« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

涼しく、涼しくいたしましョ

Dsc00791_1 Dsc00798_1 Dsc00796_1 Dsc00674_1 Dsc00804_1 Dsc00712_1 Dsc00807_1 Dsc00709_1 Dsc00808_1 ムシムシと、暑い日が続きますネ

せめて我が家ではなるべく

エアコンに頼らずに

扇風機ですごしたいと思う今日この頃です・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

涼しく、涼しく、なんとかならないかナーーー

で、少し考えました

涼をとるアイテム探し、デス

先ずは水・・・・水滴・・・・氷・・・・

自然の風を感じるよしずや風鈴、のれん、竹すだれ・・・

すがすがしい竹や井草や芭蕉布、麻、木綿の感触

耳から涼しく鈴虫なんてのもアリマス

川のせせらぎや打ち寄せる波の音というのもいいかナー

食卓からせまれば、ガラスの器は必須アイテム

水を打った備前の器に氷を浮かべ、冷奴やおそうめん

夏の黒もなかなか捨てがたく、涼感をさそいます

竹ざるや篭に枝豆というのは定番でしょうか

室内のしつらいは、暖色系から寒色系に

灯りはダウンライトに、少し影を演出するといいかも・・・

庭先やベランダに水を打って、お香を焚くと

こころもち気持ちが静まってきました

少し、涼しくなったかナーーー

この他、涼しさへのアプローチはいろいろあると思います

涼しくなるアロマとか、涼しくなるボディークリームとか

探せばありそうですし・・・

なんといっても一番ヒヤァーとくるのはーーーーー

怪談かもーーーーーデス

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日)

梅の収穫でーす

Dsc00719 Dsc00741 Dsc00744 Dsc00771 Dsc00776 Dsc00778 Dsc00747 Dsc00769 Dsc00781 一週間くらい前まで青かった梅が

少しずつ色づき、そのうち

・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

目白が来てチッチ、チッチとさんざめくようになりました

熟してきたのかナ、今年はまずは梅干に・・・

目白がリンゴと梅の実の間を行ったり来たりしています

さぁーて、梅雨の晴れ間を見計らって、収穫でーす

この時ばかりは主人の手もかりまぁーす

梅の香りがぷーん、ぷーん

ほんとうに果実が熟す香りっていいですネ

幸福な気分で収穫を終え、虫食い梅とじゅくじゅく梅を選別して

先ずはアク抜き

そして、梅干づくりでーす

去年は失敗しないように15%の塩でつけたのですが

おいしいけれどショッパイの声が多く

今年は10%の塩で漬け込もうと思います

我が家には5キロ入りの桶しかないので

近くの魚屋さんから10キロ入りの桶も頂いてきました

ヨイショ、ヨイショ、ゴロゴロ、パッ、パッ

この動作を繰り返し、塩漬け、完了

残った梅は、沖縄風に焼酎、黒砂糖、お醤油でコトコト、コトコト煮込み

裏ごしをして梅ソースを作りました

青魚や豚肉料理にいいように思って

作ったのですが・・・さて、どうでしょう

先ずは冷しゃぶしゃぶで、お味見でーす

胡麻だれと梅ソースをミックスして

お野菜たっぷりで頂きました

・・・ちょっと梅の味が強いかも・・・

作ったばっかりですもの、少し冷蔵庫で寝かせて

味がこなれてくるのを待ちましょう

上手くいったら、お友達にお配りしまーす

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

茄子とトマトの、その後

Dsc00722 Dsc00726 Dsc00731 Dsc00724 Dsc00727 Dsc00704 Dsc00730 Dsc00732 Dsc00664 その後、どんどん背が伸びて

トマトは四段目まで花がさきました  ・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

一段目、二段目には青いトマトが結実していますが

収穫までには、まだまだ

一方、いっこうに背の伸びない茄子に

はてさて、どうしたものかと思案しておりました

よく虫に食われていましたし・・・

こういう時の心強い味方は、ネット上の先輩や達人です

知恵と対策を求めて、あちこち達人さんのページをのぞき

コップンと油粕の肥料を施すことにしました

根元には、藁がわりに干し草を敷き

三番目、四番目のわき枝をセンテイ

虫食い状態の実はすべて取り除きました

大手術ですーーーーー

やれやれ少しは成長してくれるかナーー

それから一雨あって、チビ茄子の方に軍パイがあがりました

収穫一番乗りの、つやつや茄子

よく頑張ったネ

トマトが赤く熟すには、まだまだ温度が足りないのかもしれません

そもそも競わせること事態がおかしいことかも・・・と、反省しつつ

トマトさんも頑張ってーーーと、声をかけます

ーーーーーーーーーーーーー

この他、きゅうりやサラダ菜、ヤーコン、菊芋が大きくなりました

初取りの茄子は

シンプルなお味噌汁でいただこうかナ

| | コメント (4)

2007年6月11日 (月)

一枚のキリムから・・・

Dsc00680 Dsc00681 Dsc00682 Dsc00686 Dsc00689 Dsc00671 もうずいぶん前の事ですが

キリムっていいナァーと思っていた頃・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

トルコ、ハッカリ地方のキリムに出会いました

いいナァー

草木で染められた紺と赤の糸で織られた

それは素晴らしいキリムでした

クルド人の仕事なのだそうです

その時、クルド人って繊細でていねいな仕事をするんだナァーと

思ったことでした

ーーーーーーーーーーーーーー

それから数年して、嫌なニュースがTVに流れました

あの素晴らしいキリムを織るクルド人が

大量に亡くなった事を伝えるニュースでした

アァーーー

市場にいよいよクルド人のキリムが見られなくなって

相当の年月がたちました

ーーーーーーーーーーーー

ところがつい先日、クルド人のキリムを見つけたのです

うわぁーーー

それこそ井伏鱒二の小説「黒い雨」の最後の一行の気分です

良かったーーー、ちょっと涙が滲みました

それがこの写真のキリムです

糸は科学染料で染められていますが

やはり、ていねいな仕事ぶりは健在です

そっと胸をなでおろしました

久方ぶりの、たいへん嬉しいニュースです

| | コメント (2)

2007年6月 7日 (木)

そば猪口、チョコ、チョコ

Dsc00645 Dsc00644 Dsc00666 Dsc00667 Dsc00642 Dsc00693 Dsc00650 Dsc00696 Dsc00651 そば猪口って、便利ですね

先ずはお蕎麦やおうどん、おそうめんなどを・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

ツルツルッとゆくのが王道なのでしょうけれど・・・

これだけに止めておくのはモッタイナイ

汲み出しや小鉢や小吸い碗に見立てて

チョコ、チョコ、チョコ、チョコ使いたくなってしまいます

季節の和え物をチョコッと

お料理の合間にお吸い物をチョコッと

アイスクリームやヨーグルトもチョコッと

どんどん出番が増えてきます

もちろん蒸し物やオーブン料理にも

日本酒やワインの猪口になっても良いのでは

と思っていましたら、これは今に始まったことではなく

すでに江戸時代の人々は

小猪口、中猪口、大猪口と、猪口をいろいろ取り揃え

多種多様に用いていたのだとか。例えば小猪口は盃に

中猪口はツルツルお蕎麦、いろいろ小鉢

大猪口はお刺身や煮物といったあんばい

先人の英知に習って

今夜あたり、細かくくだいた氷をお座布に

貝のお造りなどはいかがでしょうか

この他おもしろい使い方、ありましたらお知らせくださーい

関連リンクへ、どうぞ

http://www.uegin.com

| | コメント (0)

2007年6月 1日 (金)

茄子とトマトとどっちが先かナ・・・

Dsc00640 Dsc00658 Dsc00659 Dsc00637 Dsc00635 Dsc00631

茄子やトマトの花が咲いています

まだまだ背丈は30から50cmほどですが・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

小さな結実もみられます

茄子は春先に種をまき苗の成長を待っていたのですが

なかなか大きくなりません

で、急いで接木した苗を購入し、定植しました

トマトは全部で三種類です

写真の左より種からセッセと育てた桃太郎

ちょつと珍種の黒トマト、これは苗で購入

入手先からゼッタイ大丈夫とお墨付きの接木の桃太郎

さて茄子とトマトとどちらが先に立派な野菜になるでしょう

朝は水やり、わき芽摘み

間に虫除けの水で割ったもく酢酸をまき

肥料などもほどこして

スクスク育つのを待っています

昨年は肥料をやりすぎて

トマトの葉が内側にクルクル巻き

結実したトマトにお日様が当たらなくなってしまいました

おいしいトマトや茄子ができるように

今年は過保護に注意しなくっちゃ、デス

関連リンクへ、どうぞ

http://www.uegin.com

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »