« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月26日 (土)

伊豆の造形・色絵作家・鈴木秀昭さんを訪ねて

Dsc00515 Dsc00493 Dsc00597 Dsc00612 Dsc00505 Dsc00625 Dsc00577 Dsc00508 Dsc00626 Dsc00619 Dsc00620 Dsc00580 Dsc00502 Dsc00504 Dsc00484 久しぶりに鈴木さんの工房をたずねました

主に深夜の作業が多いそうで

・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

この日の鈴木さんは、いま顔を洗ったばかりデス、とか

ちょつと早すぎましたね、と申し上げつつギャラリーを見渡しますが

やはり作品は少し、です

造形にしろ色絵にしろ鈴木さんの作品には

時間と手間がたいへんかかっています

宇宙をテーマとした色絵作品は

焼成温度の高い順に色を焼き付けてゆく作業がつづき

窯に4回、5回、6回と入ります

他に類を見ない模様が焼成されてゆきます

造形の方は縄文が主力で、粘土を縄状にしたものを

重ね、つなぎ、時には織ってオブジェ作品はつくられます

シャイニング・プラネットとかアクア・プラネットとか

作品名が示すように、イメージは壮大で

縄文という原初の手法で、近未来への夢がカ・タ・チづくられてゆきます

ーーーーーーーーーーーー

色絵ファンの方からは

元気が出るとか、トリップできるとかのお声がありますョー

嬉しいですねぇー。でも僕はそんな声を造形作品にもほしいンですョー

ウーン、とうなりつつ、夢は持ちましょうと申し上げます

僕にはあまり時間がないんです、とおっしゃる鈴木さん

・・・鈴木さんは、47歳でいらっしゃいます・・・

造形への尽きない思いが、果たせないもどかしさ・・・

その造形への核心はどのあたりにあるのか

聞きもらしてしまいましたが

ジレンマと戦う鈴木さんのこれからの作品に期待をして

そして、多くの造形ファンが日本に誕生することを願って

・・・海外では造形への評価が高いので・・・

お暇を致しました

関連リンクへ、どうぞ

http://www.uegin.com

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

ルッコラの花が咲きました

Dsc00523 Dsc00558 Dsc00551 ついこの間まで

サラダにして頂いていたルッコラが・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

一雨ごとに背が伸びて

白い可憐な花を咲かせていました

野菜の花って、すがすがしいですね

ゆく春を惜しむように咲く菜の花は

その季節に亡くなった利休さんを偲んで

利休忌の茶花としても使われますが

野菜の花を毎日眺めているうちに

なるほど行く春だなぁと思います

花のあとには種が宿ります

また来年、おいしい野菜に

なってくれることでしょう

関連リンクへ、どうぞ。

http://www.uegin.com

| | コメント (1)

2007年5月10日 (木)

伊東の陶芸家・小川勝弘さんを訪ねて

Dsc00423 Dsc00394 Dsc00392 Dsc00447 Dsc00386 Dsc00470 Dsc00393 Dsc00422 Dsc00419 Dsc00536 Dsc00540 Dsc00537 Dsc00542 Dsc00411 Dsc00435 Dsc00443 Dsc00477 Dsc00439 東京から伊豆の伊東へ小川勝弘さんの大竹窯を訪ねました

・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

箱根ターンパイクから十国峠、亀石峠を巡って

一路、伊豆高原へ、さわやかな五月の伊豆

久しぶりです

小川さんとのお付き合いは、開店当初から

ものをつくる人々のトップランナーにお願いしたくなる長さです

主に茶懐石のうつわを作っていらっしゃるのですが

日常使いのうつわにも造詣が深く

扱いやすい、使いやすい

姿、カタチがさりげなく美しい、といった大きな魅力があり

ファンの方もたくさんいらっしゃいます

小川さんが陶芸家の道を選んだきっかけは

高校生の時に見た、志野のテストピースにあるそうです

志野特有のかいらぎ手が不思議な光を放ち

見る見る心を奪われてしまった、と。

ーーーこんなものを作ってみたいーーー

小さなテストピースから、小川さんの陶芸人生が始まって

唐津、萩、美濃の織部、黄瀬戸と

評価の高い美しいカタチが生まれるまで

どれほどの格闘の日々があったことでしょう

ーーーーーーーーーーー

小川さんに轆轤周りの撮影をお願いしました

ハイ、いいですョとおっしゃって轆轤の前にすわられます

それまで雑然としていた雰囲気が、一変して

まるで二畳台目の茶室にいらっしゃるように見えました

不思議な感銘を受け、カシャッ、カシャッと

シャッターを押し続けたことでした

近い将来、志野に向かい合ってみたい

と、おっしゃる小川さん

どっさり作品を頂いて帰途につきました

ありがとうございます

ところで小川さんのうつわは

伊豆高原の桜並木通りにあるシルクロードというお店でも購入できます

近くへお出かけの折りお寄り下さい

素敵な奥さまが迎えてくださることと思います

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

五月のブルー

Dsc00345_1 Dsc00369 Dsc00355 Dsc00350 Dsc00335 Dsc00374 Dsc00347 Dsc00362 Dsc00326 Dsc00357 Dsc00377 Dsc00375 山々は青々として

大地は青葉の季節となりました。・・・クリックすると写真が大きくなります・・・

空は気持ちよく晴れています。

五月はブルーがきれいな月ですね。

五月のブルー、と声にしてみます。

さわさわ、さわさわと、優しい風がーーーーーーーーー

立ち上がったような気がしました。

今回は五月のブルーです。

お店にある器や布の中から

五月のブルーかなと思われるものを

連写してみました。

カシャッ、カシャッを繰り返すうち

少し汗ばむ五月でもあります。

お茶は冷たくの方向へ

しつらいは涼やかな方向へ

移行し始める季節です。

はじめてコメントを頂きました。

幼馴染の友人からです。

還暦がバレバレになってしまいましたが

嬉しく思いました。ありがとうございます。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »