっこういけました
内内では、又作ってみようかな、という感じです
白菜、昨日、プランターに種を蒔きなおしーーー
それでも心配で、本日、直播きもしてみました
どうなることやらーーーです

投稿: マルコ | 2007年9月15日 (土) 22時01分

トマコさんへ

白菜への応援エール、有難うございます
プランター三つに種を蒔いて育てていたのですが
今回の雨は、けっこう強く、結果、根っこがむきだし
状態となってしまいました
その中から、マッイイかなと思うのを二株だけ定植してみましたーーーーむりやりかな
後はプランターと定植位置に直播という、なんとも綱わたり的な処置です。あーあ
ほんとうに白菜は難しいのですネ
椿はビックリでしょう。
そちらの花桃にもビックリです。
トマコさんのところの白菜と約一ヶ月遅れの白菜となりますがーーー大丈夫かナァーーー
でも初心忘れずで、自家製白菜漬けをめざしまーす


投稿: マルコ | 2007年9月15日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 唐津の陶芸家・平山賢治さんをたずねて | トップページ | ねぎ、大好き »